富山県の女性との出会い

私は仕事の出張でよく富山に行くことがあり、そこで出会った女性と、素敵な関係を持つことができたのです。

私から女性をナンパし、最初は強く拒否られてしまったのですが、粘り強くナンパをしていると、諦めたのか、しぶしぶOKしてくれるのでした。
そして、会話を広げていくうちに、次第に彼女は私に心を許してくれるようになっていきました。

恋愛トークなんかもしてみたり、エッチな話しもするようになっていました。
彼女には現在彼氏がいるというのですが、彼氏とはあまり上手くいっていないんだとか。

私はチャンスだと思い、彼女に猛アタックしました。
私のアタックはかの尾所には好評だったらしく、彼女は次第に私に心を許し始めていくのでした。

一緒に飲んでいるうちに、どんどんエッチな気分になって行き、私たちは富山県でも有名なホテルに行くことにしたのです。

ホテルへ到着すると、私たちは全裸になり、愛し合いました。
お互いにお互いの気持ちのいいところを愛撫していき、ゆっくりと合体していきました。

アンアンとあえぐ彼女の声がすごくエロくかんじ、私は大興奮。
すごく最高なセックスをすることができました。

その後、彼女とはセフレの関係になり、出張で富山に来たときは彼女に会ってセックスを楽しんでいます。
彼女とはセックスの相性もすごくいいみたいで、いろいろなプレイを楽しむことができます。
富山に出張に来るようになって、本当に良かったなと思った瞬間でした。

富山の観光客をナンパしました


この日は休日だったので、地元の富山県内をドライブしていました。
黒部峡谷に行き、トロッコ電車に乗ってすごくいい景色を堪能し、充実した時間をすごすことができました。

そして、私と同じように一人でトロッコ電車に乗っている女性がいたので思わず声をかけてみることに。

すると女性もすごく快く返事をしてくれて、お互い一人だと言うことで近く似合った飲食店に入り一緒にご飯を食べることになったのです。
茶髪でロングヘアの美人の彼女でした。
すごく綺麗な人で、話しているときの笑顔にもすごくドキドキしました。

それから私は彼女と一緒に富山県の観光名所をまわり、彼女とすっかり仲良くなりました。
そして、彼女も私に気を許したのか、私の家に何も警戒することなく上がるのでした。

一緒にお酒を飲みながらまったりとテレビを見て過ごしました。
お酒に酔うと彼女は少しエロくなり、私は彼女を押し倒していました。
そのまま私たちはセックスを始めます。

すごく感度のいい彼女は、すぐにあえぎ声を出し、集中して愛撫をするとすごく大きくあえぎまくるのでした。

私はすごく興奮しながら愛撫を続けていると、今度は彼女が私のモノをフェラし始めます。
彼女のフェラもすごく気持ちが良かったです。

合体すると、彼女の中はすごくしまっていて気持ちが良かったです。
そして、その日はずっと彼女とセックスをして過ごすのでした。

連絡先の交換はしませんでしたが、彼女とのセックスはすごくいい思い出になりました。

富山でカップルを交換しました


この日私は、富山駅周辺で親友カップルと一緒にダブルデートをしました。

ショッピングをしたり、映画を見たり、ご飯を食べにいったりと、すごく楽しかったのですが、最近ではセックスのほうがマンネリになっていて、友人カップルも同じ事を思っていたそうです。

夜になって、彼氏の家でみんなで飲んでいました。
お酒の酔いもあってか私たちのトークの内容は下ネタトークになっていたのです。
そして、お互いにセックスがマンネリだと言うことを暴露しあうと、その勢いで友人はカップルを交換しようと提案するのでした。
私は戸惑っていましたが、彼氏たちは賛成し、友人の彼氏は私を連れて家を出ました。

そして、今晩私たちはお互いのパートナーと一夜を過ごすことを決め、私は友人の彼と一緒にラブホに向かうのでした。

ホテルに来た私たちは、即効でキスをします。

彼のキスはすごく上手でした。
アソコを触られてクンニされ、すごくいやらしいセックスに私はすごく興奮してしまいました。
すごく気持ちよすぎて腰が抜けそうになってしまいました。

