岐阜県の福寿の里モンゴル村でこっそり

こんにちは!汐莉です!

先月、セックスフレンドと一緒に、旅行に行きました。
普段は職場が一緒なので、気を使うので他県に来たのです。

岐阜県の福寿の里モンゴル村でこっそりエッチな体験をしてきたので
思い出していたところです。

モンゴル村には、丸いテントのようなゲルという住居施設があり
モンゴルの生活をちょっと体験できます。

それがいつもの日常を離れて、最高に開放されました。

ゲルの中で、大きく足を開かれた私はそのまま、クリちゃんを
重点的に舐められちゃいました。

少し歯を立てるようにしたり、吸い付いたり
もうお汁がトロトロと流れているような気がします。

クリちゃんより中を刺激してほしくておねだりしますが
なかなか聞いてくれません。

なので、彼を犯してやろうと馬乗りになって、女性上位で
ガンガン腰を振ってやりました。

「ううっ…ダメだよ」

小さい声で言う、彼がすごくかわいくてお構いなしでどんどん
腰を上下したり、回したり。

まるで彼をレイプしているみたいで気持ちがいい!

イキそうになった彼から離れたり動きを止めて寸止めも楽しみました。

実は彼はマゾ気もあるのだと気が付いて、ゲルの中では私が
主導権を握って、たくさん気持ちよくなっちゃいました。

今度はラブホで、セフレを縛ったりしてもっと過激に犯してやりたいです。
女が男をレイプする感覚って最高に興奮します。

私も実は女王様の気質があるんだと気が付きました。
今度は、彼のアナルに指を入れたりとかして、いっぱい気持ちよくさせたいです。

深夜の出会い系


次の日は仕事が休みだったので、深夜まで夜更かしし、出会い系サイトをポチポチといじっていました。
すると、22歳の女の子と知り合ったのです。
暇なのでメールをしませんかと言われ、私も暇だったので、メールをしていました。

彼女のプロフィールには写真もついていて、見てみるとすごく可愛い女の子だったのでテンションがあがりました。

彼女としばらくメールをしていると、「今から逢いたい」と来たのでびっくりしました。
その時間は深夜1時を過ぎようとしていたのです。

私は暇だったのでいいのですが、どうしても逢いたいからと言われ、岐阜駅で待ってますと半ば強引にメールが来たので、私はいってみることにしたのです。

駅に着くと一人の女性が立っていました。
もしかしてと思い、話しかけてみると、彼女だったのです。
写真とは若干違っていましたが、美人さんでした。

そして、彼女は「どこのホテルに行きますか?」と言うのです。
あまりにもストレートすぎたので「本当にいいの?」と言ってしまいました。
すると「冷やかしだったんですか?」とよくわからない切れ具合をみせ、私はよくわからないままに彼女とラブホへ行き、セックスをしたのでした。

何度イカせてももっと欲しいと要求してくるような淫乱な女の子でしたが、そんな彼女に惹かれていく自分もいました。

エッチが終わってすごく幸せと言いながらしばらく添い寝をし、連絡先を交換してお別れをした時にはもうお日様があがっていました。
お店に入って一人でモーニングを食べながら、彼女にメールをしてみたのですが、なんと連絡先不明で届くことはありませんでした。

さっき別れたばかりで急に連絡が途絶えてしまったのです。

一体彼女に何があったんだろうか、なんだか弄ばれた気分になりました。

趣味の合うカノジョ


私はコスプレをする女性にすごくあこがれ、私自身もコスプレをするのがすごくすきなのです。

都内のコスプレイベントが行われた際に出会った女性と意気投合し、コスプレの話などを思い切り楽しみ、そして、彼女と地元が同じ岐阜県でしかも住んでいるところも割りと近くだったのです。
私たちは地元ネタでも盛り上がりました。

彼女は、自分の周りにはコスプレが趣味な人がおらず、自分自身もコスプレが趣味だと言う事を誰にも言えないというのです。
まさに私と同じだと思いました。

それからは、コスプレイベントがあると一緒に参加したり、コスプレ写真を一緒にとったりして楽しむようになりました。

アニメ関係のお店を巡ったり、コスプレ衣装を作るための材料を買ったりと、彼女といろいろ楽しみ、そしてついにホテルへ行くようになったのでした。
ラブホのコスプレ衣装を試す彼女にどんどん興奮してきて、理性が飛びそうになっていました。
そんなこともお構い無しに、彼女はどんどん過激な衣装を私の前で披露するのです。

