私のセフレ健ちゃんのお話

私には出会い系サイトで知り合ったセフレが3人います。
私は今現在彼氏もいるのですが、遠距離恋愛中なので、セフレとも関係が続いています。
1番仲がいいセフレは健ちゃん(25歳会社員)です。
健ちゃんとは体の相性が抜群なので、なかなか別れられないでいます。
健ちゃんも彼女がいるのですが、時々会ってはエッチを楽しんでいます。
健ちゃんはドSなので、私はしょっちゅういじめられています。
言葉攻めや道具を使ったりするので、ドMの私にはたまりません。
私は目隠しをされたり、手錠をはめられてエッチをするのが大好きです。
目隠しをされると、どこを触られるのかわからないので、すごく興奮するし、手錠をはめられてエッチをしていると、犯されている様な気がしてたまらなくなります。
バイブを使ったエッチも大好きで、バイブを挿入しながら、口には健ちゃんのおちんちんを入れられると、もうどうしていいのかわからなくなってしまいます。
健ちゃんはいろんなプレイが好きなので、毎回会うのが楽しみでなりません。
健ちゃんに出会うまでは普通のエッチしかした事がありませんでしたが、健ちゃんにいろいろ調教されて、エッチが大好きになりました。
健ちゃんとのエッチを思い出すだけで、またエッチしたくなってきちゃいました。
彼氏とはごく普通のエッチをしているので、健ちゃんとエッチをしている時の様なドMな姿は、恥ずかしくて見せられません。
彼氏にも、もう少し変態になってほしいと思っている今日この頃です。

 

後ろでの快感

アナルセックスに目覚めました。出会った彼におしりを開発して貰いました。

これほど、開発されている、と感じるセックスもないですね。ゆっくり入口をほぐして、指が入るようになって初日は終わり。

それから、徐々に、徐々に、本当に何日もかけて後ろを弄られました。慣れてきたら拡張機っていうんですか?動かない細めのディルドみたいなもので、またゆっくりと慣らされました。

変な話ですが、愛を感じました。かなりの苦痛もありましたが、彼がゆっくりほぐしてくれたおかげでいざセックスの際には痛みはほとんど感じなかったです。

ただ、圧迫感がもの凄い。そしていつも以上の熱さ。内臓が焼けつくようにおしりの穴が熱かった。抜かれる時はもっと凄いです。その物体が出ていくのがリアルに感じられます。

そして再び襲う圧迫感。このくり返しです。本当にすごい。言葉では言い表せません。お尻の穴が開きっぱなしになって閉じられなくなるんじゃと思いましたが、ちゃんと元に戻りました。

ですが今ではアナルセックス無しの生活は考えられないですね。一人の時はバイブをあそこに入れ、アナルを弄ってます。指では物足りなくなってきたくらい。

出会い系で出会った彼が来る日はディルドをおしりに入れて、あらかじめ受け入れられるよう自分でほぐしています。ですが入れている間は体が火照って来ちゃって。無機質なディルドでは満たされない、彼の熱いものの方が欲しくなります。

今日はあそこにバイブも入れておく事にします。そうしたら二輪挿しの快感が味わえるでしょう。

まるで性器が二つになったような、そんな快感にハマっています。

 