ベッドに移動すると、キスをしながら服を脱がせあい、ゆっくりと合体します。
彼のピストンがすごく気持ちよく、私の感じる所を知り尽くしているかのようでした。

こんなに気持ちのいいセックスをしたのは彼氏とのセックスでは1度も味わったことがありませんでした。

それからは本当にカップル交換をし、友人の彼が今の私の彼氏になっています。
そして、マンネリすることなく、上手くいっています。

独身最後の火遊び


私は富山県にあるエステのお店で働いています。
今回、寿退社をすることになり、彼の転勤先の東京に私もついていく事にしたのです。

その最終日のことでした。

私はお店の人にも彼にも内緒で独身最後の火遊びをすることになったのです。

今回は男性のお客さんの施術もすることになり、いつものように施術をしていました。
すると、彼は気持ちが良かったのかアソコがもっこりとしてきたのです。
男性客の施術をしていてもっこりするのを見ることは良くあったのですが、ここまでもっこりするのは初めてだったのです。
あまりにも大きなモノを私は思わず触ってしまいました。

すると彼も私のおっぱいに触ってきてもみ始めるのです。
本格的に服の中に手を突っ込み、荒々しくもみ始めます。
私はばれないようにあえぎ声を凝らしていました。

それでも抑えきれないあえぎ声にさらに彼のピストンは大きくなっていきました。
あえぎ狂ってしまう私は、彼の大きなモノのとりこになってしまったのです。

そして、激しく絶叫し、同時フィニッシュをしました。

この日、私は仕事をやめ、主人の転勤する東京へと行くことになったのです。
しかし、彼とは連絡先を交換していて、時々彼は東京に出張することがあるらしく、たまにたまに2人であってセックスを楽しんでいるのでした。。

主人とのセックスとは比べ物にならないほどに彼とのセックスはすごく気持ちが良かったです。
そして、今でも、仕事の最終日のことを忘れることがありません。

気持ちよりも体のほうが正直に・・・


自分で言うのもあれですが、学生時代の時はすごくモテていました。
しかし、社会人になると、なかなか出会いはなく、彼氏もいません。

会社と家の往復にすごく退屈になっていた私はある日、富山駅の近くにあるバーで一人で飲んでいました。

そして、家に帰ろうとしたそのとき、一人の男性が私の隣に座ってきたのです。
「良かったら少し話しませんか?」
そう言いながらカクテルをご馳走してくれました。

顔はイケメンではないけど、話がすごく面白かったのです。
そして、共通の話題や、好きなものも似ていて私たちはすっかり意気投合するのでした。

彼と飲んでいると、終電に乗り遅れてしまったのです。
そして、私は彼の家に行くことにしました。

彼の家に着くと、最初は2人でまったりとDVDを見ていました。
最初はまったりとしていた私たちでしたが、だんだんムードが良くなってきて、お互いにキスをしあいました。

キスをしながらも服を脱がして息、彼のモノはすでに大きくなっていました。
大きなモノをフェラしていくと、さらに大きくなっていきました。
すごく興奮を抑えることができなくなった私は、彼のモノで沢山絶頂するのでした。

その日は朝まで彼とセックス三昧でした。
そして、目が覚めるこ頃、彼の姿はありませんでした。
鍵はポストの中に入れておいてと言う置手紙が残されており、私はそのまま連絡先を交換することなく部屋を出るのでした。

彼との気持ちのいいセックスはこの日が最初で最後だったのでした。

友人カップルとスワッピングした時の体験談


私には彼女がいました。
彼女との関係はすごく良好で、特に不満に思うことはありませんでした。

一つを除いては・・・

彼女との関係はいたって良好なのですが、セックスに関しては彼女は拒否をするのです。
あまり経験がないから怖いと言うのです。

友人のいる富山に出張に行った際に私は思い切って彼女とセックスレスなことを打ち明けたのです。
すると友人から「スワッピングしてみないか?」と提案されるのでした。

最初はすごくびっくりしましたが、その流れにならずともとりあえず4人で飲もうという流れになり、私は決行当日彼女と小旅行をしようといい、友人カップルと合流することに成功しました。
そして、富山県の観光名所をまわって思い切り堪能し、友人の家でご飯を食べたりお酒を飲んだりして楽しんでいました。

