愛媛県にやってきた遠距離で出会った彼女

遠距離恋愛中の彼女が私のすんでいる愛媛県にやってきたのです。
凄く私のテンションも高く、この日は彼女とデートを楽しみました。

松山市の繁華街で手をつなぎながら歩き、すごくラブラブモードを全快させていました。

そして、夜は夜景を見に、松山総合公園へ行きました。
この日のデートは凄くいいデートになり、その日の夜は一人暮らしをしている私の家に彼女を上げて、一夜を共にしたのです。

ディープキスから始まり、彼女と結ばれたのです。
凄くいちゃいちゃするのがすきという彼女でしたが、いちゃいちゃしていると理性が吹き飛んでしまいます。

私は、彼女のおっぱいをもみ、ディープキスをしながら彼女のアソコなども思い切り愛撫するのでした。
彼女の「あんっ」という可愛い喘ぎ声に、私のモノも凄く大興奮し、早く入れたくなりました。

そして、彼女のナカへゆっくりと入れると、彼女のナカは凄く暖かく、すぐにイきそうになってしまいました。

この日はゴムをつけずに、生で彼女の温かさを感じたかったのです。
そして、彼女もまた、気持ちよすぎるといいながら凄く感じていました。

この日は何度も彼女と一緒に絶頂するほどの快感を味わっていました。

彼女はまた帰っていきます。
彼女が遊びに来た日は凄く短く感じましたが、ひと時の濃厚な日々をすごすことが出来てすごく幸せでした。

次は私が彼女に会いに行こうと思っています。
そして、今度はどんなセックスをしようか今から考えるのが楽しみです。

松山繁華街でナンパ成功


私はよく、地元愛媛でも人が多いといわれている松山市の繁華街、銀天街で、ナンパをしに行きます。

夕方頃になると、私は次々と女の子たちに声をかけます。
どれだけ断られてもめげることなく声をかけて回ります。
ナンパ慣れしてしまうのも怖いものですね・・・

そして、ようやくナンパが成功しました。
彼女は少しギャル系の女の子で、約束をすっぽかされて暇していたのだとか。

彼女と居酒屋へ行くことになり、彼女を良く見てみると、凄くスタイルがいいと思ったのです。
ウエストのクビレ具合が凄くいいとおもいました。

居酒屋で沢山彼女にお酒を飲ませ、酔った勢いで彼女をホテルへと連れ出しました。
私の頭の中にはもはや彼女とヤルことしか考えていなかったのです。

部屋へ入ると、一気に彼女の服を脱がし、予想以上に細いウエストや大きなおっぱいに凄く興奮してしまいました。
凄くキレイ・・・といいながら、私は彼女のおっぱいに吸い付き、乳首を舌や指で刺激しました。
そして、バックから挿入し、彼女のアソコはすでにぬれていたので、私のものがすんなりと入っていきました。

彼女の喘ぎ声は凄くエロく、可愛らしいものでした。
おっぱいをもみながらバックで激しく突き上げるのが凄く彼女も気に入ってくれたようでした。

その後も、いろいろな体勢で彼女の中に挿入し、彼女とのセックスを思う存分に楽しみました。

彼女とはそれっきりになってしまいましたが、凄くいい思い出になったと思います。

愛媛県で初めてのナンパ


会社の飲み会で松山市の居酒屋に行ったときのことです。
その時に私達のテーブルの近くに座っていた人がいて、飲み会の帰りに私はナンパされたのです。

一緒飲んでいた人たちとは別の方向だといい、隣に座っていた人の一人が私に話しかけてきたのです。
そして、ずっと隣の席から気になっていたことを言われ、私も飲み足りなくて一人でもう一件寄ろうとしていたので、丁度いいと思っていました。

彼とは居酒屋に行って凄くいい感じに盛り上がっていました。

そして、彼はノリのような感じでホテルへと誘ってきたのです。
私も彼のノリにのって、一緒にラブホに行くことにしました。

ホテルに行ったのはいいのですが、なんと私は初めての人があまりいい思い出がなく、少しトラウマになっていたのです。
そのことを彼に言うと、彼は、わたしのことを優しく扱ってくれました。
優しくしてくれたからか、ゆっくりとしたセックスをする事が出来て、彼になら身体をゆだねても言いと感じるようになっていました。