ついに、私は彼女をベッドに押し倒してしまい、彼女とセックスをするのでした。

抵抗することもなく、彼女も私に身を預けてくれました。
そして、私は優しく彼女を気持ちよくさせ、一緒に絶頂へと向かっていくのでした。

それからは、彼女とお付き合いするようになり、地元の岐阜やコスプレイベントがあるときには都内にも一緒に行くようになり、彼女と会うたびにセックスを楽しむようになっていました。

地元での再会


大学時代は都内の大学に通っていました。
その時に何年か付き合っていた彼氏とお別れし、それからは彼氏ができることなく学生生活をすごしていました。

学生生活を都内で過ごした後、地元の岐阜での就職が決まり、地元に帰ってくることになりました。

地元に就職して数ヶ月たち、岐阜駅の近くにある居酒屋で友人と女2人で飲んでいると、2人の男性からナンパされたのです。
一緒に飲まないかと声をかけてきた男性はなんと、学生時代の頃に私をふった彼だったのです。
彼の外見は学生時代の頃とはぜんぜん違っていました。

そして、彼も、私を見て「すごく女っぽくなった」といいました。

「え?知り合い?」
見たいな感じで一緒に飲むことになり、4人でそれなりに話は盛り上がり、友人ももう一人の彼といい感じになっていました。

途中で2人ペアで別行動をすることになり、私は別れた元カレと久しぶりに2人で話すことになったのです。

そして、お互いに変わった外見についてや近況報告などをし、エッチな話題までもするようになり、あの時とエッチも変わってしまったのか確かめてみたいといわれ、私も久しぶりだったので彼とセックスをすることになりました。

外見は変わりましたが、セックスの感度やテクニックなどは昔と一緒でした。
彼とのセックスはタイムスリップをしたかのような気持ちになったのです。

そして、彼から「あの時ふらなきゃよかった」と言われ、ちょっと切ない気持ちにもなりましたが、やり直すことは考えられないと思っていたので、お互いにセフレの関係でとまったのでした。

バイト先でであったセフレ


岐阜市にある飲食店でバイトをすることになり、そこでは人気のある女の子がいました。
彼女は、私より3つ年下の大学生でした。

スタイルがよく美人で、誰にでも優しく気配りのできるこでした。

同じバイトの男性から何人か告白されているそうなのですが、みんな振られているのです。
私はそれを知っているので、気にはなっていましたが告白をすることができませんでした。

ある日、バイトの残業をしていて、彼女と2人きりになったことがあったのです。
トラブルもあり、バイトが終わるのがいつもより遅く、彼女は終電に間に合わなくなったとのこと。
このままバイト先で一夜を過ごすかという話になり、エッチな会話をしたりして彼女といい雰囲気になったのでした。

彼女は昔付き合っていた男性からエッチが下手だといわれ、分かれた過去があるそうです。
それを今でも忘れられず、男性と付き合うことができなくなったといいます。

私は彼女の意外な過去を知り、エッチの練習台になると冗談ぽく言うと、彼女は真剣な顔でお願いしますというのでした。

そして、彼女とバイト先で濃厚なセックスを繰り広げるのでした。

自分では下手だといっていた彼女のセックスでしたが、私にはすごく気持ちよく、彼女とセックスをすることができるのがすごく嬉しく感じました。
気持ちよくて2回ほどイってしまいました。

そして、彼女も私とのセックスで何度か絶頂したらしく、それからは彼女とはしばらくセフレの関係が続いたのでした。

有名女子大生とセフレになった体験談


飛騨牛を求めて、岐阜県に遊びに来たときのことです。
岐阜県の観光スポットに、飛騨牛を堪能しに来たのですが、そこでは、飛騨牛まんや飛騨牛の串焼き、飛騨牛コロッケ、飛騨牛の握りずしなど、気になるような食べ物が勢ぞろいだったのです。

