宮崎市フェニックス自然動物園にて

私は地元にある宮崎市フェニックス自然動物園が大好きなので、年に何度も訪れます。
動物園を楽しむコツは適当に一通りの動物を見るのではなくて、一つの動物に絞ってずっと観察をすることです。
私はこの日はゾウを見ることに決めました。
ゾウが食事をするところ、フンをするところなど、ずっと動きを追っていきます。
そうすると、ゾウの本当の生態のようなものがわかってきて楽しいのです。
いつもは私以外そういう人はいないのですが、今日は若い女性が同じようにゾウをずっと見ていました。
数時間たってからは、どっちが先にこの場所を離れるかの勝負みたいな気持ちになってきました。
彼女の方も私を意識しているようでした。
そしてなんとついに閉園の時間になってしまい、帰ることになりました。
引き分けか…なんて思いながら動物園を出て駅に向かって歩き、途中のコンビニに入り、ビールを買うためにレジに並びました。
するとなんと、私の後ろには彼女がいました。
私は思わず、わっと驚くと、彼女も驚いて、手に持っていたビールを床に落としてしまいました。
先ほどはどうもという感じで挨拶をして、せっかくだから飲みに行きましょうということになりました。
ビールは元に戻しました、コンビニの人すみませんでした。
一回りも年下の20歳の女性でしたが、同じ趣味だったので話は盛り上がりました。
そして彼女はまだ若くてお酒に強くないのでしょう、酔ってしまいました。
私はいけないと思いましたが、ラブホテルに彼女を連れて行きました。
やわらかそうな胸を見ていたら、つい手が伸びました。
彼女がその時「いいよ」と言ってくれました。
そして彼女を抱きました。
こんなに若い女性とセックスをしているなんて信じられませんでした。

 

サンメッセ日南で

休日にサンメッセ日南に行きました。
サンメッセ日南には、なんと巨大なモアイ像がたくさん並んでいるシュールな観光地なのです。
私は意外とこの場所が好きなので、愛車の軽自動車を走らせてよくここに遊びに来ます。
とにかく雄大な自然の中、私は持参したレジャーシートを引いて、寝っころがり空を眺めていました。
ふと横を見ると、絵を描いている男性がいました。
何気なく覗いてみると、きれいな海が本格的なタッチで描かれていました。
思わずプロの方ですかと聞くと、素人です、ただ学生時代美術部でしたと男性が言いました。
私は絵を見るのが好きなので、見ててもいいですかと言うと、彼はうなづきました。
彼が絵を完成させていく様子を隣で見ていました。
持参したお弁当があったので、一緒にどうですかと彼を誘うと、彼は笑顔でうなづきました。
そしておにぎりを食べて、すごく美味しいと言いました。
そして、彼とお弁当を食べながらお話していたらすっかり仲良くなりました。
彼はバスで来たと言うので、車で家まで送りました。
彼の部屋にはたくさんの絵がありました。
どれでも好きなのをあげますと言われたので、サンメッセの風景を描いたものをもらいました。
お礼のつもりで、彼にキスをして、胸を押し付けました。
彼は私をベッドに押し倒し、ズボンを脱ぎました。
勃起した大きなあそこがそそり立っていました。
私は彼のそれを受け入れました。
ちょっと大きすぎて痛かったけれど、彼の事が好きになっていたので、嬉しく思いました。
そしてこれを機会に彼とお付き合いが始まりました。

 

単身赴任先の宮崎でセックスフレンドを見つける

私は会社の単身赴任で宮崎県に2年ほど前にやってきました。結婚はしていますが妻を宮崎県には呼んでおらず単身赴任で妻と子供1人を残して宮崎で生活をしています。私は学生時代からやらしい男として有名だった人間で、社会人になってその癖は治まっていましたが、宮崎県で妻がいない生活を長く送っていますとどうしても性欲を解消することが出来なくなり、ソープランドに行くようになりました。ソープランドではかわいい美人な女性が多く、南国の雰囲気を持った活発的な女性が多い印象を持ちました。

