若い頃の3P経験談

社会人の一年目から二年目あたりは学生時代に比べて一人暮らしの男にはお金にも余裕が出来ることもあって、様々なことにお金を使っていく時期だと思います。
私と、大学時代からの友人にとってのお金の使い方は、女でした。
女といっても風俗ではなく、素人女性を引っ掛けるためのファッションや飲食代、ホテル代などにお金をかけていたということです。

基本的な流れはナンパからです。
女性一人、または二人組などをあちこちでナンパして、飲食した後自分達の自宅やホテルに女の子を連れ込んで、女の子一人だったら3Pだったり二人組だったら別々に楽しむ、または一つの部屋で二人共楽しんでしまうという流れが多かったです。
有り難いことに私も友人も顔立ちが悪く無いという評判で、ナンパの成功率も割と高かったと自負しています。

さて主題の3Pの思い出なんですが、その日は二人組の女の子を友人の自宅に連れ込むまで成功していたので、四人でのセックスになるかと思っていたんですが、女の子の一人が酒が入ったことで眠ってしまったんです。
そこで、友人とアイコンタクトなどをしつつ、起きている女の子を攻めていきました。
もちろん合意の上です。
3P経験も友人と何度も繰り返してきたことなので慣れていましたし、その日の女の子も経験豊富だったらしくスムーズにお互いプレイを楽しみました。

わざと寝ている女の子の間近で3Pをしていたんですが、私と友人はもちろん、寝ている友人の前でHなことをしているという興奮もあるのか、3Pをしている女の子は声を圧し殺しながら凄く感じていました。
その姿に私と友人は興奮し、Sな二人はさらに追撃を加えて女の子に声を出させようとしたりして、楽しみました。

そんな3Pを楽しんでいると、寝ていた子も起きてきて、寝ぼけながらも参加してくれて別のプレイへと変わっていきました。
四人でのセックスというのもいいものなんですが、寝ている子の近くでわざと3Pをするというのも特殊な興奮があったなと、良い思い出になっています。

本命彼女を交えて


今まで女性と付き合ってきましたが、浮気なんか一度もしたことがありませんでした。
一途というか、とにかく付き合っている女性だけの事を思って、誠心誠意向き合ってきたつもりです。
なのに、まさかの浮気をされてしまったんです。
色々と理由を聞いてみると、「付き合っていても楽しくない」とか「束縛されている気がして、なんだか重い」的な発言が次から次へと飛び出してきました。
ああ、あまりにも一途になりすぎるのもダメなんだなと、この時になって初めて気づかされました。
結局、その女性とは、すぐに別れることになりました。
さて、女性に対する見方が随分と変わった私は、以来女性と交際する際には、かなり割り切った関係性を求めるようになりました。
具体的には、浮気をバンバンしまくるようになったのです。
これは、別に開き直っているとか、そういう事ではありません。
男と女ですから理想の相手を求めるために、浮気をするのも至極当然だと考えるようになったのです。
ところで、浮気を続けていく中で、何度か3Pというものを経験したことがあります。
これがねえ、思いの外刺激が強くて、相当の満足感得を得られるんですよね。
と同時に、無性に本命彼女が恋しくなって、より一層好きになってしまったりもします。
つまり、好循環が得られているわけでありますが、近いうちに本命彼女を交えた3Pをやってみたいな、などと計画している自分がいます。
ま、受け入れてくれるかどうかわかりませんが。

