愛媛の松山市に住む女子大生との出会い

私は、もう三十路を過ぎているのですが、結婚はしていません。
そして彼女もいない寂しい生活を送っています。
サラリーマンとして平凡な仕事生活を送っていますが、仕事はそこそこ楽しいです。

夜になり、寂しくなると、私はエロい動画を見て発散させています。
こんなこと、実際に出来たら凄く気持ちいいだろうなと思いつつ、出会い系サイトに登録したのです。

思い切って「週末に会える女の子」と書き込みをしてみると、一人の女性からメッセージが来ました。
彼女は地元愛媛の松山市の大学に通う女子大生でした。
人肌恋しいので週末に会ってくれる人を探していましたとメッセージが来て、私達は逢ってみることにしたのです。

お互いに写真を交換し、週末の夕方に会うことになったのですが、彼女は写真よりも正直凄くかわいい女の子でした。
凄くかわいくてキレイな女の子を目の前に、本当に私でいいのか少し申し訳なく感じましたが、彼女も私を見て凄くいいといってくれました。

人目につかない今治市までドライブに行くと、ホテルに入り、2人きりになりました。

そして、彼女のほうから私の服を脱がして行きます。
私は凄くドキドキしていました。
そして、彼女自身の服も自分で脱ぎだし、彼女のはだかを見た瞬間、理性が爆発しそうになったのです。
私は思い切り彼女に抱きつき、キスをし、おっぱいを貪るようにしゃぶります。
彼女のあえぎ声も凄く色っぽく、彼女のふぇらをしている姿も凄く淫乱で興奮したのを覚えています。

そして、この日は人肌恋しいもの同士、貪るように激しく求め合うのでした。

気分転換に遊べる愛媛で出会った彼

私は、地元愛媛で派遣の仕事をしています。
そこまで都会でもないので、出会いもなかなかありません。
そして、シフト制なこともあって、不定期なのです。

出会いもなく、仕事と家の往復だった生活でしたが、ある日都内から期間限定で一緒に働くことになった社員の方が着ました。
彼は凄くイケメンで、一目ぼれしてしまいました。

しかし、彼には彼女がいることが発覚し、私は彼のことをあきらめていました。

ある日、私は残業をしなければならず、彼と2人きりになったことがあったのです。
彼と始めての2人きりのドキドキな時間でした。

そして、初めて彼といろいろな話をしました。
地元愛媛のことをもっと教えてほしいといわれ、彼からデートに誘われるといった急展開もあり、私は凄くドキドキしていました。

残業が終わって、彼とのみに行くことになったのですが、私はお酒が弱いので、つい彼に寄りかかって告白をしてしまったのです。

そして、彼もその気になったのか、ラブホへと向かいました。
「彼女さんいるのにいいの?」
と言うと、「彼女とはもう別れるんだ・・・」と少し悲しそうに言いました。
「じゃあ、立候補してもいいですか?」と言うと、彼は何も言わず、私にキスをし、体中を貪り始めるのでした。

彼のセックスは凄く気持ちいいのと、彼とのセックスに対する喜びで、私は幸せに満ち溢れているのでした。

現在では彼は、私の彼氏になり、遠距離恋愛を楽しんでいます。
次に彼に会うのが楽しみです。

愛媛の女子大生の初めての出会い系

私は、地元愛媛の大学に通う女子大生です。
ある日、友人からなかなか出会いがなく、彼氏が欲しいと言われて、一緒に出会い系に登録することになったのです。

私は、当時遠距離恋愛をしていた彼氏がいて、出会いを求めている感じではなかったのですが、友人からのしつこいお願いによってしぶしぶ一緒に登録することになったのです。

出会い系に登録をしたのは今回が初めてだったので、どんな感じなのかまったく分かりませんでした。
そして、登録をすると、メッセージが沢山入ってきて、すごくびっくりしました。

いかにも遊びのような感じのメッセージばかり入ってきて、私はほとんどのメッセージを無視していました。
すると、その中から一人だけ凄く知的で紳士的なメッセージが入ってきたのです。
30代後半の人からのメッセージで、少し歳は離れていますが、メッセージの文面に惹かれて彼とのやり取りを続けることにしたのです。