私は風俗店で性欲を発散することが出来、本当に満足しています。1年ほど前からその風俗店の女性と親しい関係になり、店以外でデートをしたりお酒を飲んだりするようになりました。たまに私のマンションにやってきて料理を作ってもらい、その後お酒を飲んでベットでセックスを楽しんでいます。この女性は私の宮崎のセックスフレンドであり、私の性欲を妻以外で発散せせるためにとても重要な女性です。年齢は29歳で、結構社会経験をしており彼女との付き合いは非常に楽しいものであります。

今度は宮崎県の青島に行き、彼女と一泊して楽しいセックス漬けの一日を送ろうと計画をしています。妻には悪いと思っていますがやはりまだ私も若い男性なので、セックスなしでは気が滅入ってしまいやはり男性の楽しみを持っていないと健全な男性とは言えません。私はやはり女性とセックスしないと幸せを感じることが出来ないような人間のようであります。

 

宮崎で最高の女性との大学生活を送っています

私は宮崎大学に合格し宮崎県で生活をすることになりました。宮崎県の印象は暖かい風土の印象が強く、海がきれいであり自然が多くのどかなところだと思っています。大学では女性経験がない私でしたが、初めて彼女を作ることが出来、とても幸せな生活を送ることが出来るようになりました。

私の彼女は熊本県から来ている女性で、とても明るく楽しい生活をしています。私は性欲が非常に強く、彼女と毎日のように自分の部屋でセックスをしており、彼女の肉体を最大限に楽しんでおります。女性経験をすると自分が大人になったような自信が芽生え初め、本当に自分が一人前の人間になったと思います。

最近では彼女は私に普通のセックス以上の経験を求めるようになっており、様々な体位で彼女とセックスをしています。彼女は大人のおもちゃにも興味を持ち始め、私は彼女と大人の性を最高レベルの形で楽しんでいます。彼女の肉体は非常に色白く、もっちりしていますので、私は彼女を抱くとこの上ない幸せに包まれるような感覚に陥ります。

最近では現在の彼女と将来的に結婚をしても良いという感覚になっていますので、このまま彼女と楽しい大学生活を送りながら、将来は宮崎県で就職をして彼女と結婚したいと思っています。今日も彼女を家に呼んで、2人でセックスしながら楽しい大学生活を味わいたいと考えています。やはり若い世代は性欲を発散させないと楽しい時期を台無しにしてしまうと思う今日この頃であります。来月は彼女と宮崎県の高千穂に一泊の旅行に行く計画です。その旅館でも楽しみたいと思っています。

 

宮崎のシーガイアで地元女性とセックス体験

私は岡山に住む25歳の男性ですが、最近ほとんど性体験をすることがなく非常に辛い人生を歩んでいました。性欲を発散させようと思ってもその相手がいなくていつも自宅でオナニーをしながらの生活です。アダルトビデオを見ながらむなしい時間を過ごしていましたが、高校時代の友人が私を誘って久しぶりに旅行に行こうと言ってきました。旅行先は宮崎県のシーガイアです。

その友達は宮崎県に友達がいるとのことで、その友達が全てを取り仕切ってくれるようです。私は最近仕事ばかりで楽しい事がなかったので非常にこの旅行を楽しみにしていました。その友達の話では現地の宮崎の女性を連れてくるとのことであり、私は久しぶりに女性と楽しい体験を出来ると思っていました。

宮崎に着いてシーガイアに行くと、宮崎の友達が3人の女性を連れて待っていました。シーガイアはとても大きなリゾートで、そこで私は宮崎の女性と仲良くなり、その中の1人の女性と単独行動をすることになったのです。彼女を部屋に呼びお酒を飲みながら楽しい話で盛り上がりました。彼女はモデルみたいな体験をしていてとても元気な女性です。私は彼女と思いきってセックスをしないかと告白すると、彼女はOKしてくれました。私は何年ぶりのセックスに感無量で、最高の喜びを手にしたのです。彼女とは現在でもメールや電話でやり取りをする仲になり、たまに岡山に遊びに来てセックスを楽しんでいます。本当に女性と性体験をすることは最高の男性の楽しみになります