私は全制覇をしたいと思いながらも、どこから行こうか迷っていると、一人の女性観光客らしき女の子と出会ったのです。

私は声をかけてみました。
すると彼女は行きたいお店があるけど、どこにあるのか探していたといいます。

私は彼女の持っている地図を見ながら一緒に探してあげることにしたのです。

その道中、ずっと会話をしていたのですが、彼女との会話は思いのほかすごく盛り上がり、流れで彼女と一緒に観光を楽しむことにしたのです。

彼女は実は岐阜県が地元だといい、普段は某有名大学に通う女子大生なんだとか。
地元なのに、県外の人から道案内されるなんて恥ずかしいと、少し照れていました。

某有名大学と私の住んでいる家が近いこともあり、彼女が都内に戻った時にはまた会いましょうとアドレスの交換をし、私たちはお別れしました。

そして、都内の駅前で、私たちは再会したのです。
その時もすごく会話が弾んでいたのですが、彼女から突然ホテルに行きたいと言われたのです。
日常に刺激が欲しく、セフレが欲しいと思っていたようで、私は逢って2回目でセックスをすることになったのです。

若い子のお肌はすごくすべすべでハリがあって興奮してしまいました。

そして、彼女の念願どおり、私は彼女とセフレの関係になったのでした。

サイトを通してできたセフレ


岐阜県に長期の出張で知り合いがなく、サイトを通して出会いを探すことにしたのです。
しかし、サイトでの出会いにまったく抵抗がなかったといえば少しはうそになるかもしれません。

これまで、出会っても1度きりで終わったりと、なかなか出会いがなかったので、最初から割りきりでの出会いを探すことにしたのです。

セフレがいると、好きな時にセックスをすることができるので、出会い系で女性を探すこともなくていいのでしょうが、セフレを探すのにも一苦労でした。
それでも頑張って粘り強く探していたところ、やっと出会えそうな人を見つけたのです。

彼女とは同じ岐阜市にすんでいる人で、私の住んでいる家からも、割かし近いところに住んでいました。
駅で待ち合わせをし、お互いにテレながらも、居酒屋に言ってお酒を一緒に飲む頃には、お互いに意気投合をしていたのです。

彼女も、あまり深い関係を持ちたくはないといい、やりたいときにセックスをすることができたらそれでいいというのです。
私と考えが同じだったようで長く続くといいなと思いました。

居酒屋で盛り上がった後、早速ホテルに行き、セックスをしたのですが、体の相性もすごくよかったです。
そして、裸になった時の彼女の体つきはすごく綺麗でした。

彼女とセフレになれたことだけでも、すごく幸せなんだろうなと思いますが、やはり続くともっと嬉しいなと思いました。

彼女とずっと関係を続けることができるなら、出会い系はしばらく利用しなくてもいいかなと思っています。

岐阜の子が釣れた!


私は東海地方のある地方都市に住んでいます。
そのため、出会い系サイトを使うときは、近郊の女性を狙うようにしています。
それから、今回釣れたのは岐阜県の市内に住んでいる女性です。
私も比較的岐阜市に近いので、車で待ち合わせのJRの岐阜駅に行きました。

岐阜駅は、織田信長の像があるなど、面白いところで名古屋市内からも近く、意外とすぐに行けました。
それから、彼女の特徴はというと濃い顔と黒髪です。
そして、体系は若干ぽっちゃりきみです。
待ち合わせ時間を過ぎても彼女はあらわれないので、すっぽかされたと思っていたところ・・・・
「○○さーん!おまたせ!!」と元気な声が・・・

後ろを振り返ると彼女がおり、髪の毛が茶髪になっており、メイクも濃く写真とは違った印象です。
それから、私たちは車で市内のはずれのほうのラブへいき、楽しい密会を始めました。
彼女は、26歳で現在OLだそうです。
ぽっちゃり体系で濃い顔立ちなので、フィリピンか南米当たりのハーフかと予想しましたが、
話してみるとストレートな日本人なようです。

私たちはベッドでイチャイチャをはじめ、私は彼女の秘部を手で刺激していきます。
そのあと、服を脱がし自分も脱ぎ、クンニから乳舐めと下から上へ向かいます。
興奮が高まった私たちは、お互いキスをしまったりとしたムードが漂います。
そして、攻守交代をしフェラ、イマラチオ、乳首攻めといった感じで、彼女に攻撃をされます。
そのあとは、やることは一つしかなく私たちは合体をします。

