童貞クン参加の乱交パーティー

この前ちょっと不思議な乱交パーティーに参加しました。
童貞クンが二人いたのです。
私と一緒に飲んでいて少し雰囲気の良くなった男性がいて、この人とエッチをするんだろうなと思っていたら、その人が一緒に来ている男性があと二人いるから一緒に読んでもいいですか?と。
その二人は童貞で積極的に女性に声を掛けれずに近くのソファーで飲んでいたのです。
ちょっとびっくりしましたが、その二人が混じることも同意しました。
それから3人で別のしきりのあるソファーへ移動。
そこでまたおしゃべりをしながら、その男性はゆっくり私の胸をはだけさせ、ゆっくり下着に手を入れてクリを刺激し始めたのですね。
凄く気持ちがよくて、私もソファーに寄りかかってしまいました。
彼はそんな私を見て下着を脱がせました。
そして彼は二人の童貞に指示をしました。
一人は私の胸を愛撫するように、もう一人はわたしの足を掲げるように。
そして3人の男性の前で足を思いきり開くような格好になり凄く恥ずかしかったです。
それから彼は私のクリや膣を刺激してくれるのですが、童貞クンたちはそれに興味津々でガン見。
ちょっと恥ずかしかったですね。
足が開いて抑えられているので、思うように動きが取れず、でも彼が指で刺激をするので、簡単にいってしまいました。
そのあとは童貞クンの出番です。
今と同じように指で刺激、そしてなんとクンニまで。
彼のクンニはとても気持ちがよかったな。
童貞っていいですね。
何だか貪欲でむさぼってくれるので満足することが出来ました。

 

鍋パーティから乱交パーティへ

大学のときに仲の良かったグループと久しぶりに集まる事になり、久しぶりに鍋パーティをしました。
男女2対2だったのですが、これと言って今までに異性として感じることはありませんでした。

鍋パーティの日も、昔とは変わらず、ワイワイと楽しんでいました。
そして、お酒も回って皆で同じ部屋で寝ていました。

私が目が覚めると、3人はまだ寝ていて、風邪を引かないようにと、それぞれの上着をかけていました。
そして、お水をもらおうと、コップにお水を汲んでいると、一人の男性が目を覚まし、「俺にも欲しい」と言ってくるのです。
私は、彼にもコップを出すと、「口移ししてよ」と言ってきます。
そして、彼のほうに振り向くと、彼は私にキスをしてきたのです。
「早くお水ちょうだい」と彼は、イジワルっぽく言ってきます。

私は彼に言われるように、口移しでお水をあげました。
そして、そのまま彼とアツいキスをするのでした。

2人が寝ている事を確認しつつ、私達はその場でセックスをします。
しかし、もう一人の男性も実は目が覚めているようで、私達を見てたたせていたのです。

私は彼のモノをフェラしました。
そして、もう一人の彼は私のアソコに指をいれ、手マンをします。

交互に襲ってくる快感に私は耐えられなくなっていました。
女友達はずっと寝ていて気づかなかったそうですが、彼女がずっと寝ている間、私達はずっと3人でのセックスを繰り広げ、鍋パーティではなく、いつの間にか乱交パーティへと変わっていったのでした。

 

久々にヒットな女性を見つけたパーティー

この前の乱交パーティーは結構あたりだったな。
そのときは女性も男性もちょうどいいくらいの人数で、しかも大きな会場で人数も多かったから、自分で好きに選べたというわけ。
小規模な乱交パーティーだと女の子の数自体が少ないから、自分の好みにあう子がいなかったりして本当にやることだけやって終わり、みたいなところがあってあとでむなしさだけが残るということもあるよね。
でもこの前の乱交パーティーはちょっと違ったな。
自分好みの女の子がいて、ほかの男性がいたんだけど、彼女を横取りしたって感じ。
でもその子の僕が話しかけたらまんざらでもなくて、ついてきちゃった。
でもそのおとこも彼女を手放したくなかったようでついてきちゃって、仕方なく僕たちはトイレに逃げちゃった。
そこでエッチ。
その彼女は凄く積極的で、僕のズボンをおろし、フェラから始めてくれたの。
それでまず一発抜いちゃった。
彼女の吸引力は凄くて、気持ちよくて彼女の口の中で射精をしちゃった。
それから僕は彼女を壁に押し付けて下着を取り、片足を上げたままで挿入。
彼女の中もしまりがよくて最高だったな。
会場にはコンドームが置いたあったんだけど、トイレにこもった僕たちはコンドームを持っていなくて生でしちゃった。
だから余計に感じたのかもしれないな。
彼女のあえぎ声も最高で、汗をしっとりかいて、股間をゆっくりぬらし、エロイ!体つきも抱き心地も最高で、できたらもう一回抱いてやりたいくらい・・・!

