愛媛県の出会い系で知り合った人妻とセフレになる

 私は海運関係の仕事をしていて、愛媛県の今治に仕事でよく行きますので、今治にセフレがいます。セフレの彼女と出会ったのは今から半年ほど前のことで、取引先の人妻です。彼女は私がその会社に訪問したときもとても感じがよい女性でした。そしてある時飲み会があり一緒に飲む機会があったのですが、その時にとても仲良くなりそれ以降プレイベーとでも会うようになりました。

 そしてそれから3ヶ月ほど経ったとき一緒に食事しながら「これから僕のホテルに来ない?」と誘ってみるとあっさりOKが出ました。まずは別々にシャワーを浴びてからベッドインですが、人妻とセックスしたことはないのでさすがに緊張しました。彼女も緊張していて裸を見ようとするととても恥ずかしがっていましたがそれが逆に興奮を誘います。おっぱいを舐めながらアソコを触ってみると恥ずかしがりながらも気持ちよさそうに感じていて、結構濡れてきました。
 ここでコンドームを装着してゆっくり挿入します。最初は少し痛がっていましたので、ちょっとムリかなあ・・・と思いながらもう一度アソコに指を入れて気持ちよくさせてから挿入します。すると上手くいって気持ちよさそうに喘いでいました。大きめのおっぱいがゆらゆら揺れて、私も射精感が高まりドピュッと発射してフィニッシュしました。
 これ以降、私達は定期的に会ってセックスを楽しんでいますが、人妻とのセックスってとても興奮して充実しています。

文豪ゆかりの地で出会った淑女(愛媛の松山)

中学時代から文学に傾倒していた私にとって、夏目漱石の執筆した小説『坊ちゃん』の舞台、愛媛県の松山市は一度は訪れてみたい場所だった。

JR松山駅に昼過ぎに到着すると、駅前ロータリーで暇そうに客待ちしていた白塗りのタクシーに飛び乗り、山頂に松山城天守閣があることから、通称「城山」と呼ばれている小高い山へ向かった。

走ること約五分。
あっという間に山頂に到着してしまった。
「ここからは、歩いて下さい」
運転手に料金を払い、外に出ると、初秋の爽やかな風が頬を撫でていった。
(あっ~、やっと来れたな、松山に・・・・)
独りごちながら、市内の街並みを眼下に臨んでいると、天守閣の方へ向かっていく女性の姿が目の端に留まった。鍔広の帽子を被っていて顔は見えなかったが、淑やかな雰囲気を持った熟女だった。歩き方に品があり、後ろ姿にも楚々としたものを感じた。

城郭の中をあれこれ見て廻り、さきほど上がってきた坂道を下っていくと、日本の築城史上、大変貴重な遺構である「登り石垣」を食い入るように眺めている女性の姿が目に飛び込んできた。
(彼女だぁ!)
マスタードのカットソーボレロジャケットにオフホワイトのトリコットパンツを合わせている。腰まで伸びた黒髪が、吹きすぎる風に揺れている。誘蛾灯に誘われる羽虫のように、私は彼女の蠱惑的な魅力に吸い寄せられてしまった。
「豊臣秀吉の朝鮮出兵、でしたか?」
深呼吸をした私は、失礼は承知の上で、勇気を振り絞り声をかけてみた。
もちろん、松山に行くと決めてから頭に叩き込んだ付け焼刃の知識だった。
「ええ、朝鮮半島の防備を固めるために採られた石垣普請ですね」
事も無げに応えた彼女は、視線を石垣から離さず、さらに続けた。
「文禄・慶長の役で、当時の大名たちの侵攻の拠点として・・・」
彼女の講釈は、それから約五分が過ぎても終わる気配がなかった。普段なら、長広舌に辟易して踵を返しているところだが、彼女の見目麗しい瞳に、私は蛇に睨まれた蛙のように動けなくなっていた。
(何て美しい人なんだ・・・・)
「・・・・それで、山腹からの敵の侵入を防ぐという考え方は、中国の万里の長城に通じるものがあって・・・・」
延々と喋りつづける彼女の口許が、艶めかしい。人目がなければ、今すぐにでも吸いつきたくなるほどの色っぽさだ。豊かな臀部に股間が熱くなってくる。
「あら、ごめんなさい。長々と喋ってしまって・・・・歴史に興味はありますか?」
「ええ・・・・」
脇の下に冷たい汗が流れた。
「地元の方ではないですよね?」
「ええ」
「今日はどちらからですか?」
「北海道です」
「まぁ、わざわざ松山まで・・・・私の故郷へようこそ」
健康的な白い歯を見せながら微笑む彼女は、真由美と名乗った。

