彼氏募集中の女子大生と2回目のデートで

僕は40歳の独身です。
今まで、仕事にずっと没頭してきました。
この年になり、一人の寂しさも感じて、
ネットで、彼氏募集の大学生と会うことにしました。
大学生なのは、若い時に恋愛をしていなかったため、
若い子とお付き合いをしたかったからです。
彼女の名前はユリアちゃんです。
ユリアちゃんとは、年の差を超えて、
1回目のデートで意気投合しました。
そして、この日は、彼女との2回目のデートでした。
僕は、男性ですし、彼女に触れたい、この日は、
タイミングを上手く図れるかと、
デート前からドキドキしていました。
昼間からのデートで、ユリアちゃんの
希望したカフェに行きました。
今日も、遠慮なく好きなの選んでね。と
言いました。ユリアちゃんは、
ストロベリーパンケーキを選びました。
ユリアちゃんは、楽しそうに
色んな事を話し始めました。
このタイミングで彼女の手に触れてもいいかと
思い、片方の手に触れました。
彼女は、パンケーキを食べるのを
一瞬やめました。
が、続けて、彼女の太ももにそっと手をのせました。
彼女は、気にせずに、パンケーキを
食べ続け、会話も明るく、続けていました。
なので、OKだったとほっとしました。
そして、まだ早いし、公園へ行こうか。と
誘いました。
ベンチに座り、また話を続けました。
ユリアちゃんは、話すのが好きで、
それを聞くのが楽しいのです。
が、やはり、彼女に触れたい、
僕を触って欲しいという思いで、
僕の頭の中はいっぱいでした。
そして、そっと、ユリアちゃんの手を
僕の太もも、股間の上にのせて、
話を続けたのでした。

「彼氏募集」は返って男を遠ざける?


以下は、モテナイ男からの戯言です。
時々、知り合いの女性や職場やサークルなどで、「私、彼氏募集中です」と明言する女の人がいますが、それがどれほど魅力的で美人の人でも、そこに対してエサをぶら下げられた犬のように「ワンワン!パクッ!」という感じで食いつくような気分にはなりません。
ものすごいイケメンで、今まで振られたことがない、という男性であれば、そういうエサに飛びつく勇気があるかもしれませんが、我々のように、痛い思いばかりしてきた男にとっては、それは非常に危険な罠に感じます。
「私、彼氏募集中です」
という言葉には私からすれば、以下のようなかくれたメッセージを受け取ります。
・今とは「別の」「もっといい」彼氏を募集中
・彼氏は募集中だけれど、相当条件は厳しいから覚悟しておくこと
・彼氏は募集中だけれど、選ぶのはこっちだからね
という感じです。
要は、彼氏募集中、などということを平然と明言できる人は、「募集しても集まらないときの恐ろしい恥ずかしさ」「自分みたいな人間が彼氏を募集することの無謀さ」みたいな意識がなく、募集すれば集まってくる、という自信が大変にあるように思うのです。
そうでなければ、異常に自己肥大しているか、そのような「恥ずかしさ」「無謀さ」を感じない、天衣無縫なというか「おバカな」女性かのどちらかだと思います。
そういう前提で言うと、彼氏募集中にまんまと引っかかって、相手の条件に到底見合わず、あえなく不合格することもいやですし、自己肥大しているおバカなことも付き合いたくはないので、ごく当然の成り行きで、「彼氏募集中」と明言していることは距離を置くことになります。
ですので、本当に彼氏がほしいと思う人は、「彼氏募集中」などと明言しないで、静かに、にこにことして、人に親切にしていれば、自然に彼氏候補は何人かできるのではないか、その方が近道ではないか、と思うのです。

自分を磨き、堂々と出会いの場に参戦


私が27歳の時に彼氏を作るため、努力したことをお話します。
5年間付き合っていた彼と破局した後、1年程の期間は男性はもう懲り懲りだと思っていました。
実は、私は一人の男性としか付き合ったことがありません。
色々な人間を見ることが面倒くさいとも感じていました。
しかし、27歳にもなると周りから五月蠅く言われることが増えてきました。
結婚、出産ラッシュになっていたのです。
ついに、私の妹もゴールインしてしまい孤独な感情が芽生え始めていきました。
「よし!私も彼氏を作るぞ!」と意気込んだのですが、私には出会いというものが全くありませんでした。
今までは、大好きな彼が隣にいたため、そんなこと考えたこともなかったのです。
焦った私は、友人に相談し、合コンを開いてもらうことが決まりました。
合コンなんて初めての経験です。
男性と話すことも、かなり久しぶりになってきます。
不安で仕方ない気持ちのまま、合コンに参加しました。
そこで、私は思い知らされたのです。私は、女としての魅力が男性にとって薄いことに。
なぜなら、一緒に参加した女の子は男性に囲まれていて、私の周りには集まらなかったのです。
会話しようと思っても、自信をなくした私は下を向くばかりで弾まないのです。
この日を境に「綺麗になって、リベンジしてやる」という感情が生まれました。
私は自分磨きのため、彼氏を作るため、あらゆる努力を始めました。
ダイエット、メイク・ファッションの研究、料理までとことん極めていきました。
神経質で真面目な性格のお陰で半年で8キロのダイエットに成功しました。
徐々に自分に自信が付き、リベンジ開始です。
再び、合コンへ参戦しました。
すると、以前とは全く態度の違う男性人が大勢いたのです。
私の周りは彼氏候補で溢れていきました。
現在は合コンで出会った男性とお付き合いしています。
私の彼氏募集期間は終了しました。
何事も努力していたら結果はついてくるのですね。

