自然あふれる山梨でナンパに成功

彼女にふられて傷心していた私は、何も考えられない放心状態で意味も無く各地を旅行して回っていたのです。
そして到着したのが山梨。
何故ここに来たのかは分からないが、通り道に偶然寄った感じでこれから起こるステキな出会いを全く予想していなかったのです。
山梨を代表する観光地である河口湖で、小型の船に乗りながら自然を眺めていると1人の女性が涙を流していました。
すると何故か「声を掛けないといけない」という気持ちになり、女性に「大丈夫ですか」と声を掛けたのです。
女性は髪が長くて細身の美人で、スタイル抜群でした。
どうやら女性も彼氏と別れて思い出の地に傷心旅行に来たとの事です。
同じ境遇の2人が偶然出会い、彼女にとっては思い出の地で出会った男性にお互い運命的な出会いを感じたのです。
そして不思議と気も合い、河口湖周辺の美術館等を一緒に見学しました。
さらに彼女と私は同じ県の出身で、生まれた場所も近かったのです。
このような偶然が2人の思いを熱くさせ、一瞬で恋に落ちたのです。
そして互いに今後の旅行の日程をキャンセルして、ステキな出会いを提供してくれた山梨を満喫していく事にしたのです。
富士急アイランドといった名所を回り、2人は失恋の痛みを忘れて楽しい日々を過ごしました。
そして出会ってから1週間で早くもセックスをしたのです。
2人は互いを運命の人だと思っていたので展開は早かったのです。
彼女は意外と胸が大きく、テクニックも抜群で今までにない濃厚なセックスを経験したのです。
自然あふれる山梨で出会った奇跡は私の人生を一瞬で充実した日々に変えてくれたのです。

山中湖でナンパした話


山梨の南部、山を越えると静岡という場所にある山中湖に保養所があり、そこを使える私と会社仲間は夏によく利用しています。
山中湖周辺の自然あふれる場所はストレス発散にもうってつけですし、ゆっくりと時間が流れている感じがして都内の喧騒を忘れることも出来ていいんですが、これで女っ気があれば最高なのになと会社仲間といつも言っていました。
こうなったら現地で出会うしかないだろうと、山中湖付近で一人で歩いている女の子、またはグループで来ている女の子に会社仲間と声をかけてみることにしました。

自分達で言うのもなんですが、私も会社仲間もイケメンではないにしろ、イケメン風というか、雰囲気イケメンであることは心がけていて、外見というか雰囲気だけは自信がありました。
山中湖は夏場になると観光客も増えて、女性のグループもやってくることも多く、湖畔はもちろん、観光関係の場所に行けば素敵な子はたくさん来ています。
大学の合宿に使われる寮などもたくさんあるので女子大生を狙うことも考えたんですが、年齢差もあり、合宿で来ている子には監視も厳しいかもしれないと、今回は却下しました。

同僚と二人でのナンパ作業なので、二人組の同世代だろうという女の子を狙うことにして、湖畔を歩いていました。
あまり高望みをせず、普通レベルか、それ以下ぐらいで、二人が許せる範囲で狙おうとした所、丁度湖畔を歩いている女の子二人組を見つけ、様子を見たり、周囲に男がいないかなどを確認して、声をかけました。
顔やスタイルは並、といった感じだったんですが、相手はナンパされることを喜んでいるようで、後は話がまとまりやすかったです。

近くのカフェで話している内に本当かどうかわからないものの、二人共彼氏がいないということで、流れによってカップリングが出来たので二手に別れて、後は親密になっていったという感じです。
前々から望んでいた山中湖での女の子とのいちゃいちゃを実現できたことは嬉しかったですし、彼女たちも都内から来ていたことで山中湖から帰ってからも都内で再度出会い、関係が続いて楽しめたことは嬉しい誤算でした。