それからの展開は早かった。
遠方からの観光客を自分のセダンに乗せ、市内の方々を案内してくれた。道後温泉本館、正岡子規記念博物館、石手寺、坊ちゃんカラクリ時計などなど。道すがら、鍋でぐつぐつ煮込んだ柔らかな麺が特徴の鍋焼きうどんを湊町にある老舗「アサヒ」でご馳走になった。
「今夜は、どちらにお泊りですか?」
「ええ~と、ちょっと待って下さい」
そう言って、ズボンのポケットからくしゃくしゃになったメモ用紙を取り出し、
「ここですね」
そこには、走り書きで「別邸朧月夜」と書かれてあった。道後温泉中心街の一角にありながら、瀟洒な佇まいの隠れ宿だ。
「あら、素敵な場所にお泊りになるのね。地元の人間だから、まだ一度も泊まったことがないですよ。宿まで、送りますよ」
ハンドルを軽やかに操る彼女の横顔を見つめながら、私は決心した。
「今宵お暇でしたら、一緒に時間を過ごしてくれませんか?」
一か八かの賭けだった。ハンドルを握ったまま、彼女は暫く無言だった。

いよいよ旅館の灯りが見えてきた。
「じゃ、今夜だけは甘えさせて貰いますね」

旅の開放感に浸った男と、見知らぬ男に身体を預けた熟女が、お互いの欲望を心ゆくまでぶつけ合い、二人同時に絶頂への螺旋階段を舞い上がった。

愛媛でのエロエロな出会い

じぶんは現在28歳の男性会社員をしております。
これは今から十年前、つまり、自分が新入社員のときの話となります。
自分が勤めている会社は入後に半年間ほど名古屋にある社員研修センターで会社の常識や、会社が行っている仕事に関する基本的な知識やスキルを身に着けるのです。
それで寝床などは研修センター付属の社員寮で行います。
一言でいうのであれば、半年間ですが修学旅行、もしくは合宿のような生活を送ることになります。
当然ですが、女性と男性と別々に寮が設立をされております。
それで自分は同期入社の同僚といっしょに悪のりで女性の社員寮に足を運ばせてもらいました。
それで自分は関東出身の新入社員と性的な関係をもつことができたのです。
お互い高卒であり、学生気分などは全く抜けてはおりませんでした。
ゆえに若気のいたりの行動になってしまいました。
交際などはおこなうことはありませんでしたが、現在でも二人きりで食事をおこなうことがあり、その当時のことをネタにしていろいろと楽しんでおります。
このことは今でも知っている人はほとんどおりません。
現在でもそのことが発覚をしてしまうと大問題となり、自分もまとも仕事をおこなうことはできないと思います。
ゆえにそれだけ刺激的な経験をしたと思っております。
今でもそのことを思い出すと自分自身はほんとうに興奮をしてしまいます。
たまにですが、いまでもそういった刺激的な経験をしてみたいとおもっております。

ムラムラきて愛媛のクラブでナンパしちゃった!★

愛媛にある某有名クラブに友達と行ったら、タイプの女の子がいて、人生初!思い切ってナンパしてみた!!
「君、可愛いねライン教えてよ」回りくどいこと言えないおれは20歳前半ぐらいのエロい顔した女の子に話しかけた。
女の子は困り顔で笑いながら「いいよー」って。よっしゃと思ってライン交換した。友達がいたからとりあえずバイバイしたら、その可愛い子からラインがきた「今、どこにいるの?良かったら一緒に踊らない??」俺は友達がいたから「ちょっとしか一緒に踊れないけど、それでいいなら」って言って、その子の元へ行った。
近くで見るとまじで綺麗な顔したエロい雰囲気のある女の子だった。ムラムラした俺はとりあえず後ろから彼女を抱きしめて腰をさりげなく押し付けた。女の子は「ちょっと。。」って言ってたけど、聞こえないふりして胸も揉んだ。かなり大っきくて揉みしだくとさすがに驚いたのか「やだー」って言ってきたけど、嫌じゃなさそうだったから、しつこく揉んだ。そしたら女の子は怒ったのか「友達のとこ戻らなきゃ行けないんでしょう?
私も用事あるから、またね」って言って、去って行ってしまった。俺はさすがにもうだめかなって思ったんだけど次の日その女の子からラインがきて「ほんとはお持ち帰りされたかった」って!!女ってわかんねー!って思いながら、その日会ってラブホ直行!!俺はムラムラがとまらなくって部屋に入った瞬間、女を押し倒して服を脱がせた。女は「いやん」と身体を拗らせ嫌々としてきたが逆に興奮してしまって、すぐ勃起した。女のアソコが露わになると、もう濡れていたからすぐいれた。ガンガンについていたら女の方が先にイッて俺も後からイッて、その後フェラしてもらって、またガンガンついた。やっぱり愛媛某有名クラブまじチョロいわー。