お酒ですごく気持ちよくなった友人カップルは、私たちの前でセックスを始めます。
彼女はそれに釘付けになるようにじ~っと見ていました。

私は思い切って彼女にセックスしようと言うと、いつものようなガードがありませんでした。
そして、私は久しぶりに彼女の感じる顔を見ました。

彼女はセックスは痛いものだと思っていたそうです。
今までのセックスで感じたことがないらしく、こんなにも気持ちよく感じたのは今回が初めてだと言います。

その日以来、私は彼女とセックスをする頻度が少し増えました。

スワッピングをした時の思いでが今でも離れないと言います。
そして、またスワッピングをする約束をして私たちは、その日を楽しみにしています。

久しぶりのナンパ


仕事が休みで久しぶりに暇をもてあましていました。
日曜だったこともあり、人の多い街に行き、昔よくやっていたナンパをすることにしました。

高岡駅周辺で丁度いい女性に声をかけてみると、あっさりとOKをもらえました。

高岡駅近くに美味しいと有名なカレーうどんのお店があり、彼女とそこへ行くことに。
カレーうどんもすごく美味しく、私も彼女もすごく会話が盛り上がりました。
彼女も休日ですごく退屈していたので、一人でブラブラとウィンドウショッピングに繰り出していたとの事。

私たちは、しばらく食事を会話を楽しみ、その後ショッピングをしたりカラオケに言ったりして楽しみました。

だんだん打ち解けてくるようになり、エッチな話もチラホラと出てくるようになりました。

そして、日が沈み始める頃、私は思い切って彼女をホテルへと誘いました。
すると、「優しくしてね」と言いながらホテルまで一緒に向かいます。

ベッドにいくと、服を脱がせながら合間にキスをします。
あえぎ声が大きくなっていくにつれてアソコもすごく濡れ始めます。

私の指で行ってしまった彼女の中に私のモノを挿入しました。
彼女を休ませることなく、私はピストンを続けます。
彼女のあえぎ声はどんどんいやらしくなっていきます。

そして、もう一度彼女は絶頂していくのでした。

私も彼女もすごく満足したようなのですが、彼女は私とのセックスによって激しいセックスにも目覚め始めたようでした。
彼女のおかげですごく充実した1日を迎えることができました。

富山への旅先での出会い


友人と一緒に富山旅行に行きました。
富山県の有名なスポットめぐりをしたり、美味しいものを沢山食べたり、写真を見たりと、思い切り富山を満喫し、私たちは就寝しました。
夜中に目を覚ますと、私はお酒が飲みたい気分になり、一人でお散歩がてらのみに行くことにしたのです。

近くに居酒屋があり、一人で飲んでいると、私のように一人で飲んでいる女性がいました。
ガイドブックを持っていたので彼女も観光客なのかなと思い、思わず声をかけてみました。

すると、最初はびっくりした感じでしたが、しっかりと応えてくれました。
お互いに観光客だと言うこともあり、いろいろな話をして盛り上がりました。
そして、お酒の酔いに任せてグイグイ行ったのが良かったのか、彼女と一気に仲良くなれた感じがしました。

私も彼女も、まだ飲み足りなくて一人でのみに来たといいます。
私たちは共通点が多かったのです。
そして、彼女は長いこと彼氏がいないといい、私も長いこと彼女がいませんでした。

共通点だらけの私たちは気がつくと2時間くらい話し込んでいました。

近くにあったラブホに行き、しばらく2人でまったりとすごしていました。
するとムードも出てきてお互いにキスをしあうようになり、彼女の息もだんだん荒くなり、どんどんあえぎ声も大きくなっていきました。

そして、彼女との最高なセックスをするのでした。

そのときのことはなんとなく友人には内緒にしています。
そして、彼女とは地元も近く、お互いに連絡先を交換してお別れしました。

富山県でナンパ体験談


仕事の転勤で富山県に来た私は、一人の知り合いがおらずすごく寂しい気分でした。
仕事にも少しずつ慣れてきた頃、会社の同僚ともよくのみに行ったり、バーに行ったりして楽しむようになっていました。

