彼氏募集中のセクシー美女

僕は、40歳です。
この頃、一人が寂しくて、
真面目に彼女を探そうと思い、
彼氏募集中の女性達が集まる
イベントへ行ってきました。
この方、女性とは、
あまり話をせずに生きてきましたが、
この日は、違いました。
会場には、僕好みの、若い、
セクシー美女がいました。
彼女の周りには、男性陣が
早くも集まっていました。
僕も、その輪へ向かいました。
そして、セクシー美女が
僕に気がついて、
他の男性陣に囲まれているのにも
かかわらず、それを振り切って、
僕と話をしてくれることに
なったのです。
僕は、上機嫌になって、
いつになく、話が口から
ポンポンと飛び出していました。
セクシー美女は、隣で、微笑みながら、
僕の肩に手を置いてくれていました。
そして、胸の谷間がはっきり見える姿、
ミニスカートに興奮していました。
この若いセクシー美女は、
年上のおじさま様好みで、
頭が良くて、収入がある人を
彼氏にしたいということで、
僕は条件にあっていました。
そして、彼氏が出来たら、
とことん、尽くすタイプ
だそうです。
そして、僕達は、デートをすることになりました。
この日も、ゴールドのカーディガン、白のミニスカートという
セクシーな姿でやってきました。
彼女の長い髪の毛もおろしてあり、そそられました。
一緒に、レストランで、
話をしながら食事をしました。
時々、彼女は、僕の太ももに手を置いてくれました。
そして、お店を出た後、彼女から、手を握ってくれました。
そして、別れ際に一言、
今度、ご飯作りに、賢治さんのマンションへ行きますね。
と。
私は、とてもドキドキしています。

彼氏募集をしたら


私は、21歳です。
彼氏募集をネットで試みました。
どんな男性たちと出逢えるかドキドキ、わくわくでした。
そして、募集をかけて、すぐに、何十人もの男性から
コンタクトが入りました。
私は、一つ一つ、丁寧にメールをチェックしました。
写真を添付してくる人達も多くいました。
筋肉質な身体を見せつけたポーズを送ってきた
男性もいました。
また、飼っているペットと一緒の写真だったたり、
自慢の車、海パン姿だったりして、
かなり面白かったです。
私も、男性達に、メールを一人ずつ、丁寧にかいて、
写真も添付しました。
私もどうせなら、遊んでしまえと思い、
ちょっと、いやらしいポーズを取っている、でも爽やかなイメージは
残しつつといった写真を選びました。
そしたら、また男性達から返事がきました。
あゆみちゃん、とても可愛いです。
ぜひ、あゆみちゃんの彼氏にしてください。という直球の内容や、
これからも、連絡を取り合っていきたいです。という内容のものや、
いつ会えますか?というメールが返ってきました。
そして、私は、とりあえず、順番に会ってみることにしました。
会ってみると、やはり、男性一人一人いろいろでした。
恥ずかしがり屋な奥手の男性や、
逆に、マシンガントークの男性、
堂々としている、お金持ちそうな男性等様々でした。
そして、一人の男性は、ちょっぴり手が早い人でした。
ドキドキしてしまいました。
私の髪に触れてきて、首筋を触ってきました。
そして、ほっぺにキスされちゃいました。
どの男性と付き合うかは、ゆっくり検討中です。

彼氏募集で出逢った最高の彼


私は、22歳です。
常に、恋愛にまっしぐらです。
先日、失恋してしまい、さっそく、ネットで、彼氏募集をしました。
そして、沢山の男性の中から、イケメンでお金持ちのスポーツも万能である男性を選びました。
初日のデートの約束も決まって、その男性と会う朝、気合を入れて、メークをして、
可愛い洋服、そして、お気に入りの下着を念のために身に付けました。
そして、連れて行ってもらったのは、都内のお洒落なカフェでした。
そのあと、のんびりと二人でストリートを、散歩しました。
そして、夜は、高級イタリアンレストランで食事をしました。
私は、とても幸せな気持ちでいっぱいでした。
そして、食事を終えると、彼から、ハート型のネックレスのサプライズプレゼントがありました。
そして、僕は、真由美ちゃんの彼氏として合格かな?
今夜決断してもらいたい。と言われて、初日でOKをしました。
そして、彼の車で、そのまま彼のマンションへ行きました。
お洒落なマンションに彼は住んでいました。
そして、私は、彼の寝室へ連れて行かれました。
ベッドに座って、彼が私の首筋にキスをしてきました。
私は、赤面してしまいました。
そして、キスは、私の全身に広がって行きました。
このまま、今夜しちゃうのかな?と
緊張しました。
そして、私は、ベッドに押し倒されました。
彼の手が私のパンティーへと伸びてきました。
私の全身は、熱くなっていきました。
そして、彼のリードのままに、初日で結ばれてしまいました。

