通いつめた風俗嬢と念願のセフレに

風俗嬢と素人のセックス好きは素人の方が性病危険率が高いといわれます。ちゃんとした衛生管理をしている店舗に勤める風俗嬢は定期健診をしているため、素人のセックス好き女の子よりは安全度が高いと。
しかし、そんなのはケースバイケースなのは分かっていますが、私はこの神話を盾にして風俗嬢をセフレにするために頑張った結果、オキニ嬢とセフレになることができました。
地元の風俗街でも有名な店舗で大きなグループが経営しているため安心して利用できるヘルスに、線の細いすごく好みのタイプの美少女がいて一回のお遊びで気に入ってしまい毎月4回ほど指名していました。
当然よく遊びに来てくれる上得意様なわけで嬢はよくサービスで尽くして返してくれました。
私は割りと多めの給与を貰っているので毎週風俗遊びする程度は余裕なのですが、もう少しお金を使ってでも嬢と外で会いたいと思うようになりました。そして何とか頼み込んで高級ホテルでフレンチフルコースと夜景の綺麗なスカイビュールームに泊まることを条件に連絡先を交換。有頂天で翌週末を待ちました。
そして当日、18時にホテル前で待ち合わせをしてくるかどうか不安でしたが嬢はちゃんと来てくれました。そして一人1万2千円のフレンチを堪能。
優雅で素敵な時間をすごした後は32階にあるスカイビュールームでワインを交わしながら雰囲気ある時間をすごし、お店とはまた違った時間を忘れて心行くまでゆっくりと彼女の体を愛してあげました。毎月2回はこういった豪華なデートをしてセックスを楽しんでます。

繁華街で泥酔少女とセフレに


去年人生で中々起こりえないことが起こったので書きたいと思います。年の暮れに同僚と飲み、3軒ほどはしごして気持ちよくなっていた時のことです。
23時を回り終電もあるので解散して私は一人繁華街を歩いていました。人気もだんだん減り裏路地に入ったところでハタチ前後の少女が閉まっているお店の玄関の段差にもたれて座っていました。
ミニスカからパンツが見えそうで人気も無かったのでよからぬ気持ちが湧き上がってきて、「大丈夫?」と下心満載で声をかけました。すると、泥酔しているようで「先生、、送ってください」というのでどうしようかと迷いましたが、意を決して担ぎ上げてタクシーを拾いました。下手すると捕まっていたかもしれませんが、幸い警察もおらず無事隣駅の自宅マンションに到着。部屋に上げても彼女は心地良さそうにぐで~っと横になっています。
やってしまったものはしょうがないとはいえ、18歳未満だとまずいだろうと思いバッグの中を探し財布を見ると免許証があり20歳ということが判明。
とりあえずホッとすると同時にムスコがいきり立つのを覚え、介抱してあげるふりをしながらアソコを弄ってみました。どうも気持ちいいようで「先生ソコ・・・」と腰をクネクネさせていました。
パンティを脱がすと完全に濡れていたのでそのまま挿入。何時間か楽しんでいると少女がだんだん酔いが覚めてきたようで叫ばれるかと覚悟しましたが、「お水ちょうだい」とあっけらかんと言うので水を注いであげました。
どうもそこまで意識が泥酔していたわけではないらしく、足に力が入らず立ち上がるのも面倒だったところに私が来たので、どこでもいいから休めるところにつれていってもらいたかったようです。
セックスにもまったく抵抗がない子らしく、美味しい食事に連れて行く約束をして数日後にまたセックスをしました。それからもずっと関係が続いています。