彼とのメッセージのやり取りは凄く楽しく、今までに出合ったことのない男性と出会えた気分でした。

そして、何度かメッセージのやり取りをした後、私は彼とあってみることにしたのです。

彼は私のためにおしゃれなイタリアンを予約してくれていました。
彼の第一印象は凄く知的で紳士的な感じでした。
女の子慣れしてそうな感じですが、嫌な感じはなく好印象にも思えました。

きっと彼に抱かれるんだろうなと思ったりもし、彼との時間は凄くどきどきしていました。

彼と楽しい食事を済ませた後、私は思わず彼に「まだ帰りたくない・・・」と言ってしまいました。

そして、彼の家に寄ることになり、彼の家で私達は愛し合ったのでした。

愛媛の出会いは若い女体も美味

愛媛の農家と契約して蜜柑の仕入れルートを開拓する任務を命じられた私は、飛行機に乗り現地に向かいました。
個人的に接点がない地域なので、サッサと仕事を済ませて帰ろうと思っていたのです。
アポを取っていた農家と会い蜜柑を食べさせてもらうと、あまりの糖度の高さに驚かされました。
ベタ褒めしたら乗り気になってくれて、アッサリと商談成立です。
その後は愛媛の街をブラブラして暇を潰していたのですが、それだけでは飽き足らなかったです。

どうせ知っている人がいないのだから、羽目を外してナンパでも頑張ってやろうと思いつきました。
コーヒーショップに入ってから、一人で席に座っている若い女性に的を絞り声をかけます。
三人目でノリが良い女性と知り合えて、パンケーキとコーヒーを奢り話を広げます。
専門学校で講師をしている女性は、知的な雰囲気で性に興味はなさそうです。
そんな人だからこそ、夜の乱れた姿を見たくなりました。

店を出てからも話し込んでいたら、空が薄紅色に染まりました。
帰りたい素振りを見せた女性を引き止め、土地勘がなくて心細いから自宅に泊めてほしいと私は言います。
案の定拒否されましたが、それならホテルで寂しい気持ちを癒してほしいと懇願しました。
躊躇いの表情が見えましたが、幸運なことに誘いに乗ってくれたのです。
ナンパの成否がわかるまで三時間近くかかりましたが、愛媛のご当地娘を楽しめる喜びはひとしおでした。
控え目なプレイに終始したものの、女性の一生懸命さに初々しさを感じたので心が満たされました。

愛媛の年下の彼との甘い思い出のセックス

私は、事務の仕事をしている20代後半の女性です。
イベントのため、愛媛の会場に訪れたときのことでした。

会場では、地元愛媛のバイトの男性も数人いて、私はその仲の一人の男性と仲良くなったのです。
愛媛には余り出向くことはないので、地元のことについていろいろ教えてもらいました。

そして、仕事が終わり、打ち上げが会った際に、彼とさらに仲良くなったのです。
私の宿泊するホテルの近くに彼がすんでいるということで、打ち上げ終了後、彼と一緒に帰ることになったのです。

帰り道の途中で、彼から家に誘われ、2人で飲みなおすことになったのです。

お酒を飲んで楽しんでいるうちに、お互いに理性が飛んでいき、身体を求め合うようになって行ったのです。

彼との始めてのキスは凄く激しいキスでした。
彼のキスが凄く上手く、私はとろける思いに浸っていました。
そのまま彼に押し倒され、彼に身を任せていました。
彼が私の身体を触り、彼に触られていくたびに、どんどん気持ちよくなり、彼のことがいとおしくなっていくのでした。
そして、ついに彼と結ばれようとしていました。

彼も余裕のない表情をしていて、少し可愛らしく感じました。
そして、そんな彼に私は凄く気持ちよく抱かれ続けるのでした。

次にいつ合えるか分からないけど、私達は連絡先を交換し、愛媛を後に私は地元の東京へと帰って行きました。

次は、彼が東京に来てくれるということで、凄く楽しみにしています。
年下の彼との甘いセックスは、私の初めての体験でした。

愛媛へナンパに行き今の彼女と出会いました。なかなか良い子です。

私は愛媛の松山へ車でナンパと松山城の見学を目的に出かけました。
車はレクサスのスポーティータイプです。
新車です。
以前乗っていたマークXを下取りしてもらって、自分の働いたお金で購入しました。