この日は初めて一人でバーに飲みに行ったのですが、その時に知らない男性から声をかけられたのです。
そして、一緒に飲んでいました。
バーテンダーの人とも仲良くなったり、すごく楽しいひと時を過ごすことができました。

そして、そろそろ帰ろうとすると、声をかけてきた男性が送っていくといってくれ、近くの駅まで送ってくれました。
駅に着くと、何と彼も帰る方向が同じだといいます。
彼とはご近所さんで、それをきっかけに私たちはさらに盛り上がったのです。

そして、一緒に道を歩いていると、ラブホテルを見つけました。
私たちはノリでホテルに行くことにし、彼とセックスをするのでした。

彼とのセックスはすごく気持ちのいいものでした。
彼の愛撫もすごく気持ちがよく、ゆっくりと丁寧に行われ、愛されているかのようなセックスでした。
挿入されたときはすごく激しくピストンをされて、すごく感じてしまいました。

彼とのセックスで私は何度もイカされてしまい、最後には同時にフィニッシュをしました。
その後、彼には彼女がいることを知らされたのですが、彼女とはセックスの相性があまりよくないことを打ち明けられました。
彼女のことは好きだから分かれたくはないという彼でしたが、私との体の関係もこのまま終わらせたくないといい、私たちはセフレの関係でいることにしたのでした。

富山にあるクラブでの出会い


私はこの日、富山で行われているクラブに遊びに行きました。
友人がサラをまわしているとの事で、クラブに向かったのです。

友人のサラをまわすところを楽しみに来た私でしたが、途中から目的が変わっていました。
クラブで女性を難破するようになって行き、ちょうど私の近くにいた女性に声をかけると、何とドンピシャだったのです。

茶髪でウェーブがかかった上品で細身な女性でした。
服装の露出は割りと高めだったので、上品にも見えましたが、エロくも感じてしまいました。

クラブで一緒に盛り上がった後、近くに会ったバーに移動して、ゆったりと話しをしていました。
いろいろな雑談で意気投合した後、エッチな話も織り交ぜながら会話を続けていました。

そして、私はノリで「エッチしてみる?」なんていうと、彼女は首を縦に振ってOKするのでした。
快くOKしてくれることにすごくびっくりした私は、さらに興奮してしまうのでした。

ホテルに入り、早速セックスが始まるのですが、彼女はすごく敏感で、あえぎ声がすごくエロかったのです。
私自身もすごく興奮し、その日は一晩中彼女とセックスをして過ごしました。
セックスのテクニックもすごく上手く、私も何度か絶頂してしまうのでした。

たまたまナンパした女性がすごく美人で、しかもセックスの相性がすごくいいなんて、私はすごくツイていると思いました。

それからも彼女とはいいセックスフレンドとして仲良くしています。
一緒にクラブに通ったりもしています。

富山のキャバ嬢とセックスしてしまった


上司に誘われて、私は桜木町にあるキャバクラへと行くのでした。
キャバクラに通うのは今回が初めてで、すごく緊張していたのですが、実際にいってすごく綺麗な女性が沢山いたときにはすごく興奮してしまいました。

そこで知り合ったキャバ嬢の女の子と話をしていると、何とご近所さんだったのです。
しかも、私が良くごみ出しに来たときにいつも顔を合わせる地味な女の子だったのです。
彼女も私のことを思い出し、「もしかして・・・」とお互いに確かめ合うように会話をすると、なぜか会話がどんどん盛り上がっていきました。

いつも見ていたときは地味であまりぱっとしなかったのですが、キャバ嬢の姿を見ると、女性ってすごく変わるんだなと思ってしまいました。

それからは、週に2回のごみだしの日がすごく楽しみになり、彼女に会ったときはすごくテンションが高くなっていました。
彼女はやはりジャージ姿にセットされていないロングヘアでしたが、軽くお化粧していました。
私に会うのを意識したのだそうです。

