宮崎で女性と会うスポット

私が出会い系サイトや、SNSサイトで女性と待ち合わせをするのは、橘通りです。
ここは宮崎市内を代表する歓楽街で、居酒屋や商店デパートもあり、何でもある町です。
先日も、ここ橘通りで女の子と出会ってきました。
彼女は、コンパで知り合った地元女子大生です。
待ち合わせ時間に、橘通りの山形屋の前で待っていると、5分送れて彼女が現れました。

その時はコンパの時と違い、髪の毛を茶色にしており、メイクもなんだか雰囲気が違いました。
コンパの時は、黒髪でナチュラルメイクだったのですが、このときは今流行の太い眉毛で、
カラコンを入れているギャル風のメイクでした。
しかし、それでも結構似合っているので、別に不満はありませんでした。

そして、私たちは近場の居酒屋で飲んだ後、当然ラブホテルに向いました。
お互いに、そのつもりだったのですんなりとことを進められました。
ラブホに到着すると、コーヒーを飲みながら雑談をして、テレビを見たりとリラックスモードでした。
そして、下ネタの話になってからは、お互いに距離が近づき私は彼女の手を握りました。
すると、彼女も握り返してくれたので、私はことをはじめることにしました。

まず、後ろから彼女の腰に手を回すと、頬にキスをします。
彼女も嫌々言いながら、それを受け入れてくれました。
そして、次は対面してディープキス。
彼女も唇を絡め、お返しをしてくれたので、夜の営みが本格的に始まりました。

その後、お互いに洋服を脱ぐと、彼女に私の下半身を加えさせ、10分ほどフェラをしてもらいました。
次は、私がお返しでクンニをして、指でも同時に刺激をくわえます。
彼女「はずかしいよー」と子供みたいに叫んでいますが、私は更に激しく指を動かします。
そして、ぐちゃぐちゃになったアソコを見ると、私も我慢できずにイン!

私たちはキスをしながら、ひたすら正常位で抱き合いました。
体位を変えるのも良いですが、彼女のようなかわいい子の場合は、
反応や表情を見るのが一番です。
私が突けば突くほど、彼女は野獣のように吼え、渋い表情をしていたのでギャップに興奮しました。
そして、最後は顔にぶっかけをし、彼女の鼻付近が真っ白になりました。

真面目そうな大学生をナンパする


ナンパと言えば軽そうな女をナンパするのが手っ取り早いと思います。

逆に真面目そうな女の子はナンパしにくいと思っている方も多いのではないでしょうか?

ナンパしてもし成功してもその後の展開の発展は難しいからナンパの対象外という人もいますが、私は逆で真面目そうな女性をターゲットにナンパしています。

ナンパの成功率は高くなくても実は真面目そうな女性ほど深い関係まで発展しやすいからです。

昨年の夏に宮崎市の駅前でいかにも真面目そうな大学生をナンパしました。

ナンパといっても最初はそんなそぶりを見せないように、ベタですが道を尋ねるということから会話をしようとしました。

その女性は宮崎県に帰省していたらしくて、福岡の大学に通う大学生4年生です。

黒髪のストレートヘアーがとても似合い清楚なお嬢様といった感じの女性で男性経験も少ないような感じのタイプに見えました。

そんな女性にいきなり「遊ばない」と声をかけてもまず断られるのは目に見えているので、ベタですが道を尋ねるという行為から突破口を見出そうとしました。

「最近転勤で引っ越してきたのだけど駅の行き方を教えてくれませんか?もし迷惑でなければ近くまで案内してくれませんか?」

といった内容だったと思います。最初は警戒していましたが、笑顔を絶やさず、そしてスーツ姿が良かったのか駅の前まで案内してもらいました。

そしてまたベタですが、お礼にお茶をおごりますという感じで誘いました。

最初は断られるかと思いましたが、すんなりOKしてもらい喫茶店で一緒にお茶を飲む。

そしてここからが大切で、このお茶の時間にいかに会話を弾ませることができるかで勝負が決まります。

彼女の大学の話しや就職活動のこと、経験からのアドバイスなど相手の話しやすい雰囲気を保つことに専念するとお茶が終わるころには連絡交換までこぎつけることができました。

