山梨県の不倫妻とのセックス

出会い系の掲示板を見ていてすごく美人な女性が書き込みをしているのを、目にしました。
メッセージを送ってみると、速レスでした。
すごくびっくりした私は、彼女としばらくやり取りをしていました。

彼女はすごく話しも上手で、やり取りもすごく盛り上がったのです。
そして、この掲示板に書き込みをしたのは、一人の時間が多く、主人もなかなか相手してくれないということだったのです。
彼女は人妻で、主人に内緒で火遊びをしている不倫妻だったのです。

私は、セックスが目的なことを確信すると、早いうちから彼女を食事に誘いました。
そして、会うことになったのです。

実際に出会ってみると、そこそこに可愛らしい人でした。
私はすごく期待してしまいました。

弁天通りでお酒を楽しみ、彼女といろいろな会話をして盛り上がりました。
そして、彼女の恋愛事情などもしっかりと聞きました。
こんな綺麗な人を放っておくだんなさんが分かりません。
私が旦那さんの代わりに・・・

流されるかのように私は彼女をホテルに誘いました。
そして、抵抗しない彼女をラブホに誘うことに成功した私は、部屋に入ると早速セックスを始めるのでした。
人妻だということもあってか、すごくエロいセックスをしました。

あなたとのセックスが今までで一番気持ちよかったといわれて、私は彼女とのセックスに興奮しつつも、またセックスをしたと思っていました。
しかし、彼女とはこの日以来連絡が取れなくなっていたのでした。

下着売りの少女


山梨の出会い系を利用していて、面白い掲示板を見つけました。
「私の下着、買ってくれませんか?」
という掲示板だったのです。

私はすごく興味を持ってしまいました。

下着が欲しいわけではなかったのですが、彼女は何を思って下着を売ろうとしたのかにすごく興味を持ちました。
下着を買うだけで終わらないと思った私は彼女と接触を図るのでした。
すると、レスはすごく早く、彼女と連絡のやり取りをすると、早速会うことになったのです。

20代前半の女性で、まだ学生っぽさが抜けていませんでした。
あって自己紹介を済ませると、彼女から人気のないビルに誘導されました。

そして、下着を渡され、生暖かい下着をもらうと、やはり私にはそれだけでは物足りず、ホテルへと誘導し始めるのです。
お金は沢山用意してきました。
そして、彼女の手に諭吉を握らせると、強引にホテルへと連れて行くのでした。

「お金ならちゃんと払うからいいでしょ?」
そういって彼女に強引にセックスをするのですが、あまり大きく抵抗を見せることはありませんでした。
彼女もまんざらでもない気分だったのでしょう。

若い女の子のアソコは、すごくしまりのある物だったのです。
私は何度もピストンを繰りかえり、彼女に突きまくったのでした。
彼女もすごく気持ちよさそうにアンアンとあえぎながら私に訴えてきます。

最終的には、下着売りだけでなく、彼女の体も買うことになるのでした。
若い女の子はやはり、たまりません。

山梨県で乱交セックス


仕事の出張で友人の住む山梨県に行きました。
そして、久しぶりに友人と会うということで、友人と飲みに行くことになったのっですが、友人がその日にコンパをするというので私は急遽友人からのお誘いでコンパに行くことになったのです。

コンパをするのもすごく久しぶりだったので、ワクワクした気持ちでもあったのです。

約束当日、私は友人が指定するお店に行きました。
すると女性3人と男性が2人いました。
「ひさしぶり~!」なんて友人はすごくうれしそうに私のところに来ました。
私もすごくうれしく、友人との再会を喜びました。

コンパということで参加した私でしたが、どことなくコンパな雰囲気とは違ったものがありました。
参加している女性の目つきがどことなく鋭かったのです。
そして、一人の女性が言いました。

