心が満たされる夜

彼との久しぶりのお泊りデートに私はすごくドキドキしていました。
お肌のお手入れも念入りにしていたからか、お泊りデート当日、彼は私のお肌を触って「すごくすべすべだね」なんていうのでした。

私は、日ごろのお手入れで使っていたローションをこの日も持っていました。
そして、彼にマッサージをしてあげると言うと、彼の手をマッサージしました。
軽いスキンシップのはずだったんですが、彼は私触られることによってどんどん興奮して来たらしく、ベッドの上に押し倒してきました。
そして、キスをして私の気持ちのいいところを沢山愛撫してきます。
私は気持ちよくて、あえぎ声を沢山もらしてしまいました。

「俺も・・・して」
彼のおねだりをする表情がすごく可愛らしくて、私は彼のズボンを脱がせると、オーラルセックスをし始めました。
彼のモノをペロペロすると、じらされているように感じたのか、表情がまた可愛らしくなっていました。

私は彼をじらしながらも、思い切りパクッと口に咥えます。
舌で転がしつつも、口全体で彼のモノをしごいていると、だんだん彼はあえぎ声を出すのでした。

彼のあえぎ声に興奮すると、さらに私のオーラルセックスは激しくなっていきました。
そして、激しくなるほどに彼はどんどん絶頂に達していくのでした。

彼との久しぶりのお泊りデートはすごく濃厚な時間になりました。
オーラルセックスは彼のなかですごく幸せを感じる時間だったようです。
またしてあげようと思っています。