3PでのHはとても刺激的


H行為を見られること。
そして、見ることは恥ずかしいよりも、かなり刺激的で興奮してしまいます。
それは自分でも意外なほどに気持ちが高ぶってしまうことを知ってしまいました。
出会い系サイトサイトで知り合ったセフレ。
彼女らとの交わりは、単なるHが楽しめるのではなくて、視覚的な興奮で否が応でも気持ちが高ぶってくるのです。
「彼女ら?」
そう、夜のプレイは3Pなのです。
サイトの掲示板でセフレを探している時に知り合ったのが、彼女らでした。
「私達と今夜、盛り上がってくれる人募集中です。」
という書き込みが掲示板にありました。
「私達?」
と疑問に思ったのですが、すぐに理解しました。
3Pの経験なんて、今までなかったのですが、一度、ためしてみたいと思い、メッセージを送りました。
「僕一人でもいいですか?」
すぐにOKの返事が来たのです。
近くのコンビニの前で待ち合わせすることにしました。
すると、セクシーではちきれそうなスタイルの女性が2人。
待ち合わせの格好を伝えていたので、すぐに僕が分かったようでした。
「初めまして。3Pって経験あります?」
いきなりの質問。
「初めてですよ。とてもドキドキするね。」
すぐにラブホにラブホに直行してプレイモードに入りました。
自分の下半身のタフネスさには、少々、自信はあったものの2人相手は初めての経験。
でも、1人を愛している時に、横で見ている女性がいきなり、せがんできてプレイ途中で交代します。
女性が変わると、これもまた刺激的で元気な下半身下ますます野性的になってきしまいました。
約3時間ほどの快楽的時間でしたが、病み付きになりそうな刺激的空間でもあったのです。

友人と初挑戦


僕には常に一緒にいる親友のBがいます。
中学時代からの付き合いで、ともにイケてないカテゴリーでこれまで過ごしてきたのです。
初体験は共に風俗、それも50代手前ともなりそうな超熟感満載のお姉さんが相手、無理やり成立させられた感がありました。
このままではいけないと2人でいつも言っていましたが、打開策が見えないまま惰性で過ごしてきたのです。
そんな折親友のBが密かに恋心を抱いていた同僚のEM子をイケメンにとられ失恋した(特にアプローチはしていません)のです。
Bを慰めようとファミレスでつつましい会を開き、安月給なりの大豪遊をしていました。
落ち込んでいるのかなと思いきや、このままでは終われないこれを機に一発かましたいと奮い立っています。
そうだナンパをしようと突然の提案、強引に僕の腕をつかみ夜の繁華街を目指します。
少し危険な香りのする雰囲気を感じBは急に威勢をなくし萎んでいきます。
そしてBは僕の影に隠れ僕が声をかけることになりました。
とはいってもほぼ完全無視状態、当然といえば当然です。
見た目もイケてないどころか声も小さい明らかに不審者丸出し、僕もこのままでは何も変わらないと気合を入れ声だけは出していこうと決めました。
するとその声に反応するかのようにひとりの美魔女が話をしてくれました。
意外と話しやすく、美魔女も結構乗り気な感じ、思い切って誘ってみると「面白そうだからいいよ」と成功です。
その後、美魔女行きつけのバーで過ごした後なんと向こうからのお誘いです。
美魔女のマンションに招かれた僕とB、どちらもガチガチに震える子羊で待ていると、お呼びがかかり寝室に入ります。
そこからは美魔女対僕とBが開戦、当然僕たちが美魔女を弄ぶとなるところですが全くの正反対、僕とBは美魔女の要求に従順に答える奴隷として奉仕させられたのです。
それからというもの女王と召使のような性関係が続いています。

出合い系で出会った男性2人に犯された


M気質のある私は、昔から刺激のあるセックスを求めていました。
AVなどで女優さんが何人もの男性に犯されるプレイを見ては興奮し、私もされてみたいと願うようになったのは2年ほど前からです。
しかし彼氏や友達などをそういったプレイに巻き込むのはさすがに難しかったため、出会い系のサイトを利用することにしました。
特殊な願いなので難しいかと思っていましたが、意外にも早く相手の男性が見つかり、知り合った男性とその友人を交えて3Pをすることが決まりました。

はじめて会った男性とすぐにセックスをするという経験自体が無かったので、当日はドキドキでした。
ホテルで合流し簡単に挨拶を済ませると、すぐに同時に襲い掛かられ、ベッドの上で裸に剥かれてしまいました。
既にビショビショに濡れていたのに、シャワーを浴びる隙も与えてもらえなかったので恥ずかしかったです…。

クンニと乳首舐めを同時に受けた快感は言葉では伝えられないほどのもので、今になって思い出しただけでも濡れてしまいます。
理性の崩壊という言葉がぴったりなくらい喘ぎ叫んでしまいました。

