札幌の某高校の同級生をナンパする、

札幌の某高校の3年生の時に、チョット気になっていた同級生のN子と偶々帰りが一緒になり、帰りの電車に乗って別れてしまう前に、「お茶でもしようか」、と言って聞いてきたらOKの返事があったのでファミレスで彼女の好きな甘いものを戴きました。 

話をする内に歌が好きなようで、よく家族でカラオケに言っているという。 其れではというので、ファミレスを出てから「すすきの」にあるカラオケ屋にいきました。 驚いたことに西野カナの「トリセツ」なんかの歌など平気で歌っていました。

その後、何回かのカラオケの後で初めてキスをしました。 彼女は始め硬い表情でビックリしていたようですが、優しくしてやるとチャンと受け入れてくれました。 そして、こうなれば彼女と身体の関係になるのは時間の問題とも思いながら、実際に彼女との初エッチをする時は何処でしようかと考えたところ、思い切って「今日は俺んちへ来ないか」、と誘って見たのです。 

K子はキスの効き目があってか直ぐに承知してくれたのです。 普通に考えて、男性の家に彼女を誘って、若しもOKだったらエッチもOKということになるでしょう。 そんなN子を初めて自分の部屋に入れたのです。 

両親は共稼ぎなので気兼ねなく話もできるし若しかしてエッチも出来るかもしれないのである。 初めのうちは、いつも通りに話をしたり、お茶を飲んだり、お菓子を食べたりしながらしていたが、「君って、正直俺のことをどう思っていたの・・?」と聞くと、「何となく気にはなっていたのよ」という。 其れを聴いて、改めてキスをしながら短いスカートを捲って太ももあたりを擦ってやった。

彼女も俺に抱きついてきて後は夢中になって二人は抱き合い、そして遂にN子と一体になったのです。 俺の硬くて大きくなったものをソッと中に入れてやつと、「あああ、 チョット痛いわ、 優しくね」などといながら、腰を盛んに使ってくる。

俺も夢中になって、「おおおお、気持ちいいよ、 お前の いいよ、 おお、 気持ちいいよ」といいながら、上になりながらN子の唇を噛むように奪うと、彼女は俺の背中に爪を立てるように抱きついてきて、「あああ、氣持ちいいいわ」、でもその時、N子は 「中に出してはダメよ・・!」という。 しっかり者の彼女で俺も動画などを見ていて一応知っていたので、N子のお腹の上に白いものを出したのです。

その後はメールでやり取りしながら、時々、セフレ関係を卒業するまで続けたのでした。