最高のカーセックスとは

私はカーセックスがとても好きです。

これまで経験してきた中で一番気持ちよかったことですが、私は女性の車の中でひたすら女性を抱き続けます。
女性がもだえている姿はとても最高です。
女性がひたすら私の陰部をなめてくれます。
狭い車の中で二人だけの空間で女性がひたすら陰部をなめる姿はまさに、男として最高の気持ちを味わえます。
そして、女性はひたすら乱れまくっているのです。
ある夏の日でした。
エンジンを切って、近くのスーパーの駐車場で、知り合った女性の車の中でいつものように下半身だけ脱ぎ女性にしゃぶらせておりました。
女性はむしゃぶりつきながらひたすらくるっておりました。
もちろん夕方とはいえ、夏であったことからエンジンを切ってするため、お互い汗だくになってきます。
しかし、そのしょっぱい汗もさらに興奮度を上げてくれます。
興奮するあまり、お互い何の汁がどこに出ているのかわからなくなるぐらいの状態でした。
そして、女性がひたすら口で激しくなめ続けている最中に、その女性の携帯電話がなったのです。
女性の母親からの電話でした。
密室であり、女性の母親の声が聞こえてきたのですが、そのときだけは女性は平常心を装って電話しているのです。
私が電話している女性をみつつ、のんびりしていると、女性は私が暇をしていると思ったのか手で私の陰部をこすっているのです。
電話では平常心で母親としゃべりつつ、車の中では手で陰部を触り、私のテンションを維持させようとしているのです。
そこで私は女性の顔を陰部に持っていき、電話をさせつつ、口でさせておりました。
この光景は最高のなにものでもありません。
女性は平常心を維持るために普通に声をだしながら口にくわえているのです。
そして私が女性の陰部をこすってあげると息が乱れながらも何とか電話をしているのです。
女性は電話が終了するとすぐさま私の上にのり、ぐちょぐちょになった陰部を押し付けてきます。
狭い車の中だからなおさら汗や汁でまみれており、卑猥な匂いが車の中に充満しております。
もちろんお互い風呂に入らずに燃え上がっているのですから、匂いはとても卑猥です。
その女性も私もその匂いをお互いかぎながらテンションをあげて車を揺らしているのです。
正直狂った生き物と化しております。
燃え上がるセックスはやはり密室に限ります。
車の中でやれることはすべてやるのです。
時間を気にせずやりつづけることでお互いすべてを出し尽くすのです。
これほど最高のセックスはありません。


ナンパをした女性とカーセックス


この日は仕事も休みで隣の県までドライブしていました。
夜になり、車を近くに止めて公園に立ち寄ったのですが、ここの公園に立ち寄ったのには理由があったのです。

私の友人は、よくこの公園に来て女性をナンパしてホテルに連れ出すのだそうです。
そんなにも、女性をナンパすることができる確立のある公園なら、一度入ってみたいと思ったので、ドライブの閉めにと、一人でブラッと訪れてみました。

すると、夜の公園だと言うのに、男女が沢山いたのです。

景色もよく、男女がまったりすごす場所としてはすごくいい雰囲気の場所です。

一人でいる女性もいて、私は思わず声をかけたのです。
すると「私今一人で暇をもてあましているの。相手して」と、女性のほうから言い寄ってきたのです。

願ってもない幸運だと思い、私は、彼女を車へと連れて行ったのでした。

この辺にいいホテルはないかと、考えていると、彼女から私にせまってくるのです。
私はさすがにびっくりしてしまいました。

「そのつもりで誘ったんでしょ?」
「ホテルまで我慢できない・・・」

彼女は、私の股間を触り、ズボンのチャックを下ろします。
そして、私のモノを思い切りしゃぶりつくのでした。

私も、彼女のアソコを触ると、もうベトベトに濡れていました。
指を入れると、すっぽりと入っていきます。
しかも、一気に軽く3本の指が入ったのです。

「指じゃ物足りない・・・あなたのおチ○チ○入れて欲しい・・・」

私は、彼女の甘い誘惑に、理性が崩壊しかかっていました。
そして、言われるがままに、彼女の中へと挿入します。

私の腰使いに、激しく説教する彼女。
そして、彼女もまた、自ら腰を振り始めます。
私は彼女の腰使いにすごく気持ちよくなり、すぐにイってしまいました。

彼女もまた、イってしまうのですが、少し動きが止まったと思ったら、また腰を動かし始め、イってしまうのです。
私も彼女も、気持ちよすぎてとまりません。

周りから見たら、きっと車の中でセックスしているのが分かっているように思います。
車がギシギシと動いているのを感じていたので・・・

それでもお構い無しに、私と彼女のセックスは止まることがありませんでした。

気がついたら、私も彼女も、気を失ったかのように寝ていました。
そして、お互いに目が覚めて、そのままお別れをしたのですが、ナンパをしてこんなにも激しいセックスをしたのは生まれて初めての出来事でした。

しかも、車の中でのセックスも初めてだったので、こんなに興奮するものだったんだなと感じました。