そして、彼に心を許すと、私は少しずつ激しくなるセックスにも、気持ちよく感じることが出来るようになって行ったのです。

彼とはその後、連絡先を交換したのですが、私からは連絡することが出来ずにいました。
そして、彼からも連絡はきません。

彼とは結局1度きりの関係で終わってしまったのです。
でも、彼とのはすごく気持ちが良く、いい思い出として残っています。

もしまたどこかで出会えたら、彼とセックスしたいなと思っています。

愛媛で見つけたセックスフレンド


愛媛県といえば松山市は四国でも最大級の都市なのではないでしょうか。
私は、地元愛媛ですが、松山市で活動することが多いです。
しかし、未だに彼女がいない私は、セックスフレンドでもいいから出会いが欲しいと思うようになっていました。

松山市で、出会いがないかと出会い系サイトで探していると、一人の女性からメッセージが来ました。
そして、数回メッセージをしたあと、彼女のほうからこれから会いませんか?とメッセージが来たのです。
出会って最短だったように感じました。
それでも凄く嬉しくて、私は松山駅で彼女と待ち合わせをすることになったのです。

写真をもらっていたのですが、写真よりも凄くきれいな彼女でびっくりしました。

彼女も私の印象を見て、凄く好印象を抱いてくれていたようです。
最初に軽く食事をして、お互いの緊張を解きほぐした後、私達はホテルへと向かいました。

彼女とは、その日は朝まで沢山エッチをして過ごしました。
ノーマルなセックスしかしていませんでしたが、私も彼女もそれだけで凄く満足でした。

彼女のナカは凄く温かく、それだけで愛を感じてしまうほどでした。

そして、朝には現地解散したのですが、次の日に彼女からセフレとして定期的に会いたいとメッセージが来たのです。
私は、正直あまり期待をしていなかったので、彼女からの予想外のメッセージに凄く喜びました。

彼女とは、つきに1度会ってセックスを楽しんでいます。
今後もこの関係が変わらないことを祈りたいと思っています。

松山での一度きりの関係


出会い掲載とで知り合った女性と、この日は初めて会うことになったのでした。
松山駅周辺で待ち合わせをしており、実際に出会ってみると、可もなく不可もないといった感じの女の子でした。
でもなぜか彼女にはフェロモンを感じたのです。

彼女の体型やしぐさなどから凄くエロいものを感じ、私は彼女をみるなり、やりたくて仕方が無くなっていました。
彼女を車に乗せると、そのまま人気のない場所へと移動し、後ろへと移動し、イチャイチャし始めたのでした。

私は今までにカーセックスをしたことは何度もあったのですが、彼女は初めてのカーセックスだったようです。
彼女は凄く緊張していました。

しかし、時間がたつと、どんどん彼女も自分をむき出しにし始め、私とのカーセックスを楽しむようになって行ったのです。

服を脱がし、彼女を裸にし、凄くいやらしい光景になりました。
車の中とはいえ、全裸になった彼女はすごく開放的になっていました。

彼女の全裸を見て、凄く興奮した私は、彼女のおっぱいに貪るように吸い付き、キスを沢山しました。

彼女も私の上に乗ってきて、自分から私のモノを自分の中に入れるなど、凄く過激に動き出すのでした。
彼女の腰使いが凄くエロく、私は大興奮してしまい、不覚にも思わず声を出してしまいました。

そして、そのまま彼女のナカで私は絶頂してしまうのでした。

彼女とはこれっきりの関係で終わってしまったのですが、今思っても彼女との時間は凄く満足する時間でした。

不倫相手とドキドキ温泉旅行


私には現在不倫している相手がいます。
彼には妻子がいて、私も人妻で2人の子供がいます。

彼は私よりも6つ歳が離れていて、紳士的な人でした。

私は紳士的で一緒にいて楽しい時間をすごすことが出来る彼にどんどん惹かれていったのでした。

主人のことは大好きですが、彼といる時間は唯一女になることが出来る時間でした。
そんな彼と、初めての温泉旅行に行くことになったのです。

彼と向かった温泉は、愛媛県の道後温泉です。

旅館に着き、部屋に入ると、私達は早速キスをしました。
私達はもう我慢が出来ないといった感じになり、部屋についていた露天風呂に一緒に入りました。
露天風呂でもいちゃいちゃしながらお互いに身体を洗いあっこしたのです。

