歳の離れた相手とスワッピング!

主人は最初は冗談半分でした。
若い夫婦とスワッピングができたら、私も発奮するんだがね。と、私のほうからスワッピングをもちかけると、笑いにごまかして言ったものでした。
もう少しで70に手がとどきそうな彼にしてみれば、案外本音がその言葉の中にまぎれこんでいたのかもしれません。彼より10歳若い私ですが、求めてもむだなことがわかっているので、
久しい間肌を交えるということはありませんでした。歳も歳なので、主人もすっかりあきらめているのかとおもいのほか、ふとしたおりに、もう一度肉体がもえてくれたなと、私を見
ながらしみじみ言うのをきき、気持ちの上ではまだ完全には枯れてないことがわかったのです。
老いた心身を発奮されるには、どうすれば………。私は同年輩の知人たちから意見をもとめ、その結果、スワッピングが一番効果があるのではとおもうようになりました。
PCを検索すれば、さすがは現代、スワッピングに関するサイトはたくさんありました。その中から良質そうなのをえらんで申し込み、私たちの相手をさがしました。
その相手がいま、私たちのまえにいる2人です。夫が27、妻が25という文字通りの若夫婦です。選ぶなら、私たちとおなじ年代よりも、もっとずっと若くぴちぴちした相手のほうがい
いと私は判断し、希望したのです。でも、まさか、こんなに早く理想の相手があらわれるとはおもってもいなかっただけに、さすがに私たちは驚きをかくせませんでした。
サイトから連絡があり、互いにプロフィールを交換したりして早速、本日のスワッピングの運びにこぎつけたのでした。
「本当に、私たちでいいんですか」
私はなんども確かめました。私たち夫婦からみたらかれらは、孫ほどの年代といってもいいぐらいでした。
するとご主人が、「僕たち二人の嗜好のなんですよ」と、正直にこたえてくれました。かれらはどちらも、ずっと歳の離れた相手とのスワッピングが希望のようでした。