彼氏募集した時に


私は、さゆり。
21歳です。
彼氏と別れて、3ヶ月も過ぎ、
新しい恋を探そうと、
ネットで、彼氏募集をしました。
ネットでの彼氏募集は初めての事でした。
50人くらいの男性から、
アプローチされて、びっくりしました。
エッチな内容のメールや
エッチな要求をしてくる人達もいて、スルーしていました。
ただ、だんだん、ネットで、メールのやり取りを
しているうちに、多少のエッチな要求に
答えてもいいかな。と、変化してました。
そして、スカイプで話し始めたある男性だったのですが、
私のタイプの雰囲気、顔だったため、
この男性のエッチな要求に応えてしまいました。
一緒に、スカイプで、話しながら、
お酒を飲んでいて、いつのまにか、
下ネタトークを、彼が始めたからかもしれません。
ちゃんと、自宅でも、パンティー履いてるの?と
言われて、うん。と答えました。
本当かな?
じゃ、見せてよ。と言われたので、
スカイプの画面を通して、
私は、自分のパンチラ姿を見せました。
凄く恥ずかしい体験でした。
そして、本当だ。
パンティー、履いてたね。
と言ってきました。
そして、この男性は、
可愛いな。
触れたいな。と続けて、
甘い声で言ってきました。
私が、恥ずかしいわ。と答えると、
大丈夫だよ。と。
今夜、もう一つのお願いしても
いいかな?と言われて、
うん。と応えてしまいました。
何?と聞くと、
今、オナニーしてるとこ見せて。と。
そして、雰囲気に完全に流されていた私は、
この男性の前で、オナニーを始めました。
すごく凄く恥ずかしい体験でした。

彼氏募集中で発見したアイドル並みの女の子


僕は、25歳です。
普段から、アイドルグループが
好きで、休日になると、
好きなグループのDVDを見て過ごしていました。
もうひとつ、休日にし始めた事は、
彼氏募集中の女の子に、連絡する事でした。
気の強そうな女や、年上、顔が好みでない子は、
パスでした。
そうして、僕よりも3つ年下のアイドル並みの女の子を、発見したのです。
しかも、僕の好きな、清純派っぽい感じの女の子でした。
良かったら、一緒に食事に行きましょう。
奢ります。と、メールを書きました。
返事はOKでした。
何を食べたい?と、リクエストすると、
オムライスと返事がありました。
可愛いな。と思いました。
そして、オムライス食事デートが
決行となりました。
Vネックのシャツに、ジーパンという爽やかな格好をして、
デートに向かいました。
僕なりに気合が入っていました。
やって来た女の子は、イメージ通りの目がぱっちり、
そして、色白の清純派でした。
声も可愛くて、ホッとしました。
少し恥ずかしがり屋のようでしたが、
そこがまた可愛かったです。
オムライスを二人、仲良く食べました。
アイドルみたいに可愛いね。って
褒めると、嬉しそうに、笑顔が返って来ました。
どんな彼氏が欲しいの?
と聞くと、優しくて、長くお付き合いが続けられる人。
と言いました。
僕は、この女の子と付き合えるなら、
長く幸せにしたい。と思いました。
僕は言いました。
僕も長く付き合える子を探してる。
そして、そうなれるように、努力するよ。
と言いました。
そして、次回のデートにこぎつけました。
次は、どこまで行けるか妄想してます。