 

宮崎の海岸でナンパしました

先日旅行で宮崎の海岸に行きました。
もちろんまだ泳いでいる人はいませんが、ビーチにはけっこうたくさんの人がいました。
その中で私の目を引いたのが、ひとりの女性でした。
指輪の位置から見てどうやら人妻のようでした。
私は経験的に、旅先で人妻に声をかけるとナンパが成功しやすいような気がします。
ビールを二本持って、彼女の隣に座り、飲みませんかと声をかけました。
彼女は黙ってビールを受け取り、飲み始めました。
どうやら旦那さんとうまくいっていないので、むしゃくしゃしてビーチに来たようでした。
二人きりになれる場所はないですかと私が聞くと、彼女は黙って歩いて行きました。
追っかけて歩いて行くと、大きな岩と海に挟まれて、誰にも見つからない場所に到着しました。
彼女は黙って服を脱ぎ、裸になりました。
私もそうしました。
豊満な彼女の乳房を両手で愛撫しました。
彼女も私の勃起したあそこを握り、上下に動かしました。
そして口にくわえてくれました。
さすが人妻なので、フェラが凄く上手だと思いました。
私は彼女をビーチに四つん這いにさせて、後ろから優しく息子を入れました。
徐々に濡れてくる彼女のあそこが息子を完全に迎え入れると腰を動かしました。
大きな喘ぎ声は波の音が消してくれました。
一時間以上様々な体位で彼女とセックスを楽しみました。
ありがとう楽しかったと言って、服を着た彼女は家に帰りました。
私もホテルへ帰り、また明日新しい女性をナンパしようと思いました。

 

宮崎県公園で刺激的な時

僕は宮崎県在住の26歳だ。
出会い系で、20歳の女の子と
出逢った。今日はドライブデートで、
宮崎の夜景スポットでもある久峰公園へ行くことになった。
彼女は、茶髪の肌がプルンプルン、ピチピチのギャルだ。
ミニスカートを履いていた。
僕は夕方車を公園展望台駐車場まで走らせた。
まだ夜景が綺麗になるまでは、時間があるからと言って、
車の後部座席へ彼女と移動した。
真紀ちゃんの香りいい香りがすると言って、彼女にじゃれついた。
そして彼女とカーセックスへ持ち込んで行った。
まずはスカートの上に僕の手を乗せた。
だんだん真紀ちゃんのスカートを開かせていった。
脚がひろがっていく。そして真紀ちゃんのスカートを捲り、
パンティーの上から触った。もう、濡れ始めていた。
彼女のパンティーを脱がせた。彼女の脚が開脚され、
上へ上がった。
彼女のブラウスのボタンに今度は手をかけた。
一つづつ丁寧にはずして行った。
真っ赤なブラジャーが現れ、興奮した。
それも取り外し、
そして大きなおっぱいが僕の顔の目の前に。
プルンプルンのおっぱいが飛び出した。
揉みしだき、僕はパンツを脱ぎ去り、僕の
挿入した。熱い刺激的な時は過ぎて行き、
暗くなり、パンティー以外の服を着させ、
久峰公園の展望台の夜景を見に行くことにした。
僕は夜景を見ながら、彼女のお尻を揉みまくった。
そして僕の股間を彼女に押し付け、
夜景を楽しんだ。そして、舌を絡めながらチューを
した。そして、展望台から離れ、ひと気のないところで、
バックから真紀ちゃんをついたのだった。

 