ジムで知り合った女性となんとなくセフレに


セフレを作るということにこれまで意識を削いだことも作ったこともない僕ですが、去年なんとなくジムで知り合った女性と体の関係を持ってしまいました。
完全に流れに流されてしまった感じです。僕は体を動かすことが好きでジムで体を鍛えたり水泳をよくしにいくんですが、去年の暮れに34歳のスレンダーな人妻Mさんと知り合いました。
最初はプールで隣のコースで泳いでいたMさんに話しかけられて泳ぎ方を教えてあげていましたが、それをきっかけにしてジム以外でも食事をしにいったり買い物に付き合ったりしていました。
一緒にいて楽しい人だったので下心はまったくなかったんですが、やはりそこは男と女。僕は彼女より6歳も年下なので弟的な感じで可愛がってもらっていると思っていましたが、旦那とうまくいっていないことがストレスが溜まり、外に向かったようでした。かれこれ3年ほどセックスレスらしく、そうこう話しているうちにMさんは僕と体の関係を築きたいんだろうなと思いました。
しかし、さすがに人の奥さんに手を出すとバレた時に後が怖いです。僕は独身彼女なしなのでセックスの相手いるのは嬉しいですが、そこは理性を働かせるべきところ。と思っていたんですが、ある日の食事の後にホテルに誘われて簡単に誘惑に負けてしまいました。
Mさんに始終リードされてエッチなひと時をすごしたわけですが、Mさんはずっとプールで泳ぐ僕の筋肉を見ていてしたくなっていたそうです。
確かに痩せマッチョなので女性の反応には自信があります。しかし、そういうつもりで鍛えていたわけではないので、まさかこんなネットでしか見ないようなエロい展開になるとは思っても見なかったので今もMさんとの体の関係を楽しんでいます。

ビジネスで知り合った子とセフレに


今では足を洗っていますが、2年前までとあるネットワークビジネスをやっていました。
ネットワークビジネスというとねずみ講というイメージが一般的ですが、もちろん健全な口コミビジネスとして成立している会社もあればねずみ講の詐欺会社までありました。
私の知る中では最高40億円のお金を集めておきながら報酬を払う前にトンズラした会社があります。
まだ捕まっていませんし、そういう会社は少なくありません。はっきりいって健全なのは一部で、全体的に社会の闇だと思ったので足を洗いましたが、お金を求めてくる集まってくる中には可愛い子も少なくありません。
そして、私が活動を共にしていたビジネスチームの中にも人の注目を集める美少女がいました。幸いにも、私はチームの中心の一人だったので彼女がチームに入ってきて人目で気に入ってしまい、メンバーの中心に引き入れました。ビジネスのプレゼンテーションやミーティングで集まる時はいつも一緒に行動していましたね。当然ポジションも優遇してあげていたので、彼女はほどなく体の関係を許してくれました。
Eカップのロケットおっぱいに美尻をした中々いないレベルの美少女でしばらくそのエロティックな体を堪能していました。
しかし、その幸せとは裏腹に日本で爆発する予定だったそのビジネスは本国アメリカで頓挫。あっけなく終了してチームは解散に追い込まれてしまいました。お金を稼ぐポジションを失った彼女は意気消沈してネットワークビジネスから離れてしまいました。私はその後も3つほどビジネスを渡り歩きましたが、どのビジネスも結局はほとんどお金を搾取するための詐欺のようなものです。報酬未払いも多く呆れてしまって私も業界を去りました。
まっとうな人生を歩みたいならネットワークビジネスはお勧めできません。

オキニデリヘル嬢とセフレに


今は彼女もいますし再来月に結婚を控えているので風俗遊びからは卒業していますが、6年前くらいにとあるデリヘル嬢に心底入れこんでしまい必死に口説いたことがあります。
今考えると風俗嬢と頻繁に体の関係を築くのはリスクが高すぎるので何も考えてなかったな、と思いますが当時は精神的余裕もなく性欲も暴走気味だったので仕方なかったと思います。
その嬢は男であれば一度は入れてみたいと思うような美少女で、黒髪ロングのガッキー似の子猫のような子で、綺麗なほどよい大きさのCカップの美乳に細くくびれた腰、そして安産型の大きめのお尻だったので体のラインがとてもエロく、この子を指名するためならいくら使ってもいいとさえ思っていました。幸い高級デリヘルではなく普通のお店だったので平均的な月収ながら毎月2、3回は呼んでいました。
一応僕も世間でいうとイケメンに属すタイプなのでその子も僕に指名されるのを毎回楽しみにしていたようです。何度か遊んだある日、プライベートで遊びに行こうと誘ったところすんなり連絡先を教えてくれて翌週末に水族館という定番スポットに行きました。もちろんその日は食事した後にラブホへ。極上の女の子との朝までの熱いセックスは生涯忘れないと思います。
しかし、幸か不幸かその子はすぐに彼氏ができてしまいました。
それでもたまに会ってエッチはしていたんですが、どうも彼氏のスペックが僕とは比べようもない高い男で、有名大学の医学部で開業医の息子。
お金持ちで若いながらポルシェに乗ってるようでした。自信をなくした僕はすぐに身を引きました。その時は現実の残酷さを呪ったものですが、今となっては心から愛せる優しい彼女がいるので若気の至りとして微笑ましい思い出に変わっています。

