恋人募集をして出会ったハーフ美女

僕は、恋人と、別れて、3ヶ月が経ちました。
なので、この辺りで、恋人募集をネットで、してみました。
そして、ネットなのだから、どうせなら、美女を探そうと決めて、
ロシア人と日本人のハーフ美女に連絡を取りました。
彼女は、マリナ。母親ゆずりの、綺麗な、金髪、
そして、プロポーション、顔立ちでした。
それで、日本語は、日本育ちだから、ペラペラで、
コミュニケーションも、問題なしでした。
僕は、マリナと実際に会えることになりました。
実際に現れた彼女は、想像を越えた、美女でした。
美女を目の前に、持ち前の明るさと、トークで
彼女の心を、鷲掴みにさせました。
そして、彼女の美貌は、僕の心を、
鷲掴みにしてしまいました。
そして、僕達は、恋人同士になり、
即、僕の自宅へ彼女を連れてきました。
ベッドへ、力強く、押し倒しました。
彼女は、OKでした。
彼女の綺麗な金髪ヘアは、乱れ、
とても美しい光景でした。
おっぱいの形も美乳で、
舐めごたえ、たっぷりでした。
暫く、舐めたり、揉んだりしまくりました。
そして、僕のアレを取り出して、
マリナにフェラをしてもらいました。
いやらしい美しい目つきの
彼女のフェラは最高でした。
その後、マリナの形の良い、
お尻を上に突き立たせて、
両手で掴みながら、
僕のアレを挿入しました。
マリナが喘ぎ声を出しました。
そして、僕は、バックで挿入したまま、
マリナの、おっぱいを揉みまくりました。
この後、騎馬上位にさせてしました。
彼女の腰の振りは最高でした。

階段の下から見上げる彼の視線


職場には私以外にもたくさんの女性社員がいるので、彼の目をひくのは並大抵ではありません。ちょっとばかしあざとい手を使う必要がありそうです。
会社の二階に続く階段はわりと角度が急で、よくここを上がる女性たちは、下からのぞかれるのを恥ずかしがって、スカートで足を包みこむようにしています。
ある日私は、彼が二階に上がる時をみはからって、急いで階段にかけよると、彼より先に上りはじめました。スカートを包みこむようなぱかな真似はしません。
それどころかおおっぴらにひろげて、下からあがってくる彼の目に、その中がはっきりみえるようにしました。今日は特にセクシーな下着を履いている私でした。
私は自分の太腿のあたりを、彼の視線がはうのを感じました。その視線はやがて私の太腿の付け根におよび、やがてその視線が下腹部の下着によっておおわれた部分に突き入ってくるのがわかりました。
私にははっきりと、彼が目で私とセックスをしているのがわかりました。
それからというもの彼の、私をみつめる顔つきに、はっきり変化があらわれるようになりました。あきらかに私を、性の対象としてみている目です。
私はお昼休みに、彼がひとりいる休憩室に入ると、それとなく彼のそばの椅子に腰をおろしました。すると案の定、彼のほうから声をかけてきました。
「こんど、お茶でものまない」私はもちろん承諾しました。そして一週間後には私は彼と、ホテルの一室で向いあっていました。
彼の手で私の衣服がぬがされていきました。最後の下着に彼が手をかけたとき、私は「まって」とその手をとめました。それはあのときと同じ色と柄の下着でした。
「あなたの目をひきつけた下着よ。じっくりごらんになって」
「知っていたのかい」
「もちろん」
彼は私が笑うのを見て、はずかしそうに頬を赤らめました。