自社の面接で出会いセックスフレンドになる


私が経営する会社は東京の八王子にあります。
おかげさまで業績が好調で山梨県に支店を作ろうと思いました。
そんな中、丸1日を使い、山梨を探索しました。
事務所をどこにするだのあれこれ悩み、山梨と言えば甲府という印象が強く、山梨支店を甲府の駅近くに設立しました。
しかし、肝心な社員はいません。
私は八王子にいますので毎回山梨に行ってはコストが高くなります。
そんなこともあり、従業員をさがすことにしました。
後にこの従業員とセックスフレンドになります。
私は会社の代表で面接の権限を持っています。
従業員の採用のため、山梨の支店に1週間泊り込みをして、ビジネスの構想を練りました。
そして、求人を出しました。
すると、思った以上に反響があり、76名の応募がありました。
そして、書類選考をして、8名の方と面接をしました。
私の会社では女性向けの商品を販売しており、女性の従業員を2人採用枠として設けていました。
その8名の内、2人を無事に採用することができました。
しかし、いつ退職するかあてにならないので追加でもう1人採用したのです。
その方は20歳で専門学校に通っています。
はっきり言うと弊社の業務、業界のことも知らない人でした。
採用した理由は私の好みだったからです。
私は現在の立場を利用し、仕事の打ち合わせ、研修と称して何度か食事を兼ねました。
そして、2人でいる時間が多くなり、段々とお互いのことがわかるようになりました。
採用から2ヶ月が過ぎ、ホテルのサービス調査として、その女性とホテルに入りました。
相手もまんざらではない様子で準備していたのです。
私の想いも伝わり、そのまま体を重ね、一夜を明かしました。
それから少し、経って彼女は学校を卒業しました。
行くところがないということで私の会社で現在も働いています。
私たちは正式には交際していませんが体だけの関係は続けています。

富士山と人妻目当てで山梨に通った話


昔から富士山を眺めることが好きで、昔から東京に住んでいる私は休日になると富士山を見に山梨や静岡に行くほどでした。
社会人になって時間がなくなってくると富士山を見に行ける機会も自然と減ってしまっていて、見に行きたいと思っていても数少ない休日を潰すのは惜しいと、ついつい先延ばしにしている日々が続いていました。
そんな中で、山梨の富士吉田に住む人妻と出会えたことは、人妻との運命の出会いというよりも富士山との縁を感じた出会いでした。
LINEを利用して仲良くなり、私が富士吉田に会いに行くということでまとまりました。
その時の私は気持ちが複雑で、まだ見ぬ人妻とデートが出来ることと富士山に対面できるという嬉しさが半々ぐらいだったため、ウキウキして東京から車で中央道を飛ばしていました。

富士吉田のある商業施設の駐車場で待ち合わせした人妻は至って普通というか、これといった魅力というものはないものの、頼んだわけでもないのに少し短めのスカートを履いてきてくれたのは嬉しかったです。
助手席でよく見えるスカートから伸びる太ももも見つつ、富士吉田から阻むこと無く見える富士山もじっくり堪能させてもらい、出来るだけ富士山が見えるドライブコースを選びながら人妻とドライブデートをしました。

ドライブデートのいいところは信号待ちなどで相手にちょっかいを出せることだと思っています。
特に短めのスカートを履いてくれたので、太ももはもちろん、太ももからもっと奥まで触ることもできて、尚且つ人妻も触りやすいように体を動かしてくれたり、足を開いてくれるので楽しめました。
お互いが興奮したところで確か河口湖近くだったと思いますがラブホに入り、人妻と私の性欲を解消しました。
ドライブの時点で前戯がほぼ終わっていた感じでもあったので、彼女も早く欲しがったこともあり、挿入まではすごく早かった記憶があります。
セックスレスと聞いていたので溜まっているだろうとは思っていましたが、予想以上に乱れてくれて、旦那さんと経験したこともないことまで経験させて、個人的にも大満足でした。

また会いたいと私が言うと彼女は喜んでくれて、それからもお互いの欲求を解消するために会ったんですが、富士山に会うという隠れた楽しみも満喫し、両方を楽しんだのは良い思い出です。