彼氏募集中を公言しているのに誰も寄り付かない


37歳にして抜群のプロポーションを維持している私は、初対面の男性からは20代前半の女の子にしか見えないと言われるほどのルックスを兼ね備えています。何故か分かりませんが、出会う男性のほとんどに私が彼氏募集中だと伝えても乗り気になってくれません。一体何が男性を躊躇させているのか、私には理解不能です。
お給料は、同世代の男性よりもいただいていると思います。29歳で管理職になった私は、数々の無理難題なプロジェクトを成功に導いてきました。この権力を有効活用しようなどとは思っていませんが、年下の男性社員に対して彼氏募集中だとアピールしても食いつきが悪いです。
声質についても、何ら問題があるわけではありません。かつてインディーズでCDを出したことがあり、そこそこの売り上げを叩きだした経験があります。そういえば、メジャーデビューを目指して大手レコード会社に売り込みに行った際に、私は高慢ちきな性格だと指摘された覚えがありました。もしかすると、知らず知らずのうちに私は男性に対して不快な思いをさせているのではないかと考えてしまいます。しかし、それは男性が勝手に思うことであるので、私は自然体のまま彼氏募集を続けるつもりです。
彼氏募集中の私には、一人も友達がいません。以前は二人だけ女友達がいましたが、私の高飛車な態度が気に食わないと言われて縁を切られてしまいました。現在は誰の力も借りずに、一人で彼氏募集しなければならないのです。

素敵な彼氏が欲しい


前の彼氏と別れてもう3年も経っちゃう…。
私男運があんまりなくて、困っちゃいます。今まで付き合ってきた歴代彼氏もギャンブルだったり、浮気だったりで散々でした。
今までがボロボロだっただけに前の元彼とは良い関係だったと思っていました。
私がボロボロの所に現れた素敵な彼でした。最初は。
私の過去の彼氏も全部知ったうえで「幸せにしてあげるよ。」と言ってくれました。
凄く自分の事を大事にしてくれていたように思います。
まあ、私だけじゃなくて他にも大事にしていた人がいたんですけどね。
あまりに上手で見破れなかったけど、私の他にたくさんの人と付き合っていたなんて。もうショックですよ!
怒りしかありません。
だからずっと男なんてとか言って、「彼氏がいない女子だけの女子会」を友達とずっと開いていたのだけれど、最近友人に彼氏が出来ちゃって。
しかもその女子会に連れてくるしで…正直羨ましい!!
私も彼氏が欲しいです。
別に私は男は顔じゃないと思います。
顔だけで選んで損した事なんかたくさんありますし。
だから顔じゃなくて性格と、後自分を大事にしてくれる彼氏が欲しいですね。
彼氏募集中です。今までいらないとか強がってきたけれど、実は欲しいよー!と心の中で叫んでいます。
素敵な彼氏。せめて浮気をしない、嘘をつかない彼氏がいいなーと思います。
一緒にデートをしたり、遊びに行ったりとか…したいですね。
遠距離でもいいんですよ。浮気しなくて不安にさせなければ!
全然構いません。
そんなこんなで彼氏募集中です。

彼氏募集中の女を


僕は、30歳の一人暮らし独身男性です。
ネット掲示板で、頻繁に彼氏募集中の女の子に、
返事を出していました。
そして、今回実際に会えることになったのが、
由美ちゃんでした。
まだ、大学に通っている、若い子です。
僕の最寄りの駅で待ち合わせを提案すると、
OKをもらえました。
由美ちゃんに、事前にどんな衣装でくるのかを
確認しました。
ピンクのミニワンピースに白カバンで行きます。
と書かれてました。
そして、駅につくと、ピンクのミニワンピースを
まとった可愛い女性が立っていました。
白カバンも確認後、声をかけました。
由美です。宜しくお願いします。と、
丁寧に挨拶をしてきました。
僕は、由美ちゃん、凄く可愛いね。
ピンクのワンピースも可愛いよ。と言って
彼女の肩に手を添えて、自宅アパート方向へ、
彼女を誘導し歩き始めました。
アパートへ連れて行く前に、
カフェに立ち寄って、一緒にスイーツをたべて、お話を
しました。
僕は、密かに由美ちゃんのピンクのワンピースの胸の
膨らみが気になっていました。
カフェを出た後、ここの近くに僕のアパートがあるんだ。
と言いました。ちょっと、しなくてはいけない用事があって、
すぐに終わるから来てくれる?と言いました。
由美ちゃんは、コクリとうなづきました。
そして、彼女を僕のアパート内へ入れました。
僕は、ちょっと用事を済ませてくるね。
座ってて。と行って、別部屋へ行きました。
そして、部屋に戻って、由美ちゃんを後ろから抱きしめました。
彼氏募集中。こういうこと、望んでいるんだよね。と語りかけて、
彼女にキスをして、彼女の可愛い胸を揉みました。

