自分の愚かさに気づいた夜

自分の愚かさに気づいた夜

「酔っ払った女との駆け引きは…」


信じられないことに、雑居ビルが密集する私のバーのある区画から、ほんの数百メートル西に歩くだけで、低家賃のアパートがひしめき合う貧相な住宅街に達する。
わずか一キロ平方の地域に、札幌の新しい顔と古い顔が道路一つ隔てて鼻を突き合わせているのだ。


佳奈子が初めて私のバーに現れたのは、街中にライラックの匂いが溢れ始めた頃だった。
その日もいつものように夕方六時に店を開け、気の置けない常連客の他愛もない話に耳を傾け、ほろ酔い気分になった彼らをエレヴェーターの前で見送り、店まで戻ってみると、見かけない女性が店のドアの前で突っ立っていた。

「もう、看板ですかぁ~?」
「ええ・・そうしようかと思ってました」
「い、一杯だけでいいから、飲ませてくれない」
彼女は、明らかに酔っていた。
「でも、随分と酔ってらっしゃるようだから、もう帰られたほうがいいんじゃないですか」
「だって、帰りたくないんだもの、あんな部屋っ」
「そう言われてましても」
「ね、お願いっ、一杯だけ。お願いだって」
両手を合わせて、拝む仕草をする健気な態度にほだされて、私は看板時間を少しだけ延長することにした。
要するに、女には甘いということだ。


綺麗にカッティングした氷をグラスに入れ、12年もののマッカランを三分目まで注ぎ、カウンターの上のコルク製のコースターの上に置くと、彼女は一気にそれを飲み干した。
「もう一杯、頂戴」
「駄目です」
「ね、もう一杯だけ」
「酔っ払いは誰でもそう言います」
「ケチっ!」
「ケチで結構です」
「いくら?」
「八百円です」
「ねえ、これから一緒に飲まない、別の店で・・」
「まだ、片付けがありますから」
「じゃ、待ってていい?」
急に猫なで声に変わった。
こういう時の女は要注意だということを、私は過去の苦い経験から学んでいた。
「いえ、今夜はこのまま帰りますから」
「何も取って喰ちゃったりしないからさぁ~」
「とにかく、外に出て下さい」
「じゃ、外で待ってればいい?」
「どうぞ、ご自由に」


「やっと、終わったの?」
三十分後、後片付けを終えた私が店のドアの鍵を閉めていると、廊下の奥から声がした。
「まだ、いらっしゃったのですか」
「だって、待ってるって決めたんだもの、今夜は」
「私は、このまま帰りますよ」
「じゃ、付いていっていい?」
「困ります」
押し問答を繰り返しながら、エレヴェーターに乗るといきなり彼女から接吻をしてきた。エレヴェーターは神経を逆撫でするような不気味な音を立てて下降した。
q


一階に着く頃には、彼女はすっかり恋人気分を装っていた。
「マスターの家って、遠いの?」
「少しね」
「じゃ、私の汚い部屋に来る?」
「・・」
「じゃ、途中でコンビニに寄って、お酒とおつまみ、買おうか」
「・・」

私の完敗だった。
再び、自分の愚かさに気づかされた夜だった。
002


痴漢プレーに興奮

私は23歳の歯科衛生士助手です。私には女の子友達には

言えない秘密がありました。それは痴漢されることを想像しては、興奮することでした。自宅で痴漢プレーをビデオでみながら、オナニーもしています。オナニーも見てもらいたい願望がありました

それでハプニングバーの事を知り、思いきって行ってみました。そこは私が自由に性を表現できる場所でした。中に入ると、男女が椅子でいちゃついていました。私もそんな風にしたい、されたいと思いました

よくお店にくるという男性3人から声をかけてもらえました。

「どうしてやってきたの?」から、「どんなプレーが好きなの?」と色々質問してくれました。恥ずかしいけど嬉しい感覚になりました。痴漢プレーに憧れていることを話しました。そして、オナニーしているところを見られるのが好きだと答えました。

「実際に経験したことは?」と聞かれました。「ありません」と答えました。男性3人は興奮して、「俺たちでよかったらどうかな?」と言いました。意気投合してプレールームに皆で行きました

男性3人から触られ始める快感が、身体中走りました。

ぞくっとしました。一人の手が私のお尻へと、別の手が胸へと、そしてまた別の手がおまんこへと伸びてきました。そして、ブラウスのボタンが外され、おっぱいが揉まれ始めました。

お尻には硬くなった男性のものが、押し付けられてきました。パンツも脱がされました。そのままオナニーを命じられ、3人の男性の前でしました。凄く興奮しました



ハプニングバーにて

先日友人とハプニングバーに行きました。

ネットで話題になっていたのがきっかけで、すぐに予約を入れました。予約当日緊張しながら友人とお店を訪れました。お店につき入り口で料金を支払いいざ店内へ

そこにはすでに何名かの方がおり座ってお酒を飲んでいました。普通のバーのような空間で少し拍子抜けしてしまいましたが、店員にすすめられお酒を注文し飲んでいました。飲んでいる間にも数名の方が入って来て男性6名、女性4名の合計10名が最終的な人数でした

店員の案内で別部屋に移動すると空気が変わりました。

いっせいに目当ての相手に向かっていきプレイが始まりました。友人とどうするか相談ししばらく見守る事にしました。他の男性陣は4名の女性に襲いかかっていて、まるでレイプでした

一通りのプレイが終わると多少落ち着いた感じになり男性陣は服を着て一度バーの方に戻りました。そこから残された女性陣4名が私たちに向かってきました。無理矢理服を脱がされ裸にされ、体中を舐め回されました。

先程まで何名かの男性の相手をしていたとは思えない程の勢いです。

思わぬ出来事でしたが非現実的な事に興奮してしまくってしまいました。友人とに2名ずつを相手にし、順番に挿入する等プレイを楽しみました。最後には女性陣皆に口でお掃除をしてもらいプレイが終了しました

正直他の男性の後になってしまった事は心残りですが、次回もチャレンジしてみようと思います。女性の中には若くてかわいい子もおりました。後で聞いたところカップルも一組いたようでした。

こんな世界もあるのかと勉強になった一日でもありました

オススメ出会えるサイト一覧↓
Jメール
PCMAX
YYC
ワクワクメール
ハッピーメール
メルパラ



シェア!