ショットバーで見つけた恋人


僕がいつものショットバーで飲んでいるとき、カウンターの隅に一人の女性が座りました。ちよっと年配ですが、なかなかの美人です。
10分ほど彼女が一人なのを確かめてから、僕は彼女の席に近づいていきました。
「よかったら、ごいっしょさせてもらえませんか」
「どうぞ」
気のいい返事です。
「この店は、よくくるのですか」
「たまにね」
「僕もそうなんですよ」
「落ち着いたいいお店ね。気にいっちゃったわ」
「客層も悪くないですよ」
「あなたみたいな人ばかりだから」
「あ、いえ、なにもそこまで言ってません」
二人は顔を見合わせ、笑いました。
それから30分ほど喋っていたでしょうか、ふと彼女が時計をみました。
「あなた、これから時間ある?」
「ええ、そりゃもう、一晩でも」
「じゃ、ちょっとつきあって」
「よろこんで」
ショットバーを出てから、小一時間、彼女は僕をつれて歩き続けました。
「最近このあたり、物騒でね。こんな時間にひとりじゃ、こわくて」
そういいながら彼女は、僕の肘に腕をまきつけてきました。
彼女は自宅のマンションに帰ろうとしていたのです。そしてマンションにたどりつくと、僕に上っていってと言いました。
室内は小ざっぱりと片づけられていました。彼女は僕に上着を脱ぐようすすめました。シャワーを浴びたらとも促しました。
帰ってくる道々、腕を組み合った彼女の温もりを肌に感じていた僕は、彼女を抱きよせ、その唇を奪いました。彼女もまた、僕のほうにそのふっくらした胸を
押し付けてきました。
ショットバーで顔を見交わしたときに、すでにこうなることは運命づけられていたようです。僕たちはお互い、相手の衣服を脱がせあうようにして裸になると、
それから朝方まで尽きない愛欲にかられながら肉体をからませあいました。

カンテラの明かりの中に


テントの外から、女性の声で、
「すみません」
その声に起こされて僕は、テントの外に顔を出しました。
「あ、きみか」
昼間、山登りの途中でたまたまいっしょになり、話をかわしたりした彼女の顔が、僕のつけた懐中電灯の明かりの中にうかびあがりました。
標高一千メートル足らずとはいえ、女性一人の登山はなかなか勇気のいることです。特にシーズンオフのいまは、登山者も少なく、なおさらでしょう。
「寝てると、テントのすぐそばから何かの物音がきこえて、恐くなっちゃって‥」
「このあたりは、小動物も多いからな」
僕は彼女がまだ、怯えたようにふるえているのをみて、なんだかかわいそうになりました。
「外は寒い。なんなら、テントに入らないか」
僕はカンテラの明かりをつけたテント内に、彼女を招きいれました。
「ごめんなさい、無理なこといっちゃって」
彼女はテントの中で僕と向き合うと、安心したように表情を和ませました。
それからはお互い、いろいろ話をかわしあい、笑いあったりして、静かな山の上がずいぶん賑やかになりました。
その声がふと、途切れたと思うと、僕と彼女はじっと目をみかわしていました。辺りには、二人のほか誰もいません。
僕は彼女の手をにぎると、そっとその身をひきよせました。彼女もさからうことなく僕のほうに体をよせてきました。
昼間、険しい山道で、彼女に手を貸したり、体をおしあげたりしたことがふと僕の中によみがえりました。あのときからすでに、
二人は相手を意識していたのかもしれません。
狭いテントの中で、僕は彼女のファスナーをおろすと、足にそってズボンをおろしていきました。
カンテラの明かりに、彼女のしなやかな太腿があらわになっていきました。手をあてると下着を通して、太腿のあいだがしっとりと濡れているのがわかりました。
僕は彼女を膝の上にのせると、唇と唇を重ねました。そして長いあいだ抱き合ってから、やがて、彼女の中に入っていきました。