その後は焦らず数回会ってお茶をしたりする、そして徐々に距離を縮めていき、夜にお酒を飲む関係まで発展すれば、肉体関係になるのも簡単でした。

今でもその彼女とはセックスフレンドという関係が続いています。

真面目そうな女性ほど性に対する意識は強い、だからこそ距離を徐々に縮める努力をすればセックスフレンドになる可能性も高いと思っています。

風に舞う彼女のスカート


宮崎の都井岬に立つ僕に、爽やかな風が吹いてきました。
向こうには天然記念物の野生の馬の姿もみえ、遠くにのぞむ海原とともに、僕の前には壮大な景観がひろがっていました。
ここを訪れる観光客も多く、僕のすぐ上の傾斜地にも一人の女性が気持ちよさそうに風に吹かれていました。
と、いきなり彼女のスカートが舞いあがり、白いあしが下着のあたりまでむきだしになりました。
「見えた」「う、うん」「何色だった」「うすいピンク」「ほんとに見たのね」彼女はおおらかに笑いました。
「男の人って、見たら、どんな気になるの」「いいものが見れたと思うかな」「もっと見たい」「そりゃ」「見せてあげるわ」僕はからかわれていると思って、ちょっとむかっとなりました。
彼女はそれから僕にまといつくようになりました。
僕より五つ上で、まるで姉のように率先して僕を導き、二人で色々な場所を見て回りました。
夕方、彼女は僕を誘ってホテルに入りました。
「約束ははたすわね」と彼女はベッドに横になると、あしを宙にひろげました。
そのあしをばたつかせて、下着が股の付け根に食い込む様子を、僕に見せつけました。
「あっ」「どうしたの」「イッちゃった」「まだ何もしてないじゃないの、少し、やすんだら」僕はしばらくうとうとしました。
ハッと気がつくと、いつのまにか僕は裸になっていて、やはり裸の彼女が僕の上に重なっています。
「元気になっている」彼女はぼくの硬直したものをつまむと、自分の中に押しこみました。
僕のものを軸にして下腹部を、回し、こすりつけ、浮き沈みさせはじめた彼女は、何度もウッと声をあげるたびに、目がにじんだようになっていき、最後に全身をこわばらせたかと思うと、一瞬にして骨がぬけたのようにぐったりとなりました。
僕はそんな彼女の上になると、膝を折り曲げて思い切りひろげた間に、猛然と突きいっていきました。

一度寝たおかげていつまでも元気な僕のもので彼女は、それからも繰り返しイッては、もはや声を出すこともできなくなってただ、僕の手を夢中で握りしめるのでした。

宮崎の祭りで、お持ち帰り


僕は、27歳。友人に誘われて、
宮崎ひょっとこ夏祭りへ行くことにした。
祭りは、乗り気では、なかったが、
いるいる浴衣を着た女子大生の
女の子達が遊びに来ていた。
達也と俺は、もちろん、女の子達に
声をかけることにした。
祭りは、気分がのってるし、
声をかけやすかった。
女の子たちの気が緩んでいるのだ。
二人で来たの?僕たちも二人なんだ。
一緒に、お店周りしようよ。
と声をかけていった。
そして、早くも3番目の声かけで、
一緒に、店を周ることになった。
金魚救いで活躍を見せて、
釣った金魚を、水槽にいれるから、
アパートに見においでと、達也の
アパートに誘った。
アパートにつき、水槽へ、金魚を移した。
わざと、共同作業で、彼女達の手にタッチした。
そして、水槽の水が、一人の女の子、香里奈に
かかった。浴衣を脱ぐように促して、
シャワー室へ誘導した。
そして、なんと、達也は、そのまま一緒に、
香里奈とシャワー室へ入って行った。
残った僕と、恭子ちゃん。
二人、いい感じでやってるみたいだね。
と言った。僕は、恭子ちゃんの方が
断然、可愛いと思うよ。と言って、
隣に残された彼女にキスをした。
そして、浴衣の上から、おっぱいを
軽くタッチした。
いいよね?おっぱい見せて。と言って、
浴衣を、ずらして行った。
浴衣が乱れ、おっぱいが見えてきた。
可愛いピンク色の美乳だった。
興奮した。乳首、綺麗。と褒めて、
触った。乳首はすでに固かった。
わあ、感じてるね。
乳首触られるの好きでしょう。と言って、
今度は、舐めてあげた。
そして、上半身は完全に浴衣がはだけた
彼女の上に乗っかり、僕は生で挿入した。