 

乱交パーティーでお姉さんと

若い女性が大好きな30代の私は、以前参加した乱交パーティーでおいしい体験をしました。
その乱交パーティーにはラッキーなことに、20代の美女が参加していたために、私はとてもいい思い出を作れたのです。
特に魅力的だったのが27歳OLのCちゃんです。Cちゃんはナイスなバディはもちろんですが、その性格の良さも最高でした。
すごく丁寧な話し方でしたし、プレイをするときにはとても気配りができて気の利く女の子なのです。
その姿に感動しましたし、乱交パーティーでここまでいい子は初めてだったので印象的でした。

Cちゃんは私の愚息をぱっくんちょすると、そのまましばらく咥えているくらい、ペニスが好きということでした。
そのCちゃんの愛らしい姿に興奮した私は、Cちゃんのデカパイを揉みながら言葉攻めを繰り返しました。
Cちゃんは恥ずかしそうにしながらも満更でもない様子です。Cちゃんと激しいキスをしたり、とてもいい時間を過ごせました。
Cちゃんとばかりするわけにはいきませんし他の人もいるために、私は残念でしたがCちゃんとバイバイしました。
Cちゃんほどの子は他にいませんでしたし、他の人とプレイをしていてもどうしてもCちゃんのことが気になります。

そのため、他の女性にはかなり失礼だったと思いますが、それほどCちゃんが印象に残っているのです。
もし、またCちゃんのようなすばらしい女の子が参加しているのならば、ぜひ乱交パーティーに行きたいです。
Cちゃんとはその一回だけでしたが、本当にいい思い出です。

 

いつも満たされない前戯を乱交パーティーで満たす

わたしには彼がいるのですが、あまり彼とのエッチで満たされたことがありません。
私はクンニが好きなのですが、なかなかすぐにいける体質ではないので凄く長くしてほしいのです。
でも彼がしてくれるのは長くても10分くらい。
やっぱり体勢もきついし、一人でなめ続けるのもきついのかな…それを乱交パーティーで解消したいと思っていました。
乱交パーティーで声をかけてくれた人には、クンニが好きだけど、なかなか彼が満足するものをしてくれないと言いました。
そしたら今日はじゃあ満足させてあげると私をソファーに押し倒しました。
そこから私の乱交パーティーが始まりました。
周りでも既にカップルが出来上がり、行為が始まっていました。
彼は私をソファのふちに座らせてゆっくり足を開くと、ゆっくり舌で刺激をはじめてくれました。
彼はとっても上手で指を使いながら、口も使い、私の中はまるでとろけそうでしたね。
下の刺激でだんだんと私のクリも大きくなり、腫れあがってきました。
それを彼は自分の髭なんかも使って刺激をし始めたのです。
ザラザラな感覚にまた興奮をしてしまいました。
結局彼の行ってくれたクリトリスへの前戯や1時間くらいになったでしょうか?私の陰部はもう腫れあがったように感じましたし、もう敏感になり、彼がちょっと触れるだけで体がびくっと反応するように。
いつもはなかなかいけないのだけど、この時は後半に2回も行くことが出来ました。
すっごく満足できました。

 

学生時代のときのサークル仲間と宅飲みした時の体験談

大学の頃のサークル仲間と一緒に、宅飲みをしていました。
お酒を飲んでつまみをつまんで、楽しんでいると、私と一人の男性以外は皆倒れてしまいました。

私達はしばらく会話を楽しんでいて、そのうち、じゃれあうようになっていたのです。
おふざけな感じで彼は私のおっぱいを触ってきました。
そして、顔が近づいたのです。

ふと時間が止まったような感じがしたのですが、私はそのまま彼にキスをしたのでした。
私達は、みんながつぶれているのをいいことに、その場でセックスを始めるのでした。
そして、私が彼の愛撫で感じているときでした。
ふと愛撫されている箇所が増えたように感じました。