夕食は凄く豪華な夕食を一緒に堪能し、食事とお風呂が終わって後はまったりと過ごしました。

布団に入り、テレビを見ながら食事を楽しんでいると、彼は私に密着してきたのです。
そして、私に抱きついてきました。
そのまま私達はキスをし合い、浴衣を脱がせ、お互いに裸になったのです。
私のおっぱいを思い切り吸い、私はただ彼の愛撫に感じるだけだったのです。

そして、私のあそこは凄くぬれていたので、彼のものをすんなりと受け入れていたのでした。

彼も私を求め、お互いに求め合い、凄く濃厚なセックスになりました。
セックスが終わった後は彼の腕枕で一緒に寝るのでした。

彼との始めての温泉旅行は、凄く幸せな時間で満たされていくのでした。

愛媛でナンパをした女の子とラブホでセックス


愛媛にすむ友人を訪ねに行ったときのことでした。
愛媛にすむ友人とは会える時間も限られており、ほとんどを観光旅行をしてすごしていました。

松山城を一人でブラブラしていると、一人の女性が歩いていました。
凄く美人で、私の好みの女性だったのです。
私は凄く興奮して女性に思わず声をかけたのですが、最初は無視されていました。

それでも私は彼女に声を掛け捲っていると、ようやく彼女は観念して私に話しかけてくれたのです。

時間も夕方になっていたので、一緒にご飯を食べることになり、居酒屋に入りました。
お酒の力も借りて、ようやく彼女と打ち解けるようになり、私は気がつけば彼女とボディタッチをしていたのでした。

彼女も私のボディタッチを嬉しそうにしていました。
そして、会話はどんどんエロい方向へと進み、彼女といい雰囲気になっていくのでした。

そして、ホテルへといき、彼女は若干緊張していたのですが、私はその緊張を少しずつ解いて行ったのです。
彼女の緊張が解かれたころには、エッチモードへと突入していました。

淫乱に乱れる彼女を見て興奮する私。乳首を指や舌を使っていじっていると、だんだん喘ぎ声がエロくなって行きました。
アソコを触ると、すでにぬれています。
クリトリスを責めると、彼女は凄くエロく喘ぎ始めます。
そして、彼女は私の指で絶頂するのでした。

それからもセックスは続いていき、最終的には何度も一緒に絶頂するのでした。
彼女とはまだまだやってみたいセックスが沢山あります。

そして、彼女もまた、私との関係をこれからも続けたいといってくれて凄く嬉しかったです。

愛媛県でナンパをした体験談


先日東京から仕事の出張で、愛媛県の松山市まで行きました。
松山は、愛媛県の中でも、凄く活気のあるエリアだと思いました。

仕事を終えると、散策もかねて松山の繁華街の銀天街のアーケード街を歩いていました。

街を歩いていると、周りには凄くかわいい女の子が沢山いるのを感じました。
そして、思わずナンパをしたのでした。

私がナンパをした女の子は、少し今時風の女の子で、おしゃれな感じでした。
「観光してよ」
と、ノリよく言うと、最初は困惑していた彼女でしたが、ご飯おごると言うと、「仕方がないな~」みたいな感時で案内してくれることに。
そして、彼女が行ってみたいと思っていた居酒屋に案内されました。

彼女と話していると、彼女は最近付き合っていた彼氏と別れたということを聞き、私は慰めながらも下心をむき出しにしていたのでした。

そして、彼女と一緒にホテルへと向かいました。

ホテルへ行くと、しばらく雑談を楽しみ、徐々に距離を縮め、セックスを始めました。
彼女は全体的にふくよかな体つきではありましたが、さわり心地が良く、キスも凄く上手く、フェラも凄く気持ちよかったのです。
私も彼女に責めに入ると、彼女のエロい喘ぎ声に凄く興奮してしまいました。

そして、いろいろな体勢で絶頂をしたのでした。

彼女とのセックスが忘れられなくなり、私は仕事の関係で愛媛に行くたびに彼女とセックスをするようになっていました。
彼女とはお付き合いしているわけではありませんが、いい関係を築いていると思っています。