山梨の石和温泉でナンパされてダブルデートになっちゃった


山梨の石和温泉に女友達と温泉に入りに2人でいったのですが、その旅館で隣の部屋になった男性2人から声をかけられてしまいました。
一緒にお酒を飲みませんかというもので、女だけで飲むよりも楽しいかなと思いせっかくの機会だからと誘いを受けることにしたのです。
明らかにナンパですが、私たちも彼氏がいない中なので旅の出会いも悪くないなとい気持ちとなんとなく開放的になっていたのだと思います。
彼らはビールをたくさん注文してくれてとっても面白いのでどんどん盛り上がってきました。
そのうちに自然にカップルが出来上がり、私はどちらかというと面白いことを言う男性と仲良くなり、ちょっと酔ってきてしまったので酔い冷ましもあってそのまま外に2人で出かけることになりました。
そして外でべちゃべちゃと話した後で部屋に戻ろうとしたのですが、彼が向こうは向こうで楽しんでいるみたいだから、こっちはこっちで楽しもうということになり、私の部屋に入ることになりました。
するとそのまま彼のキスから始まり、彼にリードされて服を脱がされてしまいました。
久しぶりのセックスが嬉しくて私も彼を喜ばせてあげたいと思ったのでアレを触ると凄く大きくなっていて、びっくりであり、今まで付き合った彼とは大違いのサイズだったのです。
その彼のがどんどん私の中に入ってきて、何度もイッてしまいました。
気持ちがよくて1夜限りの関係を楽しんでしまいました。
後から帰ってきた友達もやはり隣の部屋でセックスをしていたので、お互いに刺激的な思い出になりました。
翌日は新しくできたカップルでダブルデートをしてしまいました。

山梨で研修に来ている中国人とのエッチな体験談


私は現在30代の男性です。これまで仕事の関係で数年ほど中国に駐在していました。そのため、ある程度ではありますが中国語を話すことができます。今日は、この間中国語を駆使して中国人の女性とエッチな関係になったのでそのことを記したいと思います。
きっかけは私が住んでいる向かいのアパートに中国人の若い女性が3,4人引っ越してきたことでした。おそらくどこか近くの工場で働くためだと思います。実際、山梨には精密機械の工場などが多くあり、そこで中国人が研修という名目で出稼ぎに来ているのです。とはいえ、ほとんどは田舎から来ている子たちなので垢抜けていないという印象でした。
しかし、ある時彼女たちが買い物袋をぶら下げて歩いていました。おそらく近くのスーパーで食料品を買って帰ってきたのだと思います。私もちょうど同じ方向に帰っていたので、中国語で挨拶してみました。彼女たちはまさか中国語で話せるとは思いもよらなかったようで、うれしそうにお喋りをしてきました。
その中でもちょっと可愛い子がいたので、中国のラインのようなものがあるのですが、その子とアカウントを交換してお別れしました。それから、週末に連絡したところ次の日は仕事が休みだということで、ご飯を食べに行く約束をしました。普通はこうした出稼ぎに来た子は監視が厳しいのですが、彼女たちはそうでもないようで、普通に遊びに行くことができました。しかし、1対1ではありません。そこで、時間をかけて何回かご飯を食べた後でお目当ての子を1人だけを誘い出すことに成功しました。
二人でラブホに行ってエッチです。最初に念入りにシャワーをお互いに浴びて体をきれいにしてもらいました。向こうの女性はフェラをすることをしないので、最初は嫌がっていたのですが、こちらがやさしく教えてあげるとすぐに覚えました。お返しにクンニをしたのですが、初めてだったようですぐにイッってしまいました。結局その日は2回戦をして家に帰りました。
その後、何回か会ってエッチしたのですが、回りのルームメイトと会社からの監視が厳しくなりなかなかあえず、いつの間に国へ帰っていました。