泥酔してる間に

久しぶりに会った出会い系サイトのセフレと、がっつり飲みにいきました。

私は既に結婚していましたが、彼はまだ独身でした。

それもあってか、妙にドキドキしちゃいました。

仕事帰りだったので、旦那には同僚と飲んで帰るねーとメールしました。

今、考えるとこの時点でやましい気持ちがあったのかもしれません。

話も盛り上がって、お互いに居酒屋で結構飲んでしまいました。

そろそろ電車の時間がヤバくなってきたので、帰ろうと思って立ち上がったら、足が本当に千鳥足になってしまい、うまく歩けませんでした。

もう少し一緒にもいたかったし、コッソリ旦那に友達の家に泊まるとメールしちゃいました。

案の定彼は、「どっかで休む?」と聞いてきました。

一応、軽く断りましたが内心はドキドキしていました。

近くのホテルにチェックインして、シャワーも浴びずにベッドに流れ込みました。

お酒の力って凄い。

私、あまりセックスって好きじゃないんです。

でも、凄く攻めてしまいました。

ほとんど私がまたがっていました。

さっきまでのドキドキはどこへ行ったの?って思いました。

でも、旦那よりも遥かに燃える。

しかも、感じてしまう。

彼にハマってしまいそうで、怖かった。

キスだけでも、旦那とこんなに違うんだって思った。

朝まで、何回したか分からない位に燃えてしまいました。

忘れられなくて、実は今でもたまに出会い系サイトで会ってるんです。

旦那にばれないか心配。

でも、彼の方が相性が良いからやめられません。

 

人恋しさから求めた恋愛、「つきあってから惚れる」こともあるんですね

私は20代半ばで大失恋しました。別れたときは魂が消えてしまったような気持ちになりました。「自分は一生分の恋愛をしてしまった」とさえ考えたほどです。あとから思えば「若さ」としか言いようがありませんが、当時はほんとうにそう感じたのです。
では、女性を敬遠するようになったかというと、逆でした。とにかく1人でいることに耐えられなくて、「誰でもいいから、いっしょにいてくれる女性が欲しい」と思ったのです。
そして、身近にいた女性にこちらからアタックして、つきあい始めました。いわば「人恋しさ」だけからはじめた関係です。
私は彼女に、多くのことを求めてはいませんでした。「ただ、そばいにいてほしい」、極端に言えばそれだけです。期待するものが小さいだけに、肩の力の抜けた、気楽なつきあいができました。
そうしたつきあいが続いていくうちに、ある日私はふと、「彼女に本当に惚れたかもしれない」と思いました。何か特別なことがあったというわけではありません。付き合ううちに彼女の人間性が少しずつわかってきて、また、自分と共通した価値観、人生観など、相性のよさも実感する中で、「彼女に惚れている自分」を発見したのです。
これは彼女自身から聞いたことですが、彼女も私にくどかれて付き合い始めたものの、最初のうちは特別な恋愛感情はほとんどなかったそうです。
つまり、それぞれに半分醒めた感情をもって付き合いが始まり、時間が経つにつれて自然に恋愛感情が育っていった。それが2人、シンクロしたのだと思います。
その彼女が、今の妻です。

 

セックスフレンドが出来ました、

セックスフレンドが出来ました、

酒が入ったり、カラオケなどの歌う場に居ると、心が高揚して、気持ちも開け放たれ、
人の心をある種で開放的にするもんで、ついつい、浮気に走るということがあります。

催し物の打ち上げの会で、とある居酒屋で飲み食いの軽い宴会の後、
2次会で好きなもの同士、近くのカラオケ屋に向かいました。

私は唄のほうはあまり得じゃなかったのですが、誘われるままに皆さんに付いてゆきました。
カラオケ屋の中は、チョット薄暗く、唄に気を取られた妙な空間なんですね。
音や音楽は大きく鳴り響くが、実際のところ蜜室のような空間なんです。
女と二人きりでいたら、歌いながらも変な気持ちが起きるし、おかしな想像もしてしまうのです。

私の直ぐ横に居た割かし歌の上手な〇女子が、ヤケに私に擦り寄ってくるのです。
私もその気になって、彼女の膝に上に手を置いたり何かしましたけど。

帰りしな、何気なく彼女に別なカラオケ屋誘ってみた。
そうすると、その女は頬がポーとしながらも、私の誘いを快く受けてくれたのです。

近くのカラオケ屋の二人きりの小さなボックスに入ったが、女は歌いながらも私の身体に張り付いてくるのです。
歌がウマイので、お誉めのキスしてやるよというというと、“あらまあ、どうしましょう”、といいながら、唇を寄せてきました。
後は、お互い抱擁しながら深い、デープキスをしながら、下の方を撫でてやりました。

女は体をクネラセながら、“あら、私、酔ってるのかしら”、といいながら、
「ここじゃ拙いから、近くのホテル行こうよ」、というと、女はコックリ頷いて「一回きりよ」という。