愛媛のクラブでナンパした体験談


地元愛媛にある、クラブに友人と行ったときのことでした。
クラブに行くのは初めてではなく、何度か行っていたのですが、そのときはただ踊り明かすことだけを考えていました。

しかし、今回はクラブでナンパをすることになったのです。
友人は一度クラブでナンパをしてみたいといい、思い切り女の子にナンパをしていました。

「君、可愛いね!ライン交換しようよ」と、ストレートに言う友人を見て私はびっくりしました。
すると女の子も困りながらも「いいよ」といい、交換をしているのでした。
そのまま友人はナンパをした女の子と夜の街へと消えてしまったのでした。

私は、ひとりになり、取り合えず一人で踊り明かしていたのですが、そこで一人で踊っている女性を発見し、だめもとでナンパをしてみることに。
すると、待ってましたと言わんばかりに女の子も、私に抱きつき、突然股間を触ってきたのです。
「私を満足させてくれる?」
といい、キスをしてきたのです。

クラブと言う大勢の人がいるところで、突然私にキスをする彼女。
私は一気に興奮し、場所をかえてホテルに向かいました。

後ろから抱きつき、思い切り胸をもみ、アソコを触ったときには凄くヌレヌレになっていました。
立ちバックですぐに彼女の中に入れ、思い切り激しく突きまくりました。
彼女の激しい喘ぎ声が今でも忘れられないほどに、わたしはすごく興奮していました。

その後の彼女からのフェラも気持ちよく、さらにもう1ラウンドを繰り返すのでした。

愛媛県での出会い


就職してから3年がたち、愛媛県へ異動になりました。
愛媛の職場の社員寮があり、私はそこですごすことになったのです。

私のほかにも、何人かの同僚が同じ愛媛へと異動になり、1年の間、研修合宿をすることになったのです。

愛媛での生活もなれてきたころ、私は悪ノリで同僚と一緒に女子寮へと乱入することになったのです。

そこで私は同じ出身の女性と凄く意気投合し、身体の関係を結ぶことになったのです。

彼女も社会人になって同じ3年目で、私と同期と言うこともあって、意気投合しました。
彼女と話していると凄く楽しく、沢山笑いあっていました。
しばらくして、彼女がすむ部屋にお邪魔することになり、私達は性的関係を持ったのでした。

隣の部屋に聞こえないように彼女は声を殺して喘いでいました。
喘ぎたいのに喘ぐのを我慢している声を聞くと、さらに私は興奮を抑えることができなくなっていたのです。

それ以来、私達はお付き合いはしていないものの、性的関係を結ぶようになって行ったのです。
そして、私達の関係はほかの人には秘密にしています。

彼女とのセックスは凄く気持ちが良く、腰使いや喘ぎ声など、凄く興奮させられるものを沢山持っているのを感じることが出来ました。
彼女も私とのセックスに凄く満足しているようで、毎回セックスをするときには凄く幸せな気分に浸ることが出来るのです。

愛媛での研修合宿が終わることには、お互いにそれぞれの部署に戻るので、遠距離になってしまうのですが、それまでの期間は、忘れられないほどに幸せな時間をすごすのでした。

愛媛県の人妻とセフレの関係に


私は仕事がら、愛媛県には良く出張で出向いています。
そして、愛媛県によく出張で出向くので、セフレの女性が出来ました。
出張で愛媛に行くたびに、私は彼女とセックスを楽しんでいるのでした。

彼女とは、職場つながりの人だったのですが、愛媛県の勤務地でよく一緒になっていました。
そして、一緒に仕事をしているうちに仲良くなり、親密な関係になったのです。

一度彼女とセックスをして以来、私達は身体の相性がすごくいい事が発覚し、それ以来彼女とはセフレの関係になっているのです。
彼女は、結婚していて、子供もいる人妻なのです。
人の女性に手を出してしまったと言う事実にも興奮してしまいます。

彼女とセックスをするときには、コンドームは必須ですが、ゴムをつけていても凄く気持ちのいいセックスをする事が出来るのです。
もちろんゴム無しでしてみたいと思ったときもありました。
たまにゴム無しで挿入するときもあるのですが、彼女のナカが気持ちよすぎてそのまま中に出そうになったときもあります。