彼氏募集中の年上女性と


僕は20歳です。
エッチがしたくてたまりません。
なので、女性をネットで探すことにしました。
テクニックがありそうな僕より年上女性を
狙いました。
28歳の美人年上女性と知り合いに慣れました。
年上女性は、エロくて、スリップ姿の写真や、
ビキニ姿の写真を送ってきてくれました。
良い手応えを感じて、この女性と会うことにしました。
居酒屋デートになりました。
女性の名前は、恭子さんで、なんと、この年で社長でした。
そして、居酒屋代は、彼女の奢りでした。
恭子さんより、僕の方が、酔っ払ってしまったようでした。
そして、恭子さんと、居酒屋を出て手を繋ぎ、公園の
ベンチへ行きました。
二人ぴったり寄りそって座りました。
そして、恭子さんの手が僕の股間に来て、ドキっとしました。
僕が望んでいたシチュエーションでした。
そして、恭子さんが、僕に舌を絡めてキスをしてきました。
僕の身体は熱くなって行きました。
順君、可愛いね。と言われました。
ねえ。順君、可愛いし、私と付き合いましょう。
今度、私のマンションへ来て。と恭子さんから
言われました。
積極的な年上の恭子さんに、僕の胸は、ばくばくでした。
そして、約束の次のデートで、
恭子さんのマンションへ行きました。
高層階の素敵なマンションでした。
そして、ワイン、チーズを頂き、
恭子さんが、僕の身体に触れ出しました。
僕は我慢出来ず、恭子さんのおまんこを触りました。
恭子さんは、僕に身を寄せて、覆いかぶさってきて、
僕のおちんちんを舐めてくれました。
素敵な年上の彼女が出来ました。

彼氏募集中のピチピチ巨乳女二人


僕は、24歳です。
久々にネットを使って、彼氏募集中の
女の子に片っ端からアタックしてみることにしました。
とは、言っても、僕には好みがあります。
僕は、巨乳好きです。
なので、写真交換できる女性限定でした。
そして、僕好みの20歳の巨乳から返事が来ました。
その後、同様に、もう一人22歳の巨乳女から返事がきました。
両方とも、可愛かったので、両方とやり取りを続けました。
そして、二人とも会う約束までこぎつけました。
初め、20歳の方の亜美に会うことになりました。
Eカップの、ムチムチピチピチ巨乳でした。
ノリも良くて、話していて楽しい子でした。
付き合ったら、エッチなこともして行きたい。と
僕が発言すると、OKの返事がきました。
エロそうな巨乳女でした。
そして、22歳の巨乳の舞子に会いました。
舞子は、恥ずかしがり屋の巨乳女でした。
これはこれで、僕の好きなタイプでした。
僕がエッチな事を言うと、顔が真っ赤になり、
でも拒否している感じがなくて、
攻め甲斐がありました。
そして、カフェ内で、この子は、怒らなそうと思い、
太ももタッチしてみました。
僕の想像通りでした。
顔を赤くしながらも、受け入れていました。
なので、舞子ちゃん、可愛いね。と言って、
彼女のスカートの中にまで、手を突っ込んでしまいました。
舞子ちゃんは、初回で、パンティーを触ってしまったから、
もう連絡ないかなっとおもいましたが、
また会いましょう。楽しかったです。とメールが来ました。
なので、二人の巨乳女とやり取りが続いている最中です。

人妻の彼氏募集から


僕は、既婚者です。
僕は妻とマンネリ化の関係になってました。
そして、女の子と出会いたいなと思い、
彼氏募集中の女の子をネットで気軽に探すことにしました。
人妻の彼氏募集中に目が止まりました。
結婚していない子は僕には荷が重そうで、
僕と同じような目的の人妻にしてみました。
年齢は僕と同じ35歳の人妻にしました。
そして、話は、やはり、旦那とのマンネリ化でした。
僕とデートして、エッチの方も満足させてあげられるよ。
とやり取りを続け、会うことになりました。
あってみると、この人妻は、色気たっぷりで、
エロさがムンムン出ていて興奮しました。
そして、即、ラブホへ行くことになりました。
彼女の方から手を僕の首に回してきて、
キスをされました。
なので、遠慮なく、僕も、彼女の乳首を
シャツの上から触り、脱がして行きました。
かなり、美乳の持ち主で、これまた興奮してしまいました。
こんなに興奮したのは久しぶりで、乳首をコリコリして、
吸い付きまくりました。
可愛い声で、この人妻は、喘ぎ出しました。
そして、僕は、彼女のスカートを脱がして、
立ちバックで、彼女に挿入しました。
その後、ベッドへ連れて行って、
乱れまくりました。
人妻の彼氏募集は、最高でした。
デートを楽しみ、エッチが待っていると思うと、
たまらない関係になってしまいました。
彼女の方も、満足しているようです。
お互い、今のパートナーと離婚は考えてないので、
その辺も、同じ価値観で楽で助かってます。

