淋しさを埋めたかったのかも知れません

高校を卒業して一足先に社会人になり数年経った頃、なんとなくこの人と結婚するんだろうと思って付き合っていた男性と別れる事になりました。キッカケはたいしたことではなかったと思います。心機一転これからは仕事一筋で生きていこうと思っていた当時、転職をしました。

転職した職場で同期だった男性の友人とお知り合いになる事がありその方とお付き合いを始めました。年下の男性だったのですが、誠実そうで愛情表現もたくさんしてくれたので浮気をするなんて事は全く考えられませんでした。

その男性とは同棲を初めていました。私の仕事が非常に忙しく休日もあまり重なる事がなかった為、私の家によくその男性が訪れていた流れでいつの間にか同棲していました。私は出張などもあり家を空けることが多かったのですが、まさかその間に家に他の女を連れ込んでいたと知った時はまさに晴天の霹靂でした。

その浮気を知ったのは、この男性と出会うキッカケとなった同僚が見かねて教えてくれたのです。聞かなければ全く気づかなかったでしょう。この時は本当にしんどかったです。浮気を知り絶望している時に勤めていた支店が閉鎖になるということになり転職活動もしなくてはならなかったのです。

浮気の事実を知ってからすぐには付き合っていた男性に詰め寄りませんでした。相変わらず体を求めてきたり、愛情表現をしたり浮気の話を聞いていなければ以前と殆ど変わることはなかったのです。多少不自然な休日出勤や外出はありましたが以前なら何も気づかなかったでしょう。

そんなこんなでその男性とは一緒に暮らしている状態で新しい職場に勤め始めました。未経験の職種だったので覚える事もたくさんあり日々忙殺されていました。

そんな時会社の取引先の方と食事に行くことになりました。内輪な飲み会で5,6人いたと思います。その中で年上の男性と話が合い意気投合し連絡先を交換しました。趣味が同じで今度の休みにでも一緒に遊ぼうということになりました。大人の社交辞令だと思って特に気にしてはいなかったのですが後日その方から連絡があり再びお誘いを受けました。

一応付き合っている男性がいるのでその時は丁寧にお断りしました。しかし、付き合っている男性は相変わらず浮気し放題だったようです。元同僚がたしなめてくれたそうなのですが全く効果はなく、浮気相手との火遊びに入れ込んでいたようです。

そんな話を耳にしてもう顔も見たくないと思い、ますます仕事に入れ込みました。家にもあまりかえらない日が続いていました。そんなある日、偶然連絡をくれていた年上の男性に会いました。

退勤後の駅前で偶然会い、そのまま一緒に飲みに行きました。年上の男性は話を黙って聞いてくれました。それから何度か一緒に飲みに行ったりしていましたが、相手は紳士的でそれ以上の関係までは進展していませんでした。

そんな中、同棲していた男性が浮気相手とホテルで抱き合っているというかまさに最中の写真を見てしまうという事件が起こりました。浮気している事を知っていても生々しいものを見るのは耐えられず、その場で別れを切り出して家を出ました。

メールや電話がたくさんかかって来ましたが、話す事もないしもう顔も見たくなかったので家出をしました。

次の日の夜、年上の男性にその話をするとこれからホテルに行こうと言われました。そうすれば気持ちに踏ん切りがつくだろうと言われ、その夜その男性に抱かれました。

心のどこかではこうなる事をきっと望んでいたんだと思います。年上の男性に体をあずけて何度も何度も求めました。抑えていたもののタガが外れたかのように体が燃えるようで、今までこんな溶けるような感覚を感じた事はありませんでした。

それからその男性と体の関係を続けています。私たちが会う時はお互いがお互いに遠慮せず、欲望を貪るように肌を合わせています。私はこうする事で淋しさをただ埋めたいだけなのかも知れません。