同僚とそのセフレで楽しんだ3Pセックス


元会社の同僚で2人でコンビを組んでいたのがきっかけでセフレ関係となりました。相手には親友がいると言って居たのですが、今度合わせるとなって彼女の家で食事をすることになったのが来てみてびっくりだったのが美人さんでした。彼女の見た目は可愛らしい系で相手の女性もかわいい感じ小柄でしたが出るところは出てて、レズも楽しんでると聞いてと聞いてちょっと想像をして勃起をしてしまいました。
元同僚はレイでその相方がサワミ、紹介したいということだったんだけど要するに3Pをしたかった見たい。目的は僕のチンコだったようでおもちゃで飽きたので本物がどうだろうって話が出たらしい。
レイはオレとの経験や他の人でもあるようですがサワミは女性しか興味がないらしいがレイの感じている姿を見て見たいと言っていました。
そんな感じで話を聞いているとレイが太ももを乗せてきてディープキスをして来た、サワミは見ているだけだったけど気がついたらレイの体を弄って攻めていた。その光景ですでにギンギンになってしまってサワミと2人でレイを攻める形になった。レイにフェラをしてもらっている最中にサワコはレイのクリを攻めていた。もう入れていいと聞き真っ先に入れたのがサワコの方でした。
可愛らしいおしりを後ろから突きたくなって挿入してしまいあました。レイだと思っていたようでびっくりした様子だったがオレの姿を見なくて済むのでそのまま受け入れてくれた。
女の子2人でキスや体を舐めあってる姿を見てそのまますぐにイッてしまいました。お酒が入っていたのでその日はそれで終わったけど、そのまま3人で布団に入りイチャイチャしながら朝を迎えました。
それから何かある度に呼ばれてセックスを楽しんでいます。飽きられるまではまだまだ楽しめると思います。

セフレに1日2回のキスは非常に効果があります


オトコが欲しいらしいですね。あれは清掃のおばさんがいけないんですよ。離婚していて年は30代後半です。毎日掃除で顔を合わせ挨拶をするんですが、私わかるんです。飲み物を1階のコンビニで買って渡すと、こっちに近寄ってくるんです。それでビルの階段の内側は3回くらいまでは使っていくんですけれど、それ以上は殆どの人がエレベーターで上り下りするのであまり人は来ないんです。それで10日程連続して飲み物を渡したんです。次1週間程辞めるでしょ。それでまた10日程飲み物渡して一緒に飲むでしょ。それで又辞めるんです。すると明らかに不安そうになって、あの何か問題でもあるんでしょうか。いえ特にまあ気にしないで、と言ってそのままほっておくといけないので、今から飲み物買って来ますからと言うと、いえもう結構です、となっていらないサインです。

次の日誰もいない所で、ホテルに行こうと誘いました。直ぐ返事はなかったですが、ほらっ行くんだろ?強めに言うと、駄目ですと言ったのでもうその場で、大丈夫だからと言ってもう一度聞きました、でも、と言って、ハイと言いました。もう落ちました。さっそく約束を取り付けその日を待ちます。その前に毎日キスしていました。朝と帰る時と1日2回清掃用具のある着替えるところで必ずしました。そしてホテルでやりました。結構喜んでいてよがっていました。後は思いのままに調教です。ひもを通販で買って縛り上げて割れ目にも食い込ませてしゃぶらせたり研究しました。まだまだ途中ですが何でも言う事をきかせようと思っています。