立ち飲み屋で出会った女とその日のうちに……in松山

愛媛県の松山市は、街の規模のわりに飲み屋が多い。
その日は土曜日で、私は仕事終わりに、職場の上司と同僚と数人で飲みに出た。
楽しくない訳ではないが、週6日、ずっと顔を合わせて一緒に仕事をしているメンバーと飲みに出ても、新鮮味がなく、おまけに上司が居るということで、多少なりとも気を使わない訳にはいかない。
1件目の居酒屋だけ行って解散という流れになれば良いなと内心期待していたが、その日は上司がご機嫌で、結局、数件はしごすることになった。
上司は行きつけのスナックやらバーに、私たちを連れて行って、馴染みの店員に「俺は会社の若いやつらに、こんなに人気があるんだぞ」という風ないいところを見せたかったようだ。
ようやく解散したときは、深夜の3時を回っていた。私は酔い覚ましも兼ねて、歩いて帰ることにしたが、途中に20代前半の頃によく行っていた、安い立ち飲み屋があるのを思い出し、一杯だけそこで飲み直そうと決めた。

愛媛の立ち飲み屋は、サラリーマン向けというよりも、学生が好みそうな、安価で飲めて、それなりにおしゃれな作りのお店が多い。私が行ったのも、そういうお店で、週末はナンパスポットと化している。
土曜日とはいえ、さすがに3時を過ぎていると、人波は退いていて、店には男ばかりが4、5人居るだけだった。
ビールを一杯だけ飲んだら帰ろうと思っていたが、それまでにだいぶ飲んでいたせいか、お腹にたまり、思いのほか酒が進まなかった。私がビールに手こずっている内に、20代半ばの女がひとりで店に入ってきた。
女は常連らしく、店員に気安く話しかけられていた。女が私の隣の空いているスペースに身を落ち着けたので、軽く会釈をすると、酔っているのか、かなり人懐っこい感じで話しかけてきた。
「お兄さんこの店よく来るの?」そんな質問から始まり、「こんな時間まで何してたの?」なんて質問をされ、私はそれに答えながら、同じ質問を彼女に返した。
話している内に、彼女のグラスが空いたので、私は奢るからもう一杯飲むか? と聞いてみた。あまり美人ではなかったが、酔っていると女性に対してのハードルが下がるので、この時点でそれなりの下心があった。
彼女が素直に「ありがとう」と言ったので、私もぬるくなったビールを流し込み、お互いにもう一杯ずつ飲んだ。

店がラストオーダーを取り出したのをキッカケに、彼女の方から、別のところに行こうと誘ってきた。断る理由もないのでOKし店を出ると、彼女の方から手を握ってきたので、これはイケると確信し、私がこの時間に開いてる店は少ないことを理由に、ホテルで飲もうと提案すると、彼女はすんなり「良いよ」承諾した。
今まで飲み屋で知り合った人と、ホテルに行く経験は何度かあったが、初対面というのはさすがになく、「今日は私が特別ツイているのか、彼女がかなりのビッチなんだろうな」そんなことを考えながら、ラブホテルに行くと、エレベータに乗るなり、彼女の方からキスしてきた。
これは、かなりのビッチだな。そう思いながら、部屋に入るとシャワーも浴びずに、ベッドに直行した。