山梨出会い系サイトで60人


俺は山梨に住んでいるが、過去2年で60人、出会い系サイトでつかまえた。
もちろん60はセックスした人数。
女子大生から55歳の熟女まで、いろいろいた。
山梨県内じゃ厳しいかな、と思ったけど、やっぱどこにもやりたい男女はいるもんだなって思った。

俺はテクニックもないし、タフでもないんだけど、「とにかく優しくされるのが好き」って言う女が多いから助かる。
60人中40人以上はイチャイチャ、スローセックス。
クンニしているだけでいっちゃう子もけっこう多いから達成感がある。
でも、とんでもなくエロい女もいる。
性欲ある女だと主導権握られて、俺の体力がもたないくらい使われる。
1回イッたくらいじゃ帰らせてくれない女もいて、ゴム何重にもつけられてひたすら騎乗位で我慢させられる。
俺の腹はそいつの愛液でびしょびしょ。
射精しちゃうと怒られて、ふにゃっとしたチンコを延々と舐められる。
バイブでいいじゃん、って言ったけどやっぱ生身の男じゃないと嫌らしい。

熟女は熟女で、フェラがすげえ上手かったり、腹とか尻の垂れ具合が逆に良かったりする。
熟女の場合は、立ちバックで「もっとエロいこと言えよ」とか命令するセックスが好き。
普段は真面目に働いていたり、いいお母さんやってるはずなのに、俺のチンコでこんなになっちゃうのかよって思うのがたまらない。
アソコはゆるいけど、中出しOKが多いのも嬉しい。

今年で3年目だから、100人切りを目標に頑張っている。

山梨でセックスしたい


離婚してもう1年が経つ。
寂しいし、性欲も満たされない。
けど金もないから風俗にも行けず、藁にも縋る思いで出会い系に登録してみた。
俺はドライバーの仕事をしているから、山梨県内であれば楽勝で行ける。
「山梨住みの寂しい人いる?」みたいなタイトルで募集したら、田舎なのにけっこういて驚いた。
写メ交換を5人として、1番可愛かった19歳の子と会うことにした。
家に来ていいと言うので、仕事帰りに行った。
寂しいから抱きしめていて、と言われたが俺はムラムラしてしまった。
「すごい可愛いから我慢できない」って言ったら「求められるの嬉しい」と言われ、すんなりやらせてくれた。
マグロだったけど、あんなに可愛い子とやったのは初めてだったので興奮した。
若い子はやっぱり弾力が違うし、締まりが良かった。
イッたあと抱きしめて眠ったけど、俺はまだムラムラが収まらなくて、ずっと体を触ってた。
嫌そうじゃなかったから、今度は後ろから抱きしめたまま生でいれちゃった。
すごく気持ち良くてすぐイキそうになった。
激しいセックスはしていないけど、一晩中寝転がったままセックスしてたような感じ。
「また来てもいいよ」と言われたが、次は感度のいい女とやってみたい。
その子よりはポチャだしブスだけどエロそうな女も出会い系にいたから、今度はそいつと激しいセックスをしたい。
出会い系ってちょっとな、とか思っていた自分が馬鹿みたいだ。
もっと早くから使っていればもっとやりまくっていたんだろうな。

奴隷になりたい


私は5年ほど前に、ご主人様に調教されていたので、サディスティックな男性と再び出会いたいと思い出会い系サイトに登録しました。
車がないので、同じ山梨県内で会える人を探していたところ、素敵な男性と出会うことができました。
彼とは、メッセージのやりとりをするだけで感じてしまいました。
基本は紳士的なのに、たまに冷酷な言葉攻めをしてくるので、私のマゾ心が燃え上がってしまい自撮りオナニー写真も送っていました。
お互い仕事が休みの日が重なり、ついに会うことができたのですが、私は陰部にローターを仕込んで会いにくるよう言われていたので平常心ではいられませんでした。
彼の車の中なのに、頬を赤らめたり息が上がってしまいました。
彼が運転している横でオナニーをするよう命じられて、久しぶりの特別な感覚にひたってしまいました。
シートを汚してしまい「どうしようもない淫乱だな。おしおきしてやる」と言われ、ホテルに入りました。
罵られて、責められて、たまらないセックスをしました。
彼は私を奴隷にするかどうか、まだ決めていないようで、私も他の男性にも会ってみようと思いました。
来週は緊縛が得意な50代の男性とホテルで会う約束をしていて、再来週は私に毎日テレフォンセックスや裸の写真を求めてくる男性と会ってみようと思います。
いろいろな人に、精神的にいじめられて、いやらしく乱れたいです。
いざ実行にうつしてしまうと、男性のいいなりになる快感から逃れられそうにありません。