セフレの出会いは、映画館から


いまから6年ほど前のことです。
その頃僕が利用しているアダルトサイトには、まだ痴漢プレイ掲示板というものがありました。サイトの建前としては架空の話や妄想を書いてくださいということでしたが実際には体験談が載っていたり、痴漢プレイがしたい男女がプレイ相手を探す呼びかけをする場になっていました。
その掲示板に、ある日映画館の中でいやらしいことをして経験してみたい、という女性からの呼びかけが載りました。さっそくサイト内メールで連絡を取りました。
女性は20代後半で働いているようなのですがはっきりしません。どうも風俗嬢のようでした。いきなりプレイしたいですといってもそんなメールは山ほど届いている筈なので、まずは軽めの話題や世間話、差し障りがない範囲での身の回りのことなどで会話をつないでゆきます。10日ほどもそうしたやりとりをしていたところ、気に入ってもらえたみたいで痴漢プレイの相手に指名されました。
待ち合わせて、僕指定の古い映画館に入ります。ここは今どき珍しく入れ替え制を取っていない劇場で、上映されている作品は少々古いけれどプレイに適したタイミングをつかみやすいという点でも便利な映画館です。
平日の昼間に行ったせいか、想像していたよりもずっと空いていました。これなら好きなタイミングで触っても大丈夫です。プレイを見つけた他の客に騒がれたり通報されたりする心配は、ありません。
横に座ったその女性の、まずはおっぱいに触れてみました。びくん、と体が震えます。
「怖い?」と僕。
「大丈夫。続けて」と、彼女。
触れるだけでなくゆっくり揉んでみます。うっとりと目を閉じる彼女。
パーカーの下から手を入れてブラをまくり上げ、生おっぱいをじかに愛撫します。彼女の息が荒くなり、乳首が起ってきます。
「乳首、起ってるよ。気持ちいいの?」
「知らない…」
気丈に、だけど気持ち良さげにけだるく答える彼女。思い切ってスカートの中に手を入れてみます。はたしてそこは蜜がしたたり出していました。
「あれぇ?ここ、しっとりしてるよ。どうして?」
答えられず、はぁはぁと甘い息を出す彼女。いじっていると、時折切なげに小さく声を出します。
「ねぇ、ここ舐めたくなったよ。クンニしても良い?」
「うん。でもここじゃダメ……もっと落ち着けるところに行きたい」
そこで二人して映画館を出て、二人っきりになれるところに行きました。
これが僕とセフレとの出会いです。

私の出会ったセフレとの体験


私が以前出会い系サイトを利用し、知り合ったセフレについて書いてみようと思います。
夜22時過ぎぐらいに、出会い系サイトで今からあえる人を探してる女性を発見しました。
年齢は23歳。こういうのはサバよんでることが多いですが、23なら悪くても30超えてることはないだろうと思い、丁寧に連絡を取りました。
自宅は私の家から20kmほど離れた所らしいのですが、今こちらに遊びに来ていて暇ということ。ならついでにあってみませんか?と誘うとOK。
待ち合わせ場所を決め、現地に向かいました。

私のほうが先についたようで、着いたよって連絡をいれてから待ってると相手の女性らしき車が到着しました。
人違いだったら嫌なので、一応電話で確認して、話しながら彼女の車に行きました。こちらに来いといって警戒されてもなあって感じで。
車に入りこむと、年齢のサバ読みはなかったようで、20代前半の女性ってかんじ。スタイルはかなりいいです。ミニで生足がでてるのですが、結構細くていい感じです。
顔ですが、これが下の上ぐらい。髪はロングで顔もパーツ自体はそれぞれ悪くないんですが、少し細長くて馬顔なかんじでした。
まだやったことない女性だしスタイルがいいので今回は我慢しとくかってかんじです。
まあ出会い系サイトだと、普通のレベルって顔ですね。スタイルが良い分まだましかな。
幸い相手からは気に入られたらしく、相手側がテンション高いので話が弾みます。たまに相手をみると、ついスカート部分をみてしまいますが、本当にいい体をしてます。
見るたびに興奮してきました。
少しドライブしてから、車の中でキスや胸を触ったり。向こうもそうしてほしかったんでしょうね。特に抵抗はされませんでした。そしてラブホにいこうと誘うとOK。
相手が運転してるし、本当に嫌ならここでいかなきゃいいだけです。

部屋にはいってまずお湯ためつつ、ベッドで彼女と触ったりします。下着脱がすあたりでお風呂ができたので、洗いにいってもらいました。私も交代でいきました。
本当、体だけは最高ってかんじのスタイル。胸は形はキレイで、大きさはCあるかないかぐらいでしたが、胸は大きさより形優先なので、無問題です。
すでにある程度彼女の体はお触りしていたので、感度が良いのはわかってましたが、やはりいい。アソコを触るとねっとりとして、やる気十分なのがわかります。
入れる前にフェラをしてもらいましたが、これがまた丁寧。そのまま私を押し倒してせめてきます。フェラだけじゃく、私の首筋や乳首といった所を舐めてきます。
いきそうになってきたので、彼女を下にして挿入。ぬるっと温かくて気持ちがいいです。
最初はゆっくり、しかも浅くつきます。彼女が物足りなさそうにしたら奥まで!たとえ相手がかわいくなくても全力を尽くすのが私の良いところだと思います。
声もイイ感じでアンアン喘いでくれてます。私がイキ、よこにあるとお掃除フェラまで。かなり仕込まれえてるなあと感じながら、30分ぐらいしてから2回戦開始。
お風呂場でも一回と、合計3回やってお開きに。