笑顔で挨拶をする私たちは、今度2人で遊びに行く約束をするのでした。

遊びに行く当日も、彼女の巧みな会話ですごく盛り上がり、カジュアルなスタイルの服装や、すごく細身でグラマーなスタイルにドキドキしていました。

日が沈み、暗くなる頃にはすごくいいムードになっていて、その日はなんと車の中でセックスをしてしまったのです。
それからは私はお店にも通うようになり、プライベートでも彼女と定期的に会っています。

富山駅周辺でナンパをしたぽっちゃり女性


私はもう30になるのですが、独身で彼女もいません。
たまに寂しくなることもあり、富山駅周辺でナンパをすることにしました。

富山駅周辺でナンパをしようとすると、必ず行く場所はCiCです。
そこで私は、黒髪のぽっちゃりした女性を見かけました。
細身の女性よりも、ぽっちゃりとした女性のほうが好みで、私は興奮しながら彼女に声をかけました。

彼女は友人と遊ぶ約束をしているからと言い、最初は断られてしまうのかなと思ったのですが、約束の時間になっても連絡がなく、連絡しても返事もなく、30分くらい待っていると言います。
何かあったのではないかと心配になっていると言われ、私は彼女に連絡先を渡し、その場を去りました。

彼女に連絡先を渡したのは、少しでも希望を持ちたかったからです。

そして、10分後。
私は彼女をあきらめてナンパを再会しようとしていたときでした。

彼女から電話がかかってきます。
電話に出ると、彼女からのお誘いの連絡でした。

再度彼女と合流すると、彼女は友人と連絡が取れたらしく、友人は急遽彼氏とデートをすることになったと言います。
待ちぼうけをくわされた彼女はやけくそになっていたのです。

一緒にのみに行くと、すごくゆるくなってしまう彼女。
すごくエロっぽさを全開にして私を誘惑してきます。

そんな彼女を自分の家にお持ち帰りすると、早速「ねぇみて・・・」と言いながらオナニーを始めるのでした。

そんな大胆すぎる彼女に我慢できず、私は彼女をセックスを楽しむのでした。

富山県でナンパを楽しんでいます


私は富山県にすんでいます。
すごく可愛い女の子が大好きな私は、よく富山駅近くにあるCiCに行き、可愛い女の子との出会いを楽しんでいます。
自分で言うのもあれですが、私はナンパがすごく上手いほうだと思っています。
私がナンパをすると、高確率で女性をおとすことができるのです。

この日も私は、CiCにいき、一人でふらついている女の子に声をかけました。
すごく可愛く、私好みの女の子でした。
一発目で見事に引っ掛けることができ、私は心の中でガッツポーズをとりました。

時間はまだ昼間だったので、ランチしようというと、私のおごりで一緒にランチをすることに。
茶髪でウェーブがかかっており、くりっとした二重がすごく特徴的でした。
ワンピース姿でスカートの丈もミニに近かったので、すごくそそられてしまいました。

食事中も、女の子の胸に目が行き、いろいろな話題をしつつも、私はずっとアソコをビンビンにさせていたのでした。

食事が終わり、いろいろとショッピングを楽しんだ後、私は彼女を家に誘いました。
まったりとすごしたいと言うと、彼女もうんと首をたてにふります。

私の家に招いて舞ったりと過ごしている彼女に少しずつ密着すると、キスをしたり、胸を触ったりします。
彼女は抵抗することなく受け入れてきます。
どんどん行動が大胆になっていき、私たちは本格的にセックスが始まったのです。

彼女のあえぎ声がすごくエロく、部屋中響き渡りました。
私も彼女とのセックスにすごく興奮し、最高のセックスをすることができたのでした。

地元富山県でナンパされた体験談


地元、富山県に就職してなかなか彼氏ができることもなく、暇なときは友人とよく飲みに行っていました。
クラブにも良く通い、ガンガン鳴り響く音の中で朝まで踊り明かすことも。

そこでは、クラブに来る男性と知り合いになる事もあり、結構楽しい時間をすごしていました。
クラブでは友人とは別行動をすることが多く、私は一人でカウンターでお酒を飲んでいました。
すると、一人の男性から話しかけられ、一緒に踊ったりもしました。