看護師は欲求不満な人が多い


看護師は勤務体系が不規則で体調管理の大変さで有名な職業ですが、もう一つ大変なのがなかなか出会いがないこと。

出会いがないということはもちろんセックスする相手もなかなかいないという状況、そんな状況が続けば欲求不満になることも多いと思います。

私のセックスフレンドの一人に宮崎県の某有名な病院に勤務している女性がいます。

年齢は28歳、日勤夜勤どちらもあり不規則な状況、彼氏はもう5年以上もいなくて私と出会う前にセックスしたのは1年も前に患者さんとしたのが最後という状況でした。

彼女との出会いは一人で飲みに来ていたバ―で私がナンパしたのがきっかけでした。

私も仕事柄シフト制の仕事をしていましたので、平日が休み、つまりたまたま休日が重なったおかげで彼女と平日の深夜に出会うことができたのは運が良かった。

バーではお互いのことを色々と世間話程度に話していましたが、連絡先を交換することに成功し、幸いお互いシフト制で休日がたまたま合わせることができたのでそれから定期的に会うようになりました。

何回か会って行くうちにお互いの恋愛歴、そして酔いが回り始めると性癖まで話せるような関係になりました。

そこまで関係が深まってくるとやることは一つですよね、セックスする関係になるまでそれから時間がかからないほど早かった。

さすがにセックスがご無沙汰というだけあって彼女のセックスは激しかった・・・一度肉体関係を結んでしまえばその後はセックスフレンドとして会うことは簡単でした。

看護師とのセックスは普通の人より激しい、その理由はやはり不規則な勤務体制でのセックスしにくい状況にあるのかもしれません。

深い関係を望むなら人妻をナンパせよ


私には若い人妻のセックスフレンドがいます、つまり不倫関係です。

その人妻との出会いはナンパによるものですが、ナンパした場所は宮崎市の駅中心部付近、ナンパした時間帯は夜ではなくお昼過ぎでした。

ナンパは環境によって様々ですが比較的夜の時間帯の方が成功率が高いという印象があります。

そしてナンパのターゲットとしては比較的ガードが緩い女性を選ぶ人が多いでしょう。

ガードが緩い女性はエッチまで持ち込むことが簡単ですが、一回きりだったりなかなかセックスフレンドという関係まで発展することは意外とないかもしれません。

もし、長い付き合いで恋愛感情ではなくセックスだけを目的としたセックスフレンドも求めるなら人妻をおススメします。

私のセックスフレンドの人妻は29歳の事務員、旦那は15歳離れていて結婚当初はセックスになんの不満もなかったらしいのですが、今ではセックスレスな関係。

子供はいなくてペットに犬を飼っている、旦那との夜の関係には不満を持っているみたいですが、旦那とのそれ以外の関係は良好で離婚ということはまったく考えていない状況。

そんな彼女だからこそセックスフレンドという関係は私にとっても彼女にとっても良い関係なんですよね、私も彼女の家庭は壊したくないし、彼女に恋愛感情は持っていない。

彼女に求めているのは肉体関係だけ、もちろの彼女も私との関係は肉体関係だけしか求めていません。

ナンパに普通左手の薬指に指輪をはめている女性は選ばないし、選んだとしてもナンパは失敗する可能性の方が高いかもしれません。

ですが、もしナンパに成功すればその後セックスフレンドにまでなることは可能かもしれません。

ナンパについてくる人妻の多くは私のセックスフレンドみたいに欲求不満な女性が多い、だからこそ人妻をナンパする価値は大きいと思います。

ナンパしてみた相手はキャバ嬢だった


宮崎市の某有名なお店で働くキャバ嬢、お店の人気はナンバー3ということでお客の指名もそこそこ取っているらしい彼女を以前私はナンパしてしまいました。

彼女はキャバ嬢というだけあって男の扱い方には長けている、普段ならナンパにはついていかない彼女らしいのですが、私の時は何故かナンパについてきました。

理由は・・・私のナンパの技術が凄いから、というわけではなく、その逆でナンパがあまりにも下手だったからみたいです。

下手なら普通は失敗するはずですよね、そうなんです、私はナンパ成功率が友人よりも低い・・・

ですが、キャバ嬢の彼女の話しだと、もしキャバ嬢をナンパしようと考えているのならナンパが上手い人は成功しないだろうと言っていました。

つまり、私が彼女をナンパした時にあまりにも下手過ぎて面白く、逆に私に興味が向いたらしいです。