宮崎ドライブで

僕は38歳の宮崎県在住だ。
今日は都内からメールで出逢った女の子が
遊びにやってくることになっている。
夜景を見て見たいということで、
ドライブデートを計画した。
カーセックスに興味がある僕にとって、
彼女は良い提案をしてくれた。
彼女は22歳で、
写真で見た彼女は目が大きく、
ぷるんとした唇が特徴的で、
胸も巨乳で、楽しみにしていた。
彼女が宮崎県に着いた。
彼女はふわふわのカール、
谷間の見えるTシャツ、白いスカートと
可愛かった。そして写真よりもさらに
可愛かったのだ。太ももの肉付きや
お尻の形も好みだ。
僕は、カメラ、彼女のためのワイン、
手作りの軽食を準備して車を走らせた。
目的地は、愛宕山展望台だ。
頂上付近にある展望台につき、
二人外に出た。
市街地が綺麗にきらめいていた。
彼女はぼーとして、感激していた。
夜景を背景に彼女の美しい姿をカメラにおさめた。
しばらくして、軽食を取ろうかと、車の中に誘った。
手作りの軽食を喜んで食べた。
その後、ワイングラスにワインを注ぎ、
彼女に渡した。
そして写真を見せ、本当、綺麗な写真だ。
君がとても美しくかわいいね。と言って褒めた。
彼女はトロンとしてきて、
彼女の身体を引き寄せた。
僕は言った。君のおっぱいはすごいな。
僕のために今日はおしゃれをしてきてくれたんだね。
ちょっぴり見せてくれないか?とお願いした。
そして彼女は同意し、Tシャツを下げ、
大きな美しいおっぱいを見せてくれた。
ちょっと触らせてくれないか?と言った。
すごくかわいいから。と。
彼女は照れたが、受け入れた。
物凄く柔らかかった。
僕は続けた。
凄い、すごいよ。
ちょっと揉ませてくれないか?と言った。
そして彼女の胸を揉むと感じ始め、
僕はそのまま車内で彼女を押し倒した。

 

宮崎県の青島とセックスフレンド

僕は、35歳で彼女もいるが、身体の相性があう
恭子というセックスフレンドがいた。
恭子はTELをすれば、やってくる。
そんな恭子と宮崎県の青島にセックス旅に
行くことにした。
オーシャンビューの露天風呂付き宿を予約した。
露天風呂エッチが大好きだ。
ここには、五右衛門風呂の露天風呂があり、
目の前は海で人からも見えず、密着して、二人でおもいっきり楽しめるのだ。
僕は恭子ちゃんの、Fカップあるおっぱいを湯船につかりながら
揉みまくった。なんか日に日に大きくなって言ってないか。
いやらしいな。恭子ちゃんは。と彼女の耳に噛り付いた。
恭子ちゃんのおっぱいを海の方へ出して、乗せ、
エッチな写真も撮影した。恭子ちゃんに僕のおちんちんを
優しく触ってもらった。五右衛門風呂から出て、
いつもとは雰囲気の異なる畳の純和風の部屋の中で
セックスは刺激的だった。恭子ちゃんの浴衣が徐々に
乱れて行った。Fカップのおっぱいにしゃぶりついた。
恭子ちゃんのおっぱいで僕のおちんちんをしごいて
もらった。恭子ちゃんははエロい顔をしていて、
それが僕のハートを熱くするのだった。
恭子ちゃんは騎乗位で、激しく腰を振り始めた。
Fカップのおっぱいの揺れが凄いのだ。
今度は僕が攻める番だ。
彼女の身体を反らせ、バックで恭子ちゃんをついた。
つくたびに恭子ちゃんの巨乳が揺れた。
次は正常位だ。恭子ちゃんのFカップのおっぱいと
いやらしく喘ぐ姿が丸見えだった。
僕は色々な体位を楽しませてもらったのであった。

 

