秘密のパーティー

私は33歳の主婦です。
25の時に主人と結婚し、結婚して早8年。

私達は子供はおりませんが、結婚して2年も経つ頃には
セックスレスになってしまいました。
でも、正直私もまだ若いですし、体型も変わっていません。
理由もなく抱いてもらえないのは、とても悲しいものです。

そんな折、何気なくインターネットを見ていた所、
乱交パーティーの掲示板があるというのを知りました。

興味本位で覗いていると、なんと来週、
私の住んでいる市でパーティーが開かれるというのです。
参加無料、男性は身元確認が必要だが、女性は不要というもの。
欲求不満だったこともあり、私は参加の申し込みをしてしまいました。

主人に後ろめたさはあるものの、ひた隠しにし、
気がつけば開催当日。

会場につくと、私より年上の男性(40代~50代くらいでしょうか)が、
5人と私と同い年位の女性がもう1人いらっしゃいました。

主催者の方の司会で、全員が順番にお風呂に入り、
部屋が暗くなって、ついに乱交が始まりました。

結局、女性は私達2人だけ。
私のまわりには、3人の男性がいました。

「○○さんは、旦那さんいるんじゃないの?」

私の胸や太もも、首筋を3人の手や舌が這います。
1人の男性にそう声をかけられ、私ははっとしました。

「いま、す…」

「こんなことしてていいの?
それとも、こういうのが好きなの?」

そう言って、男性は私の足を大きく開きます。
なんて恥ずかしい格好なんだろう。
私は思わず、頬を赤らめました。

「いやぁ…」

心とは裏腹に唇からは甘い声がこぼれます。
スカートはたくしあげられ、手は後ろで誰かのネクタイで高速、
ついにはタオルで目隠しまでされてしまいました。

「お仕置きしないと」

そこからは、三人に一気に責め立てられ、
何がなんだかわからないうちに、時間を迎えました。

何度も肉棒をくわえ、バイブを入れられ、
何度も何度も犯されました。

主人に申し訳ないと、私は後ろから激しく突かれながら、
何度も何度も「ごめんなさい」と叫びながらイってしまいました。

それでも何故でしょう。
帰り道につく私の手には、
次回の予約券がしっかりと握られていたのでした。

 

友達のお母さんとの複数プレイ体験談

私は現在30代の男性です。
信じられないかもしれませんが、実は20代のときに友人のお母さんたちと私とその他の友達数人で乱交パーティーをしました。
今日はそのときの体験談を記したいと思います。

きっかけは私が友人のお母さんAさんと関係を持ったことでした。
Aさんは当時40代半ばでした。
しかし、年齢からは想像できないほど美人で若い、30代と言っても全然ばれないほどの美魔女でした。
Aさんと肉体関係になってから、1ヶ月後ぐらいのことです。
Aさんの家に行くと、Aさんの友人2人に紹介されました。
正直、この関係は誰にもばれていけないと思っていたので、それを友達にばらすのにちょっとびっくりしましたが、どうやら彼女たちも欲求不満なので、若い男性を紹介して欲しいということでした。
そこで、次の週に昼間みんなでAさんの家に会うことになりました。

その日は私とAさん、そしてAさんの友だち2人と私の友だち2人の合計6人です。
最初はそれぞれ個室でエッチを始めたのですが、途中からAさんがほかの人のエッチを見たいということで、結局はリビングでみんなでエッチを鑑賞しあうようになりました。
それはもう乱交パーティーです。
結局、その日はだんなさんがいないことをいいことに、6時間ぐらい相手を交代してエッチをしていたと思います。

そんな大胆な乱交パーティーは結局それが最初で最後でした。
それからはそれぞれカップルができてセフレになっていきました。

 