3回がんばったのがよかったのか、彼女からまた会って欲しいといわれ、次会う日時を決めてお別れ。セフレゲットです。
週1会うぐらいのペースが2ヶ月ほど続きました。
別れた原因は彼女の浮気です。まあ出会い系サイトで知り合ったわけだし、彼氏彼女の関係でもないので浮気ってのは変ですね。
彼女から性病をもらったからです。会った日時のタイミング的に彼女なのは間違いなく、彼女のあそこもかなり臭くなってました。
その時、もしや?と思ってたんで、オシッコする時気にしてたら数日で違和感が。すぐ泌尿器科に行きました。
彼女にメールでどういう状況か伝え、私には心当たりがなく、あなたが原因なのは100%間違いないことも伝えました。
それで連絡を取らないようにしましたが、彼女からもしつこくされることもなく、無事にさよならしセフレ解消。
みなさんも出会い系をする際は病気に気をつけてくださいね。

セフレにいろんな事を言わせるのは良いと思います


大学の知り合いのコンパに出ました。集まったのは15人程の男女です。男が少なかったから呼ばれたと思います。約束の時間に遅れてもう始っていたんですが、盛り上がっていないので、それで私はビールを飲んで、挨拶がてらついで廻ったのです。今度の春休み台湾に行くんです。とか焼きそばの美味しい所知ってる?とか聞いたり話しかけたり、無臭なのに、ん、この香水の香りはなんですかとか冗談やっていた訳です。サービスしてました。段々盛り上がってきて、お酒も入っているしみんなでワイワイやり始めたんです。良かった、こうでないとと思って、私は冷静で、酒の勢いで口説いている男子もいてそう言う場所へは行かずゆっくり飲んでいたんです。

それで帰る方向が一緒の女子がいて話をして、結局その日はそれで終わりでした。帰るまでにメッセージが送れるようにしておきました。それでその女子とメールのやり取りが始まったんです。2人で会ってコーヒーを飲みに行ったり、食事をしたりする間柄になり、私も男ですからその気になって何かプレゼントをと思い百貨店に一緒に行ったんです。それで高めの下着を送ったんです。ちょっと顔を紅くしていましたが受け取って、それから交際が本格的になり肉体関係を持ち今では結構な回数をこなすようになりました。ご主人様入れてくださいと言わしたり、途中で止めて、もっと奥まで突っ込んでくださいぃと言わすようにするのが面白いです。今から出すので中まで見てぇとか、いじっていじめて下さいそう言う類ですね。

セフレをゲットしてからは毎日がハッピーです


私には彼女が居るものの、彼女はエッチがあまり好きではなく、私が求めても拒まれる事の方が多いのです。
彼女は可愛くて優しいのですが、その点が玉に瑕なのです。
そこで仕方がないので、私はセフレを探す事にしたのです。
セフレでも作らなければ、私の性欲を満たす事は不可能だと思いました。
そこで私は、セフレが作れると言うサイトを使ってみたのです。
これまで私は出会いサイトを使ったことは有りましたが、セフレを作ると言うサイトを使うのは初めてでした。
サイトを使い始めては見たものの、そんな簡単にセフレとなる女性は見つかってくれませんでした。
私にも好みがありますし、相手にも好みがありますから、なかなかそれが一致しなかったのです。
なかなか思うようにセフレが見つからないので、段々とイライラして来てしまいました。
本当は彼女の様にかわいい子が良かったのですが、それではいつまで経っても見つからないので、多少ブスでも良いかなと思うようになりました。
そしたらセフレとなってくれる女の子が見つかったのです。
その子は顔やスタイルに多少難がありましたが、セフレとなってくれるのなら、そのくらいは目をつぶる事にしました。
ただ私のセフレは男性に奉仕をするのが好きで、私を色々なプレイで楽しませてくれるのです。
フェラ、パイズリ、足コキなど、彼女はだったら絶対にしてくれないプレイを楽しませてくれるのです。
私はセフレが出来た事で多種多彩なプレイに目覚め、性生活を満たす事が出来るようになりました。