彼女との出会いは昨年の冬、真夜中で友人がナンパに行くと言い出したのがきっかけでした。

私は正直ナンパには消極的でしたが、お酒も入っていて友人の口車に乗せられてついていくことにしました。

友人はナンパを始めてすぐに女の子をゲット、その様子を間近で見ていた私も試してみますが、なかなか上手くいかない・・・

あまりにも上手くいかないので半分開き直ってキャバ嬢とは知らずに彼女をナンパしたことが出会いの始まりでした。

彼女はキャバクラの営業が終わって一人で街をブラブラしていた所にわけのわからない私にナンパされる私はお酒の影響もありフラフラになりながらナンパしている、その姿があまりにもおかしくてついてきたみたいです。

今ではその彼女とはキャバクラの営業が終わった後にたまに会っています、最近ではセックスばかりしていてセックスフレンドとなっていますが、彼氏彼女というよりは体の関係も含めた友人という感じになっています。

もし、キャバ嬢をナンパしようと考えている人がいましたら、ナンパの上手さではなく下手なりにも頑張る姿の方が成功する確率は高いのかもしれませんね。

ギャル風の女の子とセックスフレンドに


私には一人お気に入りのセックスフレンドがいます。

その女の子は年齢が24歳でフリーター、見た目が少し派手で何といっても性欲がとても強い女の子で一晩で何回も求められる程です。

出会いは半年前、出会ったきっかけは彼女からの逆ナンでした。

宮崎市の繁華街をブラブラと一人で歩いていたら急に話しかけられたことを今でも覚えています。

その日は知人と軽く飲んだ後に夜10時前に解散し、飲み足りなかったために一人で繁華街をブラブラしていました。

別に興味があったわけではありませんでしたが、ちょっと怪しいお店の前でたまたま立ち止まっていたらその女の子に話しかけられたのがきっかけでした。

どうやらその女の子から見た私は「欲求不満でムラムラしている」という感じで見えたらしいです。

「お兄さん何しているの?ここのお店に入るの」と怪しいお店を指さして声をかけてきました。

私は「いや、ここのお店ではなく飲み足りなくて飲めるお店を探していたんだ」

女「なーんだ、そうなんだ、お兄さん欲求不満みたいな顔していたから勘違いしたよ」

女「私ここら辺の飲み屋でバイトしていたことあったから良かったら良いお店に連れて行ってあげるよ」

という話しの流れから一緒に飲みに行ったのが彼女との始まりでした。

彼女は半年前まではキャバ嬢として宮崎市の繁華街で働いていたらしく、お酒も強い、すっかり酔い潰れた私は実はその後の記憶が曖昧で気がつくとホテルのベットの中で彼女と裸で寝ていました。

そんな不思議な出会いから半年、彼女のある意味性奴隷として彼女がエッチしたくなったら必ず呼ばれるという関係になっています。

今週末にも会う予定、車内でセックスしたいという彼女からの要望、今週末も眠れない夜が待っていそうです。

宮崎県だからこそできる楽しみ


セックスフレンドというと悪いイメージを持っている人もいますが、セックスフレンドとしてお互いに納得した関係を築くことができるのであれば、何も問題がないのではないかと思います。お互いの利害関係が一致していれば、最高の関係であると言うことができます。
ある時、私は宮崎県に旅行に行きました。目的は二つあります。一つ目は、高千穂峡の絶景を見ることです。初めて行く所ではないのですが、昔にあまりの絶景にこの世のものとは思えずに大興奮して記憶があります。二つ目の目的は、セックスフレンドを作ることです。私は若い頃はたくさんの女性とセックスを重ねてきた経験があります。色々な地方の女性とセックスをしました。そんな中でも宮崎県の女性にはなぜだか興奮することが多かったです。そのため宮崎県にてセックスフレンドを作りたかったのです。
実際に行ってみると、高千穂峡はやはり絶景でした。何度行っても感動できる景色というものはそうそうないものだと思うので、改めて高千穂峡のすごさを実感しました。セックスフレンドも見事に作ることができました。昔たくさんのセックスフレンドを作った経験とノウハウを活かすことができたからだと思います。具体的には、優しく声をかけるというナンパテクニックを駆使しました。ナンパは優しさを前面に出すことが一番なのです。日本の中では南国的な要素を持った宮崎県ならではの色黒で健康的な女性とセックスフレンドになることができました。