クラブを抜け出して、近くのバーに移動することになった私たち。
静かなバーでゆったりと会話をしていました。
いろいろなことを話していくうちに意気投合した私たちは、お酒も入っていたせいか、その流れでラブホテルにいく事になったのです。

すごくセックスも気持ちがよく、いろいろなテクニックを覚えることもできました。
そして、何度もイカされ、恥ずかしくなりながらも久々のセックスにすごく盛り上がり、彼とまた会うことにしたのでした。

彼とは住んでいるところは近くないので、会いたいときに会うことができませんが、ほぼ大体定期的に彼は会いにきてくれます。
彼と会うたびにいろいろなラブホにいったり、カーセックスをしてみたりしながらいろいろなセックスを楽しんでいます。

コスプレセックスをしてみたり、おもちゃを使ってのセックスもすごく楽しいです。

彼とであって、退屈だった日常に刺激ができたように感じています。
彼との出会いはすごく最高の出会いです。

駅前で可愛いギャルをナンパした体験談


富山駅はいつもの通勤場所です。
仕事帰りに富山駅に着た私は、駅前ですごく可愛いギャルの女の子を発見したのでした。

誰かを待っているのか、一人で立っています。
格好も少し露出が高く、網タイツがすごく挑発的な感時でした。
あまりにも興奮する服装をしているので私は彼女に声をかけました。

すると彼女はすごく気さくに受け答えをしてくれたのです。
彼女は待ちぼうけされてしまったようでした。
彼氏とデートの約束をしていたのですが、待ち合わせの時間になっても連絡がなく、あきらめて帰ろうとしていたところだと言います。

暇だったら一緒にのみに行こうと思わず誘ってしまいました。
すると、彼女はすごく嬉しそうにOKしてくれました。

彼女は私より3つ年下の歯科衛生士でした。
普段は派手な格好をすることができない分、プライベートではすごく派手な格好をするのだそうです。

話していくうちに、少しずつ彼女は私に密着してきました。
そして、私はいけそうな気がしたので、彼女をホテルへと誘うのでした。
彼女もやはりOKしてくれて私たちはラブホで向かい、セックスをするのでした。

彼氏とのことでヤケになっていたからなのか、私に対してすごく体を求めてくるのでした。
すごく気持ちのいいセックスに私は思わず中だししてしまいました。
最初は怒っていた彼女でしたが、またセックスしたいといい、私たちはセフレの関係になったのでした。

仕事帰りに偶然であった女性と、セフレの関係になれるなんて夢のような話です。

キャバクラ嬢とセフレになった体験談


私は、就職して仕事に慣れた頃から、キャバクラに通うようになりました。
地元富山県では、桜木町にあるキャバクラによく通っています。
キャバクラにいけば可愛い女性がいろいろと相手をしてくれて、すごく楽しい時間をすごすことができるのです。

キャバクラには常連のように通っていたので、NO1のキャバ嬢ともすごく仲良くなっていたのでした。

ある日、彼女とプライベートでデートをすることになり、私はすごくワクワクしていました。
キャバクラで見る彼女とは違い、普段の彼女は落ち着いていて、地味な格好をしていましたが、顔立ちがいいからかすごく清楚な感じにも見えました。
キャバクラで出会ったときにはきっと彼女には手が届かないんだろうと思っていましたが、今私の目の前にいる彼女は、私と同じ世界にいるような感じに思いました。

すごくいいニオイがし、体型もすごくよく、話しも盛り上がりました。
そんな彼女を乗せていろいろなところをドライブし、美味しいものを沢山食べて、楽しい時間もあっという間に過ぎていくのでした。

私はまだ彼女と別れたくないと思いながらも彼女を家まで送ろうと車を走らせます。

すると、彼女のほうからホテルに誘ってくるのでした。
お店には内緒にして欲しいと言う約束で私は彼女とラブホへ行き、セックスをしました。

NO1キャバ嬢とセックスをしたことは、私にはすごくラッキーな展開でした。
そして、その後もお店に内緒で彼女とセフレの関係を続けています。