抱くように腕組みしながら、ネオンが瞬いている旅荘へ直行しました。
早速ながら、セックスに飢えてように、女は私の背中に爪を立てるほどに燃えて来ました。

私も女の積極的な心意気を受けながら身を躍らせ、女房以外の女と久しぶりに快感を味わったのでした。

その後、連絡先を確かめながら、二人で合うのが楽しみになりました。
浮気相手のきっかけのセックスフレンドが出来たのです。

 

ネットでの出会い

当時、わたしはまだ人妻でした。ただ、主人との関係はうまくいっておらず、家にいると息が詰まるばかりで。
若い頃に出会い系なんかも手を出したこともあったので、気晴らしにと思い、カカオトークの掲示板にメッセージとIDを載せてみたのです。
沢山のメッセージを頂いた中から、ある一人の男性と仲良くなりました。
ひでくんという名の彼は、同い年の独身男性でした。
埼玉出会い系サイトで彼と話してるときは唯一の楽しい時間でした。
結婚して7年。恋愛とかときめきとかには全く無縁の生活だったのに、彼はそれを思い出させてくれました。
始めはメールだけで満足だったのが、そうなってくると、やはり会いたくなるもので。
会う約束をしたのです。
池袋で待ち合わせをしました。
ただ、いきなりそういう関係になるのはどうかと思ったので、飲みに行って終電で帰ろうと決めて。
久しぶりのデート、しかも初対面です。心臓がどうかしてしまうんじゃないかというくらいドキドキしました。
メールで連絡をとりつつ、無事彼と会えました。
ひでくんは荷物を持ってくれ、手をつないできました。
わたしはされるがままになっていました。
ひでくんは兵庫出身でいつも関西弁でした。実はわたしは関西弁に弱いのです(笑)
予約した店を探しながら、迷ってる風だったので、「ねぇ、大丈夫なの?」と聞くと、「大丈夫やーゆうねん」と返され、この一言でほぼK.O.でした。。。
居酒屋に飲みに行くのは久しぶりでした。自分は酔わないという過信のせいか、飲み過ぎてしまったようで、気づけばホテルにいたのです。
ひでくん曰くは、わたしが「今日は帰らない」といったらしいのですが、正直記憶にありません(笑)
主人とはながらくしてなかったのもあり、わたしは今まで抑えていた分、ひでくんを求めてしまいました。。。
潮を吹いたのもこの時が初めてだったと思います。
この後も何回かは会いましたが、結局自然消滅してしまいました。
今でもひでくんとのことは忘れられません。もう会うこともないと思いますが、もし連絡がきたらすぐさま行ってしまうだろうと思います。

 

大学生の時におとなしそうな女の子とセックスをしまくった思い出

私は大学生の時に、理系の方面へ進んだのですがそれが失敗でした。
女性と殆ど縁のない暮らしをする事になりました。

でもセックスにはものすごく興味があって、長野出会い系なども探し、少しでも女性と接点を持ちたいなと思っていたのです。

ある日私は書店で本を探しているとすごくおとなしそうな女の子を見つけました。
黒髪でメガネをかけているのですけど、良く見るとすごくかわいいと思いました。

良いなあと思っていたのですけど、翌日大学へ行くと、図書館でも見かけました。
どうやら同じ大学だったようですね。

そこで私は勇気を出して話しかけてみました。すると最初は向こうも人見知りをしていたようなのですけど趣味の話で盛り上がってしまいました。お互い読書が好きだったようで、小説の話題がつきませんでした。

そうしているうちに仲良くなってきたので、今度一緒にご飯を食べませんかと誘ったところOKしてくれました。

しばらくするうちに遊びに来るようになったので、これはいけるかもと思いました。
私は一人暮らしをしていたのでかなりのチャンスでした。

そして私は気が付いたらその女の子とセックスをしていました。
段々と回数が増えていき、毎日のようにセックスをしまくっていた時もあります。
一見おとなしそうで、真面目そうなのにセックスの時は別人のように積極的でした。

でも、大学に居るときはすごく真面目でした。周囲の人はまだ未経験だろうと思っているようでしたけど実はセックスが大好きなです。それを見ているだけでまた楽しい気分になりました。

 