年下の男の子を逆ナンしました

友人と飲みにいって楽しい気分になっていました。
街を歩いていると、友人が突然ナンパをし始めたのです。
逆ナンというやつを始めてみてしまいました。

私は若干引き気味でいたのですが、相手の彼もすごくノリノリで、4人でカラオケに行くことになったのです。
カラオケで盛り上がりながら会話も楽しみ、彼らは2歳年下の人でした。
すごく若い雰囲気を感じ、いまどきの人なんだろうなと思っていました。

私は終電をなくすと嫌だと思い、帰ることにしたのですが、友人は「じゃあ、お兄さんこの子を送ってあげて」なんて仕切り、一人の男性は私を駅まで送ってくれることになったのです。

そして、宮崎駅まで送ってもらい、電車が来るまで一緒に待ってくれました。
その間、彼といろいろとお話をしていて、すごく楽しみ、アドレスを交換することに。
この日はそのまま別れたのですが、後日改めて彼と2人で会うことになったのです。

彼は車できていて、一緒にドライブに行きました。
山に行ったり海に行ったりすごく充実し、夜になって帰り道に「時間まだある?」と聞かれ、彼の家に遊びに行ったのです。

一人暮らしの男性の家に上がったのはこの日が初めてでした。
そして、彼といい感じになり、気がつけば体を許していたのでした。

彼とのセックスはその日は一晩中行われ、気がつけば朝になっていたのです。
朝起きると、彼は朝食を作ってくれ、ドラマのシーンのような感覚になっていました。

これをきっかけに私たちはお付き合いをすることになったのです。
友人の悪ふざけの逆ナンに今では感謝しています。

 

青島神社で生まれた刹那の恋

波頭の白波が柔らかな春光に反射して、キラキラと光っている。海の波は穏やかで、海上に鬱蒼とした緑に包まれた青島が見えた。

人生で初めての宮崎訪問だった。
高校時代まで野球に熱中していた私にとって、宮崎は、特に(巨人軍がキャンプインする前に参拝する神社として有名な)青島神社は一度は訪れてみたい場所だった。鬼の洗濯岩を見ながら、青島へ続く橋を渡った。抜けるような蒼穹が、どこまでも広がっている。昨夜までの大雨が嘘のようだった。

朱色に塗られた鳥居をくぐると、いよいよ青島神社の本殿が見えてきた。
長い歴史を持った寺社仏閣はいつ見ても荘厳で、自然と厳かな気分になるから不思議だ。

参拝をしようと本殿に続く階段を上がろうとした時、一人の女性とすれ違った。一瞬、目が合ったように思ったが、気のせいだったのかもしれない。実に淑やかな雰囲気を持った熟女だった。ゆっくりと歩を進める姿に艶があった。

参拝を済ませ、さきほど来た橋を戻って来ると、鬼の洗濯岩を食い入るように眺めている彼女がいた。肩まで伸びた黒髪が、潮風に揺れている。その美しさに魅了されるよに、私は彼女に近寄っていった。
「悠久の時の流れを感じますねぇ」
暫く脇に立っていた私は、頃合いをみて声を掛けてみた。
「ええ、そうですね」
臆せず応えてくれた彼女の口許が、艶めかしい。
「今日はどちらからですか?」
「地元ですよ・・」
「私は北海道からなんですよ」
「あら、ホントですか。いいな、行ってみたいなぁ」
「今度、来て下さいよ。案内しますから」

それからの展開は早かった。
遠方からの観光客に見せたい場所があると、彼女は自分の車で方々を案内してくれた。途中、由緒ある茶屋で休憩し、夕食は彼女の同級生が経営する地鶏料理屋で御馳走になった。
シーガイヤまで送ってくれた彼女を、ホテルのラウンジバーに誘った。旅の開放感が、男女の距離を急速に縮めてくれた。

闇夜に浮かぶ漁火を眺めながら、その夜は彼女の肢体を心ゆくまで耽溺した。

 

