宮崎駅でナンパしてきた男は父親だった

宮崎駅で私はナンパされました。
そして、その夜、その男とセックスしました。
ここまではごくごく普通のことでしょうか。
私にとっては、ナンパされても絶対についていかないタイプなのですが、その日はついて行ってしまったのです。

駅の改札を出て、いつものように出口に向かって歩いているときに、彼は声を掛けてきました。とても安心する声でした。不思議でした。初対面なのに。
そして、格好はややハデな感じがする男でしたが、なぜだか、この人と一緒にいたいと思ったのです。

そのままホテルへ。不思議と彼に導かれるように、付いていったのです。
結構年配の人で、自分の父親の顔もしらない私はこの年代の人に安心感を感じるのかも、などと勝手に推測したりしていました。

そして、ホテルで彼は私は裸にして、全身を舐めまわしました。
おっぱいに吸い付き、しゃぶりまわしたのち、彼のその巨大化したものが、私の下腹部に入ってきたのです。

処女だった私は、驚いて目を大きく見開きながら、恐怖に耐えていました。
しかし徐々に気持ちがよくなってきて、自分でも信じられないくらい大きいこえで喘いでいる私がいたのでした。

それは、私にとって、とても気持ちのよい、素敵な夜でした。

そして、そのあとも彼とはちょくちょく会っていたのですが、ある日、わかったのです。衝撃の事実が。

彼は私の生き別れた実の父だったんです。
最初あったときに不思議な安心感があったのも、これで納得です。
しかし、気が付いていなかったとはいえ、私と父は、親子でありながらセックスをしてしまったことになります。

いまさら、もう、この関係をやめることができない私たちは、親子、という部分に蓋をして、カップルとして日々暮らしています。

 

関西弁が隠せなくなるほど…

彼とは高千穂峡でしりあいました。
関東からきたらしく、関西人の私は、なるべく標準語を喋ろうと苦心しました。

「宮崎には何泊ですの」「一週間の予定です」「ながいのですね」「ちょっとわけありでね」「そのわけってのを、聞いてもいいですか」「べつにかまわないですよ」私たちは高千穂神社から天岩戸神社をみてまわりながら、私は彼からそのわけというのを教えてもらいました。
7年前東京でつきあっていた女性が宮崎出身で、深い関係になって結婚まで約束したけれど、彼がほかに女をつくったのがわかって、彼女は怒って宮崎に帰ってしまったのだということでした。
「もう一度あって、あやまりたいんだ」「いまでもその女性が、好きなんですか」「忘れられない」でも、今その女性がどこにいるのか、わからないのだそうです。
「忘れたほうが、あなたのためだと思うけど」「忘れさせてくれるかい」「いいわ、うちでいいんやったら」つい隠していた関西弁がでてしまいました。
2人はその夜、ホテルの一室にいました。
彼に女のことをわすれさせるには、これしかないと思いました。
私はだまって彼のまえにたちました。
「できるだけ、はげしくやで」私に激励されて彼は、私のスカートの中に手をいれ、その手をふとももの付け根にまで一気にすりあげました。
ストッキングが引き裂かれ、下着と肌のすきまに指がわりこんできました。
その指が私の一番敏感なところにふれ、私がウッと声をあげたときには指は、すでに奥にまでこじいれられていました。
私は下腹部からわきあがる快感に激しく身をくねらせました。
彼をさそいいれようとして夢中で両あしを彼の腰にからませると、彼は私をひきよせながら、下着をはぎとり、立ったまま突きいれてきました。

「ええわ、ええわ」私は関西弁をはりあげながら、彼の体にからみついたまま背筋を弓なりに大きくそりかえらせていました。

 

彼女は僕の体に蛇のように巻きついて…

下阿蘇海水浴場で、僕がまぶしげに眼を細めたのは、砂浜の白さが原因ではありません。

波打ち際をこちらにむかって歩いてくる一人の女性の姿に、僕は目をうばわれていたのです。

砂浜と同じまっしろな水着に包まれたしなやかにひきしまった体は、小麦色によく日焼けしています。
僕の視線に気づいて、彼女も僕のほうに視線をむけました。
その目がぴたりとあっ
たとき、彼女がにこりと笑いました。
「こちらにきて座りませんか」彼女はうなずき、僕の横の砂の上に腰をおろしました。
「一人ですか」「友達が向こうで泳いでいるわ」僕は海面にうかぶ二人の女性の姿を認めて、ほっとしました。

