神待ちの子を泊めてみました

会って見て、タイプの子ならウチに。そうでもなかったらホテルかカラオケかなと思ったら、

すごく感じのいい子が!出会い系サイトは最高です!

持ち帰りってわけじゃないけど、僕の部屋に来てもらって、だらだら。

わけありの子で、家に居たくないから、神待ちして泊めて貰える日は帰らないって。

お風呂、一緒に入ろうか?って言ったらちょっと迷った感じになってからうなずいた!

ユニットだから、どっちかつかったら、どっちかは腰掛けてる感じで、まずは彼女にあったまるように促した。

彼女の目の前に、僕の勃起したチンポ。どうするかな?と思ったら

「舐めたほうがいいですよね・・・?」

というじゃないか。もちろんそのほうがいい!けどひとまず

「いいの?しゃぶってくれるの?」

と聞いてみた。やっぱり、頷く。それじゃあ、と口元に持っていく。

あ~、やった~、神待ちとやれるって本当なんだな。

たまってたんで、すぐ口に出した、彼女は飲んでくれた!嬉しいな!

体のあらいっこをしてからベッドへ。

今度は、していいかとか聞かずにSEX。濡れてたし出会い系だしね。

いきなり入れたら流石に驚いてたけど、すげえぐちゅぐちゅ!

ちんぽしゃぶって興奮したの?と聞いたら

「意地悪」だって!たまらねー!

朝まで3回やらせて貰って、すごい良かった!

「いくとこないときは、電話くれたら多分とめてあげられるよ」とアドレス交換した。

帰り際に、電車代程度のお小遣いも渡して。

彼女はちょっと嬉しそうにして「電話します」と言った。

もう、うちで暮しちゃってもいいんだよと言いそうになったけどさすがにそれは