宮崎のショッピングモールでナンパしてセフレができてしまいました。

古くからの友達が宮崎に住んでいるので、連休を利用して電車で宮崎まで遊びに行きました。
宮崎は私が住んでいる場所よりも気候が良くて穏やかで、とても気持ちが良くなりました。
宮崎駅まで友人が迎えに来てくれていたので、車に乗り込んでご飯を食べに行きました。
昔ながらの友人とは久々の再開でもすぐに話が盛り上がって、最高に楽しかったです。
でも、残念な知らせもありました。
実は2泊3日の予定だったのですが、友人が急遽仕事が入ってしまって友人宅に1泊しかできない事になってしまいました。
したがって、残りの日程は1人で過ごす事になりました。
友人と遅くまで飲み明かして、友人と別れる事になりました。
短い時間で物足りなかったのですが、また会う約束をして別れました。
とりあえず、ご飯を食べようと思って宮崎駅近くのイオンモールに向かいました。
フードコートがあったので、ラーメンを食べて腹がいっぱいになったところで、特にやる事もないのでゲームセンターに行ってみました。
コインゲームを数年ぶりにしてみると、見たことがないゲームが多くて楽しくて1人で盛り上がってしまいました。
購入したコインは1時間もしない内に使い切ってしまいました。
その時、30代前半と思われる1人の女性が近づいてきて「良かったらメダルが余っているので使ってください」と声をかけられました。
この女性も1人でゲームセンターに来ているようで、どこか淋しげな様子でした。
私はナンパなどした事がないのですが、「ぜっかくなら一緒にコインを使って楽しみませんか」と言うと笑顔で「じゃあそうしましょう」と快諾してくれました。
ゲームをしながら話をしていると、昨日彼氏と別れてしまったショックで1人でゲームセンターに来たという事でした。
私も旅行で来ている事を告げたりして、話も弾んだところで一緒に夜ご飯を食べようと持ちかけてみました。
そうすると、その女性がいきなり「恥ずかしいんだけど、もっと良い所に行きたい」と発言してきました。
びっくりしたのですが、気が付くと私は彼女の車に乗り込んでいました。
彼女の案内でラブホテルまで車で向かってもらい、出会ったばかりの関係ですが熱いセックスを楽しみました。
スタイルも良くて、テクニックも上手くて、まさに天使と遭遇したというそんな感じでした。
彼女も私を気に入ってくれたようで、連絡先を交換してまた宮崎に来た時には必ず会う事になりました。
宮崎のセフレができるなんて思っても居ませんでしたが、運が良かったのかとても幸せな気分です。
また宮崎に行くのがいろんな意味で楽しみになりました。

 

宮崎で知り合った女の子と最高の休暇を過ごしました

宮崎に出張に行った際に知り合ったセフレの女の子と、また会うことになりました。
彼女とは何回かメールでつながっていて、仕事も長期で休暇がとれそうだったので、一人旅を計画したのです。

そして、一人旅の行き先に私は宮崎を選んだのです。

彼女と会うのを楽しみにしていた私。
駅に着くと出迎えてくれました。

ご飯を食べて会話が盛り上がった後、私の宿泊先のホテルに向かい、部屋でまったりしていました。

久しぶりに会った彼女は以前よりもセクシーな体型をしていて、私の下半身は早速興奮していました。

すると彼女は「これが目的だったんでしょ」といいながら私にキスをし、私の手を自分のおっぱいに持っていくのです。

彼女はだんだん大胆になっていき、洋服を脱ぐと、すごく大きな巨乳が現れました。

「以前より少しやせた?」
「そう?でも、おっぱいは変わらないでしょ?」

私はピンク色の乳首に吸い付き、舌で転がしたりして刺激をすると、感度がすごくいいのか、彼女のあえぐ声がすごくエロかったのです。

我慢できなくなった私の下半身は彼女の中に一気に入っていき、思い切り腰をふり、たくさん彼女をイカせて私も何度もフィニッシュをしたのでした。

数時間エッチが続き、彼女はタクシーを使って自宅まで帰っていきました。

「今日は楽しかった。彼氏よりも気持ちいいからやめられない」

と言っていた彼女。
これでセフレの関係なのはもったいないなと思ってしまいました。
また会うことがあったらいいなと思う私でした。

 