僕は間近で、あらためて彼女をながめました。
胸はかたちよく大きく、くびれた腰、おりまげた膝は見るからによくひきしまっています。
「なにかスポーツでも」「ヨガを習っているの。
ご存じかしら、ヨガって性感帯も鍛えるのよ」「ぜひ、ためしてみたいな」冗談でいったつもりが、「今夜、私の部屋にきて」彼女は僕に泊まっているホテルを教えてくれました。

夜、訪ねて行った僕を彼女は笑顔で部屋に招きいれました。
2人の友達は、ホテルのバーにのみにいっているとか。
間をおかず彼女は、僕に体をからませてきました。
立ったままの姿勢で僕は、彼女がひろげた体のなかに突きいりました。
彼女のヨガで鍛えられた肉体は、おどろくほど敏感に反応しました。
彼女はセックスの喜びをあまさずのみほさんとするかのように、私の体に蛇のよう巻きつけた肢体を何度もはげしく波打たせながら、しだいに頂上に上りつめていくのでした。

 

ランニング中にナンパされました

私は宮崎県の日南海岸近くで暮らしている人妻です。
毎日の日課はランニングをすることです。
体調があまりよくなかったのですが、ランニングを始めてからすっかり体調が良くなったからです。
旦那が会社に行った後の午前中、私はランニングをします。
いつも走るコースが決まっていて、そして顔なじみのランナーもいます。
先日その顔なじみのひとりの男性にナンパをされてしまいました。
いつものように走っていたら、後ろから彼が追いついてきました。
同じペースでゆっくり走りながら、彼はいつも頑張ってますねなど話しかけてきました。
彼は家で仕事をしているので午前中にランニングをしている事などを話してくれました。
砂浜に降りて、腰を掛け、ふたりでマラソン大会のことなどを話しているうちにだんだん、彼に好意を持ってきました。
私の周囲にはランニングが趣味だと言う人がいなかったので、ランニングのトークが出来て嬉しかったのです。
彼も私の事をずっと前から気にしていた、美しい女性だと思っていたと言いました。
しばし流れる沈黙の後、彼は私にキスをしました。
そして、一緒に汗を流しに行きましょうと彼は言い、ふたりで走ってラブホテルに入りました。
彼も私もランニングで鍛えたスタミナがあるので、長い長いセックスをしました。
そしてシャワーを浴びて汗を本当に流して、帰りました。
彼とはそれからも一緒に端って、そしてたまにラブホに行くという、ランニング仲間兼セフレになりました。

 

宮崎市内でナンパをされました

私は25歳の女性です。
昔から隙のあるタイプと言われるのですが、こればかりは性格なので治りません。
この前も宮崎市内の喫茶店で本を読んでいたら、男性に声をかけられました。
ナンパかなと思ったので身構えましたが、その時私が読んでいた本の作者のファンなので声をかけましたと男性は言いました。
そうか同じ作者のファンなんだと思って安心して、話をすることにしました。
でもあんまりこの作者の代表作を知らないので、それほどファンじゃないのかなーと思いました。
そして彼があなたがおすすめの本をこれから本屋さんに買いに行きたいから一緒に来てと言われました。
私は本屋さんが好きだし、せっかくならよい作品を読んでほしいので了解しました。
彼の車に乗り走り出しました。
でもなかなか本屋さんはみつかりません。
彼は疲れたので休憩しようと、ある建物に入りました。
それはなんとラブホテルでした。
でも、ベッドに寝っころがれるし、テレビもあるし、いちばん疲れをとるのに便利だよと彼が言うので、そうかもしれないと思って部屋にはいりました。
彼はキスをして胸を触ってきました。
私がえっと言うと、ラブホテルには行ったら、一度はセックスをしないとラブホテルに失礼だよと言いました。
そういうものかなと思い、私は、彼に胸を触られ、濡れたところで、挿入されました。
一度だって言ったのに彼は二回も私の中で果てました。
そして遅くなっちゃったから本は今度にすると言って、彼は私を駅前に送った後帰りました。
本当に隙だらけだなと、私はさすがにこの時は思いました。