まだ彼女がいないのでナンパ目的の為もあり無理をしました。
私は尾道ですが愛媛松山は何度か来ていますがお城はまだいったことがありません。
駅前で何人かの女性に声をかけました。
出来れば地元の女性がひっかかってくれればと思い何人もの女性に声を掛けましたが、誰も相手にしてくれません。
あきらめようとした時向こうから声をかけて来た女性がいました。

彼女は私がナンパをしていたのを見ていたのです。
ドジだなと思って同情して声をかけたと後で言っていました。
私は松山城や他の名所を案内してくれないかと言って頼んでみました。
彼女は私にこの車を運転させてくれたら、一日付き合ってあげると言いました。

本当は任意保険の関係でまずいのですが、私は短い時間なら運転させてあげると言ってしまいました。
若い女性もレクサスは運転してみたいらしいです。
そこから松山城まで彼女が運転しました。
なかなかのものです。
彼女の車は何と聞いて見ましたら、スバルのレガシー但し中古と答えました。

レガシーも良い車です。
松山城を案内してもらって、次はどこを案内してくれるのかと聞くとその前に食事と言いましたので、彼女の知っているレストランへ行って食事をしました。
食事後私が、食後は休憩だなと言うとそう来ると思ったと言って、付き合うからそこまでもう一度運転させてと言うのでラブホテルまでと言うとまあ、いいかと言いながらラブホテル街まで運転して行きました。

ラブホテルへ入って一戦交えました。
気持ち良かったです。
彼女も性交は嫌いではないようです。
彼女がまた運転したいから携帯番号を交換してと言うので交換しました。
そしてもう一戦して駅まで送りました。
その愛媛出会いの彼女と今も付き合っています。

愛媛県のセックスフレンドとの刺激的な出会い

私の出身は愛媛県です。
地元の愛媛で就職をし、今でもずっと地元で働いています。
私がすんでいるところは、都会ではなく、出会いもなかなかありません。

セックスの経験もあまり多くはありません。

しかし、最近回りの友人が次々と結婚していく中で、私もそろそろ焦りを感じていました。
愛媛県の田舎で出会いがあるだろうか・・・なんて思いつつ、私は出会い掲載とに登録をし、相手を探すことにしたのです。

いろいろな女の子にメッセージを送り、あまり期待をせずに返事を待っていました。

2,3日がたち、返事を忘れていたころ、一人の女性から返事が来たのです。
彼女は私よりも5つ年下の女性で、OLをしている人でした。

写真の交換もして、凄く好みだと思い、彼女としばらくメッセージのやり取りをしていました。

何度かメッセージを繰り返し、何度か電話もし、私達は会ってみることにしたのです。
松山にあるスタバで待ち合わせをし、顔写真で見るよりも凄く魅力的に見えた彼女に凄くドキドキしました。

彼女も、私の印象は凄く好印象だったようです。
その後は、凄くいい雰囲気になり、ホテルへと直行したのでした。
彼女とは身体の相性もすごく良く、今までで一番気持ちのいいセックスを体験したように感じました。

その後彼女とはお付き合いをすることになり、今では結婚前提に家族ぐるみでお付き合いをしています。

セックスも、回数を重ねるたびにどんどん気持ちのいいセックスをしているように感じます。
愛媛での出会いに感謝です。

愛媛の居酒屋で出会った地元の女性

私は、毎週のように仕事で愛媛に出張に行くことが多いのです。
今回も、愛媛に出張で来ていて、すでに行き着けになっている居酒屋へと足を運んだときのこと。

いつものように一人でお酒を飲んでいると、一人の女性から話しかけられました。
「いつも一人でここで飲んでますよね」
なんていわれ、女性のところへ振り向くと、凄くきれいな女性に話しかけられていたのです。

女性を見た瞬間に凄く興奮をしたのを今でも覚えています。
私は、話しかけてきた女性と、一緒に飲みなおすことにしました。
彼女は地元が愛媛の女の子で、地元のローカルなネタで楽しみました。

彼女も時々一人でのみに来るそうなのですが、一人で飲んでいる私のことが凄く気になっていたそうです。
この日は遅かったので、お互いに次の日はフリーと言うことで、1日デートをすることになりました。