宮崎で狙ったナンパで知り合いました

彼氏のいない同士、友人と2人で、居酒屋に飲みに行きました。
西橘通りや上野町では、ナンパスポットがあるらしく、風俗街にもなりますが、私たちはその辺を歩きながら居酒屋に向かっていました。

しかし、ナンパをされるような気配はなく、普通に居酒屋で飲んでいました。

出会いがあるかなと若干期待した私たちでしたが、残念ながら出会いの気配もなく、いいころあいに解散することに。

友人と途中でわかれ、私は一人で宮崎駅で電車を待っていたときに一人の男性から声をかけられました。

どうやら私はナンパされたようです。
今から家に帰るところだというと、「もう少し遊ばない?」といわれ、まだ飲み足りない気分でもあったので、付き合うことにしました。

見た目もそんなに悪くないと思ったのでホイホイとついていった私。

近くの飲み屋で飲みなおし、すごく気持ちよくなっていました。
そして、メルアドを交換し、彼とはその後1日に2,3回ほどですが、メールをするような関係になっていました。

彼とのメールは当たり前のようになっていて、楽しく、だんだん定期的にも会うようになり、気がつけばセックスフレンドの関係になっていたのです。

飲みすぎて終電を乗り過ごしてしまったときには2人でホテルに行ってセックスをしていました。
彼とは体の相性のよかったようで、だんだんの見に行った後のラブホは当たり前になっていました。

彼とは本当の恋人になることはありませんでしたが、楽しい時間をたくさんすごすことができました。

 

宮崎県究極の肉旅とセックスフレンドと。

年齢50歳の僕とセックスフレンドの真理ちゃん。
僕は20代後半で若く美しい真理ちゃんを誘って、宮崎県の
フェニックス・シーガイア・リゾートに来ていた。
今回の目的は真理ちゃんとのセックスと
究極の肉旅だ。俺は肉が大好きだ。
そして、若い頃からずっと、今現在も
肉食男子だ。
草食男子なんて言葉は俺には理解不能だった。
初日の夜は、
パインテラスで、、宮崎牛のソテーと
赤ワイン煮込みを頂いた。
真理ちゃんも、わあ、柔らかい、とろける。と言って
大喜びだ。ソテーのマスタードソースもいい感じだわ。と言った。
そう、柔らかかった。最高の柔らかさだ。
僕は言った。真理ちゃんの味がする。
この柔らかさだ。今夜が楽しみだよ。とテーブルの下から
真理ちゃんの太ももを触った。
ディナーを終え、ルームへ向かう途中で、真理ちゃんの
お尻を軽く揉んだ。柔らかく最高の感触だ。
ルームへつくなり、僕は野獣化し、真理ちゃんの身体を
味わい尽くした。翌朝、ルームの窓辺からは、
美しい海が見渡せた。真理ちゃんは開放的になったのか、
透け透けのランジェリーのまま、窓辺に立ち、ストレッチをしていた。
美しかった。僕は彼女の背後へ周り、おっぱいを撫で回した。
そして朝から鏡の前に立たせ、バックでついた。
そして言った。さあ、今日も肉旅楽しむぞと。
ランチには宮崎ブランドポークの肉つゆそばを
中華料理店で頂いた。日本人好みにアレンジしてあるのが
よかった。そしてディナーは贅沢なシャブシャブコースだ。
宮崎牛、宮崎ポーク、みやざき地頭鳥と一度に味わえるのだ。
最高だった。今夜は真理ちゃんの身体を贅沢に頂くコースだな。と
囁いた。フェラでシャブシャブしてもらい、おっぱいで肉棒を挟んでもらい、
おっぱいを激しく揉み、吸い、熱い夜になった。