麻雀仲間と楽しんだ乱交パーティの体験談

私は今30代の男性です。
まだ20代の頃の話になります。
大学を留年して、毎日麻雀をしていました。
近所の雀荘でいつも麻雀をしていた仲間が数人いました。
その中の一人は40代のおっさんでした。
麻雀をしているうちに何人かの仲間と仲良くなり、飲みに行ったりしていました。
ある時、おっさんの一人が今度熟女と遊ばないかと誘ってきました。
正直、20代の私にとっては熟女というのはそれほど魅力を感じなかったのですが、暇だったので一緒に飲みに行きました。
居酒屋のようなところだったと思います。
行ってみるとそこにいたのは二人の熟女でした。
一人は40代のAさん。
もう一人は50代のBさんです。
二人ともきれいな女性だったのですが、当時の私にとっては親ぐらいの年齢の女性でしたので、正直エッチをしたいと思うほどではありまでした。

さて、飲み始めてから話が段々とエロトークへと変わっていきました。
そして、最近エッチをしていないと二人の熟女が言うと、今日はみんなでエッチしようよと友達のおっさんが誘っていました。
冗談なんだろうなと受け流していたら、1軒目が終わってから向かった先はおっさんのマンションでした。
そして、部屋に入るならおっさんとBさんがいきなりディープキスをしだしたのです。
そしてAさんも私とキスをしようとしてきました。
もうどうなってもいいやという気持ちでこちらもキスをして、そしておっぱいをもんだり、彼女はフェラをしたりしだしました。
結局エッチをして、横を見るとすでにおっさんとAさんは1回戦を終えていたようで、私たちのエッチを鑑賞していました。

2回戦は私とAさんの組み合わせでエッチをしました。
まさか熟女二人と乱交パーティーをするとは思っていなかったのですが、意外と興奮して朝までエッチをしました。

 

ネットでのオフ会で、乱交状態に・・・

SNSでグループでやり取りをしていました。
男女3対3の6人で仲良くしていたのですが、みんな初対面でした。
でも、ネットではよくエッチな話題をしていたのです。
そこで一人の人が乱交パーティをしたいと言い出し、他のみんなもすごくノリノリになっていたのです。

好きなプレイや、場所、日時などを沢山やり取りをして決め、参加する日がすごく楽しみでした。

当日は、一人の人がホテルを予約してくれて、男女3人部屋を取りました。
しかし、部屋を2つ取りましたが、女子部屋に行き、乱交を始める流れに。

カードゲームをして、負けたほうがだんだん服を脱いでいくと言うもの。
野球拳のような感じです。

そして、裸になった人が次にすることは、エッチなことを要求され、それに従うことでした。

カードゲームもだんだんゲームではなくなり、次第に一人の女性に集中して愛撫をしたり、2人の女性がレズっていたり、交互に入れ替えながら3つのお○ん○に挿入したりと、乱交パーティは出来上がっていました。

部屋中、いろいろな女性の喘ぎ声が漏れていたと思います。

セックスは長時間にわたって行われ、気づけば沢山の精子がかけられていたのです。
女性たちはすごく満足そうな顔をし、順番にシャワーを浴びていきました。

次の日には朝食をみんなで食べて解散したのですが、次にあう約束もしっかりし、次がすごく楽しみになっています。

SNSでは今までどおり仲良くやり取りをしていますが、乱交パーティ以来さらに仲が深まったように感じています。

 

カップル同士の4P乱交パーティ

私はここ2,3ヶ月前に念願の彼女ができました。
彼女は、私と同じ職場で、社内恋愛だったのです。
彼女はすごくモテていて、私の他にも彼女に好意を持っていた人も少なくはありません。
そんな中で私が選ばれるのは少し優越感に浸る感覚にもなっていました。

私と彼女ジョが付き合うことになったことを知った先輩は、私によく彼女とどんなセックスをしているのか聞いてきます。
先輩にも彼女がいたのですが、先輩の彼女Aさんは、私が今付き合っている彼女と出会う前に好きになった人で、きっぱりと振られてしまったのです。
先輩は、そのことを知っていて、ある提案を持ちかけたのです。

先輩が、私の付き合っている彼女のことが気になっていると言った下心からなのですが、先輩の家で今度4Pセックスしないかと持ち込まれたのです。

最初は少しためらいましたが、Aさんのことは昔気になっていた人だったので、興味がないわけではなかったのです。

そして、先輩の家で4人で普通に飲んでいたときのこと。
みんなして飲みすぎて出来上がっていた頃、先輩は彼女に抱きつき、イチャイチャしてきたのです。
そして、Aさんもまた、私にキスをしてきます。
彼女は先輩を受け入れていました。
ショックと言う感情よりも、彼女の乱れた顔を見てすごく興奮している自分がいました。

