女子大生のセフレができた俺。

俺はそれまで彼女は数人いたが、その全員が性に関してはかなり億劫の様子だった。
というのも俺の性欲が強いことが一番の原因に挙げられると思う。
はっきり言って俺は毎日でもセックスをしたいのだが、彼女等はせいぜい週に一度で充分といった具合だった。
で、結局長続きしなかった。やはり性に関する考えが一致しない人は駄目だ、と俺は思うようになった。
ある日、当時人気のSNSで女子大生のCちゃん(20歳)と仲良くなった。最初は共通の趣味を話していただけだが、親近感が湧くにつれてお互いのことを話し始めた。
私生活の会話を続ける内に、過去の恋愛遍歴になり、少しずつ性の話題に振るようになっていった。
そして彼女もまた俺と同じように自身の性欲の強さに悩んでいた。あまりの性欲の強さに過去の彼氏に引かれたらしく、長続きしなかったとのことだ。
意気投合した俺達は週末に会う約束をした。幸い住まいは近所だったし、お互いの写メを交換して半年近く会話した仲だったから、ネットでの出会いに抵抗感はなく。
待ち合わせ場所の駅に現れた彼女は、今風のゆるふわ女子大生だった。特に派手でもなく地味でもなく、普通の女の子といった感じ。
とりあえず食事をしたり共通の趣味をしたりして、夜遅くなった。もちろんラブホテルに行ったことは言うまでもない。
服を脱がせるとCちゃんは予想以上にスレンダーで、色白の肌がとてもエロく、俺のペニスは過去最高レベルまで勃起した。
シャワーを浴びることもなく、ただただお互い貪り合った。彼女はピルを服用していたらしく「中出しOK」で、当然俺は精液を搾り出した。
それでわかったことは、身体の相性は抜群に良かった。お互いごくごく自然に、まるで当たり前のように次に会う約束をした。
今では週に二度程度会ってはセックスをする、セフレの関係を築いている。

オススメ出会えるサイト一覧↓
Jメール
PCMAX
YYC
ワクワクメール
ハッピーメール
メルパラ



シェア!