気がつけば、もう一人の男性も目が覚めてセックスに参加していたのです。
私は凄く興奮しながらも感じていたのです。
そして、私も2人のモノを交互に口にくわえていました。
こんなハラハラな経験は初めてだったので、興奮を抑えることができず、声を我慢して抑えることなく、喘ぎまくっていました。

きっと後の友達もおきていたと思います。
でも、そんな事もお構い無しに私は挿入や愛撫などが凄く気持ちよすぎて頭がおかしくなっていたのでした。

その翌日、私達は何事もなかったかのようにすごし、解散したのですが、それ以降も定期的に複数の男性とセックスを企画して、乱交パーティを行っていたのでした。

今では、一人だけでのセックスは物足りなくなっていました。
乱交セックスならではの魅力と快楽をすごく感じることが出来たのでした。

 

他の人のセックスをはじめてみた乱交パーティー

私は結構奥手でいつも彼が出来るとその人と長く付き合う、そして付き合った彼の数は少ない方でした。
その時に付き合っていた彼ももう2年続いている人でエッチはマンネリ化していたのです。
そんな彼が友人から誘われたんだけど乱交パーティーに行かないかと誘ってきました。
私は乱交パーティーなんてと思いましたが、ちょっとマンネリ化もしていたし、刺激も欲しくて、自分がエッチするかどうかは分からないけれど、行ってみることに…。
当日は彼と約束をしました。
どんな人に誘われて、どんな人とやろうともお互いを責めない。
だってパーティーに参加することは二人で決めたことだし、それをたのしむためにパーティーだから。
そして私は会場について、男性にさそわれるがままに部屋へ連れていかれましたね。
もう彼のことは考えないようにしようと思っていました。
男性についていった場所ではもう既に3組のカップルが。
あいているソファーに座ってゆっくりと行為が始まりました。
私はそれまでほかの人のセックスを見たことがありませんでした。
そのためにかなり興奮してしまいましたね。
そして人のセックスというのはこんなのかとちょっと冷静に分析もしてしまいました。
結局その乱交パーティーでは2人の人と交わりましたが、二人とも優しくて、私は大満足でしたね。
彼も1人の女性とカップルになりエッチをしたようで、いつものマンネリ化したエッチと違う感覚でエッチが出来たので満足したようです。

 

何度もイかないと物足りない・・・

私は就職して1年経ちます。
同僚の人の中で、2人の男性と仲良くなりました。

私が就職した時には同僚の人は2人の男性しかいなかったので、彼らとよく行動を共にしていたのです。

1年経てば、仕事にも慣れてプライベートでもよく飲みに行ったりする仲になっていました。

ある日、彼の部屋で3人で飲んでいました。
仕事の話で盛り上がっていたのですが、話はどんどんエッチな内容になっていました。

今までは職場の同僚と言うくくりで接していたのですが、彼らも男です。
いやらしい話題をすれば、男になるのは自然な話です。

自然な流れで私はふいに、セックスしてみようかなんていってしまったのです。
私がセックスで気持ちよくなった経験がないという話から始まった今回の出来事。

そして、男性達は「セックスで女を満足させる自信がある」といい、試してみる事にしたのです。

早速一人の男性とキスをすると、もう一人の男性は私のスカートを脱がしてパンツも脱がし、いきなりクンニをしてクリを集中的に愛撫します。
私はいきなりの刺激にビリっとした感じがし、エッチな声を出してしまいました。

一人はおっぱいを中心に、もう一人はアソコを中心に愛撫していきます。
私は感じる所すべてを同時に愛撫される事によって頭の中がおかしくなりそうなほどに気持ちよくなっていたのでした。

挿入も交互に休む暇もなく、突きつかれ、私は最終的に快楽を通り越してぐったりとしてしまうのでした。

それ以来、彼らとはセフレのような関係を続けています。

 