私も、昔好きだった人と、エッチをしていたのです。
まさかの展開に驚きながらも、私は思い切りAさんとのセックスを楽しむことにしたのです。

彼女のことが気になってあまりセックスに集中できなかったのも事実です。
でも、同じくらいに、Aさんとのセックスもすごく気持ちがよかったのでした。

 

彼女の友達も混ぜて3Pエッチをした体験談

私には彼女がいました。
そして、彼女の親友とも仲がよく、3人でどこかにお出かけをすることも頻繁にあったのです。

3人で仲がよく、彼女の親友という感じですが、ぶっちゃけ彼女よりも親友のほうがすごくタイプだったのです。
関係を壊すのが嫌だったので、この気持ちを2人に伝えることがないまま月日が過ぎていきました。

そんなある日。
私は久しぶりに彼女と2人きりで過ごしていたのです。
彼女が手料理を振舞ってくれるとのことで、私は彼女の家に呼ばれたのです。

彼女の美味しい手料理を食べ、まったりと過ごしていると彼女から「久しぶりにエッチしたい」と言われ、私もその気になっていたので、久しぶりに彼女とエッチをしました。
しかし、私は彼女とエッチをしながらも、頭の中では親友のことを考えていたのです。
親友とエッチをしているところを想像しながら私は彼女を抱いていたのです。

すると、奥のほうからガサガサと音がし、人の気配を感じたのです。
その気配に気づいた私の背後には全裸になった親友の姿がありました。

「私が呼んだの。3人で仲がいいんだから3人で恋人関係になるのもいいかなって」
彼女はなんだか意味不明な発言をしだします。
でも、私にとったらすごく嬉しい発言でもありました。

彼女と親友と同時に手まんをしたり、2ひとして貪るように私のモノをなめたりと、すごくいい光景を見ることができました。
そして、この時初めて私は親友とセックスをし、念願が叶ったのでした。

 

熟女だらけの乱交パーティーに参加

僕は26歳のサラリーマンです。現在彼女はいません。熟女好きなので、彼女よりも熟女のセフレが欲しいのですが、熟女のセフレもいません。そんな僕はネットで熟女だらけの乱交パーティーを見つけたので、参加することにしました。

場所はとあるマンションの一室に行きました。そこが乱交パーティーの会場でした。参加者は男4人、女4人とバランスが取れていました。女は30代、40代のスレンダーから体形が崩れた熟女まで彩みどりでした。シャワーを浴びてリビングルームにいると、参加者がテレビを見たりつまみを食べたりしてくつろいでいました。中には、すでにイチャついているカップルもいました。僕がリビングルームに行くと、40代のぽっちゃり熟女が僕をエスコートしました。体型が崩れて腹が出ているけど、巨乳のおばさんです。このおばさんとイチャつきました。周りもイチャイチャがどんどんエスカレートしていき、自然とプレイ開始モードになりました。隣のヤリ部屋に行ってセックスするカップルもいれば、リビングルームでプレイに移るカップルもいます。僕たちはリビングルームでプレイしました。

僕が彼女の胸を揉みながら手マンしていると、彼女は催してきました。トイレに行きたいと行ったので、僕たちはバスルームへ行きました。そこで、彼女のおしっこを鑑賞した後、興奮した僕は彼女をバックから激しく犯しました。最後は彼女の尻に射精しました。僕たちはそのままシャワーを浴びて、リビングルームに戻りました。

リビングルームで一休みしてから、トイレに行きました。トイレに行く途中、30代のスレンダー熟女がバスルームへ行ってシャワーを浴びようとしていました。僕は彼女を呼び止め、一緒にバスルームに行きました。バスルームでお互いの身体を洗いっこしてから、ヤリ部屋に行ってプレイしました。ヤリ部屋ではさっきのぽっちゃり熟女が胸を大きく揺らして絶叫していました。僕も負けじとスレンダー熟女をガンガン突きました。最後はキスをしながら正常位でフィニッシュしました。

