白川水源でであった外国人とセフレの関係に

熊本県の私がすんでいる南阿蘇村はすごく自然に囲まれていて大好きな場所でした。
白川水源にも日課のように水をくみに良く行きます。

今では観光地としても人気になり、観光客でにぎわっています。
外国人が来ることも当たり前のようになっています。

いつものように水をくみに行くと、観光客の外国人から写真を撮って欲しいと頼まれるのでした。
すごく日本語が堪能で、私よりも日本語が上手なのではないかと思うくらいでした。
彼は一人旅をしていて、日本には4年滞在しているそうです。

帰り道も一緒だったので、彼は私のポリタンクを持って途中まで一緒に歩いてくれました。

そして、いろいろとはなしていて、彼がもっといろいろなところを案内して欲しいと言います。
私はポリタンクも持ってくれたのでお礼にと彼と一緒にご飯を食べる約束をしました。

そして、その日の夕方、彼と繁華街で待ち合わせをし、一緒にご飯を食べました。
お互いのことを話したり、いろいろな話をして盛り上がりました。

お酒も入り、ほろ酔いになっていると、彼はもう一つ行きたいところがあると言うのです。
それは何と、ラブホだったのです。

なんとなく私も興奮してしまい、ホテルに向かいました。
日本のラブホってどんなものなのかすごく気になっていたと言う彼。

部屋に入ってすごく興奮していました。
そして、彼に押し倒され、彼の腕の中に包まれました。

愛撫もほどほどに、彼のモノが私の中に挿って来ます。
すごく気持ちよく、彼とはハードで優しいセックスを堪能しました。
このまま彼のものになってしまいたいと思うほどにすごく気持ちのいいセックスをした私たちはその後もセフレとしてちょくちょく彼にあっていました。

オススメ出会えるサイト一覧↓
Jメール
PCMAX
YYC
ワクワクメール
ハッピーメール
メルパラ



シェア!