潮吹きの性癖を受け止めてくれるセフレ

3年間の結婚生活に終止符

私は3年間の結婚生活に終止符を打って、別れて以来、10数年を独り身で過ごしています。何とか生活も安定し、独り身の方が気楽で、結婚など考えもしませんでした。

しかし、結婚はしなくても、性欲は当然あり、夜の一人寝が寂しい時など、いつの間にか、自分で慰めてしまっている事もあります。

本当は、男性が欲しくてたまらない事もあります。

でも私はいわゆる潮吹きで、相手を選ぶ必要があり、それが男性を探す事を億劫にしているのです。潮吹きの事を、男性は名器だと喜ぶとスポーツ新聞などには面白おかしく書かれていますが、実際にはこうした事が嫌いな男性が多いのです。

元夫と別れた大きな要因

私が元夫と別れた大きな要因もそれでした。

最初の頃は、セックスの快感を深く感じる事も無く、潮を吹く事などありませんでした。しかし、元夫とセックスを繰り返すうちに、深く感じるようになり、ヒクヒクとあそこが痙攣を起こすまでに感じた時、体位の変えよと夫が抜いた瞬間、しゃっと潮を吹いたのです。

潮はお小水だと言う説もありますが、お小水以外の成分も入っており、別物だという説もあるようです。自分では無我夢中で、全く判りません。男性の中には、それは間違いなくお小水だとして、そんな女性を嫌う人も多いのです。元夫もそうでした。

こんな性癖がありますが

やはり男性の硬いものが欲しくてたまらず、事前に性癖を明かした上で、付き合ってくれるセフレを探してみようと思い立ちました。

出会い系サイトにも色々あり、どこに登録すれば良いか迷いましたが、スワッピングというサイトが意味深でセフレを探すのに向いていそうで登録しました。

最初は、性癖に対する感心からひやかしのアプローチが多かったのですが、ようやく潮吹きがどういう物かを正しく理解した上で、付き合ってくれると言う男性を見つけました。

実際に会って、久しぶりに硬い物を受け入れた時、涙が出るほど嬉しく感じました。

こうして付き合い始めた男性と、6回ほど夜を共にした時、始めて潮を吹きました。深く感じる事ができ、その象徴である潮吹きをさらりと受け止めてくれるその男性は、まさにベストセックスフレンドです。

暫くは、子の男性と別れられそうもありません。

オススメ出会えるサイト一覧↓
Jメール
PCMAX
YYC
ワクワクメール
ハッピーメール
メルパラ



シェア!