愛媛88か所めぐりで男性に出会うめぐり合わせ

私は休みを利用して88か所めぐりをしたことがあります。
当然すべてを回ることはできません。
自分のペースで少しずつ回っていました。
一度回ってみると感じることがあります。
みんな同じルートで回ることが多いので、結構同じ人に出会うということです。
しかも私は旅費を押さえるためにユースホステルなどに泊まっていたので、そこでは実際に88か所めぐりをしている人がたくさんいました。
そのときに実際気になる人が現れたのです、彼とは行動ルートが一緒でしたし、ホテルが一緒だったために自然に話をするようになりました。
そしてある時に疲れて話しているうちに彼の部屋で寝てしまったことがあります。
かれは優しく私に指一本も触れようとしなかった。
その誠実さに感動をしました。
それから彼が仕事の都合で、東京に帰るという日、私は凄く寂しくて彼の胸で泣いてしまったのです。
彼は私に優しくキス。
そして私はお願いをしました。
もう二度と会えなくてもいいから一晩一緒に過ごしたいということを。
彼はその私の気持ちを受け止めて優しく抱いてくれました。
彼は本当に優しかった。
エッチの技術とかは別としてその愛情に満足したという感じです。
それからわたしは彼に会えたらいいなと思いこともありますが、住んでいるところからの違いもあり、結局彼に会うことはできないでいます。
でもいいのです。
あの思い出だけでわたしは甘い思いに浸ることが出来るのです。
88か所で愛媛という場所で偶然い出会った場所ですが、彼に会えて本当によかった。

愛媛の混浴温泉での出会いエッチ

わたしが愛媛県を訪れたのは25歳の時です。
友人の結婚式があったために初めて愛媛の土地を踏みました。
結婚式があったところは道後温泉からほど近い場所。
2次会まで参加してホテルに帰宅しました。
このホテルは友人がとってくれたホテルであり、ほかにも何人かと待っているゲストがいましたね。
そのうちの一人と少し話をするようになったのです。
彼は道後温泉は何度かお堂れたことのある場所。
詳しいからこれから飲みに行きませんかと。
彼の誘いに乗って少し飲みに行くことにしました。
結婚式からのお酒が続きかなりいい気分でしたね。
そんな彼が道後温泉に混浴できるところがあるから一緒に行きませんかと。
彼に誘われるままに行って、混浴施設へ。
ちょっと恥ずかしかったけれど、ここまで来たら仕方がないという思いもあって、潔く脱ぎました。
彼とはお湯の中でいろいろな話をしました。
そしてお互いに背中の流しあいも。
その時に急に彼から背後から抱きすくめられたのです。
彼はとっても優しく、わたしの胸を揉みしだきました。
そして背後からその手は股間へも伸びてきました。
とても気持ちがよく、私は思わず足を広げてしまうほど。
誰か来た時に困るし、わたしは彼に後ろから指で攻められるままの体勢で、行ってしまいました。
そのあとに湯船に入って、二人で合体。
初めての混浴、そして初めての水中でもエッチで興奮しましたね。
混浴でのエッチなんてちょっとビデオみたいでドキドキしたし、野外だったので、更に気分が高まりました。

愛媛の大通りで無料でナンパ成功した体験談

ナンパをするのは趣味の一つでどんな地域でも成功させたいです。
以前は愛媛に行く機会があって時間を使ってナンパしてみようと思いました。
愛媛のイメージはナンパには向いていないというものです。
実際にその情報が確かなのか知りたかったのでナンパに挑戦しました。

まずは愛媛の人が多そうな場所に行って女の子を探しました。
狙うのは一人の女性で大人な雰囲気が重要です。
私はそういった相手をナンパして成功した実績が前にあります。
愛媛でも同じような感覚で行けば大丈夫だと思いました。

愛媛の大通りでナンパ相手を探すと何人かの良いタイプがいました。
その中でも魅力的だと思った女性に話をしに行きました。
女性はあまり驚いた様子ではなかったので慣れているような感じでした。
立ったまま声をかけたのでどこかに行こうかと提案しました。
するとあっさり大通りから喫茶店に入ることができました。

喫茶店では軽く話をして連絡先を交換しました。
しかし、私は次の日に故郷に帰る予定だったのでセックスまで行きたかったです。
そこで夜まで付き合ってもらってから相手の賃貸に入れてもらいました。
すんなりと希望に応じてくれた女性も食い気味だったので好都合でした。

