桃子と日南海岸をドライブしたそのあとの事

宮崎に転勤して2か月周りの環境にも慣れてきた。営業関係においては、得意先を回るにもまだ地理が不案内なところがあるが、職場やアパートの近辺の生活空間はだいぶ分かって日々の暮しには余裕が出てきた。
今日の休みは会社の桃子に頼んで日南海岸方面を案内してもらった。助手席に桃子を乗せて青島や日南海岸に車を走らせた。昼前に出発して、途中お昼を食べ午後からは時折車を止めて散歩したり、景色を眺めたりした。
俺は観光より桃子目当てだった。転勤してから、闊達で顔も可愛い桃子が気に入っていた。桃子も何かと俺に話しかけてきたり気があるとまでは言わないが世間話などしても話が弾んでお互い楽しかった。
散歩のとき手を取っても何も嫌がる素振りが無いのでそのまま手を繋いで歩いた。桃子はデニムのショートパンツに上は淡いブルーの総レースのカーディガン、中にTシャツを着て長いすらりとした足が眩しかった。
海岸線に立ち暗くなった海を眺めながら桃子にキスを試みる。受けてくれるか少し緊張したが桃子は目を閉じて俺のキスを受けてくれた。
俺は唇を離すと桃子の髪を撫で桃子は俺の胸に顔をうずめた。俺は桃子を押して体を離すと桃子と目を合わせて、今日俺と寝てくれないかと言った。桃子はどうしようかなと言って、頷く代わりに俺の手を取って、左横にぴったりとくっついてにっこり笑った。
俺は帰り道でモーテルに車を入れる。モーテルに入って濃厚なキスをした。お互いに舌を絡めて桃子の力が抜けるように体が揺らぐ。シャワー浴びるわ。
桃子の後にシャワーを浴びて戻ると桃子は目を閉じて、バスローブを着てベッドに寝ていた。俺は桃子の横に滑り込んでまた桃子にキスをする。
バスローブの前をはだけると露わになった白い乳房に接吻した。ああん桃子から声が漏れた。