不倫相手の彼に求められたテクニック

私は妻子ある年上の男性と不倫をしていたことがありますが、彼はちょっと変わった人で、私に前立腺マッサージのテクニックを身につけさせようと、何度も練習させられたのです。
彼によると、前立腺マッサージの気持ちよさはセックスの比ではなく、一度その快感を味わってしまうと普通に女性とセックスすることがちょっとバカバカしくなってしまうとのことでした。
私は自分の存在がちょっと軽視されているような気がして腹が立ちましたが、彼に風俗に行かれるのも嫌なので、何とか前立腺マッサージを身につけようと頑張りました。
彼の期待になかなか答えることができず、ネットで前立腺マッサージのコツを調べたりもしました。肛門から指を入れ、前立腺を刺激すればよいはずなのですが、快感ポイントは狭いらしく、なかなか発見できなかったのです。
私は彼の言ってることは大げさなんじゃないか、肛門に指を入れるだけでそんな絶頂感を味わえるなんてうそ臭い…と思えてきたある日、いつものように私の部屋でセックスする前に肛門に指を入れていると、突然彼がビクンビクンッとなり、奇妙な声を上げながらヨダレを流し始めたのです。
私はついに前立腺マッサージを身につけて嬉しかったと同時に、名古屋出会い系であった彼のあられもない姿に引いてしまいました。セックスより気持ちいいというのは彼の姿を見て本当なんだなとわかりましたが、なんだか私の気持ちはそれ以降醒めていってしまい、徐々に会わなくなっていきました。
その後程なくして彼とは終わりましたが、私には変なテクニックが残ってしまいました…。
他の男性でもイカせる自信はありますが、今のところ使わず封印したままです。

 

受付の女の子とセックス

私は過去の営業の仕事をしていたことがありました。
正直に言うとあまり営業成績は良くなく、怒られてばっかりでした。
そのため、毎日悔しい思いをしていた時代でもありました。

しかし、私は本業の営業よりもがんばっていることがありました。それはナンパでした。
営業の仕事をしたことのある人なら分かると思いますが、いろいろな会社を巡る仕事なので、出会いだけはかなり多いです。
今思えば、営業成績が悪かったのはナンパに没頭したからかもしれません。

そして、営業マン時代はいろいろな会社の女の子とセックスが出来たのが、唯一の良い思いです。
その中でも一番良かった女の子は、受付の女の子です。
それは、あるサービス業の会社の受付嬢で、私の勤めていた会社の取引先だったので、話す機会が多かったです。

彼女は身長170近い女性で、ハーフのような顔をした美人でした。
そのため、私は営業に行く度に彼女に声をかけて、親交を深めていました。
そして、何度かその会社に足を運んでいるうちに、連絡先を交換してデートの約束をすることが出来ました。

初デートは都心のレストランに食事に行きました。
レストランではお互いに仕事の話から入り、お酒が入ってくると恋愛やエッチの話まで出来るようになりました。
彼女も彼氏と別れたばっかりと聞いたので、私はアタックを掛けついにホテルに誘うことが出来ました。

彼女のようなモデル体系の女の子とセックスをするのは初めてでした。
彼女はとても手足が長いので、バックから突いているときに、スラットした脚が見えるのがエロかったです。
そして、彼女はハーフのような顔をして気が強そうに見えますが、エッチの際はひたすらマグロ状態でした。

そのため、私が正常位でひたすら攻めるというプレイでした。
しかし、彼女の膣のしまりが大変良くて、私は短時間でフィニッシュをしました。
ちょっと恥ずかしかったですが、彼女のような美人を落としてセックスが出来たのは光栄だと思っています。

このように三重出会い系でもやりまくり駄目駄目だった営業マン自体に唯一楽しかった思い出が、彼女とのセックスでした。

 

出会い系サイトで知り合った3人の男性と4Pをする

3Pが大好きな私は、いつも3PのHなDVDを見ては興奮しています。
普通のセックスでは快感がわかず、どうしても男性が2人の女性が1人というセックスじゃないと興奮しません。
男性が上から下から1人の女性を襲っているような場面が1番濡れます。
女性がよがればよがるほど、「やめてえ」と泣き叫ぶほどに興奮します。