ナンパのイメージがなかった愛媛ですが今回の体験は非常に面白かったです。
女性はセックスになると非常に貪欲で私が押されました。
その日だけの体験なのでお互いに燃えていたと思います。
激しいプレイを経験して全身には汗を掻いていました。
女性は胸を巧みに使ったプレイが得意で最高でした。
ナンパからその日のうちのセックスへの流れにはいつも興奮します。

私はよく愛媛のクラブでナンパされて出会ってしまいます

男性はよくナンパするときは軽そうな子に声をかけると言いますがそれは当たっていると思います。なぜなら私はよくナンパをされますし、実際普通の人よりも軽いからです。
服装も結構露出しているものが多くて座り方によっては下着が見えてしまうこともよくあります。そんな私はよく愛媛にあるクラブに行きます。
愛媛にはあまりクラブがないので私がよく行くクラブにはナンパ目的の男性がたくさんきます。
私は音楽を楽しむためにクラブに行っているのですが、正直男性から声をかけられることも期待しています。
だんだんお酒も入ってくると開放的な気分になって結構派手に踊っているのですが、そういうときに大体男性は声をかけてきます。
クラブの中はあまり明るくないので相手の顔がはっきり見えることもなく、多少自分のタイプじゃなくてもお酒の力もあってついつい誘いに乗ってしまいます。
クラブに来る男性はノリが良くとても私を楽しませてくれるので、そういう男性はどんどん声をかけてきてほしいと思います。
大体はナンパされるとそのまま一緒に踊りクラブが終わった後に飲み直すために居酒屋に行ったり場合によってはホテルに行ったりもします。
私が印象に残っている男性はナンパしてきてろくに会話もせずにすぐにホテルに行こうと言う人はいました。すごいストレートな人だなと思っていましたがその男性はとてもかっこよくてスタイルもよくモデルみたいな人でした。
普段ならそういうナンパは相手にしないのですが彼はとても魅力的だったのでついていってしまいました。
セックスもとても上手で彼とはセフレの関係になったのですが、彼のようなかっこよくて男らしい男性が増えてくれるといいと思います。

出張の際に愛媛で出会いナンパをした

先日東京から松山まで仕事の関係で行きました。
松山は人口50万都市だけあり、活気のあるエリアだと感じました。
そして、私は仕事を終えた日に観光がてら、松山の繁華街の銀天街のアーケード街を歩いていました。
そこで感じたことと言えば、松山は結構カワイイ若い子が多いという事です。
比率で言えば、東京よりも高いのかもしれません。

そのため、私はいつもの癖でついついナンパをしてしまいました。
私がナンパをしたのは、暇そうに一人で歩いているキャバ嬢風の子です。
身長は150ちょっとで、明るいオレンジの髪の毛をしています。
お世辞にも、綺麗な子ではありませんでしたが、ふくよかでエロく感じました。

私「何してんの?ナンパ待ち?」
彼女「いきなり 何w」
私「おれ東京から来たんだけど、分からないから案内してよ」
彼女「ええ、知らないし、」
とこんな感じのやりとりを、5分ほど続けた結果彼女に案内してもらえる事になりました。

そのため、彼女に地元で人気のある居酒屋につれてってもらい、一緒に飲むことにまで成功しました。
居酒屋で話をしていて分かったことは・・・
彼女の職業、キャバクラ嬢
出身地は香川県で、去年松山に来たらしい
それ以外は、最近恋人と別れたという事

それを聞いてからは、私は行ける!と確信してひたすら口説きまくりました。
結果を言えば、その2時間後には二人で郊外のラブホに来ていました。
ラブホでは、いきなりギラつかずお互いに仕事の話をして、距離を縮めていきました。
そして、その後二人で一緒にシャワーを浴び、二人仲良くベッドに入りました。

彼女は小柄な体系でしたが、胸がEカップあるらしく裸体を見ただけで、私の息子が元気になりました。
それから、胸を愛撫したり吸い付いたりすると、彼女の幼い喘ぎ声が聞こえてきます。
「いやああ やめてええ」 「あああ」と声が漏れます。
そして、チンコをインするとバック、正常位、駅弁などを試し、私たちは3回戦まで戦い朝を迎えました。
次の日は昼には空港に行かないと行けなかったので、彼女にお別れをしてエッチ後のつかれきった状態で、
帰京の準備をしたのは辛かったですね・・・

