富山への旅行であった偶然の出会い

去年の夏に友人と富山へ旅行に行った時の夢みたいなお話です。

小学校からの付き合いの友人たちとの旅行で気分も高揚してお酒を飲みながらワイワイと観光していました。

とある富山の有名なスポットで写真撮影をしようと行列に並ぶことになりました。
じゃんけんで負けた僕は並ぶ係となり、めんどくさいなぁと思いつつもしょうがなく行列の最後尾へ並びました。
ちょっとキレイめな格好にスタイルの良い女性が僕の前に並んでいます。

僕が住む東京と違い自然が多く、開放感があり普段よりも気持ちが大きくなっていたんだとおもいます。
酔っぱらっていたのもあり思わずどこから来たんですか?と声を掛けてしまいました。

すると東京から来たとの事。びっくりしながらも住んでいる場所の事とかで軽く盛り上がりました。
彼女も休みを利用して友人と富山へ遊びに来ていたのです。

お互い、退屈な待ち時間を喋り相手が見つかり嬉しかったのか、初対面とは思えないくらい会話が弾みました。
僕はもっと話をしたかったんですが友人が来てしまい、気を使った彼女がじゃあって感じで背を向けられとても残念な気持ちになりました。

キレイな人だったのでなんだか妙に気分が上がってしまいました。

その日の夜、ビジネスホテルに宿を取っていた僕たちは駅前で飲んだ後ホテルへ戻りました。
別々の部屋だったので解散し、喉が渇いた僕はコンビニへ行こうと知らない道を歩き始めました。

「こんばんわー♪覚えてますかー?」

誰かと思ったら昼間の女性でした。
彼女もコンビニへ行く途中だったので二人で歩きながら話していると、
二人ともまだ飲み足りないという事になり一緒に飲みに行くことになりました。

その時はこんなシチュエーションに興奮しすぎて少し照れていたのを憶えています。

意気投合した僕らは色々な話をしながら楽しく過ごしました。
彼女は僕よりも2歳年上の25で普段はOLをしていて今は彼氏はいない。
夏なのに友達とばかりで退屈しているとか色んな話を聞けました。

2時間くらい飲むと時間は12時。

「部屋に遊びくる?」と笑いながら聞くと「うん♪」と即答。

部屋に入れると妙に彼女が色っぽく感じてしまい、手を握ってしまいました。
相手も握り返してきて我慢できなくなった僕は、ベッドに彼女を倒して服を脱がせました。

すっごくいい匂いがしてとても興奮しました。
彼女は最初は照れていましたが段々と乗り気になった来たのか積極的に責めてきました。
年上とのエッチが初めてだった僕は責められて感じてしまい普段は出さない変な声まで出していました。
彼女はとにかく優しくてとろけてしまいそうでした。

ゴムも無かったのでもちろん生。それでも何回も何回も抱き合いました。
発射する度、もう無理!って思うのですが彼女がフェラをしてくれると復活してしまうんです。
求められるがままに抱き合い、結局僕は寝てしまったみたいです。

ホテルのメモ帳に「楽しかったよ♡」って一言だけ書かれていました。
その日は旅行をしながら、連絡先とか聞きたかったなぁと後悔していました。

本当に夢の様にあっという間でしたが、今でも僕が忘れられない夜の体験談です。

オススメ出会えるサイト一覧↓
Jメール
PCMAX
YYC
ワクワクメール
ハッピーメール
メルパラ



シェア!