彼女から愛媛の観光案内をしてもらい、ご飯を食べ、ホテルに行きました。

ホテルへは、私は少し強引に誘ったのですが、彼女もその気になっていました。
そして、意外にも彼女のほうから激しく求めてきたのです。
私は、彼女の激しいセックスに凄く興奮していました。

そして、彼女が求めるがままに私も彼女に答えて激しく求めたのでした。

彼女とのセックスの相性はすごくいいみたいで、今でも彼女とは続いています。
私が週末に出張で愛媛に行くたびに、彼女と会っています。
そして、激しく身体を求め合っています。

愛媛の出張が今では楽しくて仕方がありません。

愛媛県の道後温泉での出会いと濃厚セックス

大学を卒業して、社会人になる私たちは、卒業旅行で愛媛県の道後温泉へと訪れました。
温泉も凄く気持ちよく、観光も凄く楽しみ、夜の居酒屋で女2人でお酒を飲んで楽しんでいました。

すると、2人の男性から声をかけられ、私たちは4人で飲むことになったのです。
彼らも、卒業旅行で道後温泉を訪れていたらしく、宿泊先が同じだと言うことで、さらに盛り上がりました。

年齢も同い年で、話の内容も凄く合い、気がつけばお互いに意気投合したのです。

居酒屋で飲んだ後は、みんなでカラオケに行きました。
彼らの歌が凄く上手くて、ノリも良く、凄く楽しむことが出来ました。

お酒も入っていたせいもあり、カラオケで盛り上がっている最中に、私は一人の男性といつの間にか密着していたのです。
そして、耳元で2人になりたい・・・なんていわれつつ、私も彼と一緒に過ごしたいと思ってしまったのです。

友人も、もう一人の彼といい感じになっていて、同じ宿泊先の道後温泉へと戻るのでした。
部屋では、お互いにカップルで宿泊することになり、私達は部屋へ戻ると、早速抱きしめあい、キスをし、お互いの身体を貪りあっていました。

お互いによっている状態だと言うこともあり、セックスは凄く盛り上がりました。

そして、われに帰った私達でしたが、お互いにテレながら笑い合っていました。
その後も、彼と連絡先を交換し、今でも彼と仲良くお付き合いをしています。
彼との始めてのセックスは、今でも忘れられません。

愛媛の大通りでナンパで出会いに成功

私の趣味の一つにナンパがあります。
自分では、ナンパは得意だと思っています。

私の仕事柄、出張でいろいろな県にいくことが多いので、出張のたびに私は女の子をナンパして楽しんでいるのです。

今回は、出張で愛媛に行くことになり、愛媛は初めての場所でした。
愛媛では、余りナンパには向いていないといったイメージが会ったのですが、私がそのイメージを覆そうと思ったのです。

そして、人の多そうな大通りを狙いました。

大通りには凄く魅力的な女性が何人かいました。
そして、その中で特に気になった女性に声をかけると、女性は最初凄く驚いた感じでした。
しかし、話をしていくに連れて、女性も私に打ち解けてくれたようでした。

立ち話は何だと、軽く喫茶店に誘導しました。
そして、軽く会話を楽しんだ後、連絡先を交換しました。

喫茶店を出ると、女性を家の近くまで送ったのですが、予想外な展開に、家でお茶でもどうかと言われ、上がることに。
私は、ここで凄く期待したのです。

このまま彼女とセックスをする事が出来るのではないかと思い、凄く期待していたのですが、どうやら彼女のほうがその気だったようで、私は、押されるかのように彼女とセックスをしたのです。
彼女のセックスは、なんだか慣れているような感じでした。
普段は、ナンパからのセックスは私が主導権を握っているのですが、今回は初めて女性の方に主導権を握られたセックスでした。

たまにはこういうのもいいなあと思いました。
愛媛でのナンパも大成功です。

道後温泉で出来た愛媛美人のセフレ

愛媛県といえば、道後温泉が有名ということもあって、前々から行ってみたいと思っていたのです。
そして、長期休暇が取れたので一人で温泉旅行に行ったのです。

大きな食堂で食事を取ることになり、そこで私はひとりの女性と知り合いました。
丁度人が多い時間帯だったからか、相席になったのです。
せっかくなので声をかけたのですが、彼女のほうも凄く感じよく応えてくれました。