生まれて初めて乱交パーティーに参加

乱交パーティーに初めて参加したのは23歳の時。
それは友人に誘われて。
私は本当は参加することに躊躇していたのだが、友人が私の分も支払ってくれる、そして無理やりにされるような所ではないから大丈夫ということで参加を決意しました。
当日友人と向かったのは会場になるバー。
受付に行くと既に何人かが来ていましたね。
まだパーティーといった感じではなく普通のバーの顔をしていました。
そこで取り合えず友人と飲みはじめたのです。
人が増えてくると同時に少しずつ話しかけられることが多くなりました。
私はいまだにほかの人とのセックスが怖くて、あまりうまく答えることが出来なかったのだけど、友人は見ていても上手に対応していました。
そして相手の手が伸びて来てもそれを上手に受け入れるのです。
私は見ていて恥ずかしくなるほど。
それから私の前で友人がキスを始めました。
其れと同時に、相手の手が下着の中へ。
はたから見ていても友人が感じているのがわかりドキドキしました。
それから何分くらい続いたでしょうか?私は隣の人と話しながらも友人から目を話すことが出来ず、ずっと見ていました。
そして友人は相手の人の指でいってしまったのです。
それからその二人は会話を交わしていましたが、それ以降の進展はありませんでした。
何だか乱交パーティーといってもみんなが入り乱れているという感じではなく、ゆっくり相手を吟味しながら選んでいるという感じがしてちょっと意外だったな。

 

初めてのスワッピング体験

私には現在お付き合いしている彼氏がいました。
彼は凄く優しく、楽しい人で、セックスの相性もすごくよかったのです。
彼に愛されていると言った実感を凄く感じていて、幸せに包まれていたのですが、ある日彼の口から衝撃的なことを言われてしまうのでした。

彼は私がほかの男に抱かれているところを見たいと言うのです。

最初は、好きでもない人とセックスをすることに反対していた私でしたが、何度もしつこく言われ、仕方なく、1度だけする事にしたのでした。

約束の日、私は彼氏とその友人で3Pセックスをすることになったのです。
最初は2対2にする予定だったのですが、彼氏がほかの女性とセックスをするところは見たくないと言ったので、3Pセックスになったのです。

彼の友人は凄く品のある人でした。
そして、彼よりも年上な感じです。
正直彼以外の人とセックスをするのはいやだと思っていましたが、この人ならアリかも・・・と言った気持ちがよぎっていました。

3人でホテルに入り、乱交セックスが始まろうとしていたのです。
最初は3人でお酒を飲みながら和んでいました。
そして、彼の友人がシャワーを浴びてくると言うので、私は彼から背中を流してあげたらと言われ、彼の友人と一緒にお風呂にはいることにしたのです。
すると、裸を見た私はさらにセックスをしてみたくなり、そのまま思わず彼の友人にキスをし、お風呂場でセックスが始まるのでした。

お風呂場で私は絶叫しながら喘いでいました。
彼も何事かと思いながらもお風呂場を覗きにきました。

「いやらしい声を聞いていたらこんなに大きくなったよ」と言って彼も立派なものを私に見せてくれました。
私はバックで突かれながら思い切り彼のモノをフェラし始めます。

そして、お風呂場で激しく乱交状態になっていくのでした。

もちろんこの後、ベッドでも激しいセックスが続くのでした。

 

居酒屋で相席してそのあと4人で乱交パーティーセックス

友人と二人で居酒屋に行き相席になった男子二人と楽しく飲んでその後その一人の彼のマンションでもう一度飲むことになりました。
彼のマンションは高級で最上階にあり景色も綺麗で夜景がお風呂場から見えるというので、飲んだ勢いで女性二人と男性二人で一緒に入ることにしました。
プール感覚でワイワイしながらはしゃいでいました。
そのうち一人の彼と友人がキスをはじめちゃってもうこれはやばいと思いました。
もう一人の彼もそばに寄ってきて俺たちも楽しもうと言われました。
キスをしてお風呂の中で彼の手は私のあそこに触ってきて指を中に入れてきました。
激しくあそこをくちゅくちゅされて声が出ちゃいそうになりました。
もう一組はお風呂の角に彼女を座らせあそこひろげて彼はぺろぺろし始めてました。
それを見せられてもっと興奮してしまいました。
激しくセックスしてるうちに二組とも酔った勢いで相手を交換しようと言いだし相手を変えてセックスし始めました。
部屋中喘ぎ声であんあんってました。
でも興奮しすぎてきもちいーとなんども叫んでいました。
あそこの音もはげしくぴちゃぴちゃなっていました。
友人の背セックスしてる姿に興奮度はマックスになりました。
イクッって声に4人とも一緒にいっちゃいました。
乱交パーティーだったけどちょと思い出になるくらいすてきなセックスできました。
お風呂で夜景が見えて素敵なセックス最高でした。
セックスフレンドできちゃいました。
又機会があれば会いたいとライン交換しました。

 

