確率は収束するようです。

今からだいたい4年ほど前、Aくんというセックスフレンドがいました。
もともとは家が遠かったこともあり、でもお酒が好きなので、飲みすぎて終電を逃すことが多く、誰の家にでも転がり込んで泊めてもらうという性格だったので、わりと誰とでもセックスしていましたが、継続的にいわゆるセックスフレンドとなったのはAくんが初めてでした。

Aくんはとても優しかったです。
Aくんとは毎日のように顔を合せるため、本当はそういう関係になりたくなかったのですが、ソファで寝ている私に「こっち(ベッド)おいでよ」と言いながらティシャツの首の部分から手を入れ、生乳をもまれたんです。
初めは「いやいややめようよ」と言っていたのですが、そう言いながらもパンツの中は濡れていました。
無理やりベッドに連れて行かれ、後ろから抱きしめられながらおっぱいをもみもみされましたが、さすがに「本当にやめて?」と言ってその日は何もありませんでした。

朝方帰宅し、昨晩のことを思い出しながらオナニーしたもんです。
たまらなくなり、その日の夜「今日も泊めてもらっていいかな」と連絡しました。
この連絡はもうOKサインと取ってもらってかまいませんよっていう連絡でした。

初めてのAくんとのセックスはとても気持ち良かったです。
私が中ではイったことがないのでクリでイきたいと告げると、一生懸命奉仕してくれました。
あの時ほど気持ちよかったクンニはないと思います。
挿入後も、私の膣をものすごくほめてくれて、いい気分にしかなりませんでした。
終わった後も、無言でお水を用意してくれたり、本当に紳士な人だなぁという感想しかありません。
その後は毎日のようにAくんの家に泊めてもらい、毎日のようにセックスをしました。

Aくんは今では、私の旦那です。
セックスはもう2年ありません。
2年間やりまくった分、この2年なにもなし。
今は当時を思い出してオナニーする毎日です。

オススメ出会えるサイト一覧↓
Jメール
PCMAX
YYC
ワクワクメール
ハッピーメール
メルパラ



シェア!