彼氏募集のメガネ女の子と


僕は、27歳です。
最近彼女がいなく、ネットで彼氏募集中の女の子に
コンタクトを取りました。
読書が趣味という、メガネをかけた25歳の女性にしてみました。
そして、1ヶ月くらいのんびりとメールでやり取りをした後、
彼女からOKを貰い、駅近で会うことになりました。
彼女の名前は、さやかちゃんで、やはり、メガネをかけてきました。
膝丈まであるスカートをはいてました。
顔をよく見ると、実は可愛かったので、嬉しくなりました。
そして、カフェで、一緒にランチをしながら、過ごしました。
興味のある本を聞き出しました。
そして、公園が近くにあり、散歩しようとなりました。
このメガネ女子、さやかちゃんは、以外と、至近距離がOKな子で、
散歩中ドキドキしました。
また、僕は長身なので、少し下を向くと、さやかちゃんの胸が、
乳首までもTシャツの隙間から見えてしまいました。
こうなっては、エッチばかり考えてしまい、
自宅へ来ない?と誘いました。
ちょうど、さやかちゃんが気になっている本も僕のとこにありました。
なので、来てくれることになりました。
ジュースを出して、本を見せました。
さやかちゃんは嬉しそうに、読み始めました。
僕は、集中している彼女の隣で、彼女の乳首を
眺めていました。
僕は、さやかちゃんの手が止まった時、
今日は、本当に楽しかったよ。
さやかちゃんとお付き合いしたい。と打ち明けて、
彼女をそのまま抱き寄せていました。彼女の目は
メガネを通し、潤んでいました。
可愛くて、そのままキスをしました。

運命の出会いをしたい!


いつもいつも、夏休み前やクリスマス前、バレンタインデー前になるとどうしても「彼氏が欲しい!」と思ってしまいます。
普段はサークルの女友達と一緒に飲みにいったり、美味しいご飯を食べに行ったり、映画や旅行にも行ったり・・・正直、彼氏がいなくても凄く楽しい毎日です。彼氏とか男友達よりも女同士で遊んでいるほうが最高に楽しいんじゃないかと感じることさえあります。
それでも、やっぱりイベントシーズンになると彼氏が欲しくなりますね。
それは周りが彼氏と一緒に過ごしているから。夏の花火やお祭り、女同士で浴衣を着ていくのもいいんですが、やっぱりせっかくオシャレをするなら男の人に「可愛いね」とか「似合うね」とか言ってもらいたいです。
クリスマスは彼氏と素敵なデートスポットも行ってみたいし、バレンタインデーは彼氏の好みを考えながらプレゼントを選んだりしてみたいです。
そう言いながらも、いつも女友達と一緒なので男性と出会う機会もないのですが。
いつもモテモテで、彼氏がいつも途切れない友人には「たまには一人で行動しないと」と言われます。正直、ナンパとか好きじゃないのですが、今のままでは新しい出会いも訪れないのは確かです。
理想では大学の図書館で一人で勉強している時、たまたま探していた本を彼も探していて、同時に本を取ろうとして「あっ!」と手が触れる・・という出会いがいいんです。運命の出会い、と言った出会いですね。
そこから本の貸し借りが始まって、ある日彼から貸してもらった本にラブレターが挟んである、という展開が理想です。
サークルの活動などもあり、女の子と一緒の事が多いのですが、図書館での運命の出会いを求めて勉強は一人で図書館でするようにしています。夏のイベントに向けて、彼氏募集中です。運命の出会いがあると期待しています。

もうすぐ三十路!その前に彼氏が欲しい!


前の彼氏と別れてから、もうかれこれ1年以上が経ちます。この1年間、独り身をかなり満喫してきました。
もちろん、別れてすぐは未練もあったし、泣いてばっかで引きずっていたけど、友人たちに励まされ、時間が経つにつれて傷は癒えていきました。
その後はもう毎晩のように友人たちと遊び歩き、旅行もたくさん行きました。友だちっていいなって心の底から思ったし、「彼氏がいないって、自由でいいかも!」なんて思ったりして、当分彼氏はいいや~という感じだったんです。
ところが、今年で三十路になる私。30歳という年齢を目前にして、「なんかこのままではヤバくないか?!」と急に焦りが出てきました。周りの友人たちも彼氏ができたり、婚活したりしていて、どんどん周りに引き離されていくように思いました。
彼氏が欲しいー!と久しぶりに本気で思い始めた私。現在、彼氏募集中なのですが、この年でどうやって彼氏を作ったらいいのか全くわからないんです。出会いもありません。友人たちと婚活パーティなるものに参加してみたりしましたが、はっきり言ってハズレでした。
身近にいい人がいたらいいんですが、あの人素敵だなぁと思う人がいても、既婚者だったりすることも少なくありません。そう。この年になると、周りの男性だって、既婚者だらけ。それで、不倫なんてしちゃってる友人もいますから。でも、私は絶対にそんなのは嫌です。ちゃんと結婚を前提に付き合える彼氏が欲しいんです。これから先、いい人と巡り会えますように!