スポーツジムでセフレを作りました。


数年前から健康維持のためにスポーツジムに通っています。
最初は肩こりや腰痛を治すための目的だったのですが、気がついたらマッチョな体になるまで筋トレを楽しむようになっていました。
そんな中で、いつも通りにトレーニングをしていると初心者と思われる女性が器具を使ってトレーニングをしようとしていました。
しかし、使い方が分からず悩んでいる様子だったので、優しく声をかけて使い方を教えてあげることにしました。
その女性はジムに通う必要のないような長身で細身の女性で、30代前半と思われる笑顔が可愛い女性でした。
ジムに行けばたまにその女性に会う事があって、雑談をしたりする仲になりました。
ある日、ジムを終えて退館しようとするとその女性も一緒のタイミングで出てきたので、挨拶をしました。
そうすると女性の方から、良かったらお茶でもしませんかと声をかけられました。
もちろん2つ返事でお茶に行くことにしました。
初めてお互いの事を話したのですが、普段はOLをしていてストレス解消のためにジムに通い始めたとの事でした。
そんな会話の中で欲求不満な面もあると口に出されたので、冗談で「あっちの方が?」と聞くと恥ずかしそうにうなずきました。
マッチョな人がタイプだと言うので、また冗談で「私で良かったら相手しますよ」と伝えると照れながら喜んでいました。
これはイケると思ったので強気に誘って、そのままラブホテルに一緒に行く事になりました。
運動後はホルモンが高まっているので、お互いに想像もできない程の熱いセックスで感じ合いました。
もちろん、彼女は引き締まった体で陰部の締め付けも良く、晩の遅くまで何回もしてしまいました。
お互いに恋人は必要ないという考えが一致して、それからはずっとセフレとしてジムに行った後にラブホテルでセックスをする関係になりました。
私も程よく筋肉の付いた女性とセックスする関係は理想だったので、ジムで鍛えて素敵なセフレに出会えて良かったです。

姉の友達とセフレになりました


 セックスフレンド、なんて言葉は僕には一生縁がないと思ったんですが、実は一回だけできたことがあるんです。あれは僕がまだ大学一年生の時でしたか、一人暮らしを初めてしばらく経った夏に姉が訪ねてくることになりまして、その時に何故か姉の友達も一緒に連れてきたんです。ウチの姉というのはいわゆるギャル系で自分がモテないのをネタにして弄るうざい奴だったんですが、その時連れてきた友達というのが姉とは正反対のかなり清楚系な女性だったんです。それでまあおもてなしと称して色々食事をした後に酒盛りになったわけです。姉はあんなギャル系なわけで酒グセが悪く、さんざん絡まれたあとにグーグーと寝てしまい、その友人と二人きりになってしまいました。
結構彼女も飲んでいるはずなのに、平然としているのに驚いたんですが、二人きりになると急にそばに寄ってきて身体を寄せ付けて来たんです。僕はまあブサイクな素人童貞だからテンパッてしまい不覚にも股間が勃起してしまってどうしようかと思っていると、まさかの股間に手が這い寄って来たんです。それにびっくりしていると、隙を付いて押し倒されてしまいました。彼女はその清楚な顔とは裏腹に淫靡な顔をし始めてあれよあれよと脱がされペニスを咥えられてしまいます。とても我慢ができず射精寸前のところで彼女はパンツを脱いで騎乗位で挿入をされました。
ぼくはもう限界だったのでそのまま中に出してしまいました。すると彼女は「中に出しちゃったんだ、ふーん。じゃあ責任とってくれる?」と言ってきた分けてこれはまずいと思っていたのですが「あ、避妊は薬飲んでるから大丈夫だよ。それより私君みたいな童貞クン自分なりに染めるのが趣味なんだよね。だからセックスフレンド、とかどうかな?」と言われました。ぼくはもちろん二つ返事で彼女のセックスフレンドになりました。
その関係は2年ぐらい続いて就職してからは会わなくなりました。いまでもいい思い出です。