繁華街でナンパしてたらニューハーフとエッチすることになった

もともとナンパするような柄ではなかったため、親戚からの縁談などを通じて初めてのセックスをするのだろうと考えていました。しかし、仕事の付き合いで訪れたキャバクラで私の人生が大きく変わりました。私からナンパされたら、絶対にホテルまでついていくとキャバ嬢が言ったからです。そのときのことを思い出せば十中八九社交辞令なのですが、当時の私は言われたことを真に受けました。
豊島区の繁華街に繰り出した私は、手当たり次第にナンパし始めました。5人目の女性が私に興味を持ってくれたようで、そのままラブホテルに行くことが決まったのです。スナック働いていると言う30代半ばの彼女は、凛とした雰囲気で周囲の女性たちよりも美人でした。声も若々しくて、早く裸が見たいと思ったほどです。
ホテルのベッドにダイブした私に声をかけてきた彼女は、深刻そうな表情をしていました。エッチをドタキャンされるのではないかと思っていると、ニューハーフであることを彼女は打ち明けたのです。ただのドッキリだと信じ込んで聞く耳を持たなかった私は、彼女と一緒にシャワーを浴びる提案をしました。更衣室で二人とも裸になると、彼女の性器は女性そのものです。ところが、ベッドで再び女性器を確認してみると何やら形に違和感を覚えます。そのときにようやく彼女がニューハーフである事実を飲み込めましたが、私の他のセフレよりも綺麗な体をしていたので躊躇なく行為を楽しむことにしました。交わってみると女性とエッチしている感覚しかなく、今後も定期的にお願いしたいぐらいです。

オススメ出会えるサイト一覧↓
Jメール
PCMAX
YYC
ワクワクメール
ハッピーメール
メルパラ



シェア!