スワッピングで目覚めた性愛

ご主人が奥様を相手になされたので、私は床からはなれ、これまで奥様が座っておられた場所に移動して、そこから二人の様子を仔細に拝見することにしました。
さっきまでのご主人の肉の痕がまだ私の体内で熱く燃えていて、ともすれば気が遠く薄らぎそうになることもありましたが、寝床で繰り広げられるお二人のリアルな絡み合いをまのあたりにしていると、いつしか私の意識もさえわたってくるのでした。
いまご主人が片手で、奥様のスカートを力任せに引きちぎられたところです。さきほどは、激情のほとばしるままに奥様をお抱きになったご主人でしたが、ますます興奮は高まるばかりで、スカートの次はブラウスもまた、ビリビリに引き裂いてしまわれました。このままでいくと、奥様の肉体も同様に、バラバラにされてしまうのではと、不安になった私です。
とはいえ、ご主人が目を瞠るほどのマッチョマンなら、奥様の方も、とても還暦をすぎておられるとはおもえないほど、よく締まった肉付きのいい体をされており、陰毛にこそ白いものがまじってはいても、肌はびんびん弾むようで、太腿のしなやかさ、お尻のセクシーさは、若い私の目からみても惚れ惚れするほどでした。
あるいはそれも、スワッピングの相手となる私とご主人の濡れ場をみて奥様が、発情されて、にわかに女性ホルモンが全身にみちみちた結果かもしれません。お二人はいま、久しくはなれていた性愛の快楽にふたたび目覚められて、激情のおもむくままに求めあっておられるかのようでした。。

オススメ出会えるサイト一覧↓
Jメール
PCMAX
YYC
ワクワクメール
ハッピーメール
メルパラ



シェア!