サセ子になっちゃいそう


私は山梨市に住んでいる20歳のフリーターです。
このあたりは田舎なので、仕事も出会いも新鮮なものがなくてつまらなかったので、思い切って出会い系に登録してみました。
山梨市か甲府市まで迎えにきてくれる車持ちの人限定で探したのですが、初日に3通もメールが届いて嬉しかったことを覚えています。
私はただ刺激が欲しかっただけなので、真剣に彼女を探している人はお断りをして、残りの2人と会ってみることにしました。
一人目は30代のサラリーマンで、少し高級なバーに連れていってもらったあとホテルに連れ込まれちゃいました。
キスが上手かったのであれよあれよという間に脱がされて、おちん○ん入れられちゃいました。
すごくゆっくり、焦らしながらエッチしてくれたので私もたまらなくなってしまって、自分で腰を動かしたり、いやらしい言葉ばかり言ったりしまいました。
名前もあだ名しか知らないけれど、なんかもういろいろ忘れられるぐらい気持ち良かったし刺激的な夜でした。
その日は泊まらず、家の近くまで送ってもらいました。
また会う約束もしていますが、仕事が忙しいらしく1か月先です。
久々にあんなに興奮したので、もうムラムラしてきてしまいました。
来週はもう一人の人と会う予定です。
40代のおじさまです。
ひたすら気持ちよくしてあげる、と言ってくれているので楽しみです。
このままだと淫乱なサセ子になってしまいますが、人肌も恋しいし刺激が欲しいので、しばらく出会い系を続けようと思います。

エロい人妻が釣れる


山梨に住んで2年になるが、仕事以外での付き合いがなくつまらない日々なので出会い系サイトを使って地元の女を探すことにした。
自分は甲府市内に住んでいるが、東京に比べたら出会い系に登録している人なんて少ないだろうしあまり期待していなかったが、隣の笛吹に住む女からメッセージが届いた。
出会いがないとはいえ真剣な交際をしたいわけではなく、時間があるときにセックスできるような気軽な関係が良かった。
その女は主婦らしく、これはいけるかもしれないと思いガンガンアピールしてみたところ、2歳上だがエロそうな女で気に入った。
コンビニで待ち合わせして「とりあえずホテル行こう」と強気に誘ってみると、のこのことついてくる。
俺は人妻経験がなかったので興奮していたからすぐにでも襲いたかったが、時間もあったし最初が肝心だと思いソフトタッチやトークに時間をかけた。
一時間くらい経ったころ相手が「もういいよ」といって、俺の息子をしゃぶりだした。
久々のセックスにはかなり興奮した。
30代の女は本当にエロくて、1回じゃもったいなくて3回やった。
相手も久々だったらしくかなり興奮していて、お互い獣のようにやりまくった。
それから出会い系にはまってしまい、山梨県内ならどこでもやりにいくようになった。
いまのところ、1か月にひとりペースで新しく出会えている。
やはり欲求不満の30~40代人妻が多い。
あとくされもなく、さくっとやれるのではまってしまう。

平和通りはかなりアツいナンパスポット!!