 

童貞君の筆おろしの手伝い

宮崎にある有名なリゾート施設に宿泊することになりました。
会社の同僚と二人での観光旅行です。
施設内は広くて清潔でオシャレで最高な場所でした。
みんなが開放的な気分になっているようで、いろいろな場所でナンパが行われていました。
私たちの所にも来るかもねと二人で話していたら、案の定という感じでナンパをされました。
何組かの男性から声をかけられたのですが、どの人も私たちのタイプではなかったので断りました。
するとちょっと大人しめのナンパをするようなタイプに見えない二人組から声をかけられました。
私たちよりも年齢は下でした。
もじもじしながら近寄ってきたので、何がしたいのと聞いてみました。
すると男性が勇気を出して、僕たちは童貞なので、なんとか卒業したいんですと言いました。
すごい母性本能をくすぐられる感じだし、初めての女性になるのもいいなと思ったので同僚を見て見ると、同僚も目を輝かせていました。
そして私とA君は私たちの部屋へ行き、同僚とB君はB君たちの部屋に行き、いわゆる筆おろしを手伝う事になりました。
A君は緊張していて、なかなか大きくならなかったり、挿入する前に出てしまったりといろいろ大変でした。
でも、休憩を入れながら2時間くらいかけて、A君の筆おろしは終わりました。
私もA君を男にしてあげたということで、女性としてレベルアップしたような気持ちになりました。
後で聞くと同僚もB君を無事に男にしてあげたようでした。

 

海岸で会社の部下をナンパしました

私は宮崎市内の会社で営業職をしています。
ある日私は取引先に商談をしに行ったのですが、書類を忘れてしまっていることに気が付きました。
急いで部下に書類を届けてもらうように頼みました。
届けてくれたのは若い女性の部下だったので、商談が終わったらランチをご馳走するから待っててと言って、取引先との商談に戻りました。
無事に一時間後には自由になり、部下と合流して食事をすることにしました。
どこか行きたいところがあるか聞いてみると、海を見たいと彼女が言いました。
ここの所私たちのチームは忙しくて休みがなかったので、私も気持ちが分かりました。
じゃあコンビニで弁当とビールを買って言ってみようという事になり、タクシーで近くの海岸まで行きました。
海を見ながらビールを飲んでいたら、ストレスが抜けていくような感じがしました。
海辺で見る部下はとても魅力的に見えて、普段は恋愛対象ではなかったのですがきゅんとしてしまいました。
そして、彼女をその場で口説いてキスをしました。
彼女も多分海を見て開放的な気分になっていたのだと思います。
なるべく早く会社に帰らないとまずいので、ラブホテルには行かずに、他の所から死角になっている岩場に行きセックスをしました。
まさか部下とこんな場所でセックスするなんて思ってもいませんでした。
10分ほどで終えると、急いでタクシーを呼んで会社に向かいました。
会社に戻ると魔法が解けたように、二人とも元通りの上司と部下の関係になり、その後も普通に仕事をしています。

 