最も興奮したのは、バックや騎乗位で突かれながらフェラをさせられたことでした。
犯されているという表現そのままの状態で、されるがままに性のペットとして働かされる時間でした。
顔とお腹に向けてほど同時に射精されたことも快感でした。

3Pの経験はそれっきりになってしまいましたが、そのときのことを思い出してオナニーしてばかりです。

母娘と3Pになった話


大学入学時に出会った彼女は実家から通っていて、実家にも遊びに行くこともあった私は彼女の母親とも仲良くなったんですが、彼女の母親がとにかく若かったんです。
二十歳頃に彼女を産んだそうで、実年齢は聞いたことがなかったんですが四十歳前後であることは間違いなく、歳相応というより若く見える人で、私からは三十代前半といっても全然通じてしまうという見た目の素敵な人でした。
そんな母親から誘惑されてしまい、彼女には悪いと思いながらも大人の色気と誘い方、そして実際関係を結んでからのテクニックの高さにすっかりやられてしまい、罪悪感を抱えたまま彼女の母親と関係を続けてしまいました。

彼女の母親からは関係については彼女の邪魔にならない程度でいいし、飽きたら関係を断ってもらっていいとのことだったんですが、スタイルもよくセックスも相性が良い彼女の母親との関係を断ち切れるほど年齢を重ねておらず、ひたすら彼女と彼女の母親との二人で性的な欲求を満たしているという日々を送っていました。

覚悟はしていたんですが、彼女にはほどなくバレました。
彼女の実家で私も彼女の母親も説教をされて、私は別れを告げられることやなにかペナルティが課されると思っていたんですが、彼女の主張は少し変わっていました。
母親と関係をもつことはともかく、自分に隠していたことが許せないというのです。
母親も共通に好意をもった人と関係を結ぶことは気にならないのに、知らなかったこと、秘密にされていたこと、疎外感が一番許せないとのことで、私と彼女の母親はどうしたものかと逆に困ってしまいました。

結局、仲直りセックスという名の3Pをすることになってしまったという流れについては、後年になってからも謎だらけの展開でした。

それからはずっと関係が続いていて、彼女も母親も性欲が衰えるということもなく、むしろ母娘に私が搾り取られているという感覚の日々が続いています。

彼女と彼女の友達と3Pしました


僕は21歳の大学生です。19歳の大学生の香という彼女がいます。彼女から告白されて付き合うことになりました。ただ、正直にな話、あんまり彼女は好みではなく、成り行きで付き合っているような感じです。僕はアブノーマルなプレイが好きなのですが彼女はノーマルなので、彼女とのセ○クスもあまり楽しくないので、僕は彼女と別れて新しい彼女を作ろうかと思いました。そして、彼女に別れたいと切り出すと、彼女は泣きながら「お願い。何でもするから別れないで。」と懇願してきました。そこで、「昔から3Pってやってみたかったんだよな。お前の友達と3Pやらせてくれたら、別れないでやる。」と言いました。それから、しばらく、彼女からは連絡がありませんでした。流石に別れるかなと思いました。

それから、1週間ぐらい経った時のことです。彼女から「これから会いたいんだけど、会える?」と電話がありました。僕はいよいよ別れるかな思い、彼女の指定したカフェに行きました。

すると、彼女の他にもう1人の女の子がいました。ショートカットでまだあか抜けない感じの女の子でした。香は私にその女の子を紹介しました。「彼女は美奈。私の高校の時の友達。」僕は一体、どういう理由で呼び出されたのかわかりませんでした。しばらく3人で話をしました。香から別れ話は全く切り出されませんでした。

カフェを出た後、香は僕の耳元で囁きました。「3Pしたら、私と別れないんでくれるんでしょ?これからホテルに行って美奈と3Pしよ。」

僕たちはホテルに行きました。美奈にも3Pをやるということはわかっており、抵抗はしませんでした。僕は二人に服を脱ぐよう命令しました。二人は恥ずかしがりながら服を脱ぎました。特に美奈は恥ずかしそうに身を震わしていました。香が僕の所にやってきたので、僕は美奈に見せるように、香とキスをして香の身体を触りました。香に「美奈に見られてどんな感じだ?」と聞くと、香は答えずに舌を絡ませてきました。

