群馬の出会いについて

じぶんは現在28歳の男性会社員をおこなっております。自分は昔からいろいろな恋愛をおこなってきました。
これは学生のときの話となります。自分が所属をしている高校は大阪にあり、修学旅行のときに群馬県に足を運びました。
そのときに別の学校の女子生徒と自分は知り合うことができたのです。それで自分たちはお互いの自由時間を活用していろいろな観光スポットへとむかいました。
彼女自身は京都に住んでいて、自分が知っているエリート高校に所属をしていたのです。性格はあっていてもお互いの身分の差などに自分は劣等感なども感じてしまいました。
しかし一度一会のきっかけだと思い、自分は積極的にアピールをおこなっていきました。
彼女自身もまんざらではないので、自分のことを受けて入れてくれて、自分たちは修学旅行が終わっても連絡を取り合って付き合うようになりました。
地元がお互い近いのですが、群馬で出逢った体験談となっております。
現在では彼女は結婚を行っておりますが、それでも自分たちは定期的に会わせてもらっております。
彼女自身が旦那さんとうまくいっていないことがほとんどであり、自分はその愚痴を聞くために会わせてもらっております。
それで必要であるのであれば、彼女を自分の体に慰めております。これは現在でも全く変わってはいないのです。
この関係がいつまでもつづいてほしいと思い、自分は今の関係を大事にするためにいろいろと彼女の機嫌を損ねないようにするために頑張っております。