相席居酒屋へ行きまして

僕は36才です。
会社帰りに飲みに行こうとなって、
入った居酒屋は、
相席居酒屋でした。
女の子達と楽しもうっていう
軽い気持ちで行きました。
相席したのは二人は、
保育士さんという職業の二人でした。
28歳と24歳でした。
二人とも飲みが好きで、
よく週末は一緒に飲んでいるそうです。
保育所は、女性のみ?と聞くと、
最近は男性もいるそうです。
でも、彼氏の対象にはなる人はいないのよ。
と嘆いていました。
そして、僕は、どうやら、24歳の髪の長い女性から
好かれたようでした。
彼女を作る気は無かったのですが、
遊びはいいかなと思っていました。
僕の会社の同僚も、24歳の方を
狙っているようでした。
でも、僕は、完全に彼女を
僕の横にキープして、トークを
つづけました。
そして、酔いがだいぶ回ったところで、
相席居酒屋を後にしました。
僕は、相席居酒屋で、彼女にそっとメモを
渡していました。
彼女は、もちろん嬉しそうにそれを、
バックの中にしまいました。
そして、僕と彼女はいったん、
駅で、さようならをしました。
その後、すぐ、
彼女が僕に、メールをくれて、
再度、駅で待ち合わせをしました。
そして、僕が、彼女を連れて行った先はラブホ街でした。
歩きながら早くもイチャイチャしてました。
そして、ホテルへついて、
一緒にシャワーを浴びました。
さすが24歳、肌はピチピチでした。
そして、そのまま、彼女と
エッチを楽しみました。
一夜限りのつもりでしたが、
セックスの相性が思いのほか良かったので、
また会うかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です