香を手マンして気持ち良くした後、今度は美奈を責めました。美奈を軽く抱くと、身体の震えは止みました。キスをした後、美奈に香の前にM字開脚させました。「香に大事な所みられるのはどんな感じ?」と聞くと、美奈は「恥ずかしいです。」と顔を背けながら答えました。僕は美奈を手マンすると、美奈のマ○コはグチャグチャと大きな音を立て、たくさんの汁を吹き出しました。これには香もびっくりしていました。僕は美奈に「友達の前でこんなに汁を垂らしていやらしい女だ。」とけなしました。

それから、僕は仰向けになって、二人に全身を舐めさせました。香よりも美奈の方が積極的に舐めました。そして、二人にダブルフェラをさせました。香は竿しか舐めませんでしたが、美奈は玉袋からアナルまで丹念に舐めました。

その後、香は僕の股に跨って騎乗位になって腰を振りました。僕は美奈に顔に跨らせ、顔面騎乗位にさせました。美奈のマ○コだけではなく、アナルも舐めてやると敏感に反応しました。今度は正常位になって、美奈に挿入しました。美奈は気持ち良いのを我慢しているようでしたが、その顔が逆にそそりました。

最後は、香に正常位で挿入して、香の胸に射精しました。美奈に「精子を舐めろ。」と命令すると、美奈は香の胸の僕の精子を一滴残らず舐めていました。

香がシャワーを浴びている間、僕は美奈に「もしかしてマゾ?」と聞くと、美奈は「はい。」と答えました。正直、僕は香よりも美奈に惚れてしまいました。

この3Pの後も僕は香と美奈と何度か3Pをしましたが、香は僕と美奈がお互いに好きであることと、アブノーマルなプレイに付いていけないので、僕たちは別れました。そして、僕は美奈と付き合うことになりました。

ソファーの上で男性二人と3Pしました。


私はこの前、キャンプに行きました。
キャンプと言ってもコテージに泊まるのでキャンプというよりは泊まりがありのバーベキューという感じでした。
友達に誘われて行ったのですが、全部で10人くらいの男女がいました。
車に分かれて乗り、コテージに着くとすぐにバーベキューの用意を始めました。
私は友達しか知り合いはいませんでしたが、皆さん人当たりのいい人ばかりでバーベキューの用意をしている間にすっかり仲良くなりました。
用意ができて早速食べたり飲んだりしていました。
暗くなり始めてもまだずっと飲んでいましたが、私は少し酔ったのでコテージの中にあるソファーに座っていました。
すると、男性Aが私を心配して見にきてくれました。
「大丈夫?」と聞かれたので私は「大丈夫です。
」と答えました。
Aは私の隣に座ると私を抱き締めてキスをしてきたのです。
私は酔っ払っていたこともあり拒否することもなくむしろ積極的にキスをしていきました。
そんな私を見てAは「ここでしようか。
」と言いましたが、私は「さすがに誰かに見られたら。
」と答えました。
Aは「実はこのキャンプはみんなフリーでエッチする感じなんだよね。
だから大丈夫だよ。
」と言うとソファーに私を押し倒しホットパンツを下げて挿入してきました。
私はあまりの気持ちよさに目を閉じて喘ぎまくっていました。
Aが誰かと話をしていると思い目を開けるとなんとBがいたのです。
私はびっくりして体を起こそうとするとBが「気持ち良さそうな顔してるね。
俺も元気になってきたよ。
」と言うとAの代わりにBが体位を変えて後ろから挿入してきました。
気持ちよさからまた喘いでいるとAが「じゃあ、俺の咥えてよ。
」と言いフェラさせたのです。
フェラというよりももうイマラチオ状態でした。
どちらかもら激し突き上げられても、Aのものを咥えているので喘ぎ声をあげることもできません。
気持ちよくておかしくなりそうでした。
結局AもBも私の中で果てました。
結果的に3Pになってしまいましたが、こんなに気持ちのいいエッチをしたのは初めてでした。