宮崎県にて最高の経験ができました。


旅行には、ただ観光名所を見たりするためだけ以外の目的もあっても当然であると考えています。
年配の方などであれば名所を見ることによって教養を増やしたり、気持ち安らぐ所に行って安らぎの時を過ごすなどといったことが楽しいのかと思います。
けれども私のような若者であれば、そういったことに加えて異性との楽しみというものが加わるのです。
私は東京に住んでいるのですが、なかなか癒しを得ることができずにいました。東京には癒しスポットが少ないのではないかと、私には感じられます。
また、なかなか魅力的な出会いがなくて、性的にも欲求不満状態が続いていました。
そこで、宮崎に旅行に行くことによってこれらの欲求を全て満たすことにしたのです。
具体的にどういうことかと言うと、宮崎の人気のリゾート施設であるシーガイアにて極上の癒しを満喫します。
そして宮崎県でナンパをし、九州男児ならではの大きな瞳の可愛らしい男の子をゲットします。
実際に言ってみると、シーガイアでは東京では絶対に得られないぐらいの大きな癒しを感じることができました。
ナンパをしてみると、運が良いことにすぐに目がクリクリして可愛らしい、いわゆる九州男児とセックスフレンドの関係を築くことに成功しました。
とても私にとっては魅力的な男の子であったため、私の興奮度はこれまでにないほどに高まりました。
お互い他に大切な相手がいたため、本当に性欲を満たすだけのセックスフレンドという関係になりました。
お互い何か月に一回かは相手の所に行ってセックスを楽しむという約束を交わしました。

それは週末の夜半、宮崎中央公園から始まった、


週末の午前0時も回っていた頃、宮崎駅東口の中央公園のところのコンビニ・セブンの前で友人とタムロしていた時のこと。 同年輩らしい2人の女性が車で乗り付けて、買い物をしていた様子であった。

女の帰り際に気さくに、「こんなに夜遅くどうしたの、仕事帰り・・?」と聞くと、「あらら、よく知っちょるね。 そうや、風俗・デリの帰りなんよ、 お腹空いたんから腹ごしらえやん」という。 「あんたら、何やったら、ここで食べんかい、 俺らも付き合うよ」というと、2人は顔を見合わせて、「明日休みやし、そうしようか」といって、食べ始まった。 我らもビールを買ってきた付き合うことになった。 

そして、「終わったら、チョット海岸ドライブ行けへん」、勿論、目的はナンパであり、女も承知にはずであった。 連れと分かれて其々に分乗して出かけた。 
初対面の一人の女は、やや細身の身体で、中々の美人タイプでした。 早速、俺の車に乗せながら一ツ葉有料道路をシーガイヤに向けてすっ飛ばす。

走りながら女の太腿へそっと手を置くと、女も其れに答えて握り返してくるし、脈ありである。 こうなると性欲は増すばかりであり、もう、こうなると男と女のすることはただ一つ、会話の必要もない。

車車をUターンさせて、海岸をはしると「気持ちええわね、」女は、肩に寄り添ってくる。
サンビーチの駐車場へ車を止めて、早速、女を抱きかかえるようにお互い熱いキス、上半身を剥ぎ取るようにして上になり下になり、そして、お互い秘部を舐め合う。

女はフェラチで俺の一物を吸い上げてきます。 「アナタのって、大きく立派ね、ねえ、欲しいわ」といいながら、フェラで十分に舐めまわしながら、「ねえ、ソロソロ、して」
といい、一物を静かに挿入すると、「うーーん、うーーん」といって、敏感に反応が帰ってくる。

「ああ気持ちいいわ、実はね、本番は久しぶなの」、デリの商売をしている割には正直だ。腰を使って激しく揺すると、切なく、甘く、よがり声を発しながら、「もうだめ」というと、2人は、殆んど同時に果てたのでした。