熟女好きの僕には色々な熟女が楽しめた乱交パーティーでした。

 

好きな先輩に騙されて・・・

私は19才の頃、先輩と再開し遊ぶようになり先輩のことを好きになりました。
先輩は悪い方で目立つタイプの人で友達も結構居ました。ある日、遊びに誘われ行くと
先輩の友達の家に行こうという話になり向かいました。そこには男の先輩ばっかりが3人居て
私と先輩で5人になりました。
最初は普通に会話してたのですが、その中に21才にもなって童貞のいかにもモテそうもない先輩が居て
みんなで頑張れやって笑いながら励まして居ると、大好きな先輩にいきなり
「お前相手してやれば?」と言われました。冗談だと思い「絶対いやー」と笑いながら拒否しましたが、
何故か先輩達が話を進めている模様で、とっさに逃げなきゃと思いましたが、遅かったのです。

「向こうの部屋に行くからやってやれよ」と放置され名前を呼んでも向こうは向こうでAV鑑賞を始めました。
抵抗し逃げ回っていると、大好きな先輩がやって来てキスされました。
そのまま上に乗られ、その状態で童貞の先輩にズボンを脱がされそのままされるがままにツバをつけた指を
いきなり突っ込まれました。
嫌がっていると大好きな先輩にキスで口を塞がれ、そのままの状態で挿入されました。
童貞の先輩はすぐ果てました。救いなのは外出しだったことでした。
何も考えれなくなっている私に大好きな先輩が「消毒」といい挿入してきました。
嬉しくもなんともない状況で他の先輩達も入って来て、フェラされたりかわるがわる
犯されました。
気付けば女の子が1人増えており、2対4の乱交になっていました。
きっとその子も騙されて呼ばれたんですね。

どのくらいたったかわかりませんが終わった後は先輩が優しく抱いてくれて家までちゃんと送られましたが‥‥
2度と会いたくないと思いました。

 

乱交パーティーを見学に行った話

小心者の癖に性癖というか性欲には逆らえず、他のことでは見せない謎の活動力を昔から示してきて自分でも驚く感じなんですが、今回は乱交パーティーに謎の活動力を発揮した話です。

アダルトビデオでも一対一のものより男女が入り乱れているものを好む傾向があって、是非いつかは生で見てみたいとか、参加してみたいと思っていたんです。
地道に乱交パーティーについて検索したり、情報収集していたんですが、小心者にはうってつけの提案をしてくれているところがありました。
参加しても乱交への強制参加ではなく、見学だけでも参加歓迎とあったのです。
見るだけでもいいし、見ながらオナニーをしてもいいし、盛り上がってきたら参加してくれればいいというもので、未経験者というか初心者としてはこれ以上ない好条件だと思い、普段は面倒くさがりなのにこういう時だけ積極的に動き、参加を申請してみました。

さて現場は、私より年上という人が男女共に多く、女性が二人に男性が五人、そして私という構図でした。

最初に軽い自己紹介などもあって、主催者が私も紹介してくれました。
見学希望者で、初心者であるということを伝えてくれて、それを聞いた参加者の皆さんは初々しいとか、リラックスしてねとか、なんでも聞いてねといった優しい声をかけてくださり、女性陣からもかわいいとか、是非参加してきてねと言われて嬉しかったです。

やはり皆さん慣れている感じで、会話もそこそこにスキンシップを初めて、各々が動きたいように動きつつ、少しずつ絡みが始まり、気づけばあっという間に皆さん全裸になって、乱交が始まっていました。
私は椅子に座りながらその様をじっくり観察していたんですが、アダルトビデオよりも生々しく、それでいて淫靡な印象を受けました。
童貞ではないんですが同じセックスのはずなのに雰囲気が違うというか、複数の男女が入り乱れる姿は特殊であり、独特の雰囲気がありました。
特に女性陣に見ながらオナニーして欲しいとお願いされてしまい、言われるままにしごきながら見ていると、見られることでさらに感じると、乱れてくれてオカズを提供してくれました。