「お兄さんも良くするんですか?」
「何を?コンパ?」

というと、女性は「知らずに来たの?」といわんばかりにこの集まりが乱交パーティだということを明かしたのです。

私はすごく興奮し、その日はみんなで本当に乱交セックスをしたのでした。
しかもそこで一人の女性と仲良くなり、後日私は彼女と2人であってセックスをするのでした。

甲府駅の喫茶店で待ち合わせをし、お茶を楽しんだ後にラブホに行くのを定期的に行ってきた私たち。
出張で山梨にいる間はできる限り彼女に会う時間を作るのでした。

複数セックスも気持ちよかったけど、彼女との時間はもっと濃厚な時間になりました。

山梨でナンパ


地元山梨に住む私ですが、山梨にはこれといってナンパをするようなスポットはありません。
しかし、私がよく行っているパチンコ屋で、すごくタイプな女性を発見したのでした。

彼女はあまりパチンコには興味はなかったそうですが、たまたまやってみようと思った台がすごく大当たりで、玉がたくさん出てきたときにはどうすればいいのかすごく焦っていました。
私はすかさず、このときにはこうしたほうがいいよなんて教えつつも、彼女との接触に成功するのでした。

いいところで切り上げた私たちは、彼女のパチンコで儲かったお金を使って飲みに行くことにしました。

一緒にのみに来ましたが、やはり彼女は私のタイプの女の子です。
色白で透き通ったお肌をし、大きなおっぱいに、ぷっくりとした唇はすごく性的にもそそられる感じでした。
しばらく飲んでいると、彼女がお酒に弱いことが判明しました。
私は彼女を介抱するつもりでホテルに誘いました。
彼女は私がホテルに行こうとすることを拒むことはなかったのです。

ナンパをした彼女と、ホテルにまで行くことができるのはすごく夢のような出来事だったと思います。

たまたまパチンコ屋に行ってみたという彼女でしたが、やはりギャンブルは怖いと考えているようで、しばらくはしないと言っていました。
そんなことを言う彼女もすごく可愛かったのですが、今度はパチンコ屋ではないところでデートをしたいとも思いました。

そして、タイプの女の子との念願のセックスも実現するのでした。

石和温泉で知り合った女の子とセックスをした体験談


職場の集まりで、私は石和温泉に旅行に来ました。

宴会を終えると、私は一人で温泉街をお散歩していました。
帰りはそれぞれに自由解散になるので、私は思い切り温泉旅行気分を楽しみました。

近くの居酒屋で一人でまったり過ごしていると、同じように一人でお酒を飲んでいた女性がいたのです。
彼女はすごくお酒が好きで、友人と飲みに来た帰りだといいます。
飲み足りず、もう少し飲もうと一人できたといいます。

そんな彼女にナンパをすると、酔いもあったのか快く同席を受け入れてくれました。

しばらく彼女と盛り上がっていた私たちは時間を忘れて楽しんでいました。

彼女は帰りの電車を逃してしまったというので、ラブホで一緒に過ごすことにしました。
一人で旅館に帰っても寂しいので、私も彼女と一緒に過ごすことをとったのです。

彼女とホテルに行くと、すごくエッチな気分になったのか、私にセックスを求めてきます。
「そのつもりだったんでしょ」といい、一方的にキスをしてきます。
私も求められているので受け入れようと、彼女の体を思い切り堪能しました。

エッチな体つきに興奮しつつ、大きなおっぱいを思い切り揉み、感じるという乳首を思い切り愛撫してあげました。
彼女のあえぎ声は次第に大きくなっていきます。
合体をした時もしまりがすごくよく、気持ちのいいセックスに何度も絶頂しました。

そして、朝までお互いにセックスを楽しみ、濃厚な時間を過ごすのでした。
そして、朝には彼女は電車に乗ってそのまま帰っていくのでした。

甲府で知り合った愛人募集の人妻さん


先日私は山梨県の出会い系で、愛人募集の彼女と知り合いました。

彼女は結婚している人妻ですが、子供はまだいないといいます。
そしてご主人も仕事で帰りが遅いといいます。

彼女はほとんどを一人で過ごすため、すごく寂しい気分になるのだそうです。
そこで出会い系を使って愛人を募集した彼女でしたが、私はすごく美人な女性が来ることを期待していたのです。

