最初に次郎と部長婦人が……

次郎は、明美夫人のふくよかな肉体の愛撫をつづけ、彼女の泣き所をみつけては指で、また唇で、そして舌の先で、くまなく刺激をくわえていきました。
明美の白の下着が尻のあいだにはまりこんで、Tバックのようになっています。次郎がその尻の奥の方にもりあがる軟らかなふくらみを指の腹で何度もなでさすっているうち、
その布地がしだいに湿り気をおびはじめ、そのうちあてがう彼の指までがびっしょり濡れるまでになりました。これまで距離をおいてしかみることのなかった部長婦人の肉体が
いま、じぶんのまえでその肉の扉をひらこうとしているのでした。
次郎が一挙に婦人から下着をはぎとったのは、彼女の快感がほぼ頂点にたっしたときでした。すでに何度もイッていた彼女の口から「入れて」とせがむように言うのを彼は聞きました。
はぎとられた下着の下から、真っ黒にちぢれた体毛が出現しました。すでにそれはぬるぬるとした粘液に泡立つまでにまみれていました。そしてその舌では、ただ次郎の進入をまつば
かりとなった局部がぽっかりと口を開いてました。
次郎は、下になった婦人のあしをもちあげると、それをひらいて自分の両肩にあてがい、そうして腰を彼女のふともものあいだに割りこませました。そしてすでに屹立しているじぶんのもの
を、夫人の局部にあてるとかれは、しばらくじらすようにそのあたまで軟らかな襞の周囲をなでまわしました。ときに襞のなかにおしこまれたりするたびに、夫人は不規則な吐息がもらすと、
抑えつけられ、ひろげられたあしを、なんどもはげしく曲げ伸ばししては彼の体を宙に浮かせるのでした。
下から夫人が、じらされきって、恨みがましく睨みつけるのを、次郎は刺激にみちた気持ちで見下ろしました。

オススメ出会えるサイト一覧↓
Jメール
PCMAX
YYC
ワクワクメール
ハッピーメール
メルパラ



シェア!