私たちのスワッピングプレイは嫉妬が基本のプレイになっています

スワッピング相手を探すことができるバーで、スワッピング相手を見つけました。
そこで見つけたパートナーとは、開放的なセックスを日々楽しませてもらっています。2週間に1度はホテルやカップル喫茶を愛用しています。
そこでやっているプレイなのですが…
かなり過激にやっています。私の彼氏は、私との交換相手である人をバーで見つけたんですけど、私に顔がそっくりな人を選んだんです。
顔が似ているから、嫉妬心が湧いてきて興奮します。でも、顔は似ていても性的なこととなると、意外にもやる人が変われば、やり方が全く変わるっていうのを目の当たりにしました。
初めてのときはそのことに動揺しましたが、今では、私も同じように相手の交換男性と思い思いのプレイをやって楽しんでいます。
私にそっくりな女性ですが、そのスワッピングパートナーは私の彼氏とやっているときに、足を握って、強く!とか叫んでいます。
そうすると私はイキやすいのよ、って言っています。私、つい、貴方、そんなふうにしないとイケないの?って言ってしまいました。
なんだか、当初は初心者丸出しでしたが、軽い嫉妬モードというか喧嘩モードでやるのが、興奮していいんですよね。

とても忙しい女性で、あれこれあれこれと体位をコロコロ変えるスワッピング相手です。
ねぇ、貴方って、次にやる体位とか頭で考えてない?本当に楽しめているわけ?とか言いながら、私の方が上なのよ、私の方が経験豊富よ、と言わんばかりに自分のアソコをこねくりまわしながら、フェラをしつつ言ってやりました。
すると彼女は、私のアソコを舐めてきて、ねぇ、貴方の彼氏のしゃぶった口で舐められている気分はどう?と言われて、頭にきつつも濡れて気持ちよかったです。
イキそうになったけど、こらえました。

こんな感じの展開のスワッピングプレイを日々楽しんでいます。
この子の彼氏の寝取るときは、私は敢えて体位を派手に変えません。私、普通にやってても感じられるのよ、っていうのを見せ付けるためです。
そのまま、この女の彼氏のアソコで正常位のまま、お互いに果てる瞬間は、お互いに汗だくになりながら正常位のままいきまくっています。気分の良いスワッピングプレイです。