繁華街で泥酔少女とセフレに

去年人生で中々起こりえないことが起こったので書きたいと思います。年の暮れに同僚と飲み、3軒ほどはしごして気持ちよくなっていた時のことです。
23時を回り終電もあるので解散して私は一人繁華街を歩いていました。人気もだんだん減り裏路地に入ったところでハタチ前後の少女が閉まっているお店の玄関の段差にもたれて座っていました。
ミニスカからパンツが見えそうで人気も無かったのでよからぬ気持ちが湧き上がってきて、「大丈夫?」と下心満載で声をかけました。すると、泥酔しているようで「先生、、送ってください」というのでどうしようかと迷いましたが、意を決して担ぎ上げてタクシーを拾いました。下手すると捕まっていたかもしれませんが、幸い警察もおらず無事隣駅の自宅マンションに到着。部屋に上げても彼女は心地良さそうにぐで~っと横になっています。
やってしまったものはしょうがないとはいえ、18歳未満だとまずいだろうと思いバッグの中を探し財布を見ると免許証があり20歳ということが判明。
とりあえずホッとすると同時にムスコがいきり立つのを覚え、介抱してあげるふりをしながらアソコを弄ってみました。どうも気持ちいいようで「先生ソコ・・・」と腰をクネクネさせていました。
パンティを脱がすと完全に濡れていたのでそのまま挿入。何時間か楽しんでいると少女がだんだん酔いが覚めてきたようで叫ばれるかと覚悟しましたが、「お水ちょうだい」とあっけらかんと言うので水を注いであげました。
どうもそこまで意識が泥酔していたわけではないらしく、足に力が入らず立ち上がるのも面倒だったところに私が来たので、どこでもいいから休めるところにつれていってもらいたかったようです。
セックスにもまったく抵抗がない子らしく、美味しい食事に連れて行く約束をして数日後にまたセックスをしました。それからもずっと関係が続いています。

オススメ出会えるサイト一覧↓
Jメール
PCMAX
YYC
ワクワクメール
ハッピーメール
メルパラ



シェア!