宮崎で働いていた頃の職場の人とエッチな関係に

宮崎で働いていた頃の事です。
仕事がなかなかはかどらず、終電を逃してしまいました。

タクシーを使って帰るお金ももったいなくて払えず、ファミレスに行こうとも思いましたが、暇をつぶせる自信もなく、どこかで休みたいと思っていたその時でした。
職場で仲のいい男性から「電車?」と聞かれ、「終電逃してしまってどうしようか悩んでるんです」と言うと、彼の家が近くだからと一緒についていく事にしました。

ベッドを使ってもいいといわれたので、私はお言葉に甘えて使う事にしました。

夜中にふと目が覚めると、彼は床でそのまま寝ていたのです。
風邪を引くと申し訳ないと、布団をかけると、彼は私の腕をつかみ、「ここにいて」と言います。
きっと寝ぼけているのかと思ったのですが、彼は女の人の名前を言いました。
もしかしたら彼女なのかもしれません。
すごく寝ぼけていて、そのままベッドに床ドンをするように押し付けキスをし、おっぱいをもみ、エッチが始まったのです。
エッチの間中ずっと女の人の名前をいい、最後まで勘違いしたままセックスが終わりました。

次の朝、我に戻った彼は、すごく謝っていましたが、私は止めてもらったお礼にとなかったことにしたのでした。

彼のエッチはすごく優しく、気持ちよかったので、彼女がうらやましいと思いました。
遠距離をしているらしく、最近彼女に会えない事に寂しくなっていたようでした。
そんな彼女もちの彼の家に泊まってもよかったのかと今になって冷静に思ってしまう私でした。