有名女子大生とセフレになった体験談

飛騨牛を求めて、岐阜県に遊びに来たときのことです。
岐阜県の観光スポットに、飛騨牛を堪能しに来たのですが、そこでは、飛騨牛まんや飛騨牛の串焼き、飛騨牛コロッケ、飛騨牛の握りずしなど、気になるような食べ物が勢ぞろいだったのです。

私は全制覇をしたいと思いながらも、どこから行こうか迷っていると、一人の女性観光客らしき女の子と出会ったのです。

私は声をかけてみました。
すると彼女は行きたいお店があるけど、どこにあるのか探していたといいます。

私は彼女の持っている地図を見ながら一緒に探してあげることにしたのです。

その道中、ずっと会話をしていたのですが、彼女との会話は思いのほかすごく盛り上がり、流れで彼女と一緒に観光を楽しむことにしたのです。

彼女は実は岐阜県が地元だといい、普段は某有名大学に通う女子大生なんだとか。
地元なのに、県外の人から道案内されるなんて恥ずかしいと、少し照れていました。

某有名大学と私の住んでいる家が近いこともあり、彼女が都内に戻った時にはまた会いましょうとアドレスの交換をし、私たちはお別れしました。

そして、都内の駅前で、私たちは再会したのです。
その時もすごく会話が弾んでいたのですが、彼女から突然ホテルに行きたいと言われたのです。
日常に刺激が欲しく、セフレが欲しいと思っていたようで、私は逢って2回目でセックスをすることになったのです。

若い子のお肌はすごくすべすべでハリがあって興奮してしまいました。

そして、彼女の念願どおり、私は彼女とセフレの関係になったのでした。