友達と旦那の部下と乱交パーティ

私は30代になりたての女子です。
私の女子大時代の友達がすごくエッチで困っています。
先日も、私の家にその友達が遊びに来ました。
私は数年前に結婚していて旦那がいるのですが、多分旦那とも関係を持っていそうです。
でも旦那を怒る気になりません。
そのくらい彼女はエロいのです。
白い肌と、長身でスレンダー、バストは90、くびれた腰と文句のつけようのない体です。
顔も私がたまにムラムラするくらい可愛いのです、もう30過ぎてるのに。
旦那が帰ってくるまで、二人でビールやスパークリングワインを飲んで盛り上がっていました。
彼女が私にキスをして、愛撫をはじめました。
私は逆らえるわけもなく、身をまかせ、あそこはもうぐじょぐじょに濡れています。
その時に旦那が帰ってきました。
しかもタイミングよく新卒の部下を連れてです。
驚く新卒の部下をよそに、彼女は旦那のズボンを脱がしフェラをはじめ、そしてセックスを始めました。
旦那も逆らわずに楽しんでいます。
「やっぱりか…まぁそうだよな」私も達観して二人のセックスを見ています。
すると新卒の部下が私のおっぱいを揉んできたので、揉ませておきました。
へたっぴだったので「初めて?」と聞くと「はい、童貞です」と言いました。
それなら私もセックスのしがいがあるので、彼の始めての女になりました。
「すごい!奥さん、すごい綺麗です!最高です!」彼が果てる寸前に言った言葉です。
そう、私も学生時代はモテまくった口です。
ただ彼女がエロ過ぎてかわいすぎるので、私が目立たないだけなのです。

 

乱交パーティについて

じぶんは現在28歳の男性会社員をおこなっております。
これは最近の話となりますが、自分は乱交パーティに参加をさせていただきました。
詳しいことは表記はできませんが、友人宅で、ネットの知り合いなどを集めての
乱交パーティとなります。
女性は無料で、男性が20000円~30000円の参加費用を取られました。
友人が風俗店まがいなことをおこなっていたのです。
自分は少し、こわいような気もしましたが、性欲のほうが勝り、それなりに楽しい思いをさせていただいたとおもっております。
女性のルックスなどもほんとうに申し分なく、自分としては満足をすることができたのではないかと思います。
友人が乱交パーティを開催したのは今回が初めてということもあり、これからも継続しておこなっていくというので自分としては本当に楽しみで仕方がありません。
前回に参加をしたのはある掲示板での参加となります。
現在では摘発を受けてしまったのかそのサイトは存在をすることはありませんが、久しぶりの乱交パーティに参加ということもあり、ほんとうに新鮮な気分を味わうことができたのではないのかと思っております。
自分も今度できたら主催者として、開催をしてみたいと思っているので、友人にどうすれば、開催をすることができるのかといろいろ現在ご指導を受けております。
いつかは自分でほんとうに乱交パーティが主催できるようにこれからもがんばっていきたいと思います。
必ず実現をしてみせます!

 

初めてのパーティが乱交パーティ

女子大に通っています。
田舎から上京して一人暮らしを始めました。
友達がなかなかできなかったのですが、同じ語学クラスの女子とようやく仲良くなりました。
ある日「パーティに行こう」と言われたので「いいよ」と言いました。
ホームパーティの風景はドラマなどで見たことがあって、ずっと憧れていました。
「どこでするの?」と聞くと、「ホテル」と友達は言いました。
だとすると、セレブみたいな人が集まるのかなって思って、怖気づいてしまいました。
「あんまり参加費用高いと無理かも…」と私が言うと、「女子はタダ」と友達は言いました。
すごいなーレディファーストだなーって、その時は何も不思議に思わず当日を迎えました。
大きな誰でも知っているような、私でも聞いたことのある有名なホテルのスウィートルームでパーティは開かれました。
私は初対面なのに、みんなから優しくあつかってもらえてうれしかったのを覚えています。
カクテルとかワインとか、普段飲まない飲み物を飲んでいたら、酔ってきてしまいました。
「隣の部屋で休みなよ」と優しい男性に言われたので、そうさせてもらいました。
「服を脱いで」と言われて、裸になると、胸を触られたり、あそこを触られたりしました。
気が付くと、私は筋肉質のおおきな男性に覆いかぶされていて、大きなあそこを、私のあそこに挿入されていました。
その大きな彼が果てると、次の男性が来てまた挿入をしていきました。
何人も何人も挿入していきました。
気が付くと朝で、私は服を着て、家に帰り、ぐっすりと次の朝まで寝て過ごしました。
友達に会ったら「乱交パーティだから、普通だよ」と言われました。