でも、基本的にはゴムをつけてセックスを楽しんでいます。

彼女のおっぱいは凄く大きく、ピストンをするたびに揺れるおっぱいが凄くいやらしく感汁のです。
そして、凄く感度が良く、この女性が誰かのものだと言うことを思うと、なおさら興奮を抑えきれなくなります。

私は、出張で愛媛県に来ると、定期的に彼女に会って、セックスを充実させるのでした。
不倫はよくないと思いつつも、興奮している自分もいるのでした。

クラブであったセフレの彼


20代半ばになって周りから「そろそろ結婚は?」なんていわれるようになるのですが、私には、彼氏がいないどころか、出会いすらもないのです。
愛媛の田舎のほうに澄んでいるので、なかなか出会いもなく、日々時間だけが過ぎていくのでした。

そんな中で、ネットで出会いを募集しているのに目が行き、私はその掲示板に書き込みをしてみることにしたのです。

愛媛にもクラブはあるのです。
そして、私はこのときが初めてのクラブデビューだったのです。

一緒にクラブに行きましょうと、掲示板の書き込みにあったので、掲示板の彼と待ち合わせをして一緒にクラブに行くことになったのです。
であった男性は、ビジュアルでは余りピンとはこない人でしたが、可もなく不可もなくといった感じでした。
彼は私を見て凄くかわいいといってくれます。
私はそれが凄く嬉しかったのです。

クラブは意外と楽しめるところでした。
私もはじけていて、お酒も入っていて気持ちよくなっていました。

そして、気がつけば、大勢の人の前で、彼とキスをしていました。
私達はそのままクラブを出てラブホへと足を運びました。

お酒の余韻のままに私達は一つになり、凄く濃厚な時間をすごすのでした。

彼とは連絡先を交換し、それからは時々彼からの連絡で、身体の関係へと堕ちていくのでした。

彼からの連絡は不定期で気まぐれに来るのですが、そんな連絡にいつも私は舞い上がっていました。
彼にとってやりたいときに呼び出すことができる都合のいい女だと思ってはいるのですが、それでも、私は彼のことを受け入れてしまうのでした。

愛媛県でのナンパ


私は地元愛媛県で派遣の仕事をしている派遣社員です。
仕事と家の往復につまらないと感じている中で、久しぶりに会う友人と女2人で愛媛県の中心部で一緒に飲んでいました。

すると、私達は2人の男性から声をかけられ、一緒に飲むことになったのです。
まったく知らないもの同士だったので、会話していてすごく新鮮な感じがしました。
男性2人も凄くノリが良く、話していて凄く楽しく、カラオケでも凄く盛り上がりました。

カラオケのノリで私はこのとき一人の男性とラブホに行ったのです。

そして、お酒が入っていたこともあり、思い切りはじけてセックスをしたのでした。

初めて会う人だったので、すごくはじけたセックスをする事が出来ました。
そして、身体の相性もよかったので、私は彼と連絡先を交換したのです。

この日以来、私は彼と定期的にあってセックスをするような関係になったのです。
彼は、セックス意外でも凄く落ち着いていて紳士的な人でした。
ノリのいい人だったので、チャラいひとなのかと思っていましたが、そうではなかったようです。

話していても凄く楽しむことが出来て、エッチも楽しむことが出来るので、私にとっては凄く理想な日とだなと思いました。

ナンパから始まって、セックスしてから始まった関係ですが、セックスをしたことをきっかけに結ばれた関係でもあるかなと思います。
彼とは今でも仲良くお付き合いしています。

今まで仕事と家の往復なったので、生活に潤いが出てきました。

出張したあの日をきっかけに


私は良く仕事で愛媛に出張をする事が多かったのです。

出張先の職場で、私はひとりの女性と出会ってしまったのです。
彼女は、最近派遣で入社した女性で、凄く初々しい感じの女の子でした。

職場ですれ違うと、彼女はにこっと挨拶をしてくれて、その顔が凄く可愛らしいと思いました。

彼女と何とかお近づきになれないかと私は妻子がいるにもかかわらず、そんなことばかりを考えるようになっていたのです。
ある日、彼女の歓迎会が開かれると聞き、なぜか私も参加する事になったのです。
出張で都内からきた私にも声がかかるなんて思いもしなかったので、意外な感じはしましたが、チャンスだと思いました。