途中参加ということも考えたんですが、オナニーできたことでスッキリできたこと、独特の雰囲気を味わえたことで満足できたことで今回は見送りました。
次の回で参加してデビューを果たしたんですが、それはまた別の話です。

 

合コンのノリで3Pエッチをした体験談

合コンに行った時の事でした。
1次会はそこそこに盛り上がり、2次会に行くことになりました。
しかし、2次会で皆はエンジンがかかったのか大盛り上がりになったのです。

そして、ベロベロに酔った一人の女性が私にもたれかかってきたのです。

凄く飲みすぎたのかと思い、介抱していたのですが、何を考えているのか理解できず、いきなりキスをしてきたり、私のモノを触ってきたりして、凄くびっくりしてしまいました。
そして、私も彼女の大きなおっぱいをもんだりしてお互いに淫乱モードになっていました。
凄くやわらかくて弾力のあるおっぱいに大興奮しつつ、
周りの事も少し忘れかけていました。

3次会に皆で行くことになったのですが、ベロベロになった女性は私から離れようとしません。
私も、少し心配になり、彼女を介抱することにしました。
近くに家があるからと、彼女の友達も一緒に介抱に付き合ってくれることになり、ベロベロになった彼女を部屋に寝かせました。
「後は私が見てるから、3次会にいってきてもいいよ」と言われたのですが、私は一緒にいました。
なぜなら、彼女こそが私のお目当ての女性だったからです。

私は心配だからと口実をつけて、彼女との急接近を狙ったのでした。

彼女といろいろと話しているうちに少しずつ仲良くなり、いい雰囲気になっていきました。
そして、少しずつ接近していくと、私達はそのままキスをし、セックスをしたのでした。

2回戦に行くときには、ベロベロになった彼女もおきて、セックスに加わって来ました。

一気に2人の女性とセックスをするのは初めてでしたが、凄く楽しい経験になりました。

 

したくなったら乱交パーティーへ

私はどうしても行為をしたくなったときには、乱交パーティーへ参加しています。
やはり、我慢するというのは難しいですし、毎日オナニーするのも気が滅入るのです。
そのため、私はしたくなった場合には、よく乱交パーティーに顔を出しパーティーに参加しています。
乱交パーティーの魅力は何と言ってもやれることでしょう。
私は知らない女性でも歓迎ですし、できるのならば嬉しいのです。

年齢も外見もストライクゾーンがかなり広めな私は、これまで19歳から51歳までの女性と経験したことがあるほど。
それくらい、私は年齢や外見をほとんど気にすることがないのです。
乱交パーティーでは30代や40代の女性もたくさんいますし、私としてもドストライクです。
乱交パーティーではいろんな女性とすることもできますし、参加するのも楽しいのではないでしょうか。
私はこれまでに乱交パーティーで数え切れないくらい女性と関係を持ちましたし、毎回新鮮な気持ちでドキドキしながら参加しているのです。

やはり、乱交パーティーにはかなりの魅力があるので、参加して損はないでしょう。
もし、どうしても女性とやりたくなった場合には、乱交パーティーへ行くのもいいと思います。
たくさんの女性と関係を持つことも悪いことではありませんし、いろんな経験をできるので最高です。
私はこれからもどんどん乱交パーティーへは参加するつもりですし、たくさんの女性たちと関係を持ちたいです。
乱交パーティーはかなり興奮できますよ。

 

大学のサークル仲間のカップル同士での乱交プレイ

私は大学に進学し、早速サークルに入りました。
そのサークル内の先輩の一人と付き合うことになったのです。

彼は凄くいい人で、サークル内でもプライベートでも、一緒にいて凄く楽しくなれる相手だと思いました。

そして、彼の親友カップルとも仲がよく、私達はよく4人で一緒に行動するようになっていたのでした。

ある日、私達は彼の家で宅飲みをしていました。
すると、彼の親友カップルが突然イチャつき始めたのです。
私は突然のことで、すごくびっくりしていました。
すると今度は彼も私にいちゃつきだし、セックスをし始めるのです。