甲府の近くには平和通りというナンパスポットがあるのはご存知でしょうか?
あそこはヤバいですよ…
山梨県にはナンパスポットなんか無いだろう、そんな風に思っている方がいたら考え方が変わる…そんな場所です。
はっきり言ってナンパ初心者でもガッツリお持ち帰りできる…そんな場所だと思います。
先日、ナンパ初心者の僕も見事女の子に声かけして見事お持ち帰りすることができましたから!
本当、楽勝でしたよ。
僕の場合、ちょうどナンパ待ちしている女の子2人組がいたから、それにすかさず声をかけてゲットしました。
最初は結構反応が渋くて心が折れかけたんですが、こっちも必死で話しかけて、今年流行った映画やテレビの話なんかで盛り上げたら女の子の方もだんだん心を開いてくれて、15分くらいかけてなんとかお持ち帰りすることができました…!
ナンパは正直見た目も大事ですが、根性も大事だ…ということが分かりました。笑
もちろんお持ち帰りした後はファミレスでご飯を食べて、その後はラブホにしけ込みました。
即日セックスしたときの充実感は半端ないですね…!
その女の子は25歳のOL。社会人でもナンパ待ちするんだ…と衝撃を受けました。
と、いいつつ僕も32歳とかなり良い歳なんですが。笑
取り敢えず、出会いの形はどうであれ、お互い納得する付き合い方ができればそれで良いと思っているので、彼女とは今でもたまに連絡を取り合い、適当に遊んでいます。
甲府…かなりアツい街ですね。
再確認しました…!!

甲府駅で人妻をナンパ


甲府駅周辺には、パセオや岡島デパート、春日モールなどがあり、昼間は人妻層が高いのです。
私は、人妻をナンパするのに、甲府駅周辺へと向かいました。

そして、昼間から一人の女性をナンパします。
人妻っぽく女性らしさを感じる女性で、包容力のありそうな感じでした。
しかし、話しかけてみると、あどけない笑顔で受け答えするような可愛らしい一面も持っています。

見た目と中身のギャップの違いにもすごく高感度があがり、私は彼女をお茶に誘うと、あっさりとOKしてくれたのです。

彼女は人妻で、結婚して3年がたつと言います。
しかし、ご主人は出張が多く、欲求がたまっていると言います。
その欲求を発散させるためにも、買い物をすることで鬱憤を晴らしているのだとか・・・

ショッピングを楽しんでいる様子を伺えましたが、まさかそんなふうに思っていたなんて・・・
でも、私はここで彼女を誘ってみることに。
ショッピング意外でも憂さ晴らしの相手になりますよ。

そういうと、彼女は「じゃあ頼もうかな」と笑いながらいいました。

真昼間からですが、私たちはホテルへと向かいました。

そして、彼女がお風呂から出てくると、早速キスをはじめ、お互いに感じるところを愛撫していき、激しく求めるように私たちは一つへとつながっていくのです。
人妻が乱れていくところを見るのはすごく興奮します。
他の女性を私が寝取っている・・・そんなことを思いながらセックスをするのはすごく興奮します。

いけないと分かっていながらも、いけないことをする女性がたまらなく大好きです。

甲府駅の居酒屋でOLに逆ナン!?超ラッキーでした!


先日仕事の出張で甲府に行きました。これはその時のナンパの体験談です。
仕事の最終日、午前中に仕事を切り上げた僕は甲府駅付近の居酒屋で食事をしていました。最終日だからここぞとばかり遊んでやろう…そう思って昼間からお酒を飲み、夜はキャバクラでも行ってやろうかな…そんな勢いでした。
しかしその時、居酒屋で1人で飲んでいたら、知らない女性に話しかけられました。見た感じ30代のOL風…
もちろん仕事がらみの人ではありません。
正直何が起こったかわからなかったのですが、これはどうやら逆ナンパというやつみたいでした。
生まれてこのかた逆ナンされたのなんか生まれて初めだったので妙に照れ臭くて…でも嬉しい用でもあり…思いの外複雑な心境でした。笑
もちろん断る理由はないのでテーブルの向かいの席に招き入れて一緒にお酒を飲みながらトークに花を咲かせました。
彼女は甲府市内の企業で働くOL。
仕事が午前中で終わり、暇だったので一人で飲みにきた、とのこと。
それで好みのタイプの男性がいたから声をかけた…それが僕だった、とのこと。
なんだか妙な縁を感じたので話を進めていくうちに僕も妙に彼女のことが魅力的に思えてきて、勢いで宿泊しているホテルに誘ってみました。
すると彼女は見事オッケーの返事をくれて…それから話はトントン拍子。
出会ったその日に深い仲になってしまいました。
甲府での出会いでしたが、それから彼女とは定期的に連絡を取り合い、1ヶ月に1度は東京都内で会う仲になりました。
甲府での美味しい出会いでした…!