しかし、実際に会った彼女は思っていた女性とは全然違っていたのです。
あらかじめ写メの交換はしていたのですが、写真とはまったくの別人でした。
詐欺だと思った私は彼女を見てすごく残念な気分になり、捨て台詞を吐き捨てて帰ってやろうと思ったのですが、あまりにも失礼かと思い、とりあえずホテルに向かいました。
彼女はサポを募集していたので、2万円といわれたのですが、私にはすごくその言葉がイラっとしてなりませんでした。

しかし、体はすごくエッチでした。
そして、ホテルに行くと、すぐにエッチをしました。
私は詐欺にあったという思いでいっぱいだったので、とりあえずすることだけはしようと、エッチをすることだけを考え、彼女とセックスをしました。

体はやはりエッチでした。
アソコのしまりもよく、すごく気持ちよかったです。
しかし、セックスをしている間も、彼女に2万円を払うのはすごくいたいと思っていました。

気持ちのいいセックスをすることはできたのですが、やはり、思っていた顔ではなかったので、それについてはモヤモヤが消えず、彼女がシャワーを浴びている間に1万円だけを置いてそのまま部屋から逃げ出してしまいました。

出会い系で出会った現役ソープ嬢


出会い系で私が知り合った女の子は、現役のソープ嬢でした。

サポありで出会った私でしたが、3時間で3万円とのこと。
すごい出費になることを承知で私は彼女に会ったのですが、すごく細身で真っ白なワンピース姿の似合う綺麗な女性でした。
顔はすごく可愛く、スタイルはすごく細身でしまったスタイルをしています。

彼女と甲府駅で待ち合わせをし、近くのパスタ屋に向かいました。
初対面の彼女でしたが、すごく気疲れせずに話をすることができます。
接客業の彼女なので、人と話すことには慣れている様子。

ぶっちゃけトークも沢山したところで、私たちはホテルに向かいました。

彼女いわく、ソープでの仕事ではすごくお客さんに気を使っているようです。
それに比べて援デリをしているときは気軽に楽しむことができるので楽なんだとか。

ホテルに行くと、ベッドの上でスタンダードにセックスが始まりました。
すごくサービスしてくれるものかと思ったのですが、普通に気持ちよくセックスをすることができ、これはこれでよかったかもしれません。
手こきやフェラもしっかりとしてくれましたが、すごく気持ちよかったです。
これはやはり手馴れている様子。

最終的にはお互いに気持ちよくなれて4時間くらいずっと一緒にました。
3時間越えましたが、3万から上に上がることはありませんでした。
でも、ここまで気持ちのいいセックスをすることができるなら、私はこれからも彼女に援助してもいいかなと思うようになりました。

出会い系で知り合った女性にドタキャンされ・・・


山梨の出会い系で知り合った彼女と、この日は会う約束をしていて、ワクワクしながら甲府駅で待っていました。
しかし、待ち合わせ時間になって彼女からドタキャンされるのでした。
もしかして、顔面接落ちという展開だったのでしょうか・・・
彼女は待っている私の顔を見てがっかりしたのでしょうか・・・

でも私は隣の県からわざわざ来て、今日は下心を丸出しにホテルに宿泊しようとしていたので、私はデリヘル嬢を呼ぶことにするのでした。

彼女は私のお気に入りの女の子でした。
「指名ありがとうございます」と笑顔で挨拶をする彼女。
彼女の笑顔もすごく好きだったのですが、テクニックもまたすごく上手いのです。

私は、彼女に愚痴を聞いてもらいながらも、彼女の気持ちのいいマッサージを受けていました。
彼女もちゃんと私の話を聞いてくれて、程よい感じで相槌をしてくれます。

そして、彼女のマッサージが終わると、私の感じやすいところを念入りに愛撫してくるのでした。
私の彼女のアソコを沢山愛撫すると、すごく感じてくれるのでした。

彼女は私のお気に入りのデリヘル嬢でしたが、彼女は私のことをお客さんとしては見ていなかったのだとか。
私のことを一人の男性として相手をしていたといいます。

私はそれを聞いてすごく興奮し、仕事とは関係なく私は彼女とつながったのです。
彼女のナカはすごく気持ちがよく、イク時の絶叫するあえぎ声にも私はすごく興奮するのでした。
この日は出会い系で知り合った女の子にドタキャンされてしまいましたが、逆に良かったのかもしれません。

