引っ越し先(愛知)で出会いサイトを使ってセフレをゲットしました

俺は今年転勤で愛知に引っ越すことになりました。
誰も周りに知った人がいない新しい土地に来てちょっとわくわくしていました。
「どうせだからネットで知り合いでも作っちゃおうかな」という軽い気持ちで、出会いサイトを利用してみました。
ただなんとなく利用している女の子を眺めているだけだったのですが、ある一通のメッセージが俺宛に飛んできたところからこの出会いは始まりました。
見た目は普通にいそうなかわいい子で、彼女も愛知に引っ越したばっかりだということでした。
休日遊ぶ友達がいないからという理由で、彼女と週末二人で会おうという提案をしてみたらOKがもらえました。
当日、駅で待ち合わせて、普通に買い物をしたり映画を見たり、食事をしたりして楽しく過ごしました。
「このままお別れするのはちょっと寂しいから、私の家に来ませんか?」というので彼女の家に行くことにしました。
彼女の家へタクシーで向かっている途中、俺の頭の中はエロい妄想でいっぱいでした。
結構胸大き目だし、タイトなスカートからお尻のぷりぷり感が伝わってくる彼女を見ていて「早くヤりたい」という一心でした。
家について、途中のコンビニで買ったビールを二人で飲みました。
家の中では彼女との距離が近くて、お互いボディタッチが増えていました。
酔ったようにみせかけて、彼女に抱きついてみたら、案外うれしそうな反応をしていたのでそのまま押し倒してキスをしました。
「もぉ、こんなにエロい体をしている気味が悪いんだよ」と言って、スカートの中に手を入れても全く抵抗するそぶりを見せなかったのでそのままパンツの中へと手を入れました。
「・・・こういうの、あんまり慣れてなくて・・・」と赤くなった顔で彼女は恥ずかしそうに囁きました。
俺だってこんな経験なかなかあることじゃなかったんですが、平然を装って「大丈夫、ゆっくりしよう?」と彼女の頭を撫でながらおでこにキスをしました。
彼女はパンツがしっとりするほど、すでに濡れていました。
くにゅくにゅとマンコを刺激すると、漏れる喘ぎ声がすごく可愛くて、もっと刺激してあげました。
息を乱しながら感じる彼女の洋服と下着を脱がせてクンニをしてあげました。
女の子のアソコの匂いに興奮しながら唾液をたっぷり使ってぺろぺろ舐めて更にマンコは濡れた状態になりました。
彼女も俺のちんちんをいっぱいしゃぶってくれて、俺のペニスはいつもより元気になりました。
そしてさっきコンビニで買っておいたゴムを手早く取り出して、しっかり装着し、彼女の濡れるマンコにずぶずぶと入れました。
いい感じの締め付け具合でした。
「もっと、もっといっぱい欲しい・・・」と彼女はさらに欲しがりになりました。
俺も張り切って動きました。
俺って意外にも腰がこんなに動くんだなあ・・・なんて、途中自分に感心しながらも彼女のマンコめがけてパンパンいわせました。
何度もイキそうになるのを耐えて耐えて、もう無理ってところでフィニッシュしました。
しばらくはお互い抱きしめあいながらキスをして、余韻に浸っていました。
その日は彼女の家に泊まらせてもらいました。
この日を境に俺と彼女はセフレの関係になって、お互い都合のいい時に体を求めあう最高のパートナーとなりました。
新天地でまさかこんなびっくりな展開になろうとは、引っ越す前は思っていませんでしたが、出会いサイトを使って正解でした。