スワッピングで憧れていた先輩の彼女とエッチ

僕は、23歳です。
僕は彼女とは、5年間付き合っています。
一緒にいて、楽だし、好きです。
しかし、ずっと密かに、憧れている女性がいました。
それは、僕の親しい先輩の彼女です。
綺麗な身体、長いサラサラの髪、
細長い美しい脚と魅力的でした。
遠くから見ているだけでした。
一度エッチしてみたいと何度、過去に妄想した僕がいた事でしょうか。
そして、この間、思いがけず、チャンスがやって来たのです。
夢なのではと疑いました。
そう、先輩達からスワッピングに誘われたのです。
スワッピングなんて初めての事でした。
僕たちもマンネリだったし、何より、先輩の彼女と出来るチャンスを見逃すことは出来ませんでした。
計画は進み、先輩宅へ僕の彼女と行きました。
先輩の彼女が優しい微笑を浮かべて、僕達を待っていました。
ワイングラスを先輩の彼女から渡されました。
ワインなしでも、酔ってしまいそうでした。
それぐらい、先輩の彼女は妖麗な女性でした。
僕は先輩の彼女に促さられるままに、先輩の彼女の脚を触り始めました。
優しく先輩の彼女に僕の頭を撫でられながら、先輩の彼女の脚を舐めて行きました。
僕が、先輩の彼女のあそこにたどり着き、舐めると、なんともいやらしい声を上げてくれるのでした。
僕の彼女は彼女で、先輩に身を委ねていました。
僕達の存在している空間は、エロスでいっぱいでした。
次第に、着ていたものを全て脱ぎ去り、僕達は乱れて行きました。
憧れていた先輩の彼女の身体、いやらしさは、最高でした。

オススメ出会えるサイト一覧↓
Jメール
PCMAX
YYC
ワクワクメール
ハッピーメール
メルパラ



シェア!