群馬美人に逆レイプされた話

これは大学生のころの話。
日本一周をしようといろんな県を電車で旅していました。
群馬で降りて観光をしたり、ご飯を食べたりと満喫していました。
旅行中の悩みはやっぱり性の問題です。
オナニーはむなしいし、デリヘルや風俗は勇気がないと2カ月抜かない生活が続いていました。
群馬には長く滞在する予定だった(しばらく分のお金を稼ぐため)ので、安いアパートを借りて住んでいました。
毎日のようにバイトをしてお金がたまってきたころ、夜中に一人の女性が訪ねてきました。
前の住民で、忘れ物を取りに来たといっていました。
しかし、身に覚えのないものだったためその旨を伝えると探したいといわれました。
怪しかったけど美人だということもあり部屋にあげました。
そこから一緒に探し物をしていると、突然ベットの前で強く押されました。
何事かと思っていると、両腕をひもで縛られ口にガムテープを貼られました。
泥棒に完全にやられたと思って焦っていると、なんとズボンを下ろしてちんこを咥え始めました。
バキュームであっという間に精液を吸い取られると、パイズリで強制的に立たされました。
その女の人がパンツを脱いだのですが、糸がものすごく引いていたのを覚えています。
息を荒げたまま騎乗位で挿入されました。
中はしまっていて、更にヌルヌルで気持ちよかったです。
相手は激しく動いてイッテを繰り返していました。
その過程で手の紐が緩んだので、外して女を下ろしました。
そしてそのまま体位をバックに移し、激しく攻めて中に出しました。
その後女性は笑顔で帰っていきました。
何も取られなかったのですが、あれほど恐ろしく快感のデカかったセックスはいまだにないです。

オススメ出会えるサイト一覧↓
Jメール
PCMAX
YYC
ワクワクメール
ハッピーメール
メルパラ



シェア!