自分も、そのAV女優のようになりたいと思い、セックスフレンドを出会い系サイトで募集しました。
そのサイトで、3人の男性をゲットしました。
1人は30歳、1人は24歳、もう1人は40歳の男性です。

これだと4Pになるなと思って、より興奮してしまいました。
みんなでラブホテルに行きました。
そこで、お風呂に入り、4Pをしようと相談をします。

ベッドに1人の男性が横たわり、私が愛撫します。
その後ろからもう1人の男性が私のアソコをいじります。
その男性が興奮をしてきて、下からペニスを入れてきました。
下から突き動かすペニスが凄く気持ち良くて、アソコがビチョビチョになりました。
「アン、アン」と凄い色っぽい声が出てきて、自分の声で興奮をしてしまうのです。

下の男性にまたがるようにして、ペニスを下から入れます。
その姿を見ていた男性が興奮をして、後ろからペニスをアナルに突き刺してきました。
最初は痛かったけど、だんだんと慣れてきました。
慣れてくると、その痛みが快感になります。

その姿を見て、もう1人の男性が口にペニスを入れてきます。
頭を押さえながら、強引に腰を動かしてくるのです。
その自分に興奮してしまい、何度もイっちゃいました。

 

妻と離れていてもLoveいっぱいです

私の趣味は、オートバイでのツーリングです。
晴れた日に、田舎道をゆったりと走ると、ストレスも吹っ飛び、気持ちが良いものです。
ある日、バイクの前に急に飛び出した来た子供を避けて、転倒してしまいました。

子供に怪我はなかったのですが、私は両足を骨折し2週間の入院となってしまいました。
入院して3日程して、症状が安定すると、下の方がムズムズしてきました。

で、妻にLoveMailしました。
「一人で寂しいから、何か送って」と、書いたのです。
妻から、にこっと笑ってる自分撮りが届きました。
たった、数日なのに懐かしい気持ちです。
「もう少し、胸までまで見せてよ」と送ると、暫くして着信がありました。
「恥ずかしいからダメ、プンプン」
「誰にも見せないから、お願い」
「じゃぁ、少しだけ」と懐かしい乳首のだけの写メが届きました。
妻は、何か勘違いしています。
私は、上半身の写真が欲しかったのです。

でも、それは言わずに、「もう少し、出てる方が可愛いよ」と送りました。
すると、乳首を自分でつまんで立た写メがきました。

「下も触ってごらん」
「濡れちゃうから、無理だよ」
「大丈夫、俺もビンビンだから」
「今も、乳首触ってるんだろ」
「少しだけ」
「じゃぁ、パンツの上から触ってみてよ パンツの写メ送って」

届いた写メは、ぐっしょり濡れたパンツが写ってました。
ムービー送ってよ、メールすると、10分ほどして来ました。
ダウンロードが待ちきれません。
再生をタップすると、ベッドの上でM字に開いた股間が写ってました。
片手でビラビラを開いて、片手でクリを摘まんでいました。
直ぐに、イッたようで3分ほどムービーでした。

入院の間に、妻のムービーはエスカレートし、オナニーショーがくり返されました。
退院間際のものは、自分でバイブを突き刺してました。
オナニーが癖になったようです。
早く、家にらないと引っかかると危ないので、目の前で妻のオナニーショーを見たいです。

 