居酒屋でおっぱいを触らせてもらいました。

宮崎市内のビジネスホテルに泊まり、居酒屋に行きました。
ビジネスホテルを基地にして、そこから二泊三日の旅行中、居酒屋をはしごするのが40歳をすぎてからの私の楽しみになっています。
二日目の昼頃、やや二日酔い気味ながら目を覚まして、顔を洗って街へ出かけました。
ラーメンを食べて部屋に帰り、お風呂に入ってすっきりして、夕方になる頃に街に出かけました。
二軒目の居酒屋さんで20歳くらいの若い女性と仲良くなりました。
とにかくおっぱいが大きい女性だったので、おっぱいを触りたくて仕方がありません。
彼女はノリが良い酔っ払いでなので、たまにおっぱい触らせてとお願いしましたが、そのたびにダメーと断られました。
それでもあきらめきれなかったので、そのお店で一番高い日本酒をご馳走するからおっぱいを触らせてと頼みました。
するとお酒を単純に飲みたかったのか、情熱に心を打たれたのかわかりませんが、いいよとついに言ってくれました。
周囲のお客さんにばれないように、二人でトイレに行って、ついにおっぱいを触らせてもらえることになりました。
個室に二人で入り、服をまくり上げ、生おっぱいを見ました。
ものすごく大きいすごい、と褒めると、すごいでしょと彼女は言いました。
そしてついにおっぱいを触らせてくれました。
やわらかくて本当に気持ちがよかったです。
彼女はしょうがないから抜いてあげるよと言って、おっぱいを触って勃起してしまったあそこを手コキで抜いてくれました。
その後何もなかったように二人で席に戻り、お酒を再び飲みました。

 

シーガイアのホテルで夜中に女性と

宮崎県のシーガイアに初めて行った時の事です。
事前にネットで調べて温泉が楽しめる施設があったので、そこに宿泊することにしました。
その温泉があるホテルは素敵な感じのところで、若い女性がたくさん泊まりに来ていました。
チェックインをする時に見かけた、可愛くて巨乳の持ち主の女性が、自分のフロアと同じ部屋だったので、何度か移動するたびに見かけました。
いつか仲良くなれたらいいなと思っていたのですが、タイミングがなく、声をかける勇気もありませんでした。
温泉に行って、部屋に帰りました。
そして夜、ビールを買うためにホテルのビール売り場に行くと、その女性が氷バケツを持って歩いてきました。
目があった瞬間にぺこりと彼女が頭を下げて、氷をバケツに入れました。
一目瞭然な感じで彼女は酔っ払っていたので、私は思い切って声をかけました。
彼女は部屋でハイボールを飲みながら映画鑑賞をして楽しんでいると言いました。
一人ですかと言うと、一人だと言うので、私もお供させてくださいとお願いしました。
お酒をたくさん持っていきますのでと食い下がると、彼女は承諾してくれました。
Hをしたいというよりも、彼女と仲良くなりたかったので、一緒にお酒を飲みながら映画を楽しみました。
知っている有名な映画でしたので途中からでも楽しめました。
ちらちら彼女の巨乳をちら見出来るだけでラッキーと思っていたのですが、映画がロマンチックなシーンになると、彼女は私をみつめてきました。
私は吸い寄せられるようにキスをして、巨乳をやさしくもみました。
そして映画を観ながらというか、かけっぱなしでセックスをしました。
凄くラッキーだったと思います。

 

夜景の見えるホテルで

宮崎市内の夜景の見える素敵な部屋に泊まることになりました。
観光旅行で訪れたのですが、普段はもちろん男一人旅の時はビジネスホテルに宿泊します。
しかしたまたま旅行サイトでセールをしている部屋が、普段は一泊数万円するホテルだったので、せっかくだし予約をしました。
実質は普通にビジネスホテルに泊まるより安いくらいの値段でした。
近くの居酒屋で夕食をしていました。
私は酔うと陽気になって、同じお店にいる人に声をかけて仲良くなる事があります。
その日もそんな感じに盛り上がり、隣の席で飲んでいた女性と知り合いになりました。
そして、今夜宿泊するホテルの話を女性にすると、一回も宿泊したことがないと言いました。
じゃあ見学においでと酔っ払って誘うと、女性は行く行くというので、ふたりで部屋に行きました。
夜になり窓から見える夜景がすごくきれいです。
うっとりする女性と私はすっかりロマンチックなムードになりました。
居酒屋ではまったくムードもへったくれもなかったのに、自然とキスをして、手をつなぎ、そしてベッドの上に移動しました。
そしてまるで恋人同士のように、抱き合って、服を脱がし合い、そしてそのままセックスをすることになりました。
終わった後も恋人同士のようで、朝一緒にコーヒーを飲み、その後彼女は部屋を出ていきました。
それきり彼女とは会っていません。
どの時点で彼女をナンパしたことになるのかよくわかりませんが、とにかく私はその日初めてのナンパに成功しました。