探し物のお礼にH


去年の夏男女グループで遊びに行った。
宮崎市の日南海岸にある海水浴場で泳ぐ予定だった。
現地についてみんな水着になってビーチに出たところで
あやかが大きな声を出した。
ピアスを落としたらしい。
男の1人が聞く「高いやつ?」「ううん、安いものだけど…」
「じゃあ、あきらめた方がいいんじゃない」
確かにこの砂浜でピアスを見つけるのは絶望的。
俺ら先にボート乗ってるからな、とみんな先に行ってしまった。

俺はあやかの必死な様子を見て一緒に残って探すことにした。
1時間ほど一生懸命探したけどやはり見つからない。
「ごめんね、安物だけど大事なピアスだったの…」
「今度同じようなものを俺が買ってやるよ」
「ありがとう、Sくんやさしいね…」
半泣きのあやかを見てたら思わず口から出てしまった。

夜はビーチから少し離れたオートキャンプ場に泊まる予定だった。
みんなで焼肉を食べてゆっくりしてたら、あやかに散歩に誘われた。
テントの周りは大きな公園になっていて、誰もいない夜の公園を歩いて
2人で木の柵にもたれて星を見た。

そしたらあやかが
「Sくん、昼間はありがとうね」
そう言って首に腕を回し抱きついてきた。
チュ とキスして「これ お礼のキス」と笑った。
それがかわいくて、もう1回お礼ちょうだいと
今度は長めのキスをした。
体を密着させているのであやかの胸の柔らかさを感じて興奮し
「あっ…」と思わず腰を引いた。
「どうしたの?」
「やばい、がまんできない…」
あやかは俺の勃起したチ○ポに気が付くと目の前でしゃがみ
口に含んでやさしく前後してくれた。
あまりの気持ちよさにイキそうになったが
その前に入れたいと思い
今度はあやかの下着を脱がし片足を抱えて挿入を試みたが
体勢が悪く上手く入らなかった。
そしたらあやかが自分で柵に両手をついてお尻をつき出すポーズをとる。
マ○コの入り口は固かったが両手で押し開いてやると
ヌプッと奥まで入った。
そのままヌルヌルのアソコにピストンして果ててしまった。

後日あやかと一緒にピアスを選びに行きその日もセックスさせてもらい。
その後もしばらく付き合うようになった。

宮崎にて


先日会社の仕事で宮崎に行ってきました。
夕方までの商談も終わり夜の予定を立てようと携帯を見ていると宮崎で一番大きなCLUBというものを目にしました。
私は東京在住で東京のCLUBには何回か行った事があった為、地方のCLUBのリサーチもかねて行く事にしました。
週末土曜日でしたので町には若者が大勢いました。
期待しながらCLUBに入るとそこは数百人の若者で盛り上がっていて爆音で音楽が流れていました。
少し選曲が古いような気はしましたが、目的は女でしたので気にせず一人の子を探し始めました。
30分程店内を見回り一人に目をつけました。
私が来た時から隅っこで一人でお酒を飲んでいました。
声をかけると反応は良く一緒に飲む事に。
聞くと一緒に来た子が早々と見知らぬ男にお持ち帰りされてしまった為暇を持て余しているとのことでした。
チャンスと判断した私は外に連れ出す為に何杯かお酒をおごり、酔わせたところで店外へ。
ちょっと飲ませ過ぎたのか、ふらふらと今にも倒れてしまいそうでした。
裏道に入り少し座って休憩をしていると女の子は寝てしまいそうになっていました。
ホテルまで行くのが面倒くさかったのと、人通りが全くなかった為、私は女の子の体をさわり始めました。
多少嫌がられましたがよく分かっていないようでしたので、下着の中に手を入れました。
下は結構濡れ始めていたので指を挿入。
いい感じに感じ始めた所で立たせてバックから一気に入れました。
久しぶりの生でのSEXは最高に気持ちが良く、中に思いっきり出してしまいました。
抜くと白い液体が溢れ出してきました。
このまま放置はまずいと思い、身なりを整えてあげ人通りがある通りのコンビニ前のベンチに座らせその場を後にしました。
名前も番号も知らない女の子でしたが、体は最高でした。