熊本で自分の趣向に合った乱交パーティーに参加できました。

乱交パーティーと一言で言っても、

色々な種類のものがあります。乱交パーティーの主催情報についてたくさん記載されているホームページなどがたくさん存在していますが、いかに自分の趣向に合ったものを見つけられるかどうかが重要になってきます

私はこの乱交パーティーに関する注意点をあらかじめ友人から教わっていたため、とても有意義な乱交パーティーに参加できました。自分の趣向にピッタリの乱交パーティーであったのです。因みに場所は熊本県です。風俗がかなり盛んに行われて地域として有名です。当然、乱交パーティーもかなり頻繁に主催されている地域です

私が参加した乱交パーティーは

男女の人数の比率が平等ではありませんでした。男性が6人いるのに対して、女性はたったの2人です。しかしみんながこの人数構成比を望んで参加しています。私は大人数で女性に対してセックスを挑んでいってみたいという性的欲求がありました

もちろん同意をしていない女性には絶対にそのようなことはしたくありません。相手の女性も同意してくれていることが大前提であることは言うまでもありません。そして今回の乱交パーティーに参加してくれた2人の女性は、共に多くの男性を同時に相手にしてセックスがしてみたいという願望を持った方でした

この人数構成比のおかげで、何だか通常のセックスよりも女性のことをしっかりと征服できているような満足感を得ながらセックスができました。とても楽しかったため、このパーティーに参加した人達同士で、かけがえのないセックスフレンドとなりました



九州で乱交パーティーと言えば福岡です。

「福岡の乱交パーティで至福の瞬間」


私は九州に住んでいるのですが、九州は性的な行為をして遊ぶには適した地域だと思います。
まず熊本県に大きな風俗街があります。

しかもそこにいる多くの女性が可愛いという素晴らしい事実があります。
九州地方には、他の地方と比較すると美人が多いのです。
そのため風俗の女性のレベルも当然高くなります。

特に福岡県には他の県と比較しても数多くのエステがあると言われています。
つまり九州の女性は美への意識が非常に高いため、自然と九州には美しい女性が増えるという仕組みになっているようです。


そんな九州で私は乱交パーティーに参加しました。場所は福岡の繁華街です。
九州の中でも福岡では特にたくさんの乱交パーティーが開催されています。
九州で一番大きな都市であることを踏まえれば、当然と言えることかもしれません。
しかもこっちからナンパをしなくても、かなり可愛い女の子達が私とセックスをしたいと近寄ってきてくれました。

まるでハーレム状態です。てっきり男は必死にナンパをしなければならないものだと考えていたため、必死にナンパのシュミレーションをしていたのですが、
全く意味がありませんでした。


やはり可愛い女の子とのセックスは気持ちが良いものです。
可愛い女の子に自分のチンコをぶち込むことのできるセックスは、至福の瞬間です。

特に乱交パーティーの場合は、何でもありのような無茶苦茶な状態になることが多いため、益々テンションが上がってきます。
1216b

セックスフレンドもできて、またセックスをする約束までできました。



歌舞伎町の乱交パーティーの体験談

乱交とは悪いことでしょうか。

なぜだか悪いことだというイメージを持っている人が一定数ほど存在しています。けれども私は全く悪いことだとは考えていません。なぜかというと誰も被害者がいないからです

みんなちゃんと合意をした上で行っています。中にはもしかしたら合意していない乱交パーティーがあるかもしれませんが、それは当然いけないと思います。けれども合意さえしていれば、誰も被害者ではないため、何も問題がないと思うのです

私はずっと乱交パーティーに対して

憧れを抱いてはいたのですが、なかなか一歩勇気を持って踏み出すことができずにいました。しかし職場の先輩がそんな私の背中を押してくれました。つまりその先輩と一緒に乱交パーティーに参加をしてみることになったのです

もちろん初めての乱交パーティーであったため、極度の緊張がありました。けれどもずっと憧れていたことなので、変に緊張しても意味がないと割り切りました。そしてむしろ思いっきり楽しむようにしなければならないと考えました

男性と交わる経験が豊富な女性が集まっている

ことが要因だとは思うのですが、とても女性として色っぽくて魅力的な方ばかりで驚きました。みんな洋服を着ている時はとても清楚でおしとやかな印象にも関わらず、服を脱ぐととてもスケベです。そしてしっかりとセックスを行いました。

今回は歌舞伎町で行ったのですが、歌舞伎町にはたくさんの乱交パーティーがあるようなので、また歌舞伎町に出向いてみようかと考えています