 

アブない女の一人旅

私は、最近失恋してしまいました。
失恋を癒すために私は一人で傷心旅行に来ていたのでした。

バスツアーでの旅行だったのですが、一人でもそれなりに楽しんでいました。

ツアーでの自由時間のときに、私は一人でいろいろな観光名所を回っていました。
すると、同じバスに乗っていた一人の男性に話しかけられ、彼も一人で観光している事を話してくれました。
私は気さくに話しかけてくれる彼に心を許してしまい、失恋した事も彼にしゃべってしまうのでした。

少し人気のないところにいくと、彼は突然私にキスをするのでした。
いきなりだったので私はびっくりし、抵抗するのですが、彼の力にはかないませんでした。
そして、耳元で、「俺が忘れさせてあげるから」と言いながらおっぱいをモミ出したり、アソコに手をやったりと彼はやりたい放題。

私はこんなことされるのは嫌だと、なきながら懇願すると、彼は我に返ったのか、「ごめん」と慌てだし、すごく申し訳なさそうに謝り始めました。
無理やりするつもりではなかったと、凄く反省する彼に、私はまた少し気を許してしまうのでした。

ツアーが終わり、それぞれの部屋でお泊りをします。
私は、彼の部屋に遊びに行きました。
すると、友人が出来たのか、部屋には2人の男性がいたのです。

「あ・・・お取り込み中だったみたいですね・・・」
と言うと、「いいよ、入りなよ」といい、彼は男性達に私を紹介するのでした。

「よろしく~」
なんて凄く感じのいい男性達。

しかし、彼は次の瞬間・・・
「キミからきてくれるなんて凄くラッキーだよ」
彼はまた私にキスをしてくるのです。
そして、もう2人の彼も私のふぐを脱がしたり、体を触ったりと、私は一気に3人の男性に抱かれる事になるのでした。

なぜか不思議と、嫌な気分がしなかったのです。
やけくそな気分でもなく、むしろもっと気持ちよくして欲しいと思うようになっていたのでした。

 

永遠に続くような快楽。複数の男性。乱交パーティーの醍醐味!

先週、彼から別れを告げられました。
失恋です。三日間泣き続けました。彼の事は忘れたい。毒には毒を、私は考えました。
彼と一回だけ経験した乱交パーティーを思い出しました。あそこに行けば全てを忘れられる。
連絡を取り参加の日を決めて期待と不安でその日を待ちました。
その日、一人で屋敷のような会場を訪ねました。前より雰囲気が明るくなっていました。
私が部屋に入ると、すぐに男性から声を掛けられました。このタイプ嫌い。断りました。
しばらく誰も声を掛けてくれません。悲しくなりました。主催者に呼ばれて別の部屋に連れて行かれました。
男性が二人、筋肉の鍛練とペニスの大きさで笑っていました。部屋を間違えたと思いました。
部屋を出ようとした瞬間、体が宙に浮きました。二人の男性に抱き抱えられています。
すぐに裸にされました。それが目的でしたから驚きませんでした。ただ、彼らの腕力と暴力的な扱いに抵抗は感じました。それも消えました。彼らのペニスの立派さに恐怖が浮かびました。
あれを私の中に入れられたら、小柄な体型の私は壊れてしまうのではないかと。
足を持ち上げられ、思いっきり広げられました。恥ずかしいけど割れ目が大きく開いてしまいます。
さらに指で広げられ、二本の指が差し込まれ、さらに大きく女の敏感な口が中まで丸見えの状態です。
もちろん、恥ずかしい液体が溢れてしまいます。愛撫などありません。ペニスが割れ目を引き裂くように突進してきます。一気に奥まで到達すると子宮が悲鳴を上げています。
二人目の男性が私の体を裏返すと、バックから無理やりねじ込んできました。裂かれるような痛みと同時に快楽の渦に飲み込まれました。
意識が無くなりそうです。ぼんやりした視界に男の顔が何度も何度も現れました。
女としての私の体は、何回開かれ何回挿入され何回射精を受け入れたのでしょうか。
二人の男は朝になっても、まだ私の性器と膣を求め続けました。
精液の海に浮かんでいる私が遠のく性の感覚を引き戻していました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です