私が求める理想の彼氏像について


私は現在彼氏を募集しています。
希望のタイプとしては、身長が172cm以上でがっちり系の男性がいいです。
私自信は長年年中ダイエットに励んでいるので、痩せ型ですが、彼氏となる人が痩せていると嫌なので、出来れば色黒で筋肉質のマッチョ系がいいなと思います。
その方が並んで歩いた時に、自分がいかにも華奢に見えるからです。
彼氏の仕事は特に気にしませんが、あまりにも仕事が忙しいとデートする暇もなさそうなので、適度に暇な時間がある人がいいです。
私はエスコートが上手な男性が好きなので、いつもドライブも彼が運転してくれると助かります。
私が彼氏になった人にしてあげられる事は、ストレスが合った時のカウンセリングやヒーリング、料理、掃除、彼の部屋のインテリアコーディネート等です。
自分の部屋の掃除やインテリアコーディネートを手伝ってくれるパートナー、手料理をごちそうしてくれる女性を探している男性には、良い条件だと思います。
私は普段はぼーっとしているのですが、基本的に頭の中で考えている事はいつも面白い事ばかりなので、きっと付き合ったら面白いと思います。
世の中にはいろいろなタイプの女性がいるようですが、私みたいにアホになれる人も珍しいかと思います。
きっとお笑いの世界が好きな男性に気にいってもらえる事でしょう。
でも彼氏を作る時には、最初からギャグを飛ばしているとびっくりされるので、最初のうちは借りてきた猫みたいに大人しくしていようと思います。

彼氏募集をした体験談


私は、21歳の大学生です。
女子大に通っているため、出会いがありませんでした。
でも、私の周りの女子の中には、他大学のボーイフレンドがいたり、合コンで知り合って、ボーイフレンドがいました。
私は、少し焦りを感じました。
私は、家が好きで、それも原因だと分かってました。
なので、第一の方法として、ネットサイトを使って、彼氏の募集を試みました。
年齢、趣味を知らせて、理想の彼氏は、年上で、優しい人、32歳の人まで、一緒に公園を散歩したり、一緒にテレビを楽しみたいと私自身の希望を伝えました。
そうしたら、20人くらいの人からメールをもらえて、ちょっとびっくりしました。
今まで、男性との接点がなかったためです。
じっくり、メールを一つ一つチェックしました。
写真付きでメッセージを送ってきた人もいました。
何故か、他の女性と写っている写真を送ってきた人もいて、その人は返信するのをやめました。
また、上半身裸の筋肉質の写真を送ってきた男性もいて、ドキドキしてしまいました。
そして、多くの人が、写真交換をしたいと希望してきました。
なので、今までの写真の中から映りの気に入ったものを選びました。
ちょっぴりセクシーなのがウケがいいかなと思い、谷間の見える胸元が開いた服装で、
可愛く見えるものにしました。
そしたら、好評だったようで、すぐに男性陣から返信が来ました。
そして、同じく公園が好きで、のんびりするのが理想という数名の男性と、メールでやり取りをし続けました。
私の彼氏募集は、とても良い手応えを感じました。