彼女の歓迎会で、私は何とか彼女と近づこうと、頑張っていました。
そして、彼女の思い切って話しかけてみると、彼女も笑顔な対応だったのです。

飲み会後半になると、全体的にグダグダな状態になっていたので、私は思い切って彼女を連れ出し、ホテルへと向かいました。
彼女もまんざらではなかった様子。

そして、部屋へ入ると、私は彼女にキスをしながら、服を脱がしていました。
妻や子供のことは私の頭の中にはありませんでした。

彼女を抱きたいという気持ちだけが私の頭の中では大きかったのです。
彼女の服を脱がせると、体中を愛撫しまくり、バックから思い切り挿入し、激しく突き上げたのでした。

彼女は、次に出張に来たときにはまたしたいといい、私は彼女との次回のセックス燃やす即するのでした。

出張先の愛媛で先輩とセックス


私は、今の就職先で仕事をして、初めて出張にいくことになったのです。
先輩と一緒に出張先に行くことになったのですが、職場で出張先のホテルも予約してくれていたのです。

先輩とは、仕事の話もしたいからと、出張先ではほとんど一緒にいました。
そして、仕事が終わって先輩からご飯を一緒に食べないかと言われ、お魚が美味しいと言われている今治市へと一緒に行きました。
先輩に連れられて向かったお店は本当に美味しく、お酒を飲みながら仕事の話からプライベートの話へと進展して行ったのです。
余りにも盛り上がったので、もう一件別のお店に行き、その日はホテルの別々の部屋で休みました。

次の日も、仕事が終わり、部屋に戻ろうとすると、先輩から仕事の話があるから部屋に来て欲しいと言われ、私はなんの警戒もなく先輩の部屋へと行くのでした。

先輩の部屋に行き、いすに座ると、先輩も私の隣に座ってきて突然抱きしめるのでした。
先輩から抱きしめられ、凄くドキッとしましたが、嫌な気はしませんでした。
そして、そのままキスをし、先輩の手が私のおっぱいへと来て、アソコにも伸びてきました。

小さな喘ぎ声を漏らすと、先輩は私の服を脱がし始めます。
私も先輩にされるがままに裸になり、先輩とキスをします。

先輩のセックスは凄く優しく、スローセックスでした。
ゆっくりと愛を確かめ合うようなセックスに私は何度も絶頂に達するのでした。

この日以来、私は先輩と良く出張に一緒に行くようになるのでした。

出張先の愛媛県で同僚とセックス


仕事の出張で、私を含め、4人の同僚で愛媛県に出張に行くことになりました。
愛媛県は道後温泉で有名なところです。
私達は仕事が終わると、フリー時間でみんなで観光に行きました。

女2人男2人の4人で観光していたのですが、実は私は前々から気になっていた男性がいたのです。
彼と何とか2人きりになりたいと思っていました。

そして、チャンスがやってきました。
同僚2人が行きたいところがあるといい、私達が行きたいと思っているところと反対方向だったのです。
そして、私達は別行動をすることになり、お目当ての彼と2人きりになれたのでした。

彼と過ごす時間は凄く貴重でした。
そして、彼もまた私と2人きりになる瞬間を狙っていたと言います。
彼と近くの居酒屋で飲んだ後、流れるかのようにホテルへと入りました。

最初は緊張していた私達ですが、キスから始まり、おっぱいを触られると、私は自然と喘いでいました。
彼が私のアソコを触ると、凄くぬれているのが分かりました。
そして、正常位で私のナカに挿入してきたのです。
私のナカは凄くぬれていたので、すんなりと入っていきました。

そして、ゆっくりとピストンをし、彼のモノが私の中でどんどん大きくなっていくのを感じ、凄く気持ちよくセックスをする事が出来たのです。
終盤あたりには、私達は激しく乱れまくっていました。

私達は、これをきっかけに付き合うようになったのです。
そして、セックスを思い切り楽しむようになっています。