仕事は一休みして


「こんにちは。お部屋のお掃除にまいりました」
この挨拶とともに部屋に掃除道具とともに入ってきた彼は、てなれた様子で部屋の掃除をはじめた。私がマンションの自室の清掃をハウスキーパーに依頼するようになったのはいまから半月前のことでした。夜に仕事があるので、朝はよく眠っていて、わざわざ起きて掃除する気力もなく、散らかりっばなしの部屋にさすがにうんざりしたあげくの依頼でした。掃除に訪れる彼は、いつもきまっていて、体格もよくなかなかのイケメンでした。午前中に訪れるので、鍵だけは開けておくものの、、私はまだベッドの中。だから寝室は一番最後にしてもらっています。今朝も、10時に彼がやってきました。30分して、寝室に彼があらわれたとき、私はまだ寝ていて、そういうときはかまわないから掃除してと言ってあったので、彼は床に掃除機をかけはじめました。
じつはこのときの私、身につけているのは下着一枚きりで、その布団も、彼がそばにきたとき、おもいきってとりました。
「あ」
彼がまぶしそうに目を細めるのをみて、私は身を起こしました。
「きょうはお掃除したことにしとくから、ここにきて」
「え、でも………」
「かまわないのよ。私前からあなたのこと、気にいってたんだから」
まだためらう彼の手首をつかんで、そのままベッドにひきずりこみました。
私の横に倒れてきた彼は、もうそうなると開きなおったのか、私の体に腕を巻きつけてきました。
「そのいき、そのいき」
仕事着を脱いだかれは、思っていた以上に立派な体格でした。毎朝、彼の働く姿を見て、私がどんなに妄想を逞しくしたことでしょう……
その彼がいま、私の体をひろげると、力強くみなぎったあれで、さらに奥まで突きひろげてきました。

恋人募集で、情熱的な男性と


私は花梨。
26歳です。
恋人募集をかけて、
出会った一人目の
男性は、今までで
経験したことのない、
セクシーで、ムードたっぷりの
エッチが凄い人でした。
初めは、カジュアルなお店で、
お好み焼きデートでした。
隣同士で座って、
彼の話を聞きながら、
お好み焼きを食べて、
ビールを飲むという、
本当に、ラフなデートでした。
でも、この男性は、ムードが
こんな店でも、満点でした。
持って生まれた資質だと思いました。
そして、僕のアパートで休憩していかない?
と言われて、ついていってしまいました。
部屋に入るなり、
手を握られ、ダンスをしました。
そして、ワイングラスを差し出されて、
ワインを注いでくれて、
一緒に飲みました。
ワインが身体に流れて、
まったりとしてきました。
そして、君と一緒になりたい。
と耳元で囁かれ、耳をかじられて、
ベッドに倒されました。
彼が、ズボンのチャックを下げて、
彼のアレを取り出しました。
びっくりしました。
今までに見たことのない、
大きさでした。
そして、彼はアレを私の身体に
押し付けてきました。
おっぱいの乳首を攻められました。
凄く感じて、喘ぎ声が出てしまいました。
そして、おまんこも彼の指で、
ぐちょぐちょ状態になってました。
それでも、彼のアレが入るかどうかなと
思いました。
いいかな?大丈夫だよ。
君が欲しいんだ。
と彼に言われて、
彼の大きなアレが私の中へ入りました。
ガンガンに、疲れました。
衝撃的でした。
そして、情熱的でした。
この男性との体験は、
忘れられないものになりました。

人を待つ僕の横に、そっと立った彼女


地下鉄の改札口の前で友達を待っている時、一人の女性が僕の横にそっと立ちました。
ほっそりとした僕好みのかわいらしい女の子です。僕はしかし、電車をおりて階段をあがってくる乗客たちをみるのに忙しく、その女性のことは無視していました。
もう約束の時間をとっくに過ぎているのに、友達はまだ姿をみせません。いい加減いらいらしはじめた僕に、その時横に立っていた女性が声をかけてきました。
「恋人募集中ですか」
「はあ……?」
「よかったら、あたし、どうですか」
「え、いいですね」
とっさに僕は答えていました。彼女がその目的でさっきから、僕のそばを離れなかったのだと思うと、約束時間をやぶった友達のことなんか、もうどうでもいいように思えました。
「お茶でも、どうかな」
「いいお店、しってます」
彼女は僕に笑顔をみせながら、いっしょに歩きはじめました。
カフェで僕たちは30分ほど話を交しました。彼女は第一印象どおり、明るくで面白い娘で、いっしょにいるだけで気持ちが癒されるタイプでした。
「お酒はいけるの」
「もちろん」と僕が答えると、
「いいお店しってるわ」
と、彼女の方から席を立ちました。
その店は路地の奥にある庶民的な感じのする小さなバーでした。飲み過ぎたところで、勘定書きをみてもまず青ざめる心配のない店で、こういうところにも彼女の気取らない性格ででているようです。僕たちはそこで1時間、ビールとハイボールをのみかわしました。
二人ともいい感じで酔いもまわり、肩をだきあい、キスまでかわして、めぐりあったことを心から歓びあいました。
「これからホテルに行こう」
酔いにまかせて僕が言うと、
「あたし、いいホテルしってるわ」
と彼女が言いました。