幼馴染との3Pの話


男二人、女一人という幼馴染として同じ学校も通うという仲だったんですが、大学生の頃、自分の気持ちに整理をつけなければならないと覚悟を決めました。
男二人は共に幼馴染の彼女に思いを寄せているのを知っていて、彼女も彼女で二人の気持ちに気付いていたものの、これまで培った長年の関係を壊してしまうかもしれないという気持ちがお互いにあるままこれまできてしまったのです。

男の幼馴染と事前にその事を話し合うと、どちらを選ばれても遺恨なく、最悪関係が疎遠になっても覚悟を決めようということで落ち着き、彼女の一人暮らしの自宅に二人で乗り込み、運命の瞬間を迎えました。

返ってきた答えが、どちらも好きで選べないという意外な答えだったのです。
決着をつけようという強い気持ちでやってきた私と友人だったので、関係性のことは気にせずにはっきり言って欲しいと食い下がりました。
しかし彼女は本当にどちらも同じぐらい気持ちがあるということで、どちらか一方を選べないと言うばかりだったのです。
彼女がここまで言うのであれば関係性をすぐに壊すより、なにより気持ちが二人に向いているのであればさらに時間をかけてどちらかを選んでもらおうということになったんですが、決定打は生まれないまま大学生活も一年経ってしまいました。

友人と決着をつけるために考えだした方法が、3Pでした。
他の部分で決まらない以上、こうなっては体の相性も含めて決めてもらうしかないという結論に達したのです。
彼女も最初は戸惑っていましたが気持ちが二人にあるので断る理由もなかったようで、受け入れてくれました。
問題は三人共初体験だったという点で、彼女の処女をもらう相手を決めてもらわなければなりません。
彼女は長考した結果、私を選んでくれました。
それでも友人がダメだということがないと念押しされてしまい、結局どっちつかずのまま3Pは進行していきました。

予想はしていたんですが結論は出ず、それからも3Pを繰り返す関係が続いたんですが、就職の時になって彼女に決められないと結論を出されてしまい、彼女は就職を理由にして遠方に旅立ち、私達二人から去っていきました。
結論が出なかったのが良かったのか悪かったのか、男友達との関係はそれからも続いていますが、二人共心にしこりが残ったまま社会人として仕事をしています。

ラインアプリで友達かも?。。。からの始まり。


ラインアプリを初めてから、携帯番号は交換しているけれど、もう何年も連絡すらとっていないかも?と言う友人とラインを通じて連絡を取る事がふえました。

ここ最近では、中高時代の友人から本当に10年ぶり以上に連絡があり、何度かメッセージの交換をしました。
彼女の昔のイメージは、どちからというと、目立つタイプではなくて、勉強も出来るほうで、クラス役員をしていたイメージが強くありました。
大学時代に彼女がアルバイトしているファーストフードへ食べに行って、それから何度か会いましたが、風の噂では結婚したと聞いていました。

お互い結婚式に招待するまでの親密さはなかったので、その後は全くの音信不通でした。

彼女から久々に会いたいね~と、言われたので、私も凄く会ってみたかったのでお互い一番近い予定を合わせて待ち合わせをしました。
待ち合わせ場所へ来たら彼女の雰囲気の変貌振りには少し驚きましたが、かなり良い女系になっていました。
聞けば×1で、お子さんはいないとのことで、学生時代の雰囲気がお互いチェンジした様なくらいに私達は変わっていました。

それを機にたまに彼女と食事したり、夫が子供を見てくれる日は飲んだりもしました。
ある時、彼女の彼氏も一緒に食事をしたいと言うので、勿論OKしました。
その日は彼女宅に始めてお邪魔する事になりまして、私の1品持参とワインを持って行きました。

少し遅くなると夫には言ってあるので、飲み気満々で行きました。
彼女の彼は線が細くて凄く神経質そうなイメージの方でしたが、話し出すと陽気でリードするような感じの男性でした。