私がバックから挿入をすると、今までとは違う高い声になり、
「ああああああ、やーめてええええ」と喘ぎだします。
正常位から立ちバック、騎乗位と体位をころころと変え、私たちは合計3回もエッチをしちゃいました。
最後のほうは、お互い汗だらだらになり、正常位で抱き合っていましたが、
ベッドのシーツが汗と愛駅でいっぱいになり、異様な光景となっていました。
でも、今回は良いセフレができたので、とてもうれしかったです。

出会いは何でもできる


出会いというのは本当に何がきっかけになるのか本当にわからないものです。
例えば私はオンラインゲームで出会いをつかむことができました。
私はドラケンという懸賞ゲームで、ユーザー同士でメールのやり取りをしていると女性に会いませんか?と言われ実際に会い、しばらく交流することができました。
皆さんもいつどんな出会いがあるのかわかりませんが、一つだけいえることは必ず行動を起こすということです。
行動を起こさなければ出逢うこともできませんし、何も生まれません。
自分から行動を起こすこと前提にしてください。
私は2015年1月からドラケンを始めました。
ちなみにですが、ドラケンはゲームでためたゴールドを銀行振り込みで実際のお金に換金することができる画期的なアプリです。
アプリ自体は2006年から存在していて古株のアプリですが、会員は400万に達しており、長年ユーザーから愛されているアプリです。
400万人のユーザーがいるので、当然出逢う確率も高いのです。
それがメインではないのですが、私は実際にそれで女性ユーザーに会って付き合うようになり、性的な関係を持つことができました。
最近でいうネット恋愛になるんですかね。
アブノマールのレベルで言えば低いほうだと思いますが、そんな出会いが本当に存在するのかと疑う人に言わせていただきたい、あるのです。
それで私は現在は別れましたが、それで出会いをつかむことができました。
しかし中にはそれが良心的な出会いとか、健全な付き合いと思う人は多くはないと思うので、あまり知り合いには言わない方がよいのかもしれません。
逆にそれを利用して悪さをする人もいれば、不運にも何かやばい事件に自分がまきこまれることもあるので、注意してくださいね。
それはLINEやフェイスブックでもいえることです。
自分から行動起こすのは大事だとアドバイスで言いましたが、その時は闇雲でなく、慎重に行動を起こしてください。

チャオ御岳スノーリゾートでナンパ


岐阜県にスキーをしに行った時のことです。
チャオ御岳スノーリゾートで、素敵なおじさまにナンパされました。

Aさんという男性で話が弾んで、些細な動きから

「実はドMでしょ?縛りたくなっちゃうな」

とからかってきたので、あそこがうずいちゃいました。
私はM体質だと思いますが、人に言ったことはありません。

「ちがいますよ」

顏が赤くなっているのを自覚して答えると、試してみようと強引に
宿泊施設に連れて行かれてしまいました。

拒否できなかったのはすでに、おじさまの思うとおりになっていたのでしょう。
おじさまの命令には背けませんでした。

お布団の上で、M字開脚に縛られて手マンされ続けました。
何度イッてもやめてくれなくて

「私は貴方の奴隷です」

…と言わされてしまいました。

その日はずっと体を弄ばれ、イキまくってくたくたでした。
しかも、スマホで動画を撮られてしまったのです。

その感じている自分の動画を見せられながらまた犯されるという
快楽地獄にはまってしまいました。

今まで年上の人に抱かれたことがなかったのですが、
エッチが上手な素敵なおじさまの、虜になってしまいました。

縛られたままセックスするのは初めてでしたが、自由がきかないのに
ただ声をあげて、感じるしかないという無力さに余計に感じてしまいます。

また、今度会おうねと言われて別れましたが、
おじさまに早く抱かれたくてたまりません。

また縛られて犯されて何度も、白目を抜くほどに感じたいです。
すっかり変態になってしまいました。

イククルで出会った女と岐阜ファミリーパークでSEX


イククルで出会った女と岐阜ファミリーパークでSEXしてきたよ。

出会い系サイトの女は軽いので、すぐにSEXできるから風俗とか行くやつの気がしれない。
かなり安く女とセックスできる道具だと思って利用している。

今回あったのは、看護学生の20歳のミエ(仮名)

