逆ナンパ

私が歯医者に通っていた時の話です。

私の担当をしてくれた先生は大学病院で、咽喉科の先生として働いている先生で、木曜日だけその歯医者でパートとして働いている出会い系サイト好きの先生でした。

会社の空き時間を利用して、通っていたので、木曜日がたまたま都合良かったんです。

歯医者に行くと、歯医者さんはだいたい半袖の白衣を着て、白いマスクをしていますね。ほとんどがそれなりに年齢のいった、オジサンばかり

だと思いますが…。その先生もマスクをしていて、その上、黒縁のメガネをかけていたので、はっきり言ってあまり顔はよくわかりませんでした。

が、半袖の白衣の袖から見える、腕の筋肉が歯医者さんの割にはありすぎ?なこと、そして歯医者さんなのに、ちょっと肌が浅黒い?こと、

ちょっと興味を持ってしまいました。その為、たまに受付のオバサンに火曜に予約を入れられてしまった時は、無理やり木曜に

「○○先生はいますか?この前治してもらった歯が痛くて…」

と歯医者さんに電話したりしました。しかし、電話に出るのは当たり前ですが、受付のオバサン。

「○○先生に何の御用ですか?」と言われる始末。

「あ、○○先生に毎週木曜に治してもらっているので。」と言うと、「先生は今、患者さんを診ていますので、来週火曜にいらした時に、その時の先生に相談してください。先生が変わっても大丈夫ですので。」

と言われてしまいました。

仕方がないので、次は絶対木曜に予約を取って、その時に電話番号を渡そうと思いました。そして待ちに待った、木曜の診察の日。

受付のオバサンが見回ってるんです。なぜか。でも、どうやって連絡先を交換したらいいのかわからなかったので、全然かわいくないですけど、

短時間で連絡先を渡せるように、会社の名刺の裏に携帯番号を書いて、治療が終わった時に、よかったら連絡下さいと、渡しました。

先生はびっくりしてましたが、その後、連絡をくれ、デートに誘ってくれました。

すごく若く見えたけど出会い系好きの33歳だったらしく、私が当時23歳だったので、「こんなオジサンでいいの?もしかして、医者の友達を紹介してほしいとかそういうやつ?」

なんて言われましたが、私はその先生が良かったんです。

しかし、当時マンネリ状態だった彼にバレ、携帯を取られて、結局その先生とは付き合うことはできませんでした。

若いときはなんでもアリですねw