ブドウ園の出逢い


じぶんは現在、28歳の男性会社員をおこなっております。
これは今から4年前の話となります。
自分は家族の親孝行を踏まえて山梨県に旅行に向かいました。
山梨県といえば、有名な国産物では葡萄が有名であります。
それで家族たちはぶどうもそうですが、果物がほんとうに大好きでありました。
それで自分は家族たちに新鮮な果物をぜひ、食べてもらいたいと思い、自分は山梨県に家族たちでぶどう狩りにいくことにいたしました。
それで現地のインストラクターにエリアの説明やぶどう狩りの仕方の説明をうけておりました。
家族経営をおこなっているようで、そちらの娘さんに説明をうけていて、あまりの美しさに自分はほぼ一目ぼれに近い状態になってしまい、ぶどう狩り、ならぬ、娘狩りを行い、彼女には彼氏もいないということでじぶんは猛烈にアピールを行いました。
それで彼女は最初は嫌がってはおりましたが、最終的に歯まんざらでもなくなり、ぶどう狩りが終わった後に、待ち合わせをおこない、デートを行いました。
それで自分は勢いがあまってしまい、彼女をホテルまでそのままお持ち帰りをさせていただいたのです。
ほんとうに美しい女性でありました。
それで連絡先を交換してこれからも出会うことができて、遠距離恋愛などをおこなうことができれば自分としてはほんとうにうれしいと思っておりましたが、結局彼女からの連絡はくることはありませんでした。
若いときの甘い思い出ともいうべき、できごとであります。
またこれからもそういったできごとがあれば自分としてはほんとうにうれしい限りであります。

ナンパするときは山梨の祭りが狙い目


過去に数えきれないほどナンパしてきた結果、群を抜いて成功率が高かった地域は山梨でした。特に祭りの終了時刻には8割以上の成功率を維持できていると思います。
私は季節を問わず山梨の祭りに参加してきた経験から、目一杯のオシャレをしているけれども一人きりで歩いている女性とは簡単にセックスできると断言できます。
最も印象深かったナンパは、山梨の夏祭りでの一件でした。些細なことで仲違いを起こしたカップルを発見したので観察していると、女性は祭りの終了時刻を過ぎても彼氏のことが許せないようです。
私が目を離した隙に別れ話が成立していたようで、女性は泣きながら歩いていました。これはベストなタイミングだと考えた私は、ハンカチとリンゴ飴を持ちながら女性に近付きました。
優しい口調で慰めていると、少しだけ付き合って欲しいと女性は言います。
深夜のゲームセンターで思い切り遊んでいると、女性は彼氏と別れたショックを忘れてしまったようでした。その後にファミレスに行くと、本当は彼氏とセックスする予定だったと女性が告白してきました。
実を言うと、ここまでの展開は私の計画通りです。夏祭り会場を訪れたカップルは十中八九セックスする予定なので、その日のうちに別れれば満たされない欲求が残りナンパに応じやすいと睨んでいました。
私の自宅で一泊しないかと聞いたところ、女性はその気になったようです。壁が薄いので声を出すことを我慢する必要がありましたが、十分に気持ち良くなれました。