私達はお互いに一人旅同士で、話も合い、意気投合したのです。

彼女の話を聞いていると、彼女は傷心旅行に一人で温泉にやってきたといいます。
彼のことを聞いていると、同じ男としては別れてよかったんじゃないかと思うような人だったのです。

そして、彼女の話をただひたすら聞いていたのですが、すると彼女は泣き出してしまったのです。
私は少しおろおろしてしまったのですが、彼女は、「話を聞いてくれてありがとう」といって少しは発散できたように感じました。

食事が終わって、一緒に部屋に戻ったのですが、彼女はなんと自分の部屋に私を招きいれたのです。
「もう少し一緒にいたい」
「人肌が恋しくて・・・」

なんて言われつつ、彼女は突然キスをしてきたのです。
そして、彼女の浴衣は少しはだけていたのでした。
はだけた浴衣からは色っぽくきれいな肌をしていて、私の理性が崩壊し始めていました。

激しくキスをし、求められるがままに私は彼女に応えていました。
そして、激しく挿入をし、求め合ったのです。

それからは、旅行中は彼女と一緒に行動することが多く、いろいろな場所でセックスを楽しんでいました。

愛媛県の松山の道後温泉で、同じく卒業旅行の彼女たちと仲良く

われ等大卒の記念旅行として東京から四国への旅行で愛媛県は松山方面の道後温泉を尋ねたときの事でした。 名物の道後温泉の本館で記念入浴を済ましたあと、直ぐ向かいに或る商店街の一角で親友の二人で居酒屋で飲んでいたときの事です。 直ぐ横の席でやはり旅行客らしい若い二人の女性が静かに飲んでいるようなので、酔いが程よく回ったところで声を掛けてみました。

すると何とナント彼女たちも卒業旅行で関西の和歌山から来ているとのことでした。 其れからは4人で一緒になって楽しく語りながら暫し飲んでいて、其の後は仲良くカラオケ屋にいったりして、其の後は彼女たちを直ぐ近くの我らのホテルへ招待したのです。 
ホテルで飲みなおしながら時間も遅くなって彼女たちが近くの旅館へが戻ろうとしたところ、私はA子さんの肩を抱いてキスを思わずしてしまいました。 彼女たちも既に心得たと見えて余り抵抗することなく、受け入れたのです。 この時、二人ずついては不味いと言う事で、私たち一組はここに居て、他のカップルは彼女たちの旅館へ行って其々の部屋で楽しむ事になったのです。

お互いに酔っている状態なので、男と女の関係についても同様の気配を感じながら、恥ずかしさも吹き飛んでいて思わずA子さんを抱きしめたのですが、彼女の髪の毛がとても素敵で綺麗なので、髪の毛を撫でながら肩を抱いてキスをしました。
既に、彼女は夢見心地というか、されるがままに別段、何をされてもすごく感じているようでした。 そして、股間に手をやると気持ち良さそうに既に濡れていました。 あらためて「いいのかい」と尋ねると、「いいわよ」とうなずいて、「でも、中に出しては駄目よ」といいながら、強直した私のペニスに優しくと手を差し伸べてくれたのです。

愛媛の松山で看護師ドライブしながら

仕事で愛媛に毎週泊りで行っています。
毎週泊りという事で、何か楽しいことはないかと、居酒屋に出かけていました。
繁華街から少し離れた居酒屋で、30歳の看護師と知り合いになりました。
私が医療関係の営業をしていることもあり、病院ネタなど共通の話題があったことが、ナンパ成功の理由のひとつかもしれません。
松山を案内してほしいとお願いして、次回の出張時に会うことになりました。
もちろん、私には下心はあります。
彼女と大街道で待ち合わせをし、ドライブで松山を案内してもらいました。
彼女は看護師で、勤務が不規則でなかなか彼氏ができないという愚痴をさんざん聞かされていたので、少し強引でしたが、彼女をホテルに誘いました。
意外にあっさりと受け入れてくれた彼女は、まるでエッチに飢えていたかのように激しく私を求めてきたのです。
私も、彼女の求めに答えるように、激しく彼女を抱きました。

今でも彼女とは続いています。
ただ、恋愛関係ではありません。
私も彼女も、遠距離恋愛にはまったく興味がないのです。
ただ、お互いにエッチの相性があうという事もあって、会い続けています。
私が出張で愛媛に行くと、彼女が仕事終わりに車で迎えに来てくれ、ドライブします。
そして、愛媛のさまざまな場所のラブホテルに入ります。
「愛媛のラブホテルを制覇しよう」そんなことを冗談で言い合っています。
温泉もいっぱいあるので、個室を借りて温泉でも楽しんでいます。
この関係は、まだまだ続くことになりそうです。

こんな田舎で無料の出会い系セフレなんて・・・見つかっちゃった!?