シャワー室でのセフレとのはじめてのセックス

セックスフレンドっていうのかな、私は趣味のホームページで知り合った40代の男性Aと現在そういう関係にあります。
セックスフレンドが見つかる場合、また見つるける場合って、だいたいがそれを目的とした出会うと思うんだけど、私たちは違ったんです。海外ハードボイルドミステリ好きが集まって、読んだ本についていろいろ感想を述べ合う”まっとうなサイト”で知り合いました。
ハードボイルドミステリって、意外かも知れないけどベッドシーンがかなり緻密に描かれている話もあるんですよね。そんなシーンに対してみんなで意見を言い合ううちに、Aと個人的なメールでのやりとりで感想を述べ合うようになったんです。
そうするうちにお互いの性の嗜好なんかにも話がはずんで、気づいたら自然の成り行きでデートしてました。
はじめてAとホテルでセックスをしたのは暑い夏だったかな。2人とも汗びっしょりだったから「シャワーでも浴びたいね」なんて話しながらその流れでホテルイン。
私の服を脱がせながら、シャワーをかけておっぱいを揉んでくれだけで、もういきなり感じて乳首がびんびんに立っちゃった。その乳首をくりくり弄りながら、同時にクリトリスも攻撃されてもう意識が飛びました。シャワーを浴びているにもかかわらずあそこはぐっしょり状態。
「S子はやっぱりこうやって弄ばれるのが好きだったんだね。これまでのメールのやりとりでわかってたよ。初めての男にもこんなに濡らして、いけない子だ」そんな言葉攻めをされたら、もう早く犯して!って叫んでた。
その場でAの熱いペニスを受け入れ、二人で狂ったように腰を振り続けました。
Aも私もともに結婚しています。でも2人のセックスは相性がぴったりで、今でも週末のホテルでのセックスをやめられません。

 

残業の果てに

私はスポーツ用品関係の営業をしています。
ある日得意先の外回りを終えて会社に戻りました。
夜の10時過ぎを回っているのに窓から明かりが漏れていました。
事務所のドアを開けると今年配属されたばかりのA子ちゃんが泣きそうな顔をして段ボール箱の山と格闘していました。
明日の朝、お客さんに納品予定の品物の中身の手配を間違えていることに退社前に気がついたとのこと。
既に全員帰ってしまった後でA子ちゃん一人で徹夜覚悟で交換作業中でした。
そこに私が帰ってきて、緊張の糸が切れてしまって泣き出してしまいました。
なんとかなだめすかして二人で作業を開始しました。
そんな時に不謹慎ではありましたがうっすらと汗をにじませたA子ちゃんはとてもいい匂いでとてもエロく感じてしまいました。
こんなに近づいたのは新人歓迎会以来です。あのときもちょっと酔っ払った私服姿のA子ちゃんはとても可愛かったなとか思ってました。
なんとか作業が終わったのは3時過ぎでした。
冷蔵庫から缶ビールを取り出し二人で乾杯したら何だかA子ちゃんの様子が変になってきました。やたらと体を押しつけてくるんです。
聞くと入社当時から私のことが気になっていたんだと探していたが見つからないとのこと。突然の告白に戸惑いましたが制服のブラウスから透けるブラのラインから目が離せなくなってしまいました。
抱き寄せてキスをすると一気に理性が飛んでしまいました。会議室になだれ込みテーブルの上に押し倒して後は行くとこまで行ってしまいました。
翌朝始発で一旦帰った後、何気ない顔で出社したときはいつもの明るいA子ちゃんに戻っていました。
私にはまだあの生々しい感触が残っているというのに。

 

とあるキャリアウーマンのセックスフレンドの話

私には特定の恋人はいませんが、複数のセックスフレンドがいます。
セックスフレンドは主に出会い系サイトで見つけるのですが、まれに相手から紹介されて複数でセックスをすることがあります。
セックスフレンドの一人である40代前半の主婦は、夫が単身赴任中で寂しさを紛らわすために出会系サイトで相手を探していました。
私と知り合った彼女とは、週に1.2回セックスをするようになったのですが、ある時、彼女の学生時代からの友人である女性を連れてきて、私に「今夜は3人でしたい」と言ったのです。
彼女が連れてきた女性は結婚をしておらず、仕事一筋に生きてきたキャリアウーマンのようで経験も数年間していなかったそうです。
そんな時、私のセックスフレンドである主婦に私との関係を聞き「私もしたい」と言い出したようです。
私はセックスの経験は数多くありますが、その当時は1人で複数の女性を相手にしたことはありませんでした。
しかし、「このようなチャンスはなかなかないだろう」と思い、その夜は3人でホテルで過ごしました。
翌朝、紹介された女性から「今度は2人でしたい」と言われ、今では複数いるセックスフレンドの1人になっています。
仕事一筋に生きてきた彼女は、職場では重要なポストを任されていて仕事で抱えるストレスも多くなっているそうですが、私とセックスをすることで仕事のストレスを解消しているそうです。
私とのセックスでストレスを解消し仕事への活力になっているのなら、それは私にとっても嬉しいことです。