~エロい出会い~愛媛で虚しい代償

愛媛に仕事で半年ほど滞在していた時の話です。
たまたま入った喫茶店。素朴ななのに綺麗な顔立ちの彼女と出会いました。
彼女会いたさに少しずつ通う回数が増え、毎回来る私に気づいた彼女とも会話が増え始めました。
ある日ファミレスで彼女を見かけると、如何わしい男に彼女は頭を下げています。
彼女は私に見られていた事に驚いていましたが、彼女昔の男が踏み倒した闇金を返していると打ち明けてくれました。
私が貸すことを申し出ましたが迷いながらも彼女は断りました。
それでも何度か申し出ると「必ず返すので」と全額彼女に貸すことに。それで闇金には完済となりました。
毎月5万ずつ彼女は返してくれました。彼女とは時々食事をするようになり、私の方はどんどん彼女にのめり込んでいました。
でも半年ほど経ったある日、愛媛からいきなり本社へ戻ることに。
その事を彼女に話すと、毎月振り込むのでとお金のことを話します。
少しがっかりした私は意を決して「離れるのは寂しい」と彼女に好意を打ち明けました。
もちろんここで働くしかない彼女は断るしかありません。
それでも一度だけ最後に彼女と遊びに行くことになり、松山市街で彼女おすすめの名所を回り、夜は南堀端町の少し高いお店でお酒を飲みながら食事。
酔い覚ましに寄った公園で彼女は私の家に行きたいと言いました。「あなたの最後の思い出と私の借金を交換しませんか」と、、
少し心が痛みましたが、このまま愛媛を離れる私には選択肢はありませんでした。
無機質で何も無いマンションで彼女の身体はより生々しく見えます。そんな彼女への想いをせめて優しく終わらせようと思いました。
最初は優しく重なり合っていたものの彼女はどんどん私に奉仕してきます。申し訳無さのサービスなのでしょう。
そんな彼女を離し「いいから」と私の方から攻めていきました。優しく優しく彼女の中を愛撫します。彼女は感じてくれていました。
そんな彼女を見て興奮が抑えられず自分自身を合体します。優しく優しくと自分に言い聞かせ続けないと本能のまま突き続けそうです。
いつしか互いに相手を求め合い、何度も何度も行為を繰り返しました。私は彼女に自分の好意を身体で表します。
彼女は私に気持ちを奪われるのを拒んだのか「もう返せましたか?」とあえて突き離すような事を言います。
私は「まだまだ返していません」と続けます。彼女の身体から離れたくない気持ちを感じました。
翌朝目がさめると彼女の姿は無く、「ありがとう。さようなら」というメモだけが残されていました。寂しい別れでした。

妄想で出会い欲望を満たす最高の自慰行為

 これは、いつも私が自慰行為(手淫行為)をする際に心掛けていることです。私の場合、自慰をする際は妄想することが非常に多いです。妄想と言っても、エロ画像を見ながらの妄想をすることが多いです。
エロ画像ですが、私の場合は巨乳で且つグラマーで高身長な女性の写真やイラストを見ると興奮してしまうので、それらをみながらの手淫行為となります。
これらを観ながら、自分がそのキャラクターとセックスをするする場面を妄想しながらの行為は堪らなく好きです。グラマーな女性を抱くのが好きであり、実際にそういう女性を抱いたことが在ります。
手淫行為をする際、私はネットで知ったある「オナニー専門の特製ローション」を使います。
そのローションですが、水に弱いですが、比較的ネットリとしていて良い匂いがするので愛用しています。「このオナローションは、勃起した男性器を元気にします」とネットで紹介されていたので最初は興味本位で購入し、最初の内は効果が発揮されているかどうかは不明でした。

 ただ、そのローションを使っていて暫くすると男性器が元気になっているのを実感しました。そのローションに含まれている成分のおかげかもしれませんが、手淫をする際の良きパートナーとして愛用をしています。
また、私は興奮する妄想としては、筋肉ムキムキで爆乳の女性のイラストを見て妄想手淫をすることです。そうすることで、性的な興奮が増して尿道球腺液がドバドバと分泌されて興奮して絶頂し易くなるので手淫する際は心掛けています。
それにしても、高身長で爆乳且つ筋肉ムキムキでボーイッシュな顔の女性というのは、なぜか私は好きでたまりません。