一通り食事が終わると、突然、友人と彼がキスを始めました。突然の事で驚いていると、そのままバストにタッチしたりと段々と過激になりました。
すると、私の横に彼女がすっと座ると、私にキスをしてきたのです。あまりの展開に拒否を出来ず、ずるずると行きました。

呆然としていると、彼女の彼が私を後ろから抱きしめて、首もとにキスをしながら、胸を揉んできたのです。
前からは彼女がスカートの中に手を入れてきたので、とっさに辞めてといいましたが、凄く濡れているよ・・・
そんな風に言われたので、そのまま黙って身を任せてしまいました。

友人の彼のものは体型の細い線とは真逆で人生で経験をした事がないものの大きさでした。彼女が自慢げに何度も凄いでしょ凄いでしょと・・とプレー中に言ってきたことだけが耳に残りました。

事が終わると急に恥ずかしくなり、彼女の家を出ました。
それ以来彼女からは連絡なく、私もしていません。

もう人生の中で3Pなんてする事はないと思いますが、夢の様な時間でした。彼女に連絡してみようかな?と思うのはどうしてかな?と自分でも不思議でありません。

災難から復帰した女友達の夢は3Pだった


女友達の一人とフットサル中に衝突して、足を骨折させてしまいました。プレーに夢中だったので、全力で走っていたと思います。凄まじい衝撃で宙に浮いた女友達が地面に叩きつけられた途端、耳をつんざくような叫び声が聞こえました。かなり痛かったのだと思います。何度もお見舞いに行きましたが、無視され続けました。女友達の怪我が完治した情報を仲間から聞き、改めて菓子折りを持って謝罪に向かったことがあります。それまで無視していたのに、今度は笑顔で部屋に上がるよう手招きしてきたのです。部屋に入ると、フットサル仲間の女性がいました。
お菓子を開封しながら、やっぱり許せないと女友達は言います。私は土下座しながら、何でもするから許してほしいと懇願しました。それなら3Pしようと提案されました。男に二言はないので、断るつもりはありません。フットサル仲間が部屋の出口付近に陣取り、私が途中で逃げないようにガードしています。完全には信頼されていないようです。
女友達に促されるまま裸で仰向けになって、騎乗位で責め立てられました。騎乗位でも女友達の足は痛まないようなので、ホッとしました。三人とも果てた直後には、女友達から衝撃的な言葉をかけられます。無視していたのは演技で、何でもするという言葉を引き出すためだったと言うのです。実は私のことが気になっていて、骨折したときにはチャンスだと思ったようです。生で3Pしたので、女友達を妊娠させたかもしれません。万が一の事があれば、責任を取ってプロポーズするつもりです。

グループセックスについて


これはじぶんが妄想をしているグループセックスとなっております。
じぶんは今までいろいろな3Pを経験させていただきました。
風俗での男女3Pパターンなども経験をさせていただき、乱交サークルや出会い系サイトなどを活用させていただき、そちらでもじぶんは3Pを経験させていただきました。
3Pセックスというものは通常のセックスとは違いほんとうに別の快感をじぶんに与えてくれるので、自分としては非常に気にいっております。
ですが、今までまだ経験をしたことがない3Pがあります。
それがAV女優との3Pであります。
これらのことだけは未だにじぶんは経験をさせいていただいたことがありません。
実際にこれを経験することができればいったいどのような快感を自分に与えてくれるのか、ほんとうに楽しみになってしまうときがあります。
AV女優は通常の女性とは違い、ほんとうに素晴らしいテクニックをもっております。
シングルプレイであれば、じぶんも経験をさせていただいたことがあります。
ですが、風俗の場合ではそれが非常に高く、とてもではありませんがAV女優同士の3Pをおこなっていくということはほんとうに困難をきわめていくことになりっます。
ですが、いつかは自分としてはこの妄想を実現させたい、ほんとうにそう思っているのです。
しっかりと貯金などをさせていただき、自分としてはこの妄想をいつかは実現をさせるつもりであります。
自分としてはこれからですが、ほんとうに楽しみで仕方がありません。