松山市に住む女子大生と

私は、もう三十路を過ぎているのですが、結婚はしていません。
そして彼女もいない寂しい生活を送っています。
サラリーマンとして平凡な仕事生活を送っていますが、仕事はそこそこ楽しいです。

夜になり、寂しくなると、私はエロい動画を見て発散させています。
こんなこと、実際に出来たら凄く気持ちいいだろうなと思いつつ、出会い系サイトに登録したのです。

思い切って「週末に会える女の子」と書き込みをしてみると、一人の女性からメッセージが来ました。
彼女は地元愛媛の松山市の大学に通う女子大生でした。
人肌恋しいので週末に会ってくれる人を探していましたとメッセージが来て、私達は逢ってみることにしたのです。

お互いに写真を交換し、週末の夕方に会うことになったのですが、彼女は写真よりも正直凄くかわいい女の子でした。
凄くかわいくてキレイな女の子を目の前に、本当に私でいいのか少し申し訳なく感じましたが、彼女も私を見て凄くいいといってくれました。

人目につかない今治市までドライブに行くと、ホテルに入り、2人きりになりました。

そして、彼女のほうから私の服を脱がして行きます。
私は凄くドキドキしていました。
そして、彼女自身の服も自分で脱ぎだし、彼女のはだかを見た瞬間、理性が爆発しそうになったのです。
私は思い切り彼女に抱きつき、キスをし、おっぱいを貪るようにしゃぶります。
彼女のあえぎ声も凄く色っぽく、彼女のふぇらをしている姿も凄く淫乱で興奮したのを覚えています。

そして、この日は人肌恋しいもの同士、貪るように激しく求め合うのでした。