身長162センチの、ややスリムな女の子で普通な感じ。

看護学生ってストレスがきっとめちゃたまってるんだと思う。
だから出会い系サイトでは、看護学生や看護婦狙いで誘っていく。
するとほぼ100%で、あえてセックスできるから、飢えているんだろう。

岐阜ファミリーパークでSEXした流れは、まずボートに乗って
口説いたんだ。

頑張ってるとか、えらいとか、相談に乗るとか言っておけばOK
すると、悩んでいることなどを話し始めるので、聞いてなでなですればいいのさ

あとは、乳首を刺激しながらおまんこをおいしくいただく。
こんなふうに簡単に体を許してくれる、ゆるさがたまらないね。

合体してから数回動いたところで、人が来たので場所を変えることになった。

ミエは、セックスに至るまでがすごく早くて、便利な存在だった。

「疲れているだろうから、マッサージしてあげるよ」

こういいながらホテルに入ると、女にとっては
「マッサージだから」という言い訳ができるので、連れ込める。

案の定、ホテルでは濃厚なセックスができた。
野外も良いけど落ち着かないので、フィニッシュはホテルに限る。

シャワーを浴びてから、また2回戦に突入したのは言うまでもない。

岐阜の女の子と


私は岐阜県に住んでいる知り合いに会うために、岐阜市の知人の自宅を訪れました。新幹線を乗りやって来た岐阜市はとてもいいところでした。
そして、私は知人宅を訪れ久々に知人と再会しました。まずは知人の家で乾杯をし、その後思い出話で盛り上がりました。
知人は合コンへ行く約束をしていたらしく、どうやら私もメンバーになっていました。
私たちはその合コンへ行くことにしました。着いた場所はオシャレなある居酒屋さんでした。
合コンは男女4対4でした。私はその中でもめぐみちゃんという女の子が気になりました。
めぐみちゃんは、茶髪のかわいらしい20歳の女の子でした。
そして、私はめぐみちゃんとたくさん話をして盛り上がりました。LINEの交換も何とかでき、めぐみちゃんとやりとりをすることになりました。
次の日私はめぐみちゃんを誘い、海へ行きました。
めぐみちゃんの水着姿に私はかなり興奮しました。
体は細いのですが、胸はすごく大きかったのです。海で泳いだり食事をしたりしてかなり盛り上がりました。
海の帰りに私たちはホテルへ行くことにしました。ホテルではめぐみちゃんと愛の行為ができとても満喫できました。
意外にもめぐみちゃんは、ほとんど経験がなくそこがまた初々しくて興奮しました。
めぐみちゃんのかわいい喘ぎ声を聞きながらのプレイは、やはりとても最高でした。
たまたま訪れた岐阜での合コンで、まさかこんなに素敵な思い出ができるとは想像できませんでした。
これも知人のおかげです。

セフレはやはりセフレの関係を続けるのがよいと確信


意外にもとても熱いことで有名な岐阜県ですが、恋も熱く、その面で積極的な男女が多いのも確かです。出会い系のサイトで知り合った彼女とはセフレの関係であり、いつも彼女に家にするのですが、今回はデートをしようということになり、岐阜の百貨店で待ち合わせをしました。そしてのんびりショッピングや食事を楽しむことになったのです。いつもはセックスしかしていないのにこのような普通のデートをすることがなんだかとても新鮮な幹事がしました。とはいえ、やはりお互いがセックス好きですのでデートをしていてもなんだかムラムラしてしまうのも事実であり、いつもするべきことをしていない気持ちが満たされないものに変わっていったのです。彼女もやはりそんな思いになっているように思いました。そんな二人ですから自然とセックスができるところはないかどうか探すようになっていきました。ホテルはなさそうなのでどうしようかと思っているところに、路地裏の人の来ないところが見つかったのでそこに入り、お互いが貪るように性器を刺激し合い、そして立ちバックでのセックスが始まりました。

彼女が感じる声を抑えるのが難しくどうしてもあえぎ声がでてしまうので後ろから突きながら口に手を当てて声を殺すようにして周囲を見ながらでしたが、最後はイクことができ、気持ちよい興奮するひと時になりました。やはりセフレの関係なのでセックスなしのデートではお互いが満足できないということがわかりましたのでこれからはセフレの関係のみでいこうと決めました。

岐阜のボーリング場でナンパ!