 

コンビニで逆ナンパをされました。

宮崎市内のビジネスホテルに泊まりました。
一人でしたので、風俗にでも行ってみようかなとホテルの一階に併設されているコンビニに情報誌を買いに行きました。
しかし風俗情報誌が見当たらなかったので、部屋に帰ってスマホで風俗情報を調べようかなと思っていると、コンビニの本のコーナーに、暇そうにしている女性がいることに気づきました。
実はチェックインをする直前にビールを買うために、このコンビニに寄っていたのですが、その時からその女性が立ち読みをしていたのです。
さりげなく隣に立って容姿をチェックすると、どことなくエロい雰囲気のある女性でした。
もしかしたら声をかけたらナンパできるかなと思いながらしばらくすると、女性のほうから声をかけてきました。
このホテルに泊まっているのと聞かれたのでそうですと言いました。
だったら、あなたの部屋で飲まないと女性に逆ナンパの様なことをされたので、びっくりしましたがOKしました。
再びビールやカクテルを買い、自分の部屋に戻り彼女とお酒を飲みながらトークをしました。
彼女は宮崎市内に住んでいる女性で、さみしくなるとホテルの下のコンビニで男性をナンパするんだそうです。
観光客が相手の方が面倒くさくないので、そういう男性とセックスをするのを楽しみにしているという事でした。
そんなわけで、私は風俗に行く必要もなくなり、彼女とセックスをしました。
彼女はコンドームもきちんと用意していたので、安心してセックスを楽しめました。

 

宮崎の海水浴場でビキニの女性と…

私は宮崎の大学に通っている二十歳の学生です。
夏になると海水浴場に行ってナンパをするのが楽しみです。
普段はナンパをしても、そのまま最後までうまくいけるかというと、案外そうでもありません。
飲みに行って、途中で帰られてしまったりすることが多いです。
夏の海水浴場の場合は、意外と最後までいけることが多いです。
なぜかと考えると、やはり女性が薄着だからだと思います。
特にビキニの女性の場合は、ほとんどハダカの様なものなので、最後までいきやすいです。
昨年の夏の話です。
海水浴場の砂浜の横にレジャーシートを張って、寝っころがっていました。
すると隣に女性がレジャーシートを張って、同じように寝ていました。
ちょうど日焼け止めを取り出したタイミングだったので、塗りましょうかと声をかけました。
タイミングが良かったからか、女性はお願いしますと言ってくれました。
日焼け止めを塗ると、スキンシップをとれるし、緊張しないで話ができるので仲が良くなりやすいです。
その日もそれから一緒に泳いだり、砂の城を作ったりしました。
夕方になってもふたりでビーチにいました。
そのうちにすっかり暗くなり、二人だけの世界になりました。
もうあとはきっかけさえあれば最後までいける感じでした。
私はベタだと思いましたが「日焼けがどのくらいしたか見せて」と言いました。
彼女がブラジャーを取ったので、私はおっぱいを触り、それがきっかけになり最後までいきました。
服を脱がせたりする必要がない分、失敗も少ないと思いました。

 

