最後は夫婦で

私のきくにたえないような声に欲情をかきたてられたのかTは、逆さまの私を抱き抱えたままやにわにその場にたちあがりました。
彼の全身の筋肉がそのとき波打つように躍動するのが私に伝わってきました。
私の顔のまえにちょうど、彼の屹立したものがありました。私はそれを口にくわえ、いま彼にされていることとおなじことを、やりかえしました。
それほきっかけにして彼の舌の愛撫はいっそう強まりだし、私の口のなかで彼のものがはちきれんばかりに固く膨張するのがわかりました。
私のはりあげる喘ぎ声が頂点にたっしたとき、彼は私をひとまず下におろすと、こんどは両脇に腕をこじいれて、ふたたびかかえあげたとおもうと、私の腰とじぶんの腰のあたりに私の腰をあてがい、そのままずぶりとじふんのものを私のなかに突き入れました。
余りの事に私は身をそりかえらせ、全身を貫く熱い快感に悲鳴にちかい声をあげていました。
彼は俄然、猛烈に私の体を上下にゆりうごかしだしたので、密着した二人の体がはげしく摩擦しあったあげく、とうとう私の中で火花をちらしました。
私は泣きわめき、髪をふりみだして、Tからあたえられる快楽をむさぼりとろうとして躍起になって彼の肌に強く爪をたてました。
とつぜん、これまでちがう感触が私の中にはいってきました。みると、夫が背後から私の腰をだきかかえ、猛烈に腰をふっています。Tと私の行為をみているうちに、やもたてもいられなくなったものとおもえます。
私は腕をうしろにのばして、夫の手をにぎりしめました。
興奮しながらも夫は、さすがに息ぎれがしてきたのか、なんどかその場で動きをとめては、大きく息をつぎました。
すると、Tが彼に変わって私につきいってきました。若く、力強い攻撃に、私がイキそうになると、すばやく彼は夫といれかわり、その夫の数回の突入によって私は絶頂をむかえ、同時にマックスに達した夫とともども、なかよくイクことができたのでした。

オススメ出会えるサイト一覧↓
Jメール
PCMAX
YYC
ワクワクメール
ハッピーメール
メルパラ



シェア!