私達はカップル同士でどれだけ愛し合っているのかを見せ合い合戦になっていたのでした。
最初はそうだったのですが、2ラウンド目からは、お互いのパートナーを交換してセックスを始めていました。
彼氏のものとはまた違う気持ちよさを感じました。

女2人して、すごく気持ちのいいセックスにタダひたすら喘いでいたのでした。

一人の女に対して、2人同時に責めたりすることもあり、気がつけば乱交パーティになっていたのです。
でも、凄く気持ちよくて、私達はこの日以来、定期的に乱交パーティを開いて楽しむようになっていたのでした。

いろいろな人とのセックスを一度に楽しめるのは凄く贅沢な感じがしました。
そして、それぞれに違った快楽を与えてくれるのも凄くいいと思いました。
一人だけでのセックスでは物足りず、複数でのセックスにはそれでしか味わえない快感が潜んでいるのでした。

 

人に見られながらのエッチは最高

わたしとセフレは実は人に見られながらエッチをすることが好きです。
でも友人たちの前ではちょっと出来ませんよね。
変態だと思われてしまうから。
そのために時々乱交パーティーに参加して人前でエッチすることをたのしんでいたのです。
私たちの目的はあくまで自分たちのエッチが主体。
それをほかの人たちに見てもらって時々参加してもらっていたのです。
この前の乱交パーティーでは同じ部屋で2組のカップルがいました。
僕と彼女が初めてから隣のカップルが混じってきました。
彼女はいつも自分の潮をふくところを人に見られたがるのです。
そのために隣のカップルにお願いをして僕が後ろから彼女を支え、動けないようにがっちり固定して、足の女性に胸を刺激してもらい、最後に男性に指で刺激することをお願いしたのです。
彼女は固定されて動けないことに興奮し、いつもとは違った指の感触、そしてピストンの速度の違いでちょっとびっくりしていましたが、段々感じてきましたね。
そしてついにみんなの前で潮をふいてしまったのです。
その勢いで彼女とその男性が交わり、僕はその相手と交わることになりました。
彼女は僕がほかの女性としているのを見て興奮したのかもしれません。
一旦射精が終わった後に、彼女は僕との行為を激しく求めてきました。
そしてみんなに見られながら、そしてみんなに胸や膣を刺激されながらエッチをしたのです。
いつもと違う目線があり興奮したのでしょう。
彼女はすぐに果ててしまいました。
みんなに見られるエッチって最高ですね。

 

彼女とその友達との3Pセックス

私には、お付き合いをしていた彼女がいました。
彼女との関係は良好で、彼女の親友も一緒によく3人で遊ぶ事もあったのです。

ある日、彼女の親友が、付き合っている彼氏とのセックスについての悩みを私達に打ち明けたのです。
私ってセックスが下手なのか。
彼からセックスが下手だと言われ、凄くへこんだと言います。

彼女はそんな友人に「そんな事言う男とは別れてしまえばいい」と言います。
私は、彼女の発言に加担するかのように、「じゃあ試してみようか」と悪ふざけに言ってみました。
すると彼女も、「そうだよ、私の彼氏かしてあげるから試してみればいいよ」なんて簡単に言うのです。

親友も、それなら・・・と、私とのセックスを受け入れるのでした。
重なり合う唇は凄く柔らかく、私は凄く気持ちのいいキスをしている感じがしました。
親友は凄く感じています。
私は感じて乱れてくれる女性が大好きなので、どんどんいろいろなところを愛撫し始めます。

アンアンと感じている親友に彼女は電マなどのおもちゃを使っていろいろなところを愛撫します。
そして、私と親友は合体するのです。
凄く締りがよく、私はいつもより早く絶頂を迎えそうでした。

アナルにも、彼女はバイブをいれ、親友は激しく喘ぎまくります。

前からも後ろからもせめられて、最終的にはぐったりとしていました。

きっと、セックスが下手なんじゃない。
相性の問題なんだろうと思いました。

私達はそれからよく3人で定期的にセックスを楽しむようになるのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です