私は三十路の童貞です。
高校は男子校だったし、今働いている職場も男ばかりで、これまで出会いがまったくありませんでした。
風俗に行くという手もあったのですが、どんな女の子が出てくるかわからないし、指名になると高い・・・貧乏性が災いしていけずじまいでした。

気づけば三十路も越していたある日、母から『あんたひょっとしてホモじゃないのか』と言われて衝撃を受けました。
『そんなわけないじゃないか!』と咄嗟に言い返しましたが、三十路にもなって女っけのひとつもなければそう思われても仕方がありません。

私は一年発起し、彼女を作るべく無料の出会い系サイトに登録しました。
が、ここは愛媛。四国のド田舎で出会ってくれる人などいるのだろうか?
変な人や美人局に騙されたりしないか・・・ドキドキしながらも気になった女の子に手当たり次第にメッセージを送りました。

登録から三日ほど経ったある日、なんと一人の女性から奇跡的に返事がきました。
彼女は23歳の看護師。同じ愛媛の病院で働いているとのこと。
プロフィールの顔写真もとても可愛く、私好みでした。

彼女と何度かメッセージのやりとりを繰り返していると、『実際に会って話してみたい』という返事が。
松山のスタバで待ち合わせして会うことに。

実際に会った彼女の印象は、プロフィール写真から受けるものとは若干違いました。
写真は色々加工できるので仕方がないことかもしれません。
けれど、彼女は十分に魅力的な女性でした。

なんだかいい雰囲気になって、その後はホテルに直行。
私は人生で初めて童貞を卒業することができました。

その後も彼女との交際は続いています。
今では互いの家に結婚前提で遊びに行ったりしています。
母も私がホモではないとわかってホッとしているようでした(笑)。

彼女はセックスの時もオタクっぽい私の要求に答えてアニメのコスプレをしてくれたりもします。
本当にいい彼女とめぐり逢えて幸せです。

愛媛の某大学生との出会いの思い出

私は大学で事務職員をしている28歳女性です。
大学間の交流イベントのために愛媛県を訪れたときに、現地の某大学でそのイベントに学生実行委員として参加していた男子大学生と出会いました。
彼は入学したての1年生らしく、元気いっぱい働いていて、私は若いっていいなぁ、まぶしいなぁと思いつつ遠目に眺めていました。
そんな彼らの働きぶりの甲斐あってイベントは無事終了し、打ち上げはお礼を兼ねて学生さんたちも招待し、一緒に楽しみました。
その宴席で私の隣に座った未成年の彼は、どうしてもお酒が飲みたいようで、しきりに私の飲むビールをねだってきましたが、偉い先生方もいる手前、笑いながらもかたくなに拒み続けました。
しかしながら1次会が終わって学生は解散しようというときにも、彼はまだお酒をあきらめきれていないようで、2次会を断り早々にホテルに引き揚げようとする私にしつこく付いてきました。
さすがにこれはお酒だけが目的ではないなぁと感じながらも、ちょっとした好奇心がはたらき、私はこっそり彼をホテルの部屋に招き入れました。
ホテルの自販機で缶ビールを一本だけ買い、部屋に備え付けのグラスにそれを注いで、彼に飲ませてみたところ、やはりというか飲みなれた様子で美味しそうに軽く一本あけてしまいました。
「だめな未成年だなぁ」と言うと、「だめな未成年をホテルに連れ込んでお酒飲ませたあなたはもっとだめなおとなだなぁ」と笑いながら返され、それもそのとおりだなぁと思っているうちにベッドに押し倒されました。
そこまではスムーズだったのに、押し倒した当の本人を見上げると余裕のなさそうな不安げな顔をしていて、それがなんともかわいらしく思わず抱きしめました。
10歳近くも年下の男の子に、壊れ物を扱うように触れられるのは本当に気持ちがよく、朝までゆっくり堪能しました。いい旅だったなぁ。