色々な恋人募集


私はFacebookからライン経由で、色んな恋人募集をしています。
恋人募集も金が掛かるので一度、アプリをスマホに入れて少し使ってみて、いい感じだったものをピックアップしています。
反応も良いものも有るので、そのまま使って居ます。
まだ、具体的に会うまでは行って居ないのですが、女性が結構積極的な感じを受けます。
自分の体も悪い所ばかりなので、いっそ遊ぼうとおもっております。
本当に遊ぶ事にすれば、肩に力は入らないのと、別に自分が若いわけでもないし、金持ちでもないし、決まった相手が居る訳でもないし、いいかなあと思って居ます。
気軽な方が良いようにも思えるので、今までは準備段階だったので、これから本腰を入れて遊ぼうと思います。
仕事に明け暮れ、病気だらけの生活と、もう罰なので、遊んでも良いと思います。
重視するのは若くてかわいい子です。
これでいいやと思うこの頃です。
家族も年老いた親父と二人暮らし。
姉が居ますが、姉も別に結婚にこだわらなくても良いと言いますし、くそ真面目でやって来た自分が嫌になりました。
が、悪い女には、声をかけないようにしようと思って居ます。
自分で探さなくても、女の方からアクセスして来るので助かっています。
金銭関係だけは、管理しようとおもっております。
そう考えると毎日が楽しみで楽しみでたまりません。
プライベートは別に持とうと考えて居ます。
まず無いと思いますが、もし、本気になり合える相手が見つかったら結婚しようとおもっております。

隙間恋愛を上手に楽しめるような人がいいです


私は24歳のアパレル販売員です。

仕事柄、メイクもファッションもいつもきれいにしているせいか、よくいろいろな人に「モテるでしょう?街でナンパされない?」なんて言われるのですが、実際には仕事の休みが不規則なのでなかなかスティディな彼氏は出来ません。

以前付き合っていた彼氏も普通の土日祝日が休みのサラリーマンだったのですが、私が土日祝日は稼ぎ時なのでなかなか休みが取れなかったせいか、すれ違いが多くなっていつの間にか自然消滅みたいな形で別れる事になりました。

それでここ1年ぐらいはずっとフリーです。

合コンや街コンにもたまに参加しているのですが、女性も多く参加しているので、何だか友達探し状態になって連絡先を交換したとしても特定の彼氏までたどり着くのにメールやラインのやり取りで時間と手間がかかりそうで大変です。

私は特にイケメンが好きといった訳でもなく、どちらかというと普通っぽい顔の男性が好みです。

理想としては、もしも職場が近かったり、ちょっと職場の近所まで立ち寄ったといった場合には、たとえ1時間でも一緒にランチをしたり、カフェでお茶したりして隙間恋愛が楽しめる人、予定が合えば一緒に旅行にも行ける人、レジャーやイベントが好きな人だときっと付き合っていて楽しいだろうなと思います。

私はメンズでも似合う洋服を選ぶのが得意なので、きっと私と付き合ったらオシャレに変わっていけると思います。

私もTPOに合わせたファッションコーディネートが得意なので、きっとデートの場所に合わせたスタイルや相手の男性にマッチするスタイルといった形で一緒に並んで歩いても違和感がないように合わせられると思います。