岐阜のボーリング場でナンパしてきました!

すごくかわいい女の子がたくさんいるのでお勧めの場所です。
ラウンドワンに行きました。

友人たちは少しお酒が入っていたので、気が大きくなっていたこともあり、
近くの女の子グループに声をかけていました。

グループ同士なので、お互い打ち解けるの早くてすごく仲良くなりました。
みんな、キャピキャピしててエロ可愛い雰囲気。

僕の家の近くに住むと言う女の子がいたので、送っていくことにしました。

僕はお酒を飲んでいなかったので、女の子を送ることができてラッキー。
彼女はミニスカートで、生唾を飲みました。

すごく可愛くてスタイルが良いので、何とか一発ヤリて~と考えていました。
好きな映画で盛り上がっていた時に、俺が持っているものを見たいと言ったので

ダメもとで家に誘ってみました。
さすがに家には来ないだろうと思っていたら、来たのです。

DVDを一緒に見ながら、結局セックスに持ち込んじゃいました。
梅酒を飲ませたらトロンとして、警戒心がとけたのかエロさ全開!

おっぱいさわらせてって言うと、こくりと頷いたので
そっとふれると、目を瞑ってキスをせがんでくるような女の子でした!

そのまま、脱がせて揉んで舐めて…ハメちゃいました。
すっげー感じやすい子で、俺のセックステクがすごいのかなって
調子に乗っちゃうくらい。

…で、めっちゃ入れた感じも気持ちがいいので手放せない相手になりました。

家が近いのでそれからというもの、時々会ってセックスしています。
近くにセフレができて最高に嬉しいですね。

名古屋に行ったついでに…


私は先日、友人に会うために名古屋に行きました。
そして、思った以上に用事がすぐに済んだので、どこかに観光をすることにしました。
それから、私が行先に決めたのは岐阜県です。
それは、今まで一度も行ったことがなかったからです。

私は名鉄電車の特急に乗り、岐阜駅に向かいました。
名鉄岐阜駅周辺はちょっとした繁華街になっておりました。
そして、私は近くを散策して食事をしたり、柳ケ瀬の歓楽街を歩いたりとしていました。
それから、私はちょっと下心が芽生えてきて、ナンパをしたくなってきました。

結果、私はその下心を行動に移し、一人の女性に声をかけました。
彼女は、女子大生風で茶髪で流行りのふと眉毛のメイクをしている子です。
私「こんちわー この辺においしいお店ない?」
と声をかけると、彼女は嫌な顔をせずに私にいろいろと、岐阜のことを教えてくれました。

そして、私たちはいろいろと雑談をしたのち、近場のバーで飲むことにしました。
彼女は見た目通り女子大生で、21歳だそうです。
就職活動が始まるらしいので、いろいろと不安があるようです。
それから、私は就職活動の相談に乗るという大義名分で、彼女をホテルに誘うことにしました。

彼女も、遊び慣れているのかわかりませんが、それを快諾してくれました。
ホテルでは、実際に彼女へいろいろとアドバイスをしました。
そうしているうちに、お互いが無言になりお互い手をつないでいる状態になっていました。
私が彼女にキスをすると、彼女もお返しをしてきたので、私と彼女は夢のひと時を過ごすことにしました。

お互いシャワーも浴びず、下半身のズボンを脱ぎました。
私はパンツを脱がしクンニを。
彼女「いやあああ。べろが当たってるよ。いやあああ!」と大声であえぐ。
次は、彼女にフェラをしてもらい、慣れているのかかなり上手です。
こんな感じで、さっさと前戯が終わると、私たちは合体をし夜の運動会を始めます。

彼女のあそこはしまりがよく、私の下半身をきつくしめつけます。
それから、私が腰を振るごとに甘い高い声で、「イクー あああああああああ!!!!」と大絶叫です。
そして、体位はバックから正常位、駅弁、立ちバックとコロコロ変えました。
最期は、立ちバック中に彼女のお尻へザーメンをぶちまけ、白い液体が彼女のピンクのお尻を白く染めました。
このように、岐阜で忘れられないほどのエロい夜を過ごせました。