過激な場所それがハプニングバーです

ある年の夏、私は一軒の興味深いお店を見つけました。そこは大阪市のとある場所にありました。そこはハプニングバーというお店です。
ハプニングバーとは、男女が激しく過激なことができる場所です。そこで私は、女性と大人の遊びをたくさんしたのでした。
そのハプニングバーは比較的広く、私以外にも多くのお客さんが来店していました。私は目ぼしい女性がいないか辺りをいろいろ見て周りました。
そして、ある女性に釘付けになりました。その女性はタイトスカートにノースリーブのセクシーな服装で、いかにも男性陣を誘っているかのようでした。
女性に声をかけないのはもったいないと思い、私は女性に声をかけました。最初はほとんど話しをあまり聞いてもらえずに、ほとんど無視の状態でした。
しかし、私がかなりの下ネタを連発していると次第に笑ってくれるようになり、ついにOKのサインをもらいました。
喜びでいっぱいな私でしたが、すぐに切り替えて、女性と大人のお楽しみの時間をすることにしました。

聞くと、女性は28才のフリーターでした。このお店は2回目らしく、激しいことをするのが好きということでした。早速私は、持参の電マで女性の気持ちいいところを責めました。
女性はだんだんと声を出し、体を世話しなく動かしていました。私はさらに女性を責め続けたところ、女性のあそこからはたっぷりとお汁が溢れてきました。
私も気持ちよくしてもらうため、あそこをなめてもらいました。かなり高速で気持がよかったです。
そして、もちろん生で行為を始めました。女性は驚くほど大きな声を出し、気持ちよさそうにしていました。
私はたっぷりと時間をかけ腰を振り続け、30分ほどいろいろな体位から挿入し、最後は女性の顔にたっぷりと濃いものを出しました。
本当に気持ちよく最高でした。ハプニングバーはいいですよやっぱり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です