宮崎でできたセックスフレンド

私は今、26歳で東京の会社に勤務しているんですが、宮崎には出張でよく訪れています。宮崎には牛肉や鶏肉などおいしいものがたくさんありとても気に入っています。そんな宮崎に出張するときにはいつも同じビジネスホテルに宿泊していますが、このホテルのフロントの女性はとても美人なんです。なのでこの女性と何とか仲良くなれないか・・・といつも思ってしまうんですが、実際に仲良くなれたんです。きっかけは私がたまたま入った洋食屋さんで彼女が食事をしていたんです。その時をきっかけに彼女と仲良くなり連絡先を交換し合い、その日の夜に一緒に飲みに行って仲良くなりました。
そしてその1か月後、宮崎に出張したときに彼女と一緒に食事に行っていろいろプライベートのことを話して楽しみましたが、その日は2泊3日だったので翌日も彼女と一緒に食事に行きました。そしてその日彼女の方から「これから私の部屋に来ませんか??」と誘われたんです。そのうち私から誘おうと思っていたんですがちょっとびっくりしました。彼女の部屋はきれいに片付いていて、女性の部屋という感じでしたが、少しまったりして、別々にシャワーを浴びていよいよベッドインです。彼女はムッチリ体型でおっぱいも大きくエロいんですが、セックスは意外と普通でちょっと拍子抜けでしたが、かなり充実した宮崎出張でした。これ以降私たちは、私が宮崎に出張するたびに合ってセックスを楽しんでいますが、最近は彼女も奔放になってきています。

 

北郷温泉でナンパをされました

私は宮崎市内で会社員をしている20代後半の女性です。
先日は休暇を利用して、北郷温泉に行きました。
北郷温泉は美人湯として有名で、私も温泉に入って美人になれたらいいなと思って行きました。
温泉を楽しんで休憩所でゆっくりしていると、男性が声をかけてきました。
それからしばらく世間話をしました。
男性は関西から観光旅行で宮崎に来たそうです。
関西の人の独特のボケとかがおもしろくて、私はトークが楽しくて食事もその男性と一緒にすることになりました。
温泉地なので日本酒が雰囲気にぴったりです。
私はお酒も好きなので、結構飲んでしまいました。
すっかり酔ってはしゃいでしまい、彼の部屋でトランプをすることになりました。
すると彼が私にキスをしようとしてきました。
私は、彼に性欲を感じていなかったので断りました。
すると彼は、土下座をしてお願いしてきました。
「セックスをさせてください」とすがすがしいくらいストレートなお願いです。
私はダメですとちょっと笑いながら断ると、彼は少しずつ譲歩しました。
おっぱいを触るだけでも、あそこを口でしてくれるだけでも、手でしてくれるだけでも…という具合です。
私は何だか彼がいとおしくなってしまったので、結局手でしてあげることにしました。
彼はできるだけ私の手の感触を味わいたかったようで、かなりの時間我慢して、そして出しました。
彼は、もう一度どうしてもセックスはダメですかと言いましたが、私は絶対無理ですと言うと、潔く引き下がりました。
なんだか不思議な感じでしたが、まあ手でしてあげただけだったし、楽しい時間を過ごせたので良かったと思います。

 

日南の海岸でナンパをされました

私は先日会社員になったばかりの女性です。
それまではずっとソフトボールばかりやっていたので、男性経験はありません。
でも、体は鍛えていますし、体育会のノリには慣れているので、サラリーマン社会ではうまくやれそうだなと思っています。
ようやく仕事にも慣れてきた休日に日南の海岸に行きました。
少し海岸の海風に当たってストレス解消しようと思ったのです。
短パンにTシャツ姿で、ストレッチをしたりしながらのんびりしていました。
するとしばらくして男性にナンパをされました。
人生初ナンパです。
驚きましたが、嬉しくて、男性の感じも良かったのでしばらく話をしました。
男性は何かスポーツをしているのと聞くので、ソフトボールをずっとしてましたと答えました。
すると男性は、僕も野球をずっとやってきたからと言って、ふたりでバッティングセンターに行くことにしました。
そこまですごくスムーズで、初めて会ったばかりの人なのに、もうデートに行ってるなんて信じられませんでした。
ふたりして120キロくらいのストレートをバンバン打ち返すので、他のお客さんがびっくりしていました。
その後何度かデートを重ねて、彼と付き合う事になりました。
彼も私の会社の近くでサラリーマンをしています。
付き合ってよかったと思うのは、二人ともスポーツをしてきて、スタミナがあるので、セックスが激しくて長くできることです。
私は初めての彼なのですが、彼は過去に恋人がいたそうです。
でも私みたいにずっとセックスができる女性は初めてだよと言ってくれました。
中学高校と部活ばかりの毎日で大変でしたが、いいこともあるものだと思いました。