札幌駅で出会ったTちゃん

私が札幌に行ったのは学生時代の暑い夏の日でした。避暑地として北海道を選んだのですが、そのもう一つの目的が色白美人を見るためであったのは言うまでもありません。
札幌駅に着いた私は、これがあの有名な時計台かあと10秒くらい感慨にふけり、観光もそこそこにあの古臭い建物に背を向けて女の子を探したのでした。
そこで目についたのがTちゃんです。彼女も旅行中らしく大きなスーツケースを抱えていたので、道を尋ねるふりをして声を掛けました。いい感じで意気投合した私たちはそのまま一緒に街を散策し、夜は自然な流れでホテルへ。
後から知ったのですが彼女は読者モデルをやったこともあるそうで、背は普通くらいなのですがいわゆる現代的な美人という感じでそう言われてもなるほどと思えるくらいのルックスではありました。
しかし彼女、自他ともに認める俗に言うビッチというやつでその外見に惹かれてやってくる男をとっかえひっかえしているしているということ。自分も見事にそれに引っかかった一人です。
彼女は自分でビッチというだけあって、エッチにも非常に積極的でした。私が何も言わなくてもまず竿を舐め、そのまま喉の奥まで使って丁寧にしごいてくれます。挿入のときは受け身でなく自分から腰を振り、私もこんなに可愛い子を相手にしているわけですから興奮は最高潮。あっという間に一回戦は終了し、二回戦、三回戦と夜が更けるまでTちゃんとの情事を思う存分楽しみました。