彼氏募集中に出会った男性は


私は、彼氏がいなくて、さみしくて、
彼氏募集中でした。
そして、甘えたかったので、
年上の男性を探していました。
ネットに登録したのですが、
10歳年上の35歳のルックスの良い
一人の男性のことが気になりました。
そして、その方は、隣の県に住んでいたので、
平日の夜に会う約束をしました。
1回目は、駅近くのカフェで会いました。
物腰の丁寧な態度にも気に入りました。
そして、ルックスも、やはり長身で
かっこよかったのです。
この人と付き合えたらな。と、
一目惚れでした。
そして、2回目のデートで、
裕也さんのアパートに呼ばれました。
お洒落な雰囲気の良いアパートでした。
裕也さんのバイオリンをソファーで
聞きました。
すでに、恋人同士のように、
密着していました。
そして、裕也さんが、ギターを弾き終えると、
真奈美ちゃんが、欲しい。と言って、
私の胸あたりに、顔をうずめてきました。
疲れているようで、私は、受け止めて、
頭を優しく撫でました。
そして、裕也さんの手は、私のスカートの
中へ、パンティーの上から、触られました。
私はすでに濡れていました。
裕也さんにそのまま、ソファーに押し倒されて、
ブラウスを脱がされて行きました。
裕也さんが、私のバストを触り始めました。
気持ちいい。と言って、優しい笑みを浮かべていました。
その優しい表情を受け止めてあげたくて、
もっと。いいよ。と言っていました。
裕也さんは、私のブラジャーを下ろして、
吸い始めました。
温かい時間が流れました。

人妻女性との甘い時間


僕は、自由人です。
40年間、自由人を満喫しています。
仕事は、フリーランスですので、
平日の昼間時間があることもしばしばでした。
そして、僕の彼女になる女性達のほとんどを、
彼氏募集サイトを通して、探すというパターンになっていました。
若い女の子達は、経験がなかったり、
話が合わなかったり、結婚を迫られたりと
めんどくさく感じるようになっていました。
そして、いつの間にか若い女の子達よりも、経験のある人妻を
探すようにだんだん変化して行きました。
気が合う時だけの期間限定の彼氏彼女の関係
という条件に合う女性とだけ付き合うことにしていました。
以外と、この条件に応じる女性が多くいました。
そして、最近出会ったのが、38歳の人妻でした。
幸子という女性で、巨乳で、全身からフェロモンがでまくっている
人妻でした。幸子には、子供はなく、ごく普通のサラリーマンの
旦那を持つ女でした。
平日の昼間に会って、僕の自宅に連れ込んで、
一緒に飯を楽しんだり、昼間からワインを飲みながら
話しました。
幸子は僕の家では、スリップ姿で、ノーパンで過ごさせました。
そして、幸子のお尻に触れながら、乳首を触りながら
テレビを一緒に見た後、シャワールームへ一緒に入り、
官能的な時間を幸子と過ごしました。
シャワールームから出て、僕達の熱い激しいセックスが、昼間から
繰り広げられました。
巨乳の幸子の身体は揉み甲斐がありました。
色々な体位で、幸子の身体に溺れました。
幸子は、本当にいやらしい最高の人妻でした。

彼氏って。


手に触れる感触が愛しいと感じてしまうのは私がささやかな幸せで満足してしまう軽い女だからだろうか?
私を見つめてくる瞳が優しいのは私がそう思ってしまう馬鹿な女だからだろうか?
それでも、君にはやさしくして欲しいって願うのは止められない。
君にもっと、もっと、もっと、私と幸せになって欲しい。
だって、君はずっと私に会うために生まれてくれて探してくれたんだよね。
そんな風に私が思っているなんて知ったら、君は笑うかもしれないけど、私は本気だよ。
毎日を二人で笑って過ごしたい。
私はこんな小さな願いで君といたくて手を繋ぐのを楽しみにしてる。
彼氏、彼女とか、正直わからないよ。
だって、何をしたらいいのかわかんない。
いろんな妄想ばかりして、君としようとしても、全然うまくいかない。
大人の恋愛って難しいね。
体だけ大人になって、いろんなものが邪魔くさくなって。
学生みたいなドキドキする恋愛が出来なくなっちゃった。
これが大人なんだね。苦しいよ。
立ち止まることも考えた。だって、楽だから。
仕事ばかりの私がそこにいて。「こっち、おいで」って。
そんなの嫌だ。私は。
優しい言葉なんて言えなくていい。仕事が忙しくても、多少は我慢する。
趣味で私のことを無視しても、たまに構ってくれるならそれでいい。
年齢とか、気にしない。世間なんて気にしないから。
私はただ、君といたい。
これからの未来なんて思いもしない。
ただ、君といたい。だから。
彼氏、募集しています。
私だけの人を。