出会い系で知り合った山梨の人妻さん


今回私は、割り切りでであった山梨の人妻さんに出会いました。
彼女は、ご主人が単身赴任でなかなか一緒にいる機会がなく、セックスもご無沙汰だったのだとか。
愛や恋関係なく、気持ちよくセックスをしたいと純粋に彼女は思っていたそうです。

割り切りといえば、お金がかかるイメージでしたが、彼女は私に金銭を求めているわけではなく、ただ純粋にセックスを求めているようだったので、私はさらに興奮していくのでした。

甲府駅で集合し、出会った彼女は、すごく透き通ったお肌をしていました。
そして、上品な服装をしていたのです。

甲府駅近くで食事をして、お互いにいろいろと雑談をしたのです。
私は、彼女といろいろと話しをしながら、この人とセックスをすることができるかがすごく楽しみで仕方がありませんでした。
セックスのことで頭がいっぱいになっていたので、会話があまり耳に入って来ることがなかったのを覚えています。

そして、食事が終わり、彼女をホテルに誘うと、彼女はすんなりとOKしてくれるのでした。

純粋にセックスを求めていた彼女とのセックスはすごくいやらしいものでした。
そして、彼女は恥らうことなく、自分の欲求のままに感じていたのです。
私も彼女の欲求のままにセックスを楽しんでいる姿に大興奮でした。

割り切りとはいえタダでここまで気持ちのいいセックスをすることができるのはすごくラッキーです。

セックスが終わった後、彼女はすごく満足してくれたようで、私たちはセフレとして今後もお付き合いをしていくことになるのでした。

ちょうちん横丁の飲み屋でナンパした体験談


この日は一人で飲みに出ていました。
甲府駅前にある「ちょうちん横丁」で私は一人でお酒を楽しんでいたのです。

すると、一人で泣いている女性を見かけたのです。
私は、本来はナンパにはあまり興味はなかったのです。
しかし、彼女を見ているとなぜか放っておけなかったのです。

そして私は彼女をナンパすることにしたのです。
彼女は私のナンパに応じてくれました。
そして、どうしてないているのかを話してくれたのですが、その内容はやはり男女のもつれでした。

しばらく、彼女の愚痴を聞かされ、私はいい加減うんざりしてしまいました。
それでもまだ言い足りないようだったので、私は仕方なく彼女の愚痴を最後まで聞くことにしたのでした。

やっと居酒屋から解放される私は、彼女に「私こっちなので・・・じゃあ」といい、そっけなくお別れするのでした。
すると、彼女から「一人にしないでください」と抱きつかれ、私は彼女を連れてラブホへと移動することになったのです。

ホテルに言ってすることは一つ。
彼女はそれを待っているかのように受け入れるのでした。

私はお酒の酔いのせいか、たたないと思っていましたが、彼女のエッチにあえぐ姿を見て思い切り立つのでした。
そして、彼女のように私も思い切りセックスを楽しむのでした。
パイパン状態の彼女にはすごく興奮したのを今でも覚えています。

セックスを楽しんだ後は、連絡先を聞くことなく帰りましたが、彼女とのセックスはとりあえず気持ちのいいセックスになりました。

富士急のスケートリンクでナンパされた体験談


20代前半の頃、私は仲の良かった女友達と富士急ハイランドに行きました。

冬の時期で、オールナイトでスケートを楽しむことができました。
スケートは初心者で、まったくといっていいほどに滑れませんでしたが、友人はスケートが上手かったので私は教えてもらおうと友人を頼りにしていたのです。