私の人生は常時彼氏募集中


彼氏募集中である私は、常にお気に入りの男性を観察しています。
アルバイト先、友人など、身近なところを攻めようと思っていて、現在女性としての魅力を上げてます。
でも、本当に女性としての魅力があったらすでに彼氏がいると思うので、きっと私にはまだ女性としての魅力が足りてないのだと思います。
彼氏が欲しいと思い始めた時期は曖昧です。
彼氏いない歴が年齢と同じ私は、とにかくどんな男性でもいいからお付き合いしたいと思っていて、女性らしさを手に入れようと奮闘してます。
今まで彼氏ができなかったのは、明らかに私の力不足。
自分では内面、外見のバランスを保とうと努力をしているのですが、なかなか男性の方から近寄ってきません。自分から行かないと話すらできない状態です。
そんなに私は変なオーラを出しているのかと、不安になったこともあります。
彼氏はいないと言いふらしているわけでもなく、自然に生活を送っているだけなのですが、出会いがあっても付き合うまでには発展しません。
アルバイト先でいい感じになっても、いいお友達で済むことが多く、私は異性から友達という軽い関係でいる方が気が楽とでも思われているのかと、深読みしてしまいます。
恋人としてはやっていけない、とでも思われているのでしょうか。
彼氏募集中を公言しても引かれるだけだとわかっているから黙っていますが、もしこのまま彼氏ができないようであれば、婚活サイトに手をつけようかなと思ってます。

彼氏募集をしていた人妻


僕は、27歳です。
独身です。
ネットで、いい女の子はいないかなと、
調べていたところ、彼氏募集中のなんと人妻を発見しました。
人妻だし、いい感じで、出来るかなと妄想してしまいました。
そして、平日の昼間がデート希望だそうです。
僕も、平日休みがちょこちょこある仕事なので、
これは良さそうと思い、返事を出しました。
人妻は、若い3つ年下の24歳でした。
僕は、旦那さんいるのに、彼氏募集しているの?
と聞きました。
そうすると、旦那とは、結婚して、3年で、イライラすることが多く、
エッチも満足できていないとの事でした。
食事を一緒にしたり、お互い相性が合えば、エッチも。との返事が返って来ました。
そんな内容の返事が来たので、僕は一人で、凄く舞い上がっちゃいました。
そして、写真を交換しよう。と提案しました。
そうしたら、下着姿同然の写真が送られてきました。
顔も美人で、いやらしい人妻の雰囲気が満ち溢れてました。
僕も、ルックスには、自信あり、かなり男前の写真を送りました。
それから、彼女の写真を毎夜、眺めて、メールをし続けました。
毎回、エロい雰囲気の人妻の写真が届きました。
僕は、それを見ながら、抜いてました。
そして、そろそろ会いませんか?とメールを出しました。
僕が、君の彼氏になったら、美味しいものを沢山デートでご馳走するし、
エッチの方も相性が合うと思うな。
かなり、気持ちさせてあげられる自信があるよ。と伝えました。
そして、人妻から、来週、水曜日会いましょう。
楽しみにしています。と連絡が入りました。
今から、妄想して、ドキドキしてます。

彼氏募集をしていた巨乳美女とやり取り体験談


僕は、36歳です。
自称、25歳の歯科衛生士が、ネットで、彼氏を募集していました。
僕は、ピンクの服装の可愛い歯科衛生士さんを妄想して、メッセージを送りました。
そして、すぐに、この女性から返信が来ました。
嬉しいことに、今度は、写真も送ってきてくれました。
そして、歯科衛生士の服装の写真ではなかったにしても、ピンクの甘い、可愛いワンピース、そして、目がくりっと大きく可愛く、笑顔の素敵な女性でした。
そして、胸のふくらみがかなり大きくて、ドキドキしてしまいました。
僕は、嬉しくなって、とても、可愛い写真を送ってくれてありがとう。
と返信しました。
そして、どんな男性がタイプなの?と聞きました。
すると、彼女は、私は、一人がさみしくて、甘えん坊だから、沢山甘えられる大人の男性がタイプです。と返ってきました。
おいおい。なんとも、いい感じの答えが返ってきたと心の中で、
ガッツポーズしてました。
そして、じゃあ、まさに、君のタイプに僕はぴったり当てはまるよ。
と返事を出しました。
そして、調子にのった僕は、えっちは、好き?僕は、エロい子が好き。
と書きました。
そうすると、彼女は、エッチは、好きだよ。
抱き合っている瞬間が愛を感じて、幸せを感じるの。と返ってきました。
そして、僕は、ねえ。胸、何カップ?よかったら、教えて。知りたいな。と聞きました。そうすると、彼女は、もう、エッチな人。私は、Eカップだよ。
と返ってきました。
やはり、この歯科衛生士さんは、僕の妄想したとおり、巨乳女でした。
こんな可愛い子が彼氏募集しているなんて、嬉しくなってしまいました。
そして、次回、公園で会う約束をしました。