妻との思い出の宮城で出会ったセックスフレンド

二十代の殆どが働きづめで二十代の前半で勢いで結婚した嫁を構うことは殆どできず、子供も出来なかったのも要因となり離婚しました。色々と面倒な手続きなどが終わりいざ離婚してみると何となく寂しさや後悔が押し寄せてくるものです。それもあり嫌なことを忘れる意味でもさらに仕事に没頭しました。しかしそれがたたって体を壊し暫く会社を休むことになりました。仕事は一段落していたし溜まった休暇を消化する意味でも、と上司に諭され一ヶ月以上の長期休暇となりました。体は休むとすぐに回復しましたが働いていないと一人になった自宅にいるのは嫌なことを思い出してしまうばかりで心は休まりませんでした。気がつくと電車に乗り、宮城の青葉山公園に来ていました。妻と何度かデートした場所です。少し歩くと気分がやすらいだ気になり現地のうまいものでも食べようと飲食店を探しました。
見つけた居酒屋で食事し、一人で飲んでいると隣のテーブルの女性が話しかけてきました。自分の持っている携帯のストラップがとあるアニメのキャラクターで彼女はそれの大ファンらしく気になったとのことでした。限定生産品らしく手に入らなかった、と言っていたので良かったら差し上げますよ、とあげたら凄く喜んでいました。改めて話してみると歳は二十五歳、仕事をやめて一人旅をしているとのことでした。ずっと働きづめだった自分にはその自由な生活が興味深く色々な話を聞き盛り上がりました。特にきっかけはないのですが何となく恋人の話になり妻と別れた話をしているといい雰囲気になり軽いボディタッチをすると満更でもない反応。宿泊先のホテルで飲もうと誘うと難なくOKで途中酒を買いホテルでまた飲み始めました。が、すぐにさっきの続きがしたくなり押し倒しました。久しぶりの女性の体とスタイルの良い彼女に興奮しかなり激しいエッチをしました。
朝起きて暫くすると彼女は北海道に向かうフェリーの時間があるから、と急ぎ早に出て行きましたが部屋のテーブルに連絡先の書いたメモが置かれていました。それからは寂しくなった時に彼女に連絡しセックスしています。不思議とお互い恋人関係は望まない良いセックスフレンドの関係ができています。

オススメ出会えるサイト一覧↓
Jメール
PCMAX
YYC
ワクワクメール
ハッピーメール
メルパラ



シェア!