しかし、ずっと付きっ切りになってもらうのは申し訳ないと思い、私はしばらく一人で練習することにしたのです。
するとそこに一人の男性から声をかけられるのでした。

彼は私にアドバイスをくれました。
そして、私は彼の顔を見る余裕はありませんでしたが、彼のアドバイスに従って彼のいうとおりにしてみると、さっきよりも滑りやすくなっていたのでした。

彼としばらく一緒に滑っていて、彼と少しずつ仲良くなってきました。
すると彼から「お茶でも一緒にどうですか?」とナンパされるのでした。

そして、お互いに友人がいることが分かると、グループナンパをされたのです。

私たちはお互いに同じハイランドホテルに宿泊していました。
そして、2組に別れてオールナイトを楽しみ、途中で抜け出して私は彼の宿泊している部屋に行ったのでした。

スケートを教えてくれていたときはあまり顔を認識してはいませんでしたが、彼と一緒に部屋にいったときは少し可愛らしく、年下のような顔をしていました。
私はそんな彼にドキッとしながらも、彼と朝方まで一緒に過ごすのでした。

同じ部屋で私たち2人きり。
彼と一緒なベッドに入ったときはいちゃいちゃしながら過ごしていました。

山梨県勝沼市の合コンにおいてセックスフレンドができました、


山梨県勝沼市において、トアル出会いサークル主催で駅前のチョッと品の良さそうな居酒屋において、所謂、合コンが行なわれました。 まだ二十歳を過ぎたばかりの僕でしたが、面白半分、冷やし半分で参加してみたのです。 勿論、彼女もいない男盛りの僕でしたのであわよくば彼女でも出来ないものかと思っていたもの確かです。
彼女イナイ暦は当然ながら、今まで余り異性の女性と話をする機会も殆ど無かったのですから緊張していたのは確かです。 其れでも正面にいた2人の女性と何とか向き合いながら話をすることはできました。 一人の方はチョッとした可愛らしい感じの人でしたが、殆ど口の利かない内向性の女性だったのですが、もう一人の女性はブスとまではいかないにしても顔などはチョッといただけない程の人だったのですが、話し好きなようでよくお喋りをしてくれました。 そして、趣味や得意な事を聞いてみると歌やカラオケが好きということで、友人とカラオケに時折行くといったのです。 
僕もカラオケは仲間と時折行っているので同じ仲間と言う事で話も通じ合い、会が引けた後のなって、後ろからそれとなくカラオケに誘ってみたのです。 そしたら彼女は即応で返事がもらえたのです。 やはりと言うか、彼女の歌は中々のものでした。
ただ、ボックスに座っている間、彼女の半ミニスカートから長い足と太ももが私の視線を刺激するのです。 「あの、脚綺麗ですね」といいながら、「若しかしたら触ってもいいですか」ときくと、何と彼女はチョッと考えたすえに「いいわよ」というのです。 触った瞬間というのは、彼女の下半身がピクンなり、更に、柔らかくお触りをしてやるとかの上とうとう感じちゃったよなのです。
僕の息子も既に感じていてピンと張りつめていたところを、今度は彼女の右手が私のものを「見せて」と言いながら、「あらら、もうこんなに大きくなったいる、揉んでやるね」といいながら、何やら気持ちよくマッサージをしてくれるし、終いにはとうとう口でおしゃぶりをしてくれたのです。 僕は我慢しきれず「ううつ、 あああ、やバイ」いいながら発射してしまったのです。
其れからは彼女とはセックスフレンドと言うか、スッカリいいなかになったしまったのです。

富士急ハイランドに一緒に行った山梨の女性との話


私は東京住みなのに東京タワーに行ったことがないんですが、山梨に住んでいて富士急ハイランドに行ったことがないという女性とネットで出会いました。

彼女は笛吹市の方に住んでいて、富士五湖がある山梨の南部の方にはあまり行く機会がなく、ディズニーランドには行ったことがあるのに富士急には行ったことがないとのことで、それじゃあ会うなら富士急デートにしようかと提案し、それは楽しみと受け入れてもらえました。
私は富士急が初体験でなく、小学校だか中学校の時にスケートをやるという目的だったと思うんですが、バスにのって学年ごと遠足のように行ったことがあったり、友人や親戚とも行ったことがあるという、なぜか富士急とは縁のある男でした。
車で彼女をピックアップしてから富士急へ行くという流れだったので、富士急に行くことは容易だったものの、笛吹市にある彼女の家の近くまで行くことの方が迷ってしまったり、大変でした。

実際に出会う前にもうこちらとしては振りをきかせていて、男女の仲になるかもしれないとか、セックスするかもしれないということを冗談めいて仄めかしておいたので、彼女も当日は結構覚悟を決めているようでした。
富士急に向かう車の中でも、抱かれる覚悟で来たと言っていたり、多少のセクハラも受け入れてくれたのでこれは大丈夫だなという空気で富士急に行き、私ではなく初体験の彼女が乗りたいとか行ってみたいというアトラクションに付き合いました。
富士急でもカップルのように密着したり、腕を組んだりという仲になって、そこからは展開が早かったです。

富士急がある河口湖や富士吉田あたりは商業施設も多く、食事も二人が満足できるものを食べられて、そのまま良さそうなラブホに突入し、セックスをしました。
夕方ぐらいからラブホに入って、3時間ぐらいだったはずですが、あまり経験がないという彼女をじっくりと堪能し、彼女の初体験をいろいろもらいました。

そして夜に笛吹市まで戻り、彼女の家の近くで降ろそうとしたんですが、離れたくないと言われてしまってグッときたんですが、また会う約束をすることで彼女には折れてもらい、私は東京へと帰りました。
その後は、休日があれば笛吹市に向かい、未開発な彼女の身体の開発に勤しむようになりました。

山梨の郡内に住む子と出会えた話


山梨にお住まいの方なら誰でも知っていることではありますが、山梨というのは御坂山地と大菩薩嶺という大きな山々が西側と東側を隔てていて、東側にある都留や大月といった場所を郡内地方とも呼ぶんです。
その郡内地方というのは山梨でも関東、東京や神奈川に近く、東京に住む私にとっては行きやすい場所、近い場所でもあるんです。
狙ったわけではないんですが、ネットで出会った女性でたまたま郡内地方に住んでいる人がいて、気が合い、東京都の西部に住む私とは住まいも割と近いことからいつかは会いたいということになりました。

連休がとれたので彼女にそのことを伝えると私も空いていますという嬉しい返事があり、甲州街道を西に向かって行ってみることにしました。
彼女が住む場所の近くまで行き、彼女をピックアップしてドライブを始めました。

彼女も社会人だったんですが車をもっていなくて、それは不便だろうと言うとバス、電車が一応使えるレベルだし、勤務先も原付で行ける場所なので問題ないとのことでした。
それでも冬場は大変だろうといった話をしながら、彼女もあまりわかっていないという郡内地方を巡ったり、少し足を伸ばして商業施設が多くある富士吉田まで行って昼ご飯を食べたり、買い物をしたりしました。
特に大きなスーパーでの買い物は彼女が喜んでくれて、重たいものなどをまとめ買いしていました。
休日ならたまに買い物を手伝おうかと提案すると、それは悪いと最初は拒否していたんですが、何回かそんな問答をしている内に私が冗談で、じゃあ体で払ってもらおうかなと言うと、彼女は頷きました。
多少本心も混ざった冗談だったんですが、彼女は最初から抱かれる気で挑んでいたようで、その心意気には応えなければならないなと、彼女の自宅にまとめ買いした重い荷物をもって運び入れて一休みした後、大人の関係になりました。

隣に聴こえちゃうと恥ずかしいとのことで、かなり声を抑えめにしながら、体だけをびくびくさせている様子が妙にエロくて、意地悪な私は声を出させようと攻め立ててしまい、彼女もそれに困りながらも感じてくれているようでした。
連休で来たことが功を奏して、その日は彼女の家で眠れたことも良かったです。
それからはたまに彼